日比谷線脱線事故 即死。 JR福知山線脱線事故現場の心霊現象&心霊体験

【社会】‘’日比谷線脱線事故“ あす20年 妻の名は現場慰霊碑に残さない 夫、「妻はいつも心の中にいる」

日比谷線脱線事故 即死

31 ID:Da04D26S0. net 遅くなったけど黙祷。 中略 >薄皮が一枚一枚はがれるように >少しずつ苦しみが癒えてきたと感じる。 net もう、そんなになるのか。 net この会社員女性、たぶん知り合いの娘だとおもう。 83 ID:UqGlN2lw0. 54 ID:UudrLx7O0. net 日比谷線の事故に関しては、同一原因の事故がすでに3度起きている。 ・うち2度は旅客列車ではないが、営団内部(半蔵門線車庫)構内での事故 ・もう1度は他社(東急)だが、旅客列車で発生した事故。 それなのに何の対策も取らなかったということが、余計に叩かれた要因。 net サンテグジュペリの『星の王子さま』の名台詞じゃないけれど 本当に大切なものは、目に見えないんだよ。 これはそういうものだと思うよ。 他のどこでもない自分の心の中の大切な小部屋に失われた愛すべき人はいる。 それでいいじゃないかと思うね。 別に雄々しく名前を彫り刻むが回向じゃないよ。 net 最初通った時ほんとにぶつかるかと思った記憶がある 総レス数 124 25 KB.

次の

JR福知山線脱線事故現場の心霊現象&心霊体験

日比谷線脱線事故 即死

富久伸介のプロフィールや死因は何? 氏名:富久伸介(とみひさしんすけ) 生年月日:1982年7月2日 没年:2000年3月8日 享年:17歳 出身校:麻布学園中学 富久家では文武両道という事で 幼少期から塾、スイミング、サッカーと 様々な習い事をしていました。 麻布学園中学に入学すると サッカー部に入りFWとして活躍をし 一時期はプロになりたいと考えるほどの 腕前だったようですが 部活レベルで上手いだけでは プロになることが出来ないと諦めたようです。 富久伸介さんは中学時代にはリレーで 6人抜きをしたことがあるほど 足がとても速かったので FWとしてとても優れていたようです。 富久伸介さんはボクシングで有名ですが ボクシングに初めて触れたのは 中学校2年生の時だったようです。 スポンサーリンク 富久伸介の性格が凄い! 大橋ボクシングジムに所属したものの 試合に出るには高校生になってから。 しかも高校ボクシング連盟に 所属していなければならず 富久伸介さんが通う学校には ボクシングジムが存在しなかったんです。 大抵の人ならばここで諦めますが 富久伸介さんは諦めず 担任の先生に ボクシング部の顧問になってもらい 校長の許可を経て 正式にボクシング部を作っちゃったんです。 この行動力って凄いですよね。 無いものを作る時って 物凄いエネルギーが要るし 大人は何か新しいことを始めるのを 物凄く嫌がります。 何かあった時の 責任を取りたくないですからね。 けれど富久伸介さんは大人たちを説得し ボクシング部を作ったんです。 これだけで十分に 富久伸介さんが熱い男だと分かります。 スポンサーリンク 富久伸介の死因は? 富久伸介さんの死因について 調べてみましたが これと言った情報はありませんでした。 ただ地下鉄日比谷線脱線事故の状況から考えると 相当な傷を負ったんだろうなと思います。 電車がえぐれはしていましたが 潰れてはいなかったので 身体が潰れたとは考えにくいので 衝撃で傷を負って出血したのかなと思いますが 当時の新聞には即死とあったので 想像するのが怖いですが 体が離れちゃったのかと思いました。 富久伸介が生きた証の富久伸介杯って? 富久伸介さんは 大橋ボクシングジムに所属していました。 追悼の意味を込めて フェニックスバトル 富久信介追悼試合 が組まれました。 この試合が組まれたきっかけは 富久伸介さんの両親からの寄付でした。 富久伸介さんのためにかけていた学資保険や 死亡保険の一部を 息子が愛していたボクシングのために 使ってもらおうと大橋ボクシングジムに寄付したのです。 追悼試合には富久伸介さんの 父・邦彦さん 母・節子さん 弟・恭介さん が観戦していたようです。 さらには 大橋ボクシングジムの大橋会長が 信介君のひたむきさを語り継ぐため という意味を込めて 富久伸介杯を設立したのです。 富久伸介さんは17歳と言う若さで この世を去りましたが 富久伸介という名前は生涯残ることになったのです。

次の

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

日比谷線脱線事故 即死

69人が死傷した地下鉄日比谷線脱線事故から10年です。 どんな感想を持ちますか? 【「もう10年、まだ10年」=17歳息子失った父-日比谷線事故】 時事通信配信 「もう10年、でも、まだ10年なんです」。 69人が死傷した地下鉄日比谷線脱線事故。 長男で当時17歳の高校2年信介さんを亡くした富久邦彦さん(63)=横浜市西区=が取材に応じ、「世間にとって10年は一つの区切りかもしれないが、遺族に時間の節目はない」と思いを語った。 2000年3月8日。 高校の期末試験の最終日。 1限目の試験はなく、2限目の英語に合わせ、少し遅めの電車に。 午前9時1分、上り6両目。 カーブで脱線した下り電車と衝突。 即死だった。 「もう少し待ってろよ」。 月命日には、現場近くの慰霊碑を夫婦で訪れる。 120回になった。 17年8カ月の短過ぎる生涯。 一緒にいるのが当然だった家族。 「事故後、1年は何も手に付かなかった。 一日一日が長かった」という富久さん。 「ひょいっと、帰ってくるのでは」から「いないのが当然」となるのに4年もの歳月を要した。 「納骨はできない。 寂しがるだろうから」。 自宅2階の仏壇には、骨つぼが写真と並ぶ。 「短い人生なので、向こうには知り合いはいない。 暗い地面の中で一人でいるのはかわいそう。 家族の誰かと一緒の墓に入れます」と笑う。 都内屈指の進学校の麻布高校に通う一方、プロボクサーを目指しジムに通うなど文武両道だった信介さん。 事故後、本も出版されたほか、「富久信介」の名は、同校の奨学金制度やボクシングの大会に残った。 「事故の示談金を有効に使い、後に続く若い人たちの役に立つことが、信介の命を無駄にしないことにつながると信じている」。

次の