楽天 エリア。 楽天モバイルの楽天回線エリアに行った話、スピードテスト・対応バンド

【楽天料金・速報分析】使い放題は楽天エリアのみ。au接続だとたったの2GBまで(三上洋)

楽天 エリア

楽天モバイルは自社の通信網でカバーできない大半のエリアは当面、KDDIへのローミング 楽天モバイルがKDDIに利用料を払い通信回線を借りることで、利用者に通信サービスを提供する に頼ってしのぐことにしている。 その通信量の月間上限を当初、2ギガバイトとしていたが、4月22日以降から順次、5ギガバイトに引き上げることにしたのだ。 自社通信網での提供は一部地域のみ 楽天モバイルは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに次ぐ第4のキャリアとなったものの基地局の整備はまだ途上で、自社の通信網でサービスを提供できるのは東名阪など都市部の一部に限られる。 さらにその都市部でも、地下や大型の建物内など圏外の場所が多いのが現状だ。 こうしたエリアもローミングとなる。 サービス開始に先立って行われた3月3日の発表会見で明らかにされた当初のプラン内容は、「料金は月額2980円 税別 で楽天モバイルの通信網エリア内ではデータ通信が使い放題。 ただしKDDIのローミングエリアでは月間2ギガバイトまで」というものだった。 ローミングエリアの上限データ容量を超えた場合は通信速度が最大128kbpsに制限される。 これはネットがまともに使えないスピードで、回避するためにはデータ容量を追加購入する必要がある。 その場合、1ギガバイトあたり500円の料金がかかる。 これが、楽天の三木谷浩史社長が壇上で「衝撃的な価格を実現できた」と豪語した内容だった。 だが今回、楽天モバイルは三木谷氏が自画自賛するプランを早くも修正せざるをえなくなった。 ローミングエリアの月間上限の見直しだけではなく超過したときの速度制限も最大1Mbps 多少読み込みに時間はかかるがSNSなどは使えるレベル へ引き上げる。 楽天モバイルは今回の変更について、「お客様のご要望を伺い、もともと計画を進めていたが、 新型コロナウイルスの影響による 在宅ワークや教育機関などのオンライン授業状況を勘案し、今回のタイミングでデータ通信の増量とデータ通信を使い切った後の通信速度を1Mbpsに増速させることを決定した」 広報 と説明し、あくまで既定路線であることを強調する。 だがこれは建前で、不可思議なタイミングでの変更の背景には足元の苦戦がある。 楽天モバイルは現時点での携帯事業のユーザー数を公表していないが、関係者によるとキャンペーンの上限300万人をはるかに下回っているという。 通信サービスを1年間無料にすると大きく謳いながらもユーザーの獲得がうまくいっていない背景には、2つのボトルネックがある。 1つは、楽天モバイルのサービスが実際には無料では使えないことだ。 楽天モバイルは1年間の通信サービス無料キャンペーンの条件として、同社指定のスマホ端末を使うことを条件としている。 ほぼすべてのユーザーはまだ持っていないため、楽天モバイルが発売しているスマホ端末を新たに購入しなければならないのだ。 通信業界に詳しいMM総研の横田英明常務は、「指定のスマホ端末は安いもので2万円くらいするが、楽天モバイルの通信品質はまだどれほどのものになるかわからない。 お試し感覚のユーザーからすればその初期コストがバカにならない」と指摘する。 ローミング費用という重荷 そしてもう1つの難点が、前出のKDDIのローミングエリアで使えるデータ容量の少なさだ。 MM総研の調査によれば、平均的な月間のデータ使用量は5~6ギガバイトだという。 「自社の通信網エリアがまだ狭いのに、ローミングエリアの月間上限が2ギガバイトでは明らかに足りなかった」 横田氏。 楽天モバイルもさまざまな市場調査をしてきているはずだが、ローミングエリアの上限を低く設定していたのは、コスト面の問題があるからだ。 KDDIが公表している約款によると、楽天モバイルはKDDIへのローミングで1ギガバイトごとに465円の使用料を支払うことになっている。 キャンペーンで1年間は通信料金がほぼ入らないため、このローミング費用は非常に重い。 そのため楽天モバイルは、ユーザーへの訴求効果とコスト面の両方を見てローミングエリアの上限を決める必要があった。 それをプラン発表からわずか1カ月でいきなり引き上げるということは、元々のプランで一定のユーザー数を獲得できるという見通しが甘かったとしか言えない。 決して順風満帆とは言えない現状を表す象徴的な出来事も起こった。 楽天モバイルの常務だった大尾嘉宏人氏、副社長だった徳永順二氏が2020年3月、相次いで退社したのだ。 大尾嘉氏は長年、楽天モバイルの格安スマホ事業を牽引してきた大きな存在だった。 徳永氏は元ソフトバンクの渉外担当で、2019年8月に招聘したばかり。 電撃退社の背景には方向性をめぐる対立があったとみられる。 自社通信網の整備加速にも限度があるとみられる中、ローミングが続く間のユーザー獲得と採算のバランスを今後、どのように取っていくのか。 楽天モバイルは船出から早々に難題に直面している。

次の

【エリア検索方法】楽天ひかりの提供エリアを検索する方法

楽天 エリア

お申し込み後の流れ• スマートフォンのご準備はお済みでしょうか? 楽天モバイルSIMは、楽天回線対応製品以外での動作保証はしておりません。 楽天モバイルSIMとあわせて製品のご購入をお願いいたします。 後日、ご契約手続きのご案内メールをお送りいたします。 メールに従って、本人確認や所定のご契約手続を完了していただいた後に、正式契約が成立します。 正式契約完了時に事務手数料をご請求いたします。 お申し込み期間 [Web]2020年3月3日(火)16:00~終了日未定 [店舗(楽天モバイルショップ)]2020年3月4日(水)開店~終了日未定• プラン料金が開通日から1年間無料 (開通日を起点に12カ月後マイナス1日まで無料。 例:2020年4月8日に開通した場合、2021年4月7日まで無料。 2021年4月8日以降は日割り請求)• ユニバーサルサービス料が開通日から1年間無料 開通日とは下記を指します。 新規お申し込みの場合:プラン(SIMカード、eSIM)が開通した日、または当社に配送完了データが通知された日のいずれか早い方• 他社から乗り換え(MNP)の場合:プラン(SIMカード、eSIM)が開通した日• 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行した場合:プラン(SIMカード、eSIM)が開通した日• 無料サポータープログラム「100GB無料プラン」からプラン変更した場合:プラン変更が適用された日 特典対象 以下条件のいずれかを満たした楽天会員の方• 「Rakuten UN-LIMIT」に新規お申し込み• 「Rakuten UN-LIMIT」に他社から乗り換え(MNP)でお申し込み• 「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後、お申し込み• 「Rakuten UN-LIMIT」に無料サポータープログラム「100GB無料プラン」からプラン変更しお申し込み• お申し込みの状況により、人数が増加・減少する可能性があります。 特典対象外 以下の条件に当てはまる場合は、特典適用対象外となります。 あらかじめご了承ください。

次の

楽天、携帯事業でいきなり「軌道修正」の誤算

楽天 エリア

楽天ひかりの提供エリアを調べる必要性 楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)のサービス提供エリアを検索する方法をご紹介する前に、なぜエリア検索をしなければならないのかの必要性についてご紹介します。 楽天ひかりは 「光回線」を使ったインターネット接続サービスです。 現在「光回線」は電柱などをつたって全国的に張り巡らされてる最もポピュラーな回線です。 光回線は全国に張り巡らされている あまり電柱を見る機会がないと思いますが、電柱には電気を通す「電線」や電話の通話で使う「電話線」がつたって来ている事は知っていると思います。 その線以外にも「光回線」という線も自宅の近くまで来ています。 しかし、楽天ひかりがインターネット接続でも利用する「光回線」は全国的に張り巡らされてるとは言え、 一部の地域・エリアにはまだ「光回線」が来ていない所もあります。 「光回線」が来ていないエリア外もある 「光回線」は全国的に張り巡らされているのですが、まだ「光回線」が来ていない地域もあります。 もし、楽天ひかりでインターネットに接続する 「光回線」が来ていない場合、サービスを提供出来ない 「エリア外」という事になってしまいます。 その為、楽天ひかりを契約する前には、契約する自宅の地域が「光回線」が来ているエリア内か・「光回線」が来ていないエリア外かを調べる必要があります。 楽天ひかりは「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスだから、「光回線」のエリア内かを契約前に検索する必要があるんですね。 楽天ひかりのエリア検索をフレッツ光で行う理由 楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)同様に「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスとして有名なのがNTT東日本・NTT西日本が提供しているフレッツ光です。 実は 楽天ひかりのエリア検索は 「フレッツ光公式サイト」で検索可能です。 「えっ?楽天ひかりって楽天が提供しているんでしょ?」 「えっ?楽天ひかりのエリア検索を何故NTTフレッツ光で?」 そう思った人もたくさんいる事だと思います。 NTTフレッツ光の「光回線」を使う ご存知の人もいると思いますが、NTT東日本・NTT西日本は元々国営企業の日本電信電話公社(通称:電電公社)です。 その為 「光回線」の大半はNTT東日本とNTT西日本が所有しています。 全国的に張り巡らされている「光回線」は NTT東日本・NTT西日本が所有しています。 この NTTフレッツ光でも使われてる「光回線」を 楽天がNTTから借りて提供しているサービスが「楽天ひかり 」なのです。 NTTが楽天に光回線を貸している ちなみに、このように NTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を借りて、インターネット接続を提供しているサービスの事を「光コラボレーション」(通称:光コラボ)と言います。 楽天ひかりも光コラボレーションですし、その他にもドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光、ニフティ光、OCN光などもNTT東日本・NTT西日本から「光回線」を借りている光コラボレーションです。 楽天ひかりはNTTから「光回線」を借りてインターネット接続サービスを提供している光コラボレーションなんですね。 NTT東日本・NTT西日本公式サイトでエリア検索 上記でご紹介したように、楽天ひかりはドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光などと同じようにNTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を借りてサービス提供している光コラボレーションです。 その為、 楽天ひかりで使用する「光回線」が自宅の近くまで来ているのかは、 NTT東日本・NTT西日本の公式サイトでエリア検索する事になります。 楽天ひかりの公式サイトでエリア検索出来ない理由は、上記のような理由があるからです。 詳しいサービス提供エリアの検索方法は以下でご紹介します。 楽天ひかりはNTTフレッツ光で利用されている「光回線」をNTT東日本とNTT西日本から借りているからエリア検索もNTT東日本とNTT西日本の公式サイトで行うんですね。 楽天ひかりのエリアをフレッツ光公式サイトで検索する方法 上記で詳しくご紹介したように、楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)でインターネットに接続する為に利用される「光回線」は、NTT東日本とNTT西日本のフレッツ光でも使われる「光回線」を借りて提供されています。 その為、 楽天ひかりを契約予定の地域に「光回線」が来ている提供エリア内であるかを検索するには、 NTT東日本とNTT西日本のそれぞれのフレッツ光公式サイトで検索します。 NTT東日本とNTT西日本のどちらの地域か NTT東日本とNTT西日本は それぞれ提供している都道府県に違いがあります。 ntt. html 楽天ひかりの提供エリアを検索する前に、 契約予定の都道府県が 「NTT東日本エリア」か「NTT西日本エリア」かを知る必要があります。 NTT東日本エリア NTT東日本の提供エリアである都道府県は以下です。 フレッツ光の公式サイトで楽天ひかりのエリア検索は可能だけど、そのまま契約申込しないように注意した方がいいんですね。 エリア検索後に楽天ひかりをお得に申し込む方法 上記でご紹介したように、楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)はNTT東日本・NTT西日本の「光回線」を借りて提供されていますので、フレッツ光の公式サイトでエリア検索します。 もし、提供エリアだと解ったら次はどこで申し込むかですよね。 そこで最後に、 エリア検索後に 楽天ひかりをお得に契約申込が出来る公式サイトのキャンペーンページをご紹介したいと思います。 楽天ひかりの月額料金が1年間無料?! 楽天ひかりは様々な方法で契約の申し込みをする事が出来ますが、 私個人的におすすめする申込先は 公式サイトのキャンペーンページです。 正規代理店のキャンペーンサイト 上記のキャンペーンサイトは、楽天ひかりの 公式サイトのキャンペーンページです。 このキャンペーンページで楽天モバイル契約者が楽天ひかりの 新規契約の申し込みをすると 楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。 楽天ひかり新規申込で 1年間月額料金が無料?! 楽天ひかりは「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。 この「光回線」はNTT東日本とNTT西日本が提供するフレッツ光でも利用される「光回線」を借りて提供されています。 その為、契約する地域が楽天ひかりの提供エリア内かエリア外かを検索する方法は、NTT東日本とNTT西日本の各フレッツ光の公式サイトで検索するしか方法がありません。 もし楽天ひかりが契約可能なエリア内と判断した場合は公式サイトのキャンペーンページで契約申し込みをすると独自特典が受けらえるのでお得です。

次の