赤いクワガタ。 危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ|社会|地域のニュース|京都新聞

赤いクワガタの毒と症状、そして対処法は?夏休み、子どもがつかむ危険性も!

赤いクワガタ

7月に大津市の和邇地区で見つかったヒラズゲンセイ 触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。 四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上してきた。 専門家は見つけても触らないように呼び掛けている。 ヒラズゲンセイは、ツチハンミョウの一種で体長約2、3センチ。 真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、6、7月に成虫になる。 体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがある。 クマバチに寄生し、クマバチが好むサクラや巣を作る古い木造家屋など、多様な場所で見られるという。 生態に詳しい大阪市立自然史博物館の初宿成彦学芸員によると、もともと近畿地方には生息していなかったが、1976年に和歌山県で発見され、京都・滋賀では2009年に京都市伏見区、12年に栗東市で確認された。 現在の生息北限は、京都府南丹市や滋賀県近江八幡市とみられる。 今月8日には、大津市北部の旧志賀町地域の住宅街で見つかった。 捕まえた和邇小2年、高木春毅くん(7)=同市=は「新種の赤いクワガタかと思った。 毒があるなんてびっくりした」と話していた。 初宿学芸員は「目立つ虫なので、特に子どもが間違って触らないよう気をつけてほしい」と呼び掛けている。

次の

危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ|社会|地域のニュース|京都新聞

赤いクワガタ

— 牛島雄一 ushiyan 【赤いクワガタ】と呼ばれている 『ヒラズゲンセイ』は、 『ツチハンミョウ』の一種の甲虫です。 『ヒラズゲンセイ』の 体は、鮮やかな朱色、 大顎、触角、脚は黒色をしています。 『ヒラズゲンセイ』 体長は、約2、3cmで、 オスは、頭部と大顎が大きいです。 画像 真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、 6、7月に成虫になります。 【赤いクワガタ】と呼ばれている『ヒラズゲンセイ』は、 『幻の昆虫』とも呼ばれ、高知県などでは 『準絶滅危惧種』に指定されています。 そのため目撃情報も少なく、その生態も謎に包まれているのですが、とても危険な昆虫でもあります。 『ヒラズゲンセイ』の採取は危険?有毒? 子供のいる家庭に拡散! 【警報】危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれるので触らないように ヒラズゲンセイという名です — 猫おやじ:松下 柳一 qTYg7IphNLr5y79 『ヒラズゲンセイ』は、『ツチハンミョウ』の一種の甲虫ですが、『ツチハンミョウ』は、 有毒昆虫です。 『ヒラズゲンセイ』の 体液には カンタリジンという 有毒物質が含まれ、 指などで直接触れる炎症やかぶれや水ぶくれの原因となります。 赤いクワガタ ヒラズゲンセイ なんて、子供だったら触っちゃうよね — ミルクティー summergame1088 その為、専門家は、 『ヒラズゲンセイ』を見つけても触らないように!呼び掛けています。 なので、子供達にも『ヒラズゲンセイ』を採取をしないように、【赤いクワガタ】のような昆虫を見かけても、触らないように注意をしたほうが良いですね。 スポンサーリンク 【赤いクワガタ】ヒラズゲンセイの生態は? ヒラズゲンセイ。 体長は30ミリ程もあり、鮮やかな朱色の体に、オスは黒くて立派な大アゴまで持っている、ちょっと異質な雰囲気漂う甲虫。 幼虫はクマバチの巣内に寄生するため、成虫もその周辺に集まってくる。 いつか見てみたいと思っていたが、まさかこんなに沢山見られるとは! — roki rokitaok 『ヒラズゲンセイ』は、 クマバチの巣に寄生し、そこで産卵を行います。 生まれた『ヒラズゲンセイ』幼虫は、一度クマバチの体にしがみついて、どこかに出ていきます。 そして、『ヒラズゲンセイ』の幼虫は、花に何らかの昆虫が訪れるとその体に乗り移ります。 それがハナバチの雌であれば、ハチが巣作りをし、蜜と花粉を集め、産卵する時に巣への侵入を果たすことができます。 また、花から乗り移った昆虫が雄のハナバチだった場合は交尾するときに雌に乗り移れるのですが、ハナバチに乗り移れなかったものやハナバチ以外の昆虫に乗り移ったものは死ぬしかないようです。 そして、なぜか再び花鉢巣に戻ってきてサナギになり、 成虫になるまでクマバチ巣に寄生して育ち、冬を越します。 『ヒラズゲンセイ』をはじめとする『ツチハンミョウ』の成虫がたくさんの卵を産むのは、1齢幼虫が生き残れるかどうかが、このような運任せの生態に対応しているためだと考えられています。 ツチハンミョウの幼虫たち BBC 自然界を生き抜いていくのは、キビシイ!! という感じですね。 『ヒラズゲンセイ』は、南方系の種であり、沖縄や九州、四国のような温暖な地域に生息していましたが、、温暖化に伴い、生息域が年々北上しており、近年、本州の温暖地でも見られるようになっているようです。 1936年 高知県 1976年 和歌山県 1977年 兵庫県淡路島 1985年 兵庫県神戸市北区 1998年 徳島県徳島市 1999年 大阪府貝塚市 2006年 岡山県玉野市 2008年 奈良県橿原市 2009年 京都府京都市伏見区 2012年 滋賀県大津市、栗東市 2016年 滋賀県野洲市 2019年7月8日 滋賀県大津市北部の旧志賀町地域の住宅街 現在の生息北限は、滋賀県とみらています。 スポンサーリンク 『ヒラズゲンセイ』『ハンミョウ』漢字で書くと? ヒラズゲンセイ、初めて見た。 めちゃくちゃかっこいい!! — さに子 sonaki4263 『ヒラズゲンセイ』『ハンミョウ』『ツチハンミョウ』を漢字で書くと、下のようになるそうです。 ) わざわざ漢字で書く必要性があるのか?なぜ、猫という字が使われているのか不思議ですが、おそらく中国語からきているのでは二でしょうか. 【赤いクワガタ】『ヒラズゲンセイ』の 値段は? 『ヒラズゲンセイ』と検索すると、値段と出てきます。 ということは、『ヒラズゲンセイ』を買いたい人がいるということなのでしょう。 実際に、ヤフオクや、メルカリに出品されていたので驚きました。 確認した時点の『ヒラズゲンセイ』の値段は、1ペアで7777円でした。 上の写真からは、生きた状態なのかは確認できていませんが、おそらく 『ヒラズゲンセイ』の標本なのでしょうね。 ちなみに、 『ヒラズゲンセイ』のフィギュアもあるんですね。 スポンサーリンク 【赤いクワガタ】ヒラズゲンセイとは?有毒で危ない?生態や分布は?まとめ 【赤いクワガタ】と話題になっている『ヒラズゲンセイ』について、まとめてみました。 鮮やかな赤色をしているので、実際に木にとまっていたら、目につきそうですね。 『準絶滅危惧種』に指定されているそうですが、最近は、けっこう見かけられているようですね。 温暖化の影響もあり、『ヒラズゲンセイ』にとって、住みやすい環境になってきているのかもしれません。 『ヒラズゲンセイ』の体液には、カンタリジンという有毒物質が含まれていて、直接触れると炎症やかぶれや水ぶくれになってということなので、特に、子供達が触ってしまわないように注意したいですね。

次の

赤いクワガタ?違う!毒持つ「ヒラズゲンセイ」ただいま近畿方面を北上中: J

赤いクワガタ

危険な虫の名は「ヒラズゲンスイ」 この虫をみてください。 赤くて艶々していてきれいですよね。 頭部には、クワガタの口のようなものもあるし、、、。 新種の赤いクワガタムシかな?と思ったりしますよね。 引用: ですが、クワガタムシではなくて、 ヒラズゲンセイ という名前で、ツチハンミョウという虫の一種です。 漢字で書くと、「平頭芫青」と表し、平な頭を持ち、「芫」(げん)という花に集まることから、このような名前になりました。 体長は約2、3センチで、真っ赤な色をしてクワガタのような大あごを持っています。 6、7月に成虫になるので、夏休み前のこの時期に現れます。 「ヒラズゲンスイ」の危険性とは? 何が危険? このヒラガゲンスイのどこが危険なのでしょうか? それは、 この虫の体液なんです。 体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがあるのです。 そのかぶれなどは、 半年以上も痕がのこることもあるそうです。 ですから、皮膚の柔らかい小さな子供たちには、特に、この虫を触らないでほしいのです。 赤い体から、黄色い体液! カラフル過ぎて、少し気持ち悪い感じがします。 笑 もしもの対処法 もし、 ヒラズゲンセイを触ってしまって、有毒な体液が皮膚についてしまった場合の対処法はないのでしょうか? そのような場合は、 直ぐに 患部を流水にさらしてください。 でも、ゴシゴシしないでくださいね。 体液を洗い流せばいいのですから。 そして、 皮膚がいつもと違うようであれば、 皮膚科に行ってくださいね。 が危険生物な訳じゃなくてヒラズゲンセイに触れることが危険なんですよ~。 人を襲ったりするわけじゃないですからね~。 とても簡単な対処法でどうにかなる危険らしいのに、枕詞にヒラズゲンセイってとっても危険!みたいな言葉が使われてしまう不思議😮 — 中野 nakanojanaihito スポンサーリンク 「ヒラズゲンスイ」の生息地について そんな ヒラズゲンセイは、どこにいるのでしょうか。 もともとは、高知県で初めて発見されたものですが、温暖化の影響か、どんどん北上してきました。 そして、今では、京都や滋賀で生息域を広げているそうですよ。 ヒラズゲンセイは、 幼虫の時期には、クマバチの巣に寄生しています。 成虫になってもクマバチの巣の周りにいることが多く、クマバチが好む桜の木ややわらかい木、木造家屋、公園の休憩所、ベンチ等々にいるそうです。 子供たちの身近な場所にいそうですよね。 注意しておきましょう。 京都市北区紫野北舟岡町49 建勲神社 まさかこいつがそんなに危なかったとは — 瑣銀 シュラギ shyuragi まとめ ヒラズゲンセイを、ことさら危険視することはないけれど、むやみに、触って皮膚などにダメージを受けないようにしましょうね。 子供は何にでも好奇心旺盛ですから、赤いクワガタみたいな、目立つヒラズゲンセイに触らないように特に注意しておいてくださいね。 今回は、『危険!赤いクワガタ?「ヒラズゲンスイ」触れないで!生息地についても』という内容でお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。 楽しい休みをお過ごしくださいね。 最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次の