早朝バイト。 早朝コンビニバイトは楽?実体験からメリットデメリットを徹底解析します

【2020年】学生も朝から働ける早朝バイトおすすめランキング5選

早朝バイト

早朝バイトにも様々な職種・業種があります。 例えば、新聞配達やコンビニ、ビルなどの清掃、飲食店の開店準備などがあります。 新聞配達は、店舗にもよりますが、一般的には午前3時から仕事が始まり午前11時頃に終わります。 自転車やバイクで各家庭に届けるため、気候に関係なく屋外をまわって働かなければなりませんが、道さえ覚えてしまうと慣れるのも速い仕事です。 ファーストフードなどの飲食店やスーパー、コンビニなどでは、午前6時から9時の時間帯を早朝のシフトとしているところが多いです。 調理の準備や仕込み、品出し、店内の清掃など開店前の準備が早朝の仕事です。 お客様のいない時間帯であり、自分のペースで仕事に集中できます。 そのほかにも、お弁当店や宿泊施設など早朝に働ける業種はいろいろあります。 同じ職場の通常時間帯の勤務の人がすぐに仕事にとりかかれるように準備を整える仕事でもあり、飲食店では朝食をとりに来店する通勤客や通学客の接客などもあります。 早朝バイトを募集している仕事はさまざまなので、仕事内容によっても変わってきます。 ファーストフードやコンビニ、スーパーなどの早朝シフトでの接客販売や商品陳列などの業務であれば資格より経験があった方が良いでしょう。 しかし初心者でも適正や熱意などが認められれば、特別な資格やスキルがなくても採用してもらうことは可能です。 一方で、お弁当や新聞などの配達業務ではバイクや自動車の運転免許が必要になります。 運転免許は、取得しておくとアルバイトの選択肢などが広がる資格でもあるので、持ってない人は時間を見つけて取得しておくと良いかもしれません。 接客業での経験やスキルは人と接する様々な業種で必要とされます。 昇給制度などがあるバイトの場合では、リーダーや教育係などになることができれば時給が少し上がったりとステップアップもできます。 早朝バイトは何か目的や目標を持った頑張り屋の方が多いので仕事もトラブルなく進めていけるでしょう。 生活全体が朝型になることで、さわやかで健康的な一日を過ごせるようになります。 今まで夜型の人が急に朝型に変わる場合、最初のうちは慣れないかもしれませんが、慣れてしまうと自然に目が覚め身体の調子も朝型に順応してきます。 午前中の早いうちに仕事が終わることで、昼間の時間帯が充実でき、一日が長く得をしたような気分になります。 バイトのために大学の授業を欠席することもなくなります。 早起きのために自然と夜早く寝るようになるため、体調も整い、美容面でも効果があるといわれています。 早朝バイトは時間が短いですが、特殊な時間帯のため、通常、時給は昼間のシフトより高めになっています。 出勤や登校前の短時間を活かして勤務できることも魅力です。 生活費の足しや目的の資金のために少しでもお金を稼ぎたい方には、未経験でもすぐ始められる仕事が多いのでオススメです。 深夜バイトの方が好まれる傾向にありますので、早朝バイトは比較的採用されやすいでしょう。 早朝バイトは、仕事内容によって、働く環境も変わってきます。 新聞配達では、バイクや自転車を使い、各家庭に新聞を届ける業務を行いますので、季節や天候にかかわらず、主に屋外で活動します。 住宅の場所や建物環境によっては、階段の上り下りなどもあり、運動量の必要なところもあるでしょう。 最初は慣れなくても、続けていくうちに体力のついていく仕事と言えます。 店舗での早朝バイトでは、清掃や品出しといった開店前の準備を担当します。 まだお客様が入る前の店舗で働くので、接客業務の苦手な人でも、商品整理や補充など、1つのことに集中して働ける人なら向いている環境と言えるでしょう。 店舗の中でも、コンビニなど、24時間開店している場所では、早朝バイトでもレジや接客などを行います。 時間帯や店舗の場所によって異なりますが、比較的空いている状態です。 通勤時間帯となると、お客様が集中して訪れ、手際よく作業を進めることが必要になります。 早朝・朝バイト みんなの体験談!実際に働いてみてどーだった!? 早朝の時間帯のバイトは自宅から徒歩圏内にあったため、散歩がてら歩いて職場に行って、冷たくて気持ちよい朝の空気を吸えるのは良かったです。 ひんやり感があって、昼間の空気とは全然違ってすごく好きでした。 この空気を吸うとスーッとやる気が出てきて、頭が冴え、「よし頑張ろう」と思えるのが良かったです。 大変なのは前日に夜更かししていると、次の日頭が働かないことです。 仕事の効率が悪くなるので夜遅くまで友達と飲んだりすることができなかったのが残念でした。 朝早いということもあり、早朝手当がついたので、収入アップにもつながり、助かりました。 朝のうちに終わらせなければならない仕事があるために早朝バイトを募集しているところが多いので、戦力として欠かすことのできない存在になると職場の連帯感も生まれて早く馴染むことが出来るでしょう。 例えば、素直な姿勢でお仕事に励んでいると周りの人も色々なことを教えてくださり、同年代の仲間であれば仕事以外の趣味の話も出来たり気が合えば仲良くなれ楽しくなるでしょう。 誰からも話しかけられやすい聞き上手なイメージや、時には自ら話しかけ職場の雰囲気を作る心がけも大切です。 早朝バイトは自分の代わりに出勤を頼めるような人がすぐには見つかりにくいので、お休みしてしまうと仕事が止まってしまい、迷惑をかけるだけでなく、せっかく築いた信頼関係も壊れてしまうかもしれません。 自分の体調管理も職場に馴染むためには必要です。 生活リズムを身に着けよう! 早朝バイトの仕事の大変さは、まず生活のリズムを完全に朝方に整えて就業を遂行していくことです。 また、時間的に限定された間に業務を終わらせなければ周囲に迷惑がかかります。 例えば新聞配達は早朝バイトの人達が活躍していますが、もし時間内に配達ができなければお客様は出勤前に新聞が読めず意味のないものなってしまします。 他にもお弁当を作ったりファーストフードやコンビニの早朝勤務も例外ではありません。 しかし、早朝バイトはまだ人々が寝静まっているような時間帯に一日をスタートさせて就業できるというメリットがあります。 学生で平日の昼間には就業が出来ない場合でも、早朝バイトで収入を得ることができます。 そして早朝という特異な時間を共有する際に生まれる職場の連帯感や一体感は早朝バイトならではです。 けして楽な仕事ではありませんが、確実に健康的な生活サイクルが身に付き、同時に責任感を身に着けることが出来るのも早朝バイトの魅力です。 時間を有効に活用! 早朝バイトはプライベートの時間を有効に活かしたいといった方や、生活リズムを整えたいといった方が多く志望しているお仕事です。 夕方から夜にかけてはその前の用事が長引いたり、友人の誘いや学校の課題などで突然の用事が発生する場合も多く、できれば予定を空けておきたいという人もいます。 学生であれば学業と就業を両立させて少しでも自分の生活に役立てたいという人や社会経験を積んでみたいといった理由で志望する人も多いでしょう。 普段から早起きしてジョギングしたり、ペットの散歩をしたりなど、朝方の生活スタイルが身についている人なども、それを活かしてアルバイトをすることでお金を稼ごうと考える人もいます。 また、中には早朝手当など、金額的なメリットを求めて志望する人もいるようです。 就業場所によっては電車の始発などの都合により、応募者が少ない傾向もあるので、バイトに受かりやすい、といった理由で志望する人もいます。 早朝・朝バイト あなたの面接力を倍増!?3つのポイント スーツ着用はしなくてよいところが多いですが、やはり清潔感のあるきちんとした服装がいいでしょう。 男性であればシャツやポロシャツにパンツなどできちんとした印象を与えましょう。 カジュアルな膝丈ショートパンツやダメージ感のあるパンツはNGです。 面接官がどのような年齢層の方であった場合にも失礼にならないような服装を心掛けましょう。 自分では問題ないと思っていることでも中には、ジーパンはカジュアルすぎる、TPOを考えられていないと認識される方もいます。 無難な服装を選びましょう。 女性はシンプルなシャツやカーディガンにスカートやパンツといった爽やかな服装がいいでしょう。 派手さを感じさせたり夜の遊びにいく格好などを連想させるものは避けましょう。 アクセサリーや髪型にも気を付け、朝早くても時間通りに出勤できる真面目さを印象付けましょう。 第一印象で採用が決まるといっても過言ではありませんので、清潔感のある服装で笑顔で臨むことが重要です。 礼儀正しく元気にが一番大切です。 朝早く「おはようございます」という挨拶からお仕事が始まるのと同じで、面接時も初対面の面接官に対して清々しい朝をイメージさせるような元気な声ではっきりと質問に答えましょう。 緊張してしまう場合がありますが、肩の力を抜いて面接官の目を見ながら落ち着いて話せば大丈夫です。 使い慣れない敬語が普段友人と話すような口調になってしまい、ハッとすることもあったりしますが、失礼だったと思う場合は礼儀正しく言い直せば面接官もきちんと聞いてくれるでしょう。 中には相手の性格を見るために、わざと少し厳しい質問を投げかけたりする面接官もいますが、どんなときも笑顔であくまで謙虚な態度がとれるかをチェックしています。 実際に面接のときには厳しそうだった面接官の方が就業が始まると非常に優しい指導者であったり面倒をよく見てくれることもあります。 なお面接には遅刻しないように気を付けましょう。 さまざまな職種がある早朝バイトの面接は、バイト先により面接の方向性が違いますが、一般的に聞かれる質問を想定して、答えを用意しておくとよいでしょう。 早朝のバイトなので、よく聞かれることは「朝早く起きることができるか」「深夜ではなく、なぜ早朝バイトを選んだのか」などです。 朝の早起きに自信がなくても、ここはとりあえず元気な声で「起きれます!」と答えておきましょう。 自信のなさそうな表情を見せると、相手側もその先に進めません。 そのほかどのくらいのペースで働けるかについて聞かれますので、自分が希望する時間帯(ここでは早朝の時間帯)と曜日、週何日働けるかをしっかり伝えておきましょう。 職種にもよりますが、早朝以外にも土日に働ける方は歓迎されますので、土日の勤務が可能な方はその点についてもアピールすると良いでしょう。 どの面接でもいえることですが、採用担当の質問をしっかりと聞いてから発言することが大切です。

次の

杉並区の早朝のアルバイト・バイト求人情報

早朝バイト

スーパーの早朝品出しバイトのおおまかな仕事内容 おおまかな仕事内容 スーパーの早朝品出しバイトは、その名の通り早朝の品出し業務に特化した仕事です。 開店前の業務ですので、接客はありません。 ひたすら品出しに集中することになります。 スーパーの早朝品出しバイトは会社でどういう役割を求められる? 早朝品出しバイトの役割は重要です。 早朝品出しに遅れが生じると、店舗の売り場に穴を開けることになってしまいます。 特に牛乳などの生鮮食品の売り場は前日までに空になっている場合が多く、早朝の内に補充を完了しないと、売り場の見栄えが悪くなってしまいます。 数時間の内に大量の商品を補充することが必要なため、スピード感が求められるバイトです。 スーパーの早朝品出しバイトによくある募集内容とは? スーパーの早朝品出しバイトの募集には、特別な条件などは設けられていません。 しかし、僅かな作業の遅れがメンバー全員の負担となりますので、早朝に遅れずに出勤できることは必須条件です。 給与相場 時給の相場は800円~1,000円という金額で推移しています。 物価が高い都内は1,000円である場合が多く、郊外は800円程度であるようです。 平均的な時給設定であると言えるでしょう。 勤務時間や休日、残業 勤務時間は開店時間までですので、2時間程度である場合が多いようです。 10時に開店するならば、それに向けて8時から作業開始するといった流れです。 勤務場所 入荷した商品が置かれているバックヤードと店内を行き来しながら作業します。 早朝の従業員は多く、担当する売り場ごとにチーム分けされていることが普通です。 福利厚生 スーパーの多くは大手企業に運営されているため、福利厚生がしっかりしているところがほとんどであると言えます。 求められる人物像 スーパーの早朝品出しに求められる人物は、以下の通りです。 朝に強い人 早朝のバイトであるため、朝に強いことは必須条件であると言えます。 短い時間で担当箇所の補充を終わらせる必要があるため、数十分の遅刻ですら命取りとなります。 黙々と作業がこなせる人 黙々と作業がこなせる人も必要とされています。 このバイトは会話しながら作業をする暇はほとんどないため、集中して作業できる人が必要です。 必要なスキルや資格、経験 必要なスキルや資格は、特にありません。 商品補充の経験があれば歓迎はされますが、未経験でも気にする必要はありません。 スーパーの早朝品出しバイトの雇用形態による仕事内容の違い 雇用形態による仕事内容の違いは特にありません。 売り場管理を任されているリーダー以外は、ひたすら品出しをします。 スーパーの早朝品出しバイトは早朝だから時給は割増されるの? 早朝手当は深夜から朝4時にかけての勤務で支給される傾向があります。 しかし、一般的なスーパーの早朝品出しバイトは朝8時頃から開始されるため、残念ながら早朝手当を貰うことはできません。 自分にあったスーパーの早朝品出しバイトの求人の選び方や注意点 スーパーの早朝品出しバイトの求人の選び方や注意点についてご紹介させて頂きます。 業務の流れをあらかじめ聞いておくことで、ルールの厳しさなどがある程度測れます。 早朝のバイトですので寝坊するリスクが高めです。 そのため家から職場が近いほど、安心して出勤できるはずです。 また、バイトの性質上短時間しか働けない場合が多いため、長い時間をかけて遠い職場に通うメリットはありません。 注意点 台車を押せないくらい、かなりの重さの荷物を運ばなくてはならないことがあります。 牛乳パックや酒瓶が入った箱は重く、台車が軋んで動かなくなる程です。 これらは重いことに加え落下させると簡単に破損してしまうため、扱いが非常に難しいです。 実際、働いている時は上記の商品に関連する事故が多発していました。 重くて動かない台車を無理に押して商品を崩してしまい、大量の商品を破損させてしまったのです。 一歩間違えると重大な怪我に繋がるため、体力に自信がない人にはあまりオススメできません。 特に女性は、重い商品を運べない場合に手伝ってくれる男性がいるかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。 スーパーの早朝品出しバイトについてよくある疑問 スーパーの早朝品出しバイトについての疑問にお答えさせて頂きます。 応募方法は? 求人情報から応募しても構いませんし、直接店員さんに尋ねても良いでしょう。 ネット上で申し込むよりも、店舗で直接聞くか電話を入れる方が確実に応募できます。 スーパーでは人手不足の際、常にバイトを募集している旨の貼り紙が貼られていますので、それを参考にしましょう。 募集のお知らせがない場合は、応募しても不採用となる確率が高いです。 面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣! 「なぜその店舗で早朝バイトをしたいのか?」など基本的なことが聞かれます。 相手も特別な理由を求めてきませんので、品出しに興味がある、家が近いという理由でも全く問題はありません。 未経験でも応募できる? 未経験でも全く問題はありません。 しかし重労働に耐えられるかどうかを訊かれる可能性はあります。 また慣れることや段取りをする力が必要であるため、学ぶ意欲は持っておく必要があります。 会社の雰囲気は? スーパーという性質上、温厚で優しい店員さんが多いです。 しかし早朝の品出しは時間との勝負ですので、余裕はなくなり、作業中は冷たい対応をされる可能性もあります。 残業って多いの? ノルマが終わらない場合は残業もあり得ますが、本来は時間内に終わらせなくてはいけない業務です。 シフトの自由度ってどうなの? シフトの融通は利かせてもらえる場合が多いですが、人手不足によって応援を頼まれることはよくあります。 まとめ スーパーの早朝品出しバイトの様々な情報について紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 短時間のシンプルなバイトですので、採用側も特に難しいことは要求してきません。 このバイトに興味がある人は気軽に応募してみて下さい。 案外、すんなりと歓迎される可能性もあります。 ただし、事故の危険がついて回るバイトでもあるため、身の安全に注意して作業することを常に心がけましょう。

次の

大学生におすすめの早朝バイト・午前中バイト8選|何がある?種類は?

早朝バイト

北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 店舗の開店準備や飲食店の早朝シフトなどがあります 早朝のアルバイトには、新聞や牛乳といった配達業務、ベーカリーや大型小売店舗の開店準備、長時間営業店舗の早朝シフトなどがあります。 配達業務は自転車やバイクなどで個々の家庭に商品を届けるため、気候を問わず早朝から屋外で働かなければならない厳しいイメージですが、道を覚えてしまえばすぐ慣れるところは魅力的です。 開店準備の仕事は棚への品出しや在庫補充、お惣菜や生鮮品の調理、清掃などを開店に間に合うように行ないます。 接客に抵抗のある人でも、開店前の店舗であれば黙々と自分のペースで働くことができます。 早朝シフトの仕事は業種にもよりますが、コンビニやファミレス、ファーストフードなどチェーン店での勤務が多いようです。 これらの業種で言えば、お昼時や夕方~夜に比べて早朝はお店が比較的空いている時間帯にあたるでしょう。 朝型でスッキリ生活できて、時給も昼間より高め 勉強会や運動、趣味などで朝の時間を充実させる「朝活」が注目されているように、朝型の生活には多くのメリットがあると話題になっています。 早朝パートももちろんその一端。 例えば出勤や登校前の時間を生かして短時間で勤務すれば、本業や勉強のスタートダッシュにも勢いがつき、効率よく取り組めること請け合いです。 また、仕事を早朝にすることで生活全体を朝型にシフトさせ、爽やかで活力あふれる1日を過ごすなど、生活改善のきっかけとして早朝バイトを利用するのもオススメです。 しかも、早朝アルバイトは特殊な時間帯ということで概ね時給が高めに設定されていますし、同じ特殊な時間帯の中では深夜バイトの方が人気なので、比較的競争率が低く、採用されやすいようです。 軽作業・清掃・警備・引越し• 飲食・フード• イベント・芸能・キャンペーン• 製造・組立・建設・他作業 早朝バイトでもっとも人気のあった職種は、1位が軽作業・清掃・警備・引越しでした。 続いて2位は飲食・フードで、ファーストフード店やファミリーレストランが人気の職種です。 続いて3位はイベント・芸能・キャンペーン。 4位は販売、5位は製造・組立・建設・他作業のアルバイトでした。 本業のアルバイトの前に早朝アルバイトをされている方が目立ちました。 かけもちでアルバイトをすることにより、安定した収入を得られるので、継続して続けられる方も多いという結果になりました。 1,000円• 歩合給• 900円• 1,100円• 1,200円 早朝バイトでもっとも人気の時給は1位で1,000円でした。 続いて2位は歩合給で働いた分だけ稼げるのが魅力です。 3位は900円、4位1,100円、5位1,200円でした。 早朝のアルバイトは特殊な時間帯ということで、概ね時給が高めに設定されています。 同じ特殊な時間帯の中では深夜バイトの方が人気なので、比較的競争率が低く、採用されやすいようです。 コンビニスタッフ 時給が良かったので早朝のコンビニでアルバイトをしています。 通勤時間になるとたくさんの方が来店します。 急いでる場合が多いので、慌ただしくレジ打ちをすることもしばしばありますが、それ以外の時間は商品の補充や清掃が中心です。 ピークの時間以外は来客数も少ないので落ち着いて仕事ができます。 仕事が終わってもまだ午前中なので一日を有効に使うことができますよ。 ベーカリー店スタッフ パンが好きで、自分でも焼いてみたくてパン屋さんでアルバイトをはじめました。 早朝の仕込みは大変ですが、パンが焼きあがるいい香りはたまりません。 自分の焼いたパンがこれからお店に並ぶと考えるとワクワクします。 季節の新商品に自分のアイデアが採用されると嬉しいですね。 パンが好きな人ならきっと楽しいアルバイトですよ。 今後も続けてアルバイトしていこうと考えています。 清掃員 時間を有効活用しようと思い早朝のビル清掃を行っています。 最初は早く起きることが得意ではありませんでしたが、生活のリズムに慣れてくると早起きが楽しくなり、毎日が充実した日々を送っています。 朝は人が少なく静かなので、黙々と仕事に打ち込んでいると時間があっという間に経過します。 仕事の後は一日を自由に使えるので気持ちも楽ですね。 ファーストフード店スタッフ 早朝手当が付くので、しっかり稼ぎたいときに早朝にシフトを多めに入れています。 お昼に比べるとお客様の来店数も少ないので、仕込みの補充や清掃、メンテナンスを重点的に行っています。 また、店内の状況に気を配りながら働いています。 早起きは少し苦手でしたが、独特の朝のすがすがしい空気は好きなので、これからも続けていこうと思っています。

次の