次 原 かな。 平民宰相 原敬 辞世の句

平民宰相 原敬 辞世の句

次 原 かな

来歴 [ ] 、に入学、情報科学を専攻。 に卒業。 高校在学中より、から数回にわたりスカウトを受けていた。 高校の卒業式2日後に原宿で再びフィットからスカウトされたのを機に芸能界入り。 2003年9月号『』の企画『全国夏の白ビキニクィーン決戦大会』でグラビアデビュー。 2007年にお笑い芸人のと「次原かな plus ヒライケンジ」名義でデュエット曲『』を発表し、CDデビューを果たした。 人物 [ ] 4人兄弟で姉が2人、兄が1人いる。 芸名の「かな」は本名(表記は不明)で、所属事務所の社長が「の次はかなだからな…次はかな… 次原かなだ! 」とひらめき、命名した。 普通自動車運転免許は保有しているもののである。 ののが得意。 『漫画喫茶都市伝説 呪いのマンナさん』撮影現場で共演者の胸を次々ともんでいたから「かなちゃんの胸は柔らかくて最高。 」と評される。 犬を2匹飼っており名前はそれぞれ「プリン」「ココア」。 趣味はショッピング、ゲーム、漫画(アニメ)、半身浴(毎日、朝と夜に1時間ずつは湯船に浸かる。 特技は。 全般的にスポーツは苦手であるが、唯一まともにできるのがバドミントンで、高校時代はバドミントン部に所属していた。 好きな男性のタイプは包容力のある人、やさしい人、紳士的な人、リードしてくれる人である。 好きな食べ物は豚の、、、、、、、、、の、、。 好きなお酒は、。 本人曰く、かなりの偏食家で「美味しくない」「パンチがない」という理由で米と水を摂取しない。 米の代わりにチューブ入りわさびを主食とし、炭酸飲料で水分を取る。 これは幼い頃からの食生活の影響であると述べている。 出演 [ ] 映画 [ ]• (2007年、ティーエムシー)- 京子役• vol. 3 「そして、世界の終わり」(2008年、カクトウ便製作委員会)- 如月玲役(主演)• すんドめ2(2008年、ティーエムシー)- 京子役• すんドめ3(2008年、ティーエムシー)- 京子役• (2009年、ティ・ジョイ)- 睦美役• すんドめ4 The Final(2009年、ティーエムシー)- 京子役 オリジナルビデオ [ ]• 心霊写真奇譚 (2006年、フォーサイド・ドット・コム) - 第1話「被写体の無い写真」 東山今日子 役• 若葉学園 チェリーボーイズ (2009年、) - 八神明日香役(主演) テレビ番組 [ ]• (テレビ東京)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• () - レギュラー• () - ゲスト出演• (2008年11月12日・2009年4月8日・8月26日、テレビ東京)• プロモる〜む(2009年4月 - 2010年4月、・) - レギュラー• (2010年4月3日、テレビ東京)• (2010年4月6日、) - 「マジックメール2010春売れっ子芸人一斉捜査SP!」• (2010年5月5日・5月12日、)• (2010年5月19日、日本テレビ)• (2010年6月10日 - 9月30日、日本テレビ)レギュラー• ロンドンハーツ(2010年7月20日、テレビ朝日) - 「抱かれたいボディ対決ROUND4」• (2010年11月5日、フジテレビ)• (2010年11月24日、フジテレビ)• 7(、2010年12月26日)• 与論島(2011年3月26日 )• (2011年10月11日、テレビ東京) テレビドラマ [ ]• 第10~11話 開かずの間 (2006年、)- 佐々木美樹役• 第2話 動き始めた気持ち (2006年、)- 役名なし• (2007年、)- 役名なし• (2008年、)- リョウコ役• 精霊少女隊 (2008年、BS-i) ラジオ [ ]• (2009年5月2日 - 2010年8月7日、)• JBRpresentsプレラジ(2009年9月 - 12月、)• (2010年8月8日 - 2011年10月26日、MBSラジオ) インターネット [ ]• 34(GyaO)• 火曜(GyaO 2007年10月1日 - 15日)• (、2007年11月30日)• タレント密着24時!(GyaO・、2008年2月)• ( 2008年3月16日)• mistyアイドルグラビア( 2009年6月26日)• (マシェリバラエティ マシェバラ 2011年2月10日) 携帯サイト [ ]• () リリース作品 [ ] 写真集 [ ]• 次原かな~invitation~ (2006年、)• カナリアが鳴くとき 次原かな写真集 (2007年、)• あかさたな (2004年4月23日、)• 次原かな Fuwa-Fuwa (2004年10月22日、)• 次原かな カラフル (2005年2月20日、. 次原かな カナリ (2005年5月25日、)• Love Pop (2005年8月25日、i-cf)• SWEET CUTIE 次原かな (2005年11月4日、)• EX (2006年2月25日、フォーサイド・ドット・コム)• 次原かな~invitation~ (2006年7月23日、竹書房)• Beauty Queen (2006年9月22日、フォーサイド・ドット・コム)• 情熱 (2006年12月15日、フォーサイド・ドット・コム)• 次原かな 攻めドキ (2007年3月20日、ラインコミュニケーションズinc. 次原かな 不思議な感情 (2007年6月22日、竹書房)• 次原かな 彩 I RO DO RI (2007年11月28日、)• Romper Girl (2008年3月21日、フォーサイド・ドット・コム)• サンクチュアリ-かなの聖域 (2008年11月12日、学研)• SO KANA (2009年3月20日、ラインコミュニケーションズ)• DO KANA (2009年3月20日、ラインコミュニケーションズ)• Next Stage (2009年12月18日、アドバンスエージェンシー)• フィメール (2011年2月20日、ラインコミュニケーションズ)• 台湾ルージュ(2012年1月27日、)• 熱帯果実(2012年4月20日、ラインコミュニケーションズ) オムニバス作品• ガチンコ水泳・バトル大会 (2004年、GIRLS' RECORD)- 次原かなを含むフィットワン所属タレント9名が出演。 2チームに分かれていろいろな競技を行う• Girls Love Live (2006年、GIRLS' RECORD)- 、、のコンサートライブ。 次原かなを含むGIRLS' RECORDメンバーがバックダンサーとして出演• DECORATION CAKE (2006年、GIRLS' RECORD)- フィットワン所属タレント12名の2004年~2006年発売DVDからのダイジェスト。 「あかさたな」収録• 次原かな Special DVD BOX (2008年、ラインコミュニケーションズinc. ) - 「カラフル」+「攻めドキ」+ 「Special DVD(未公開映像集)」• 「次原かな plus 」名義 (2007年11月7日、GIRLS' RECORD) その他商品 [ ]• 次原かな 2007年カレンダー (2006年、トライエックス)• 次原かな 2008年カレンダー (2007年、トライエックス)• 次原かな 2009年カレンダー (2008年、トライエックス) その他の活動 [ ]• とともにのエナジードリンク「buzz」のWeb広告に出演(2006年)• 所属のグラビアアイドルによるお笑いライブ「劇団ショートケーキ」でコント「サイン会」に出演(2006年8月20日 )• 2006で日本ユースウェア協会の1日会長に就任。 ユースウェア大賞2006表彰式のプレゼンターをつとめる。 また、「劇団ショートケーキ」のコント「サイン会」を披露 (2006年10月18日 )• とともに、用ゲーム『 エクストリーム2 DEAD OR ALIVE Xtream 2 』のキャンペーンガールをつとめる(2006年)• 「劇団ショートケーキ」第2回公演でコント「学校」に出演(2007年4月15日 原宿アストロホール)• 「劇団ショートケーキ」第3回公演でコント「グラビア撮影」に出演(2008年3月8日 原宿アストロホール)• アウトバック・ステーキハウス六本木のイメージガールに選出される(2008年)• 「劇団ショートケーキ」第4回公演でコント「超能力学園」に出演(2008年11月2日 原宿アストロホール)• 「劇団ショートケーキ」第5回公演でMCを担当(2009年6月14日 原宿アストロホール) 脚注・出典 [ ] [].

次の

鐘原ヶ岳

次 原 かな

「資生堂 アネッサ レディス」から後半戦がスタートしている。 振り返ってみれば、前半戦の17試合のうち黄金世代が5勝をマーク。 なかでも前半戦で初優勝を挙げた3人は全員が黄金世代という活躍ぶりだった。 そこで、後半戦でもさらなる活躍が期待される3人に前半戦を振り返ってもらった。 今回は「リゾートトラスト レディス」でツアー初優勝を遂げたジャンボ尾崎の秘蔵っ子・。 振り返ってみると、スタートダッシュは出遅れたといっていい。 「最初のほうは自分の思うようなゴルフもできなくて、ちょっと難しい部分がありました。 何勝とかはないですが、最初のほうに優勝争いをして、どーんって行きたかった(笑)。 予選落ちもしたり、全然優勝争いに顔を出せないゴルフだったので悔しさはすごくありました」。 昨季、初シードを獲得した勢いは鳴りを潜め、開幕5試合で最上位は24位タイ。 期待値の高さからすれば、かなり低い成績だった。 悪い流れが変わったのは、5試合を終えたあとに設けたオープンウィークだった。 「一週間ジャンボ邸に行って練習させてもらったんですけど、そのときに球のコントロールやバリエーションを増やして、悪いときの体の使い方を再確認して調子が上がってきました」。 何よりも不安や迷いがなくなり、休み明け初戦の「KKT杯バンテリンレディス」で優勝争いを演じて5位タイフィニッシュ。 「バックナインで気負いすぎました。 焦りもありましたね」と初Vとはいかなかったが、状態は一気に上がった。

次の

文化庁

次 原 かな

「資生堂 アネッサ レディス」から後半戦がスタートしている。 振り返ってみれば、前半戦の17試合のうち黄金世代が5勝をマーク。 なかでも前半戦で初優勝を挙げた3人は全員が黄金世代という活躍ぶりだった。 そこで、後半戦でもさらなる活躍が期待される3人に前半戦を振り返ってもらった。 今回は「リゾートトラスト レディス」でツアー初優勝を遂げたジャンボ尾崎の秘蔵っ子・。 振り返ってみると、スタートダッシュは出遅れたといっていい。 「最初のほうは自分の思うようなゴルフもできなくて、ちょっと難しい部分がありました。 何勝とかはないですが、最初のほうに優勝争いをして、どーんって行きたかった(笑)。 予選落ちもしたり、全然優勝争いに顔を出せないゴルフだったので悔しさはすごくありました」。 昨季、初シードを獲得した勢いは鳴りを潜め、開幕5試合で最上位は24位タイ。 期待値の高さからすれば、かなり低い成績だった。 悪い流れが変わったのは、5試合を終えたあとに設けたオープンウィークだった。 「一週間ジャンボ邸に行って練習させてもらったんですけど、そのときに球のコントロールやバリエーションを増やして、悪いときの体の使い方を再確認して調子が上がってきました」。 何よりも不安や迷いがなくなり、休み明け初戦の「KKT杯バンテリンレディス」で優勝争いを演じて5位タイフィニッシュ。 「バックナインで気負いすぎました。 焦りもありましたね」と初Vとはいかなかったが、状態は一気に上がった。

次の