エピペン 使用 方法。 エピペンの保管方法について|滋賀県ホームページ

エピペンの保管方法について|滋賀県ホームページ

エピペン 使用 方法

エピペンは、「アナフィラキシーショック」はもちろんのこと、「アナフィラキシー」といって、ショック状態まで陥っていないけれど、強めのアレルギー症状が出た際にも処方の対象になると思います。 当院も多くの患者さんにエピペンを処方しています。 使用期限が決まっており、1年間となっています。 これまでアレルギー症状を起こし、実際にエピペンを使用した患者さんもおりますが、多くは使用期限が切れ、使えなくなるために更新(再処方)をしに受診されることもあります。 当院でも、期限切れのエピペンは廃棄処分にしていました。 学会で、それを練習用に使うといいと聞いて、「いつかそうしよう」と思っていました。 もちろん、人体に使うのではなく、人体に見立てた物に使ってみるのです。 今でこそ、保険が通りましたのでいいのですが、少し前までは保険適応外でしたので、1万円のエピペンをお役御免と捨てていたのは、もったいない話でした。 先日、使用期限切れのエピペンを持って来られた患者さんがおり、「練習してみる?」と聞いてみると、親御さんが「是非」とおっしゃり、練習してみることにしました。 ちょうどインフルエンザワクチンの患者さんで待合室がごった返しており、私の体もひとつしかないため、少しお待ち頂きました。 その間、エピペンのビデオを観て、使い方の復習をして頂くことにしました。 以前も書きましたが、当院の診察机の脇にアップル社のアイパッドを置いています。 その中に突発性発疹の皮疹や手足口病の手足の水ぶくれの画像が入れてあり、より理解しやすいように説明用に使っています。 アイパッドは画像の他、動画も入れておけるので、エピペンの使い方の動画も入れてあるのです。 インフルエンザワクチンが一段落し、いよいよ本番(練習)です。 その際、動画を撮らせて頂くことにしました。 その日に卵の負荷試験があり、思いのほか重めのアレルギー症状を起こしたお子さんがおり、「ボスミン」(エピペンと同じ成分の注射薬)を使わせて頂きました。 私自身、ボスミンの筋肉注射は使ったことがあるものの、エピペンは使ったことがありません。 以前、学会でこんな話を聞きました。 エピペンを処方されているお子さんが、園か学校でアナフィラキシーを起こし、園か学校でエピペンを使用されず、救急隊員も打たず、病院に着いて医師がエピペンを使った、という話です。 病院には「ボスミン」があるため、当時保険適応外のエピペンを使うのは、患者さんに負担がかかるのです。 お子さんの足のところに布を厚く巻いたものを起き、その上に注射をして頂きました。 私はビデオを構え、その瞬間を録画できました。 結構、大きな音がします。 「バチン」という感じでしょうか。 バネで一気に中の薬が放出されるのです。 取り扱いビデオには「数秒保持する」と言っているようですが、メーカーの話では「1、2、3」で十分だそうです。 ちなみに、ユーチューブで実際に打つ動画がありましたので、ご覧下さい。 youtube. 打ったあとは、ユーチューブの動画のように針が出たままの状態になるのですが、今度のものはカバーで覆われ、安全のようです。 当院では、ここ最近触れているように、新潟県内の園や学校でエピペンを預かってもらい、最悪のケースで使用して頂けるよう活動をしていきますが、今回撮らせて頂いた動画を見て頂き、有効利用させて頂こうと思っています。

次の

【まとめ】エピペンのすべてが分かる!

エピペン 使用 方法

「エピペン注射液0. 3mg」の本体。 上部に青い蓋(安全キャップ)がある。 3mg<アドレナリン> 蜂毒、食物及び薬物等に起因するアナフィラキシー反応に対する補助治療(アナフィラキシーの既往のある人またはアナフィラキシーを発現する危険性の高い人に限る) 患者は過去にハチにさされてアナフィラキシーを発現したことがある。 今後、再度ハチにさされた場合のアナフィラキシー反応に対する補助治療としてエピペン注射液が処方された(処方)。 エピペン注射液が交付された時、患者が高齢であるため、本人に加えて家族にも使用方法を医療用添付文書の下記の「警告」に従って説明していた。 [警告]本剤を患者に交付する際には、患者、保護者またはそれに代わり得る適切な者に対して、本剤に関する患者向けの説明文書等を熟読し、また、本剤の練習用エピペントレーナーを用い、日頃から本剤の使用方法について訓練しておくよう指導すること。 その後、患者は再びハチに刺され、救急外来を受診した。 そこで医師は「エピペンを使用した」との患者の説明を信じ、使用後のエピペン注射液は確認しないまま、充分なアナフィラキシー治療を行うため入院させることとなった。 救急外来では症状はなかったが、エピペンを使用した効果と医師は判断していた。 病院薬剤師はエピペンを使用した患者が入院したとの連絡を受け病棟へ行き、持参されたエピペン注射液を確認したところ、未使用の状態であったことを確認した。 即ち、安全装置が外されておらず、作動もしていなかった。 おそらく、安全装置を外さずに押し当てたため作動しなかったと推察される。 結局、患者はエピペン注射液を使用できておらず、ハチに刺されてはいるものの、幸いなことにアナフィラキシー症状が出ていなかったことが判明した。 その旨を医師に報告し、経過観察ののち退院となった。 エピペン注射液を処方する医師は以下の内容について正しく理解するとともに、患者に交付する際には、患者、保護者またはそれに代わり得る適切な者に以下の内容を必ず交付前に説明することとなっている(医療用添付文書)。 [適用上の注意]本剤を適切に注射するためには、携帯用ケースのふたを開けて注射器を取り出し、青色の安全キャップを外し、投与部位が動かないようにしっかり押さえ、大腿部の前外側にオレンジ色のニードルカバー先端を数秒間強く押し付けて注射する。 適正に本剤が作動した場合には、オレンジ色のニードルカバーが伸びる。 これらの説明は病院薬剤師が特に問題なく行っていた。 一方で、患者や家族Aに確認したところ、実際にエピペンを操作したのは患者の家族B(薬剤師が指導した家族Aとは異なる)であり、その家族Bは使用方法を、薬剤師に指導を受けた家族Aより聞いていたものの、実際の場面では正しく使用できなかったことが判明した。 具体的な問題点として、注射の準備段階で「携帯用ケースのカバーキャップ<黄色>」を開けるが、それを注射液の本体の「安全キャップ<青色>」のことと誤解したと思われる(p. 13を参照)。 即ち、家族Bは家族Aから「キャップを外して使用する」と聞いていたが、それをカバーキャップと誤解して投与介助をしてしまったために、安全キャップが外されないまま使用してしまった。 薬剤師は、エピペンを使用する可能性が想定される状況下で、家族の誰が側にいることが多いのかを確認せず(当該患者においては家族Bと思われる)、家族の誰かに説明していれば充分と判断してしまった。 エピペンを正しく使用できないと命に関わるため、使用する本人が高齢者や小児などの場合には、患者の代わりに注射できる家族は誰なのかなどを正しく把握して服薬指導を行う。 主に世話をする家族が不明な場合や不在の場合を想定し、読めばわかるような緊急時の手順書を作成し、その手順を本人、家族で周知しておくよう指導する。 医療機関で説明した時に別の家族がサポートする可能性が高いことが判明した場合には、後日、電話などで改めて説明するようにする。 医師、薬剤師は、エピペンガイドブックを使用して、患者本人、家族、介護者に対して、わかりやすく説明し、「練習用エピペントレーナー」を使って継続的に練習するように服薬指導する。 エピペン注射液ではその管理も重要である。 以下にエピペン注射液の保管に関するトラブル事例を示す。 患児(3歳、男児)は食物アレルギーがあり、エピペン注射液が処方された。 母親はエピペン注射液を4月に入園した保育園に持って行ったが、その保育園で7月から冷蔵庫に入れて保管されていた。 患児の母親から薬局へ、使用できるかという問い合わせがあり、発覚した。 薬剤師がメーカーに確認したところ、当然ながら、再処方してもらうように言われた。 その旨を母親に伝え、今後は保育園では、冷蔵庫で保管しないようにお願いしてもらった。 しかし、母親から保育園側への説明が伝わっていなかった可能性がある。 乳児がいない保育園のため看護師が常駐しておらず、また、新設の保育園でありエピペン注射液をあまり扱ったことのない保育士が管理していた。 そのため室温保存する必要があることが見落とされていた可能性がある。 保育園などの施設によっては、園児の医薬品管理が適切に行われない可能性がある。 薬剤師は、患児を預ける施設の詳細な事情を保護者から聴き取り、適切な医薬品管理ができるように、保育園用に情報提供紙を作成し、保護者から渡してもらうなどの対策を考える。 薬剤師は、保育園とも連携をとり、何か問題や薬に関する不明な点があれば、薬局へ連絡や相談してもらえるような体制をつくるべきである。 また、保育園まで出張して、正しいエピペン注射液の使い方や保管方法の指導をしていくことも、連携体制づくりの一歩として検討する。 事例114• 事例113• 事例112• 事例111• 事例110• 事例109• 事例108• 事例107• 事例106• 事例105• 事例104• 事例103• 事例102• 事例101• 事例100• 事例99• 事例98• 事例97• 事例96• 事例95• 事例94• 事例93• 事例92• 事例91• 事例90• 事例89• 事例88• 事例87• 事例86• 事例85• 事例84• 事例83• 事例82• 事例81• 事例80• 事例79• 事例78• 事例77• 事例76• 事例75• 事例74• 事例73• 事例72• 事例71• 事例70• 事例69• 事例68• 事例67• 事例66• 事例65• 事例64• 事例63• 事例62• 事例61• 事例60• 事例59• 事例58• 事例57• 事例56• 事例55• 事例54• 事例53• 事例52• 事例51• 事例50• 事例49• 事例48• 事例47• 事例46• 事例45• 事例44• 事例43• 事例42• 事例41• 事例40• 事例39• 事例38• 事例37• 事例36• 事例35• 事例34• 事例33• 事例32• 事例31• 事例30• 事例29• 事例28• 事例27• 事例26• 事例25• 事例24• 事例23• 事例22• 事例21• 事例20• 事例19• 事例18• 事例17• 事例16• 事例15• 事例14• 事例13• 事例12• 事例11• 事例10• 事例09• 事例08• 事例07• 事例06• 事例05• 事例04• 事例03• 事例02• 事例01.

次の

学校のアレルギー疾患に対する取り組みQ&A|テーマ別関連ページ|学校保健ポータルサイト

エピペン 使用 方法

エピペンが打てるガイドラインの根拠とは あらためて保育施設でエピペンを取り扱えるようになるまでの経緯を見ていきます。 まずは「アレルギー対応ガイドライン作成検討会(第 1回)資料8(平成22年7月12日)」を参照しますが、簡潔でエピペンについての大まかな流れがとてもよく判る資料です。 平成21年3月2日時点では医者や患者本人と家族以外には、救命救急士のみがエピペンを打っていいことになりました。 この時点では看護師であっても、 病院の外で処方医の指示なくエピペンを打てることにはなっていません。 反復継続する意図がないと認められるとは 平成21年7月6日に文科省が、「アナフィラキシーショックで生命が危険な状況にある生徒(児童)が、あらかじめエピペンを処方されている場合に対して、学校の先生がエピペンを打っても大丈夫?」と、個別に厚労省に問合せをしたところ、『緊急時だし滅多にないはずの行為だから法に触れないと思うよ』という答えが返されました。 このガイドラインによって、学校の先生がエピペンを打っても構わないことになりました。 また、医師法以外の刑事・民事の責任についても、人命救助の観点からやむをえず行った行為であると認められる場合には、関係法令の規定によりその責任が問われないものと考えられます。 引用:学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン P. 7 エピペンの管理と職員個人の責任について 「医師法以外の刑事・民事の責任」についても踏み込んだ記載があることで、教職員にとってエピペンを打つことで問われる可能性のある『違法性の回避』という点で大きな安心感を得ました。 また保護者もエピペンを預けやすくなるポイントのひとつです。 エピペンを打つときというのは、まさに子どもの生命に関わる事態ですから、個人レベルでも、深刻な事態を招かないために、日頃から研鑽を積み重ねることが望ましく、最善を尽くすという点において責任感と覚悟をもって臨むことは大切でしょう。 方法の決定にあたっては、以下の事柄を関係者が確認しておくことが重要です。 (引用:同ガイドライン P. 68 より) 学校および保育施設職員の課題 原則は医者から直接指導を受けた親の責任の下で、十分に確認しあって学校の事情で適当にやってねといった内容に対して、学校の様子はといえば、エピペンの効果的な使用環境および、アナフィラキシー発症の予防について試行錯誤の途上にあります。 適切で組織的な取り組みもなく使命感を背負いこむだけでは、教職員一個人の枠を越えた負担を抱え込むことになって、実際には尻込みをしたり、救急活動のあとの心理的負担を恐れて、責任逃れの行動をとりかねないのは、保育施設であっても同じと言えましょう。 保育施設におけるエピペンの使用に向けて 保育業界にとっては、ここから事態が大きく動き出します。 「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」ができたことで、平成22年3月に東京都がガイドブックを発行しました。 保育所におけるアレルギー対応ガイドライン発表の1年前のことです。 保育園・幼稚園・学校における食物アレルギー日常生活・緊急時対応ガイドブック 東京都福祉保健局 ・プレショック状態の際は、緊急に医療機関を受診する必要がある。 その際に30分以内に投与することが患者の生死を分けるといわれている。 救急搬送時間を考慮し、児童施設や学校で投与が必要になる場合がある。 ・エピペンを児童施設や学校で管理する場合、保護者との面接時に緊急時対応を十分に認識し、「緊急時個別対応カード」を作成することが必要である。 ・エピペンの使用は、子どもが行うことが原則である。 「保育園・幼稚園・学校における・・・」と一緒になっていることから勘違いしそうですが、ここでは、まだ保育士は打てません。 さらに「エピペンの(保管)使用は、子どもが行うことが原則」に従い思考停止した学校関係者も多かったと聞いています。 保育所におけるアレルギー対応ガイドラインの登場 文科省がガイドラインを出したのに続いて、東京都がガイドブックを出したことで、厚労省は文科省に答えるだけで動かないのか、それとも何か動きを見せるのかと噂された矢先に、保育所におけるエピペンの使用に関する検討が以下のように始められました。 そして2,011年の3月に「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」が厚生労働省から発表されます。 これによってエピペンを打てるのは救命救急士と教職員に続いて、保育所職員に限り、保育施設の保育において緊急時は打っても構わないとなりました。 エピペンが保険適用になった影響 ここで少し、エピペンを取り巻く状況を振り返ってみましょう。 エピペンは、重いアレルギー症状がいつ出るとも限らないので、処方されたら常に持ち歩く必要があります。 しかし2011年秋まで、エピペンは全額自費負担でしたし、使用期限もあるため、患者家族にとってクスリ代の負担は、けっして小さなものではありませんでした。 また、医療器具ということもあって誰でも打てるわけではなかったことから、学校や保育園では可能な限り、アレルギー反応の出る物質から子どもを遠ざけることで予防し、家族と過ごす間の「万が一のとき」に備えるためにエピペンをもつご家庭が一般的でした。 エピペン:普及に弾み アナフィラキシー緊急治療薬、保険適用 エピペンの保険適用で負担は原則3割で済み、自治体の乳幼児医療証があれば無料にもなる。 海老澤医師は「全額自費だと諦める人もいた。 高価なために消極的だった医師も処方しやすくなるのではないか」と評価する。 保険の適用でエピペン処方数も預かりのニーズも増える ガイドラインが出た当初といえば、もともと医療行為について強い嫌悪感を隠そうともしない保育業界では、「私たちがエピペンなんて預からなくても問題ない。 それが子どものためだから」といった、根拠は乏しいが強気の意見が散見されていました。 しかし2005年以降、食物アレルギーの重症化傾向に対して、エピペンは年々早めに処方される傾向にありました。 さらに保険適用による金銭負担の軽減から、処方を望む家庭が一層増え、今後ますます保育園での預かりの依頼も増えることが予想されています。

次の