滝沢 カレン oggi。 滝沢カレン、おもしろ発言は封印!?憧れの雑誌「Oggi」に初登場(ドワンゴジェイピーnews)

【解禁】滝沢カレンさん女性誌Oggi初登場! 情熱大陸で話題騒然! 本人コメントも!

滝沢 カレン oggi

ぱっと読める目次• 滝沢カレンがOggiに!情熱大陸でオーディションを受けた姿が話題に! 滝沢カレンがOggiのオーディションを受けているシーンを情熱大陸で見た人の反響が多かったです。 」って言ってて、この姿勢大事だなぁ…って思った。 『自分の行動で無理やり自分の人生を幸せにする』と思ってる人は幸福度高そう。 — museoftoday museoftoday 録りだめの 滝沢カレンさんの回はセンセーショナルだった。 最後の言葉が痛快なのだ。 「運はないと思っているけど、力尽く。 力尽くで今年いい年にしたい。 めちゃめちゃ運悪いと思います、私。 大好きです。

次の

【解禁】滝沢カレンさん女性誌Oggi初登場! 情熱大陸で話題騒然! 本人コメントも!

滝沢 カレン oggi

モデルのが、28日発売の女性ファッション誌『Oggi』5月号(小学館)に初登場。 端正な容姿から受ける印象とは異なるユーモラスな語り口で、今やバラエティー番組で引く手あまたの滝沢。 ネットでは「発言が面白い女性タレント」の1位にもランキングされたが、もともとはモデルが本業。 昨年7月までおよそ9年間にわたりファッション誌『JJ』のモデルを務めていた。 現在27歳の滝沢が新たなステージとして選んだのが、30代からのファッション誌『Oggi』。 滝沢を特集したドキュメンタリー番組『情熱大陸』(毎日放送)でもその思いがあふれていた。 番組では、自ら編集部に赴き本誌のモデルを売り込むシーンが放送された。 滝沢は、編集長の前で本誌への思いをしたためた手紙を読み上げてアピール。 その真っ直ぐな姿勢が多くの共感を呼び、放送後の本人のインスタグラムには6. 5万もの「いいね」がつくほどの反響を呼んだ。 本誌モデルへの第一歩となった今回の撮影では、だれよりも早くスタジオ入りし、スタッフを驚かせた。 滝沢は初撮影の感想について「緊張と未来へのワクワクが詰まった1日でした」と振り返った。 「ずっと読んでいたOggiだったので、読者としての気持ちと、そんな私が誌面に出られるなんてという夢を抱いて、大好きなことに夢中な少女に戻れたような素敵な時間がそこにはありました」と喜びを表現した。 続けて「どんなお洋服と一緒にOggiを彩れるのか、まだまだ成長し放題な自分と向き合う、大事な大事な時間になると思っております。

次の

滝沢カレン、おもしろ発言は封印!?憧れの雑誌「Oggi」に初登場

滝沢 カレン oggi

人気モデル・ 滝沢カレン(たきざわ カレン)さんが、 ファッション誌「」で映画レビューに挑戦。 独特なユーモラスな表現で、 唯一無二のレビューを綴っています。 レビューのタイトルは、 「私が受けた、 映画のグーパンチ」。 映画を観るのが大好きというカレンさんが、 ステイホームでおうちで過ごす時間が増えた読者のために3作品を紹介。 どれも「前向きな気持ちを思い出してくれた」おすすめの作品で、 予測不能なカレン語の連発に読者も強烈なグーパンチを受けること請け合い?です。 <この作品は、 シェフの男が80%の場所から、 1%までズリズリと山底に滑っていってしまったような、 いてもたってもいられない感情から始まります><長い長い旅の途中で知っていく、 体験していく。 またかまたかのダルマ落としが始まります>・・・・・・。 などなど、滝沢カレンさんらしい解説です。 カレンさんは、 3月に放映されたドキュメンタリー番組『情熱大陸』(毎日放送)に出演。 自らOggi編集部に赴きモデルとしてプレゼンしたことが話題になりました。 5-6月号では念願のモデルデビューを果たしましたが、 今回の映画レビューでは主人公の境遇に重ねてモデルへの思いも綴っています。 「私にとって、 次の挑戦は紛れもなく『Oggi』です。 モデルもシェフと同じで、 新しい時代を切り開き、 そこに皆さんをご招待する仕事だと思っています」。 「まだOggiでの撮影はたった2回ですが、 これまでの自分を生かすことだって、 捨てることだって、 この挑戦には必要だと感じています」 その熱意は人一倍。 最初の撮影が決まった際には、 スタッフを自ら手配し、 練習を兼ねたテストシューティングに臨んだというエピソードも。 誌面ではその時に撮影した写真も初公開しています。 ユーモラスなだけではなく、 カレンさんの言葉はいつも前向き。 だから聞く者にとって心地いい。 そんな彼女が綴った映画レビューは、 まさにいまの時代にぴったりです。 さて、 彼女はどんな作品を選んで、 どんなレビューになったのか。

次の