サイゼリア アロ スティ チーニ。 サイゼリヤ「ラム串」アロスティチーニが絶品!サイゼ全店舗で品切れ続出のため似ているスパイスをご紹介します

サイゼリヤ「ラム串」アロスティチーニが絶品!サイゼ全店舗で品切れ続出のため似ているスパイスをご紹介します

サイゼリア アロ スティ チーニ

ヒャッハーーー! 羊肉は好き嫌いがハッキリ分かれる賛否両論食材だけに、気軽に食べるのが難しいメニューである。 ・サイゼリヤにラム肉 12月18日のグランドメニュー改定に伴い、サイゼリヤには 数種類の新メニューが登場した。 「スープ入りトマト味ボンゴレ」「ホワイトソースのチーズハンバーグ」「りんごのワインコンポート」……などなど気になるメニューは多いが、やはり最大の注目は『アロスティチーニ』だろう。 というのも、冒頭でもお伝えした通り羊肉は「大好き派」と「断固無理派」が極端に分かれる食材であるため、そもそも提供している店が少ない。 特に 飲食チェーン店が羊肉を扱うことは滅多になく、羊肉を食べたければ専門店に足を運ぶ必要があるのだ。 そんな中、あえて羊肉をブチ込んでくるサイゼリヤの男らしさと言ったら……! 仮に『アロスティチーニ』が定番商品になるならば、羊欲を満たすためにこれ以上のロケーションは無い。 なにせ日本全国1000店舗以上を誇るサイゼリヤである。 ・2本で399円 というわけで、さっそく近所のサイゼリヤで『アロスティチーニ』をオーダー。 アロスティチーニとは ラム肉の串焼きのことで、価格は2本で税込み399円。 また、アロスティチーニ専用のスパイスもセットで付いてくる。 さて、テーブルに到着したアロスティチーニを見た正直な感想は「少なっ」「小さっ」というものだ。 感覚的には 一般的な焼き鳥よりもスリムな印象だから、これだけでお腹をいっぱいにするためには相当な量を頼む必要があるだろう。 だがしかし、味は文句なしにウマい! 肉は割としっかりめにローストされており、香ばしさとラム肉の旨味が凝縮されている。 さらに クミン香る特製スパイスがラム肉の風味を引き立てており、瞬殺で1皿を平らげてしまうほど後引くウマさであった。 また、クミンの香りが強いので「 中華系」とも「 東南アジア系」とも「 エスニック系」とも言える味わいであったことは記述しておきたい。 サイゼリヤだからイタリアンだと思えるが、実際にこっち系のラムの串焼き店はある。 逆に考えれば「イタリアンは懐が広い」とも言えるだろう。 ・サイゼリヤだけに悩ましい ただし、味がいくら良くてもボリュームと価格のバランスを考えると「 サイゼリヤの中では割高なメニューかな?」と感じたことも事実である。 ミラノ風ドリアを始め、日本屈指のコスパ最強メニューが揃うサイゼリヤだけに「399円」という価格にためらいを感じてしまう人もいるハズだ。 ちなみに、アロスティチーニ以外の新メニューも食べてみたが、中でも「 田舎風やわらかキャベツのスープ」と「 りんごのワインコンポート」は猛烈にオススメできる。 とはいえ、価格抜きで味だけ勝負ならば、やはりアロスティチーニが1番美味しかった。 というわけで、羊肉大好きっ子の諸君には『アロスティチーニ』をぜひ1度ご賞味いただきたい。 その際、サイゼリヤにいると思ったらダメだ。 専門店で食べていると思うんだ。 そうすればきっと「ウマ! 安ッ!! 」と満足して店を後にできる……ハズだ。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

【激報】サイゼリヤ「アロスティチーニ」に付いてきた “魔法の粉” が『やみつきスパイス』として単品発売へ! 50円で買える合法ドラッグの誕生!!

サイゼリア アロ スティ チーニ

SNSで話題になって、あっという間に販売休止となった、 サイゼリヤのラム肉串 「アロスティチーニ」。 販売休止を受けて、ネット上では、残念という声が上がっています。 【悲報】アロスティチーニ販売休止 あまりの大人気に販売中止となりました… 一部店舗でのみ販売。 更に、この記事の後半では、 自分でアロスティチーニを作る為のレシピや作り方も公開します。 ぜひあわせて、ご覧くださいね~ スポンサーリンク アロスティチーニって何? 今日は仕事前のブランチに。 カルディの羊名人はちょっと辛いと聞くので、あの粉のレシピを誰か教えてください! あれは癖になってしまうし、何の肉にでもきっと合う! 何なら小袋とかで売ってください。 アロスティチーニとは、ラム肉(羊肉)の串焼きです。 イタリアの中部アブルッツォ州の伝統的な郷土料理で、 羊の肉を1㎝のキューブにカットして串に刺しています。 今回、サイゼリヤで販売された、アロスティチーニは、スパイスが一緒に付いてきて、それがまた絶品です。 o0 まだ食べれてないよ~😱 大人気で販売休止…サイゼリヤ「アロスティチーニ」って何だ? — ゆるとぴ YahooNewsYuru サイゼリヤでは、アロスティチーニを 2本で399円と破格の値段で供給したため、その値段と味の良さで一気に大人気商品になりました。 サイゼリヤのアロスティチーニはいつ再販売されるのか? サイゼリヤHPにも大きくアロスティチーニの販売休止が表示されてますね… — サイゼリヤ非公式 muritotoi 2019年12月に販売したばかりのアロスティチーニですが、一か月持たないうちに販売休止となってしまいました。 それでは、サイゼリヤで再販売はあるのでしょうか? 調べたところ、全国4府県で期間限定で販売されることが決定しています。 また、3月も期間限定で再販されるようですが、2月中旬に発表となります。 販売される地域も変わると思いますので、神奈川・大阪・福岡・愛知の方は、2月に食べておいた方がよさそうですね。 サイゼリヤ以外で食べれるお店は? サイゼリヤで食べれないけど、どうしても食べたいという方の為に、ラム肉の串焼きを提供しているお店を調べました。 なんと、アブルッツォ料理専門店が東京にありました。 Trattoria Dai Paesani(トラットリアダイパエサーニ)というお店です。 東京メトロ副都心線の西早稲田駅から程近くの場所に位置しています。 そちらをご利用になれます。 ) 営業時間 :火~日 ランチ:11:30~15:00(L. 14:30) ディナー:18:00~23:00(L. まず、ラム肉を串に刺して炭火で焼きます。 ラム肉が近くにない方は通販でも取り寄せが出来ますね。 こちらは、楽天市場で販売しているラム肉です。 楽天で購入 羊料理用のスパイスみたいですね。 羊肉は癖があり、安いものを購入すると臭みが勝って食べにくいですので、品質のいい肉も必要ですが、羊肉専用の調味料で食べやすくするのでしょうね。 この羊名人は、 唐辛子 中国、韓国 、ごま、砂糖、岩塩、クミン、花椒、五香粉、ガーリック、こしょう、ジンジャー が配合されており、羊料理以外にもいろんな調味料に利用できますね。 2月に4府県だけですが、サイゼリヤでの再販も決まっています。

次の

サイゼリヤのラム肉串「アロスティチーニ」販売休止 人気過熱で原料不足...2月から一部地域で期間絞り再開へ: J

サイゼリア アロ スティ チーニ

ヒャッハーーー! 羊肉は好き嫌いがハッキリ分かれる賛否両論食材だけに、気軽に食べるのが難しいメニューである。 ・サイゼリヤにラム肉 12月18日のグランドメニュー改定に伴い、サイゼリヤには 数種類の新メニューが登場した。 「スープ入りトマト味ボンゴレ」「ホワイトソースのチーズハンバーグ」「りんごのワインコンポート」……などなど気になるメニューは多いが、やはり最大の注目は『アロスティチーニ』だろう。 というのも、冒頭でもお伝えした通り羊肉は「大好き派」と「断固無理派」が極端に分かれる食材であるため、そもそも提供している店が少ない。 特に 飲食チェーン店が羊肉を扱うことは滅多になく、羊肉を食べたければ専門店に足を運ぶ必要があるのだ。 そんな中、あえて羊肉をブチ込んでくるサイゼリヤの男らしさと言ったら……! 仮に『アロスティチーニ』が定番商品になるならば、羊欲を満たすためにこれ以上のロケーションは無い。 なにせ日本全国1000店舗以上を誇るサイゼリヤである。 ・2本で399円 というわけで、さっそく近所のサイゼリヤで『アロスティチーニ』をオーダー。 アロスティチーニとは ラム肉の串焼きのことで、価格は2本で税込み399円。 また、アロスティチーニ専用のスパイスもセットで付いてくる。 さて、テーブルに到着したアロスティチーニを見た正直な感想は「少なっ」「小さっ」というものだ。 感覚的には 一般的な焼き鳥よりもスリムな印象だから、これだけでお腹をいっぱいにするためには相当な量を頼む必要があるだろう。 だがしかし、味は文句なしにウマい! 肉は割としっかりめにローストされており、香ばしさとラム肉の旨味が凝縮されている。 さらに クミン香る特製スパイスがラム肉の風味を引き立てており、瞬殺で1皿を平らげてしまうほど後引くウマさであった。 また、クミンの香りが強いので「 中華系」とも「 東南アジア系」とも「 エスニック系」とも言える味わいであったことは記述しておきたい。 サイゼリヤだからイタリアンだと思えるが、実際にこっち系のラムの串焼き店はある。 逆に考えれば「イタリアンは懐が広い」とも言えるだろう。 ・サイゼリヤだけに悩ましい ただし、味がいくら良くてもボリュームと価格のバランスを考えると「 サイゼリヤの中では割高なメニューかな?」と感じたことも事実である。 ミラノ風ドリアを始め、日本屈指のコスパ最強メニューが揃うサイゼリヤだけに「399円」という価格にためらいを感じてしまう人もいるハズだ。 ちなみに、アロスティチーニ以外の新メニューも食べてみたが、中でも「 田舎風やわらかキャベツのスープ」と「 りんごのワインコンポート」は猛烈にオススメできる。 とはいえ、価格抜きで味だけ勝負ならば、やはりアロスティチーニが1番美味しかった。 というわけで、羊肉大好きっ子の諸君には『アロスティチーニ』をぜひ1度ご賞味いただきたい。 その際、サイゼリヤにいると思ったらダメだ。 専門店で食べていると思うんだ。 そうすればきっと「ウマ! 安ッ!! 」と満足して店を後にできる……ハズだ。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の