ゴキブリ ム エンダー。 【口コミ】ムエンダー続報!やっぱこれ買った方が良いよめっちゃ効く

ムエンダー

ゴキブリ ム エンダー

事前準備から駆除後の片付けまで、たくさんのステップが必要でとにかく面倒。 時間も労力もかかるため、「効果があるのはわかっているけど、くん煙剤はハードルが高い…」と悩ましい思いをすることも。 しかも、一斉駆除のためには各部屋分のくん煙剤を購入しなければならず、家計の負担が使用をためらう理由の一つにもなっていました。 いっぽうの 『ゴキブリムエンダー』は、くん煙剤にあった問題をすべて解決!これこそが「画期的なゴキブリ駆除剤」といわれる理由です。 『ゴキブリムエンダー』はここがすごい!3つの特長 「ゴキブリの一斉駆除=くん煙剤」というこれまでの図式をガラリと変える、新発想の駆除剤 『ゴキブリムエンダー』。 従来のくん煙剤と比べてどこがすごいのか、3つの大きな特長について詳しく見ていきましょう。 1.使い方カンタン!部屋の広さに合わせて空間にプッシュするだけ まず驚くのが 『ゴキブリムエンダー』のお手軽さ。 その使用方法はというと……。 なんと、たったこれだけのステップで駆除が完了するんです! 家具の隙間や冷蔵庫の下、エアコンの裏など、部屋のすみずみまで殺虫成分が素早く行き渡るため、30分という短い時間で、隙間に隠れていたゴキブリもしっかりとやっつけてくれます。 しかし、ゴキブリを見かけた部屋だけ処理すると、使用中にほかの部屋へ逃げ出してしまう可能性も。 家中のゴキブリを一気に駆除するには、全室一斉に駆除することが大切。 『ゴキブリムエンダー』なら、どんなにたくさん部屋があってもプッシュするだけなのであっという間!ゴキブリたちの逃げ場をなくして、あらゆる隙間から根こそぎ駆除できます。 2.煙が発生しない!人にやさしい無煙駆除 『ゴキブリムエンダー』の特筆すべき点は、煙を使わないところ。 煙が出ない=部屋が汚れないので、事前準備も片付けも不要です。 使用しているのはピレスロイド系の有効成分。 少量で害虫駆除の効果を発揮しますが、私たち人間を含む哺乳類・鳥類などの恒温動物の場合は速やかに分解する酵素を持っているので、短時間で体外へと排出されます。 そのため、お子様がいらっしゃるご家庭でも使用が可能。 また、部屋にいたまま使っても、薬剤の臭いも気になりません。 ゴキブリの行動が活発になるのは、夜。 その時間帯を狙って、寝る前に使用するのも効果的です。 これも、煙を出さず在宅したまま駆除できる 『ゴキブリムエンダー』ならではのメリットですね。 3.コスパがいい!1本でくん煙剤約10個分.

次の

ムエンダーの効きめを試してみた

ゴキブリ ム エンダー

今人気のキーワード:• 【ご案内】 一部商品取扱状況や価格・サービスは店舗と異なります。 人にやさしい無煙処方。 ・必要に応じて読めるよう、台紙を保管してください。 ・人体用 人体用虫よけ剤 ではないので、人体には使用しないこと。 ・人体に向かって噴射しないこと。 また、噴霧粒子を直接吸入しないこと。 ・今までに薬や化粧品などによるアレルギー症状(例えば発疹、発赤、かゆみ、かぶれなど)を起こしたことのある人、喘息の症状がある人などは、ご使用前に医師又は薬剤師に相談すること。 ・噴射中は、噴射する人以外の人の入室を避けること。 ・噴射直後は子供は入室しないこと。 ・薬剤が皮膚についたときは、石けんと水でよく洗うこと。 ・目に入ったときは、直ちに水でよく洗い流すこと。 ・アレルギー症状やかぶれを起こしやすい体質の人は、薬剤に触れたり、吸い込んだりしないようにすること。 ・皮膚、目、飲食物、食器、おもちゃ、ペット類 観賞魚、小鳥など 、飼料、植物などにかからないようにすること。 ・観賞魚などの水槽のある部屋では使用しないこと。 ・殺虫剤なので、子供には使用させないこと。 ・閉め切った部屋や狭い部屋で使用する場合は、噴射後30分間閉め切った後、時々換気をすること。 ・缶を逆さまにして噴射しないこと。 ・出来るだけ1週間以上の間隔をあけて使用すること。 1週間以内に再度使用する場合は、噴射前に部屋を掃除すること。 ・長期間閉め切って光が全く入らないような室内では、使用しないこと。 ・水まわりや湿気の多いところは、缶が錆びて破裂する危険があるので置かないこと。 ・炎や火気の近くで使用しないこと。 ・火気を使用している室内で大量に使用しないこと。 ・高温にすると破裂の危険があるため、直射日光の当たる所や火気等の近くなど温度が40度以上となる所に置かないこと。 ・火の中に入れないこと。 ・使い切って捨てること。

次の

【ゴキブリ対策】KINCHOのゴキブリムエンダーを使ってみた効果・感想レビュー【ゴキブリの画像なし】

ゴキブリ ム エンダー

一昨日・昨日と休養を採らせて頂きつつ、プラモ作りの幕間にフェイスブックをポチポチと見ていたら、只今SNS上で評判となっているらしい新聞広告の存在を知りました。 何しろワタシ、20代前半の頃から 30年以上の間、一切の新聞購読をしておりませんので、こうしてスマホから情報を得られるのは有難いコトです。 まずは一見して、「コレは、スゴい!」と久しぶりに感動して唸りました。 コレを云っちゃぁオシマイなフレーズが、広告の堂々たるメインコピーであったからです。 「」 「STAY HOME SAY GOODBYE COCKROACH いまだから、やろう!在宅殺虫!」 「おうちでやってみよう! Gラーニング」 「なんと!自社製品の悪口だヨ。 (ほら、クレームつけられない)」 「そろそろ、ゴキブリの話をしよう。 」 「ムエンダーチャレンジ!」 「2020年10大ニュースの8位くらいには入るんじゃないかナ。 (ひかえめに言って)」 なんと、ワタシの家には、既に現品が在ったわ! 台所に撒いて、「しばらくの間、入らないでね」と云われました。 「もう どう広告したらいいのか わからないので。 」・・・日々情報が錯綜する中で、新型コロナウイルス騒ぎに翻弄されつつも広告は作らなきゃならないアドマンの嘆きをそのまんまストレートに吐き出した鬼気迫るコピーが、却って広告を見た者の気持ちをクスリと笑わせつつ揺さぶります。 これからアフターコロナの世で商売をやって行かねばならぬワタシにとっても「どう広告したらいいのか」は、大いなる命題でしたので、この卓越した広告センスには脱帽するしかありませんでした。 さらに、リンク先をそれぞれ見てみてください。 そのドレもが、今日までに発明されてきた極めて類型的な広告表現のパロディーにもなっており、広告マニアを自認するワタシなどはニヤリとするばかりです。 「そろそろ、ゴキブリの話をしよう。 」なんて無いですよ、普通は。 実際に商品パッケージを手にしてみると、驚くホドに極く真面目なモノ。 そして従来の燻煙タイプと比べて、相当画期的なのであろう製品の様子も伺えます。 この生真面目さと不真面目さのバランス感覚は素晴らしい。 マイクロ・デポの広告宣伝活動も、早くこの領域にまで辿り着きたいモノだなぁ・・・ ワタシ的には、2020年の広告賞はコレに贈呈したいです(笑)。 それじゃー、また明日。 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言は5月25日に解除となりましたが、いまだ感染防止の観点から、各県を跨いでの移動に関しては継続して自粛要請が出ております。 その日本国政府方針の主旨に鑑みまして、当面は近隣にお住いの方からの修理要望にのみお応えするというスタンスを6月18日迄は続けてまいります。 皆様方には引き続き御不便ををお掛けいたしますが、何卒御理解の程お願い申し上げます。 当店の当面のスタンスについて、を。 カテゴリー, , タグ.

次の