四緑木星。 【九星気学】本命星・月命星・傾斜の早見表|月と星の道しるべ AstroCompass

四緑木星 今月の運勢

四緑木星

一白水星さん 四緑木星さん 七赤金星さんの 7月。 文月(ふみづき)の吉方位。 気学は旧暦を使うので 7月7日~8月6日の期間の吉方位。 季節も方位も一瞬では切り替わらない。 節入り(月替り)あたりの位旅行は避けて 7月7日~8月2日の間に行きたい。 8月2日までには帰ってきてね。 100キロ以上先、2泊以上がオススメ。 7月の西、東は大凶です。 西、東への旅行、転居は 絶対に避けます。 日帰り、近距離の短期宿泊は気にしない。 7月 一白水星の吉方位(7月7日~8月6日) 一白水星さん。 吉方位は 北西、南。 特にお勧めではない。 用があるなら行きましょう 程度です。 7月 四緑木星の吉方位(7月7日~8月6日) 四緑木星さん。 吉方位は。 そういう時もあります。 7月 七赤金星の吉方位(7月7日~8月6日) 七赤金星さんの吉方位。 行けたら行きましょう。 南東、日の方位が凶の日。 出発の日、帰りの日として避けたい。 あんまりない。。。 3泊が一番お勧め。 気にしすぎ。 行き帰りが吉方位の月は少ないので、ある月は必ず吉方位旅行に行って下さい。 その時は2泊以上でより高い方位の効果を実感できます。 睡眠が重要。 でも夜はしっかり寝て下さい。

次の

二黒土星と四緑木星の相性は?

四緑木星

物事がとても実りやすく、上司、先輩、目上の人からの援助が大きい時期です。 一人で頑張るより、周りの人に「手伝ってください」と素直に言うと、成果が得られやすくなります。 手を貸してくれる人に、自分から喰らいつきましょう。 運気は良いですが、若干不安定にもなります。 何か迷った時には、すぐにご相談くださいね。 恋愛運 恋愛運は絶好調です。 特にお見合い運が良い時期。 直感力・判断力も上がって、人を見抜く力があるので、変な相手に引っかかりにくくなります。 しかしながら、冷静な面があるので、恋愛に対する価値観が下がり、ピンと来なかったり、なんてことも。 女子力も低下しますので、ファッション・メイクの手抜きには気をつけましょう。 家庭運 旦那さん、彼氏さんと急に別れたくなっても、それは運気のせい、錯覚です。 今月はお友達を呼んでホームパーティをすると、パートナーを客観的に見られるようになります。 突発ではなく、今まで何ヶ月も、きっかけがなくて別れられなかった人は、ここで終わりにしても良いでしょう。 仕事運 実績を上げると過大評価されます。 援助運が良く、何もしなくても周囲が協力してくれる時期ではありますが、それだけで終わってしまうのはもったいないです。 スタンドプレーではなく、上司や先輩に積極的に協力をお願いすると、さらに成果をあげることができますよ。 注意点 不安定です。 年の運気も月の運気も良く、評価もされやすいですが、直前でブレやすくなります。 迷ったら一人で解決しようとせずに、直ぐに鑑定にお越しくださいね。 また悪縁を切る時期でもありますので、ズルズルしたお付き合いが続いているなら、いま切るのが一番ダメージが少なく済みます。 今月のおすすめ商品! 運気は良いけれど、大波がくっついてるので控えめにいきましょう。 ローズクウォーツをねじった形にしたねじロー君は、マイルドに交渉能力、推進力を上げて、粘り強く結果に結びつけます。

次の

四緑木星とは。相性・性格・適職・運勢・恋愛・結婚の総合占い!

四緑木星

スポンサードリンク 四緑木星と二黒土星とは、意見や考えが違っていることが多いものの、どちらも割りと穏やかな性格で、人を許せることもできるので、大げんかをして殺伐とした雰囲気になることは少ないです。 お付き合いをはじめたとしても長続きするカップルですので、結婚もうまくいく可能性は高いです。 関係をうまく保つ秘訣として、四緑木星のほうが主導権を握ったほうがうまくいくと割り切ることですね。 四緑木星のほうが男性で年上であれば、特に何も気にせず、主導権を握れるでしょう。 四緑木星は、ちょっとしたことで悩みやすく、気に病んでしまいやすいので、そういったときは二黒土星のほうがうまく支えてあげるといいでしょう。 実際に役割としては適任と言えます。 相性としてはそれほど悪くはない二黒土星と四緑木星ですが、それぞれの欲に決定的な違いがあります。 二黒土星は肉体的な欲を満たしたい傾向があるのに対して、四緑木星は精神面での充足感を得たいという性格があります。 そのあたりで少しズレが生じてくる可能性はありますが、どちらも相手に尽くすという点では、ある程度優秀な面がありますので、過剰なことでなければ合わせられるでしょう。 どちらも過激さや短気といったことが薄く、強い刺激が得られるということはほとんど無いでしょうが、平和に長続きさせられる関係ですので、結婚するにはいい相手と言えます。 ポイントは二黒土星が我慢しなければならないような状況でストレスを溜め込みすぎないようにすることですね。 特に二黒土星が男性で年下の場合は、基本的に相手をリーダーとして捉えているほうが気が楽でいられるかもしれません。

次の