ウイイレ 2020 アプリ 最強。 【(ウイイレアプリ2020)おすすめ金玉最強選手一覧(ポジション別)】レベマで黒玉を超える最強選手たち!確定スカウトあり<随時更新>

【これが俺の最強2TOP】現環境最強2TOP紹介!#249【ウイイレアプリ2020】

ウイイレ 2020 アプリ 最強

さん alissonbecker がシェアした投稿 — 2019年 7月月30日午前4時33分PDT アリソンのウイイレ2020レベマ能力値 GK センス 99 キャッチング 99 クリアリング 97 コラプシング 99 ディフレクティング 98 いやアリソンもデヘアも強い!! ウイイレアプリ2019のうちにオブラクはレベル31以上にしときたいですね。 ウイイレアプリ2020でスタードダッシュをきめるためにもウイイレアプリ2019のうちにオブラクはゲットしておきたいですね。 イベントでガチャ券が配布されているのでなんとか当てたいところですね! 今回の参考動画はヒカックさんのこちらの動画です。 まず10000ってなんやねん!って話なんですけど、この数字が大きいほどモバイルバッテリーにエネルギーを溜めれるのです。 いわば胃袋の大きさを示しているようなもんです。 このパワーコア10000はフル充電すればスマホフル充電2〜3回はいけるので持ち歩いて入ればかなり安心です。 出先で友達と対戦をガンガンやって電池がなくなっても大丈夫です。 フル充電だってできちゃうのですから。 こにパワーコア10000があれば、よりウイイレアプリをいろんな場所でプレイすることができます。 家族にコンセントを取られても充電ができますよ。 ベッドや布団の近くにコンセントがなかったとしてもこれがあれば寝ながら充電してウイイレもできます。 価格も3千円を切っているので学生の方でも負担にはならないかなと思いおすすめしました。

次の

【ウイイレアプリ2020】将来有望!白玉の最強若手ランキングTOP10|yasublog

ウイイレ 2020 アプリ 最強

ウイイレアプリ2020(レベマ総合値順)黒玉最強ランキング ウイイレアプリ2020のアップデートが待ち遠しい今日この頃ですが、今回は黒玉総勢130名をレベマ総合値順にポジションごとに最強ランキングをしていきます。 ウイイレアプリ2020でも、やっぱり重要なのは 最大レベル(レベマ)です。 2019までは若手選手の最大レベルがめちゃくちゃ高く設定されていたのですが、2020からはベテラン(30歳以上も)そこそこ高くなってきたので、 ベテラン勢もかなりがんばっています!! 黒玉選手130名の内訳は、FW43名、MF36名、DF37名、GK14名です。 もともと 2019では114名いたところに、31人が黒昇格してきて、14名が金降格して、悲しみのフンメルスが非搭載になりました。 (内訳は後ほど) それでは、各ポジションごとにレベマ総合値順に最強ランキングをやっていきます。 黒玉FWの最強ランキング(43名) 黒玉FWは総勢43名です。 黒昇格した選手が全部で以下の5人です。 メンフィス・デパイ(CF)• イアゴ・アスパス(CF)• アレハンドロ・ゴメス(ST)• デンベレ(LWG)• ソンフンミン(LWG) 金降格した選手は、 イグアインの1人のみです。 それではレベマ(最大レベル)の総合値順に最強ランキングをFWポジション別に見ていきましょう! 黒玉CF最強ランキング:レベマ総合値順(21名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 アグエロ 91 21 97 ムバッペ 90 38 97 スアレス 91 21 96 レヴァンドフスキ 90 22 96 ケイン 90 25 95 ジェズス 85 39 95 グリーズマン 90 22 94 カバーニ 88 23 94 ベンゼマ 88 23 93 オーバメヤング 88 24 93 フィルミノ 87 25 93 ジェコ 86 24 93 イカルディ 86 28 93 ヴェルナー 85 34 93 ラカゼット 87 25 92 ルカク 85 29 92 デパイ 85 32 92 インモービレ 86 25 91 ジエゴ・コスタ 85 26 91 メルテンス 85 25 91 イアゴ・アスパス 85 25 91 CFの最強ランキング1位は、やっぱり アグエロが強かった。 そして、今回黒玉雷に昇格した ムバッペが一気に同率1位です。 最大レベル的にはもっといきそうでしたが今回は同率1位です。 2020の間にさらに上がっていきそうな予感はあります。 (それは絶好調のアグエロも一緒かな) 他には、有名どころの スアレス、レヴァンドフスキ、ケインが続いてますが、 ジェズスが一気に総合値85から上がってて、潜在能力の高さを出してます。 黒玉ST最強ランキング:レベマ総合値順(3名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 ディバラ 87 27 94 ミュラー 86 26 91 A・ゴメス 85 26 91 STは、 ディバラの圧勝ですね。 ミュラーがだいぶ能力落とされてるので、メッシがSTに戻ってこないかぎりしばらく安泰かな。 黒玉RWG最強ランキング:レベマ総合値順(8名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 メッシ 94 19 98 サラー 90 24 95 ベルナルドシウバ 88 30 95 ベイル 87 25 93 デイマリア 86 25 92 ウィリアン 85 26 92 ドウグラス・コスタ 85 26 92 マフレズ 85 27 92 RWGは、無敵の メッシが圧勝です。 全ての選手の中でもトップとなる、総合値98はまさに無敵。 サラーもさすがに全然届きません、むしろ、絶好調の ベルナルド・シウバに追いつかれちゃっています。 黒玉LWG最強ランキング:レベマ総合値順(11名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 クリロナ 94 19 97 ネイマール 92 23 97 アザール 91 21 96 マネ 89 25 95 スターリング 89 29 95 コウチーニョ 87 27 94 サネ 86 34 94 デンベレ 86 38 94 インシーニエ 86 26 92 ソンフンミン 86 27 92 サンチェス 85 26 91 LWGは接戦ですね。 クリロナの弱体化により ネイマールと アザールが迫ってきました。 結果、なんとか クリロナと ネイマールが同率1位ですが、2021では分かりませんね。 3位は堂々の アザール、そして、4位には成長著しいスピードLWGの マネと スターリングです。 他にもこのポジションには優秀な選手が目白押しです。 黒玉MFの最強ランキング(36名) 黒玉MFは総勢34名です。 黒昇格した選手は、以下の10名です。 ハキム・ジャシュ(OMF)• ブルーノ・フェルナンデス(OMF)• フレンキーデヨング(CMF)• ヴィツェル(CMF)• レオン・ゴレツカ(CMF)• アーロン・ラムジー(CMF)• ギュンドーアン(CMF)• マチュイディ(CMF)• ロドリ (DMF)• ファビーニョ(DMF) 金降格した選手は、以下の6人です。 (結構多くて悲しみ)• ムヒタリアン(RMF)• ハムシク(CMF)• パウリーニョ(CMF)• ナインゴラン(CMF)• ファブレガス(CMF)• マティッチ(DMF) かなり有名どころの有能黒玉MFが降格してて、びっくりですが、金降格しても強いので使いましょう! それではレベマ(最大レベル)の総合値順に最強ランキングをMFポジション別に見ていきましょう! 黒玉OMF最強ランキング:レベマ総合値順(10名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 デ・ブライネ 90 22 95 ダビド・シルバ 88 23 94 エリクセン 88 26 94 ロイス 87 25 93 フェキール 86 29 93 ハメス・ロドリゲス 86 26 92 イスコ 86 27 92 Bフェルナンデス 85 32 92 エジル 85 26 91 ジャシュ 85 29 91 OMFは、当然のナンバー1、 デ・ブライネ! そして、2位は、同じくマンチェスターシティの ダビド・シルバとトッテナムの エリクセンです。 OMFも優秀な選手が多く、 ロイス、フェキールはかなり成長しましたね。 逆に イスコと エジルは落ちてきちゃいました。 個人的には ジャシュにがんばってもらいたい! 黒玉RMF最強ランキング:レベマ総合値順(1名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 トーヴァン 85 29 91 RMFは トーヴァンだけなのでしばらく安泰。 ムヒタリアンがんばって戻ってこい! 黒玉LMF最強ランキング:レベマ総合値順(0名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 なし LMFは リシャルリソンが期待されていましたが、ポジションもLWGになっちゃったんで当分なしかな。 黒玉CMF最強ランキング:レベマ総合値順(16名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 モドリッチ 89 21 94 ヴェラッティ 87 27 94 トニ・クロース 88 24 93 チアゴ・アルカンタラ 88 24 93 ポグバ 88 27 93 サウール 87 30 93 ゴレツカ 85 33 93 Fデヨング 85 39 93 カンテ 88 24 92 ラキティッチ 87 24 92 コケ 86 27 92 ミリンコヴィッチ 86 32 92 ギュンドアン 85 27 92 ビダル 86 25 91 ラムジー 85 26 91 マチュイディ 85 25 89 CMFはMFでは最も多いポジションなので接戦です。 なんとかバロンドールの面目で第1位になった モドリッチ。 そして、意外や意外、 ヴェラッティが若さをいかして、一気に同率1位にきました。 たしかにめっちゃ使いやすいので納得です。 あとは、 ゴレツカや Fデヨングなどの昇格組がいきなり同率第3位なのはさすがです。 チアゴ・アルカンタラも意外にも高かったですね。 黒玉DMF最強ランキング:レベマ総合値順(9名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 ブスケツ 89 23 94 ピャニッチ 87 24 93 ロドリ 85 34 93 フェルナンジーニョ 86 23 92 カゼミーロ 86 27 92 ファビーニョ 85 29 92 ハビ・マルティネス 85 26 91 ヴィツェル 85 26 91 ジョルジーニョ 85 27 91 DMFは、引き続き最強として ブスケツが君臨です。 今回、強化されたので盤石です。 注目は昇格組の ロドリですね、同率2位に食い込みました。 他には、個人的に大好きな ハビ・マルティネスが使いたい、今回はしっかりとDMF登録です。 黒玉DFの最強ランキング(37名) 黒玉DFは総勢37名です。 黒昇格した選手は以下の15名です。 (多すぎ!!)• カイル・ウォーカー(RSB)• ジョアン・カンセロ(RSB)• カルバハル(RSB)• ロバートソン(LSB)• マタイス・デ・リフト(CB)• シュクリニアル(CB)• リュカ・エルナンデス(CB)• クレモン・ラングレ(CB)• ロマニョーリ(CB)• フェルトンゲン(CB)• ダビド・ルイス(CB)• ソクラティス(CB)• ジューレ(CB)• ホセマリア・ヒメネス(CB)• ストーンズ(CB) 金降格した選手は、以下の5名です。 フェイペ・ルイス(LSB)• オタメンディ(CB)• ベナティア(CB)• コンパニ(CB)• ミランダ(CB) ビックリするくらい黒昇格しちゃってますが、これだけ黒玉選手いると、そろそろ黒か金かって関係ない感じになってきましたね。 個々の能力値をちゃんと把握する時代の到来です。 それではレベマ(最大レベル)の総合値順に最強ランキングをDFポジション別に見ていきましょう! 黒玉RSB最強ランキング:レベマ総合値順(5名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 キミッヒ 87 32 94 カルバハル 85 28 93 カンセロ 85 32 93 アスピリクエタ 85 26 91 カイル・ウォーカー 85 26 91 RSBは、 キミッヒに軍配が上がりました。 しかし、能力的にはスピードを重視する人などは、 カイル・ウォーカー、カルバハル。 ディフェンス力を重視する人は、 アスピリクエタ。 という感じで、意見は分かれそうですね。 総合力で キミッヒって感じですかね。 個人的には カンセロが楽しみです。 黒玉LSB最強ランキング:レベマ総合値順(5名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 ロバートソン 85 32 93 ジョルディ・アルバ 87 25 92 ダヴィド・アラバ 87 27 92 マルセロ 86 25 92 アレックスサンドロ 85 27 92 LSBは、無敵の マルセロが弱体化したので、一気に勢力図が激変で、混戦です。 昇格組のセンタリンガーの ロバートソンが一気に第1位に。 その後ろに、スピードの ジョルディ・アルバと安定感の ダヴィド・アラバが続きます。 マルセロはまさかの4位に。 黒玉CB最強ランキング:レベマ総合値順 (27名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 ファンダイク 91 21 96 デ・リフト 86 47 96 ピケ 90 22 95 セルヒオ・ラモス 90 21 94 シュクリニアル 87 32 94 クリバリ 88 24 93 ゴディン 87 23 93 マルキーニョス 86 31 93 リュカ・エルナンデス 85 34 93 キエッリーニ 87 21 92 ヴァラン 87 27 92 ユムティティ 87 28 92 ラポルト 86 31 92 デフライ 85 28 92 ストーンズ 85 32 92 ジューレ 85 33 92 ヒメネス 85 33 92 ラングレ 85 33 92 ロマニョーリ 85 33 92 チアゴ・シウヴァ 86 21 91 フェルトンゲン 86 25 91 アンデルヴァイレルト 86 26 91 ボヌッチ 85 25 91 ボアテング 85 26 91 ソクラティス 85 26 91 マノラス 85 27 91 ダヴィド・ルイス 85 25 90 CBはとうとう来ましたね。 フィジカルモンスター: ファンダイクがとうとう1位です。 そして、同率1位がもう1人、オランダ代表の相棒 デ・リフトです。 オランダめっちゃDF強い国になっちゃいましたね、2022年が楽しみだ。 そのあとは、 ピケ、セルヒオ・ラモスのスペイン組。 そして、5位にインテルの シュクリニアルが飛び込んでます。 スピードないですが2020はガチスカッド候補ですね。 意外と、 ヴァラン、クリバリ、マノラスが伸びませんでした。 黒玉GK14名の最強ランキング 黒玉GK選手は、総勢14名です。 黒昇格した選手は、 ドンナルンマだけです。 金降格した選手は、以下の2人です。 ブッフォン• ナバス ブッフォンは残念ですが、まあしょうがない。 能力的にはまだまだやれてますけどね。 ナバスも全然がんばってるけど、ウイイレはナバスに厳しい感じがします。 それではレベマ(最大レベル)の総合値順に最強ランキングGKを見ていきましょう! 黒玉GK最強ランキング:レベマ総合値順(14名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベマ レベマ総合値 アリソン 90 24 94 オブラク 90 25 94 テアシュテーゲン 89 25 94 エデルソン 89 26 94 デヘア 90 22 93 ノイアー 89 22 93 ドンナルンマ 85 47 93 ハンダノビッチ 87 21 92 クルトワ 87 27 92 シュチェスニー 86 25 91 ケパ 86 31 91 ピックフォード 85 32 91 ロリス 87 23 90 レーノ 86 27 90 GKは超接戦、というか同率で4人も1位がいますし、これは能力をみてみないとガチスカGKは決められなさそうですね。 その4人は、 アリソン、オブラク、テアシュテーゲン、エデルソン。 個人的には テアシュテーゲンか エデルソンです。 そして、ここには届きませんでしたが、同率5位でドンナルンマも伸びてきているので能力値次第では ドンナルンマも全然ありです! レベマ総合値最強ランキング(全ポジション)! ほぼ意味のないことですが、レベマ総合値だけでランキングしてみました! どうどうの第1位はやっぱりメッシ。 とうとう単独1位ですね。 ていうか、レベル高すぎ、95ですでに同率11位ですからね。 ここにFP選手が加わってくるとぶっ壊れそうだなウイイレアプリも。 順位 選手名 ポジション レベマ総合値(LV1) 1 メッシ RWG 98(94) 2 アグエロ CF 97(91) 2 ムバッペ CF 97(90) 2 クリロナ LWG 97(94) 2 ネイマール LWG 97(92) 6 スアレス CF 96(91) 6 アザール LWG 96(91) 6 ファンダイク CB 96(91) 6 レヴァンドフスキ CF 96(91) 6 デ・リフト CB 96(86) 11 ケイン CF 95(90) 11 サラー RWG 95(90) 11 デ・ブライネm OMF 95(90) 11 ピケ CB 95(90) 11 スターリング LWG 95(89) 11 マネ LWG 95(89) 11 ベルナルド・シウバ RWG 95(88) 11 ジェズス CF 95(85) まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 いやー、黒玉選手めっちゃ増えましたね。 今後は、ポジションやプレースタイルごとに能力値を比較した最強ランキングをやっていくのでよろしくお願いします。 これだけデータあると間違ってる可能性もあるので間違いがありましたらご連絡ください。

次の

【ウイイレアプリ2020】最強スタメン紹介!ポジション別

ウイイレ 2020 アプリ 最強

人によってどの監督が使いやすいのかは違いますが、 game8攻略班ではどの指標も大きければ大きいほど使いやすい監督と考えています。 ディフェンスラインの高さ 大きいほど守備の最終ラインが高くなります。 コンパクトネス 大きいほどディフェンダー間の距離が小さくなります。 マネージメントと攻めやすさを重視 監督は、マネージメントが高くないとコスト不足となってレアリティの高い選手を選抜することができなくなります。 また、攻撃の難しいゲーム性から、攻めのしやすさ フォーメーション が要求されます。 そのため、得点がしやすい監督とマネージメント力の高さを評価基準として置きました。 両ウイングは足が速い「」、CFは「」の選手を使うようにしましょう。 フォアチェックアグレッシブがおすすめ 守備タイプが「フォアチェック」でプレッシングが「アグレッシブ」のタイプの監督をおすすめしています。 前線でボールを奪ってカウンターで得点するパターンが最も簡単に特典できるので、前からプレスをかけていくタイプの監督が強いです。 カウンタータイプの監督が強い 攻撃タイプがカウンタータイプの監督を使うと、味方の攻めの上がりが早く短時間で攻めることができるのでおすすめです。 ポゼッションタイプの監督は攻めに時間がかかってしまい敵のん守備陣系が整ってしまうので得点しにくい傾向があります。 OMFをおける監督を重視 今作ではOMFの動き出しが良く、OMFから前線へのスルーパスが通りやすい仕様になっています。 また、「2列目からの飛び出し」を持っているOMFを使うことで得点のチャンスが格段に増えますので、ぜひ使ってみてください。

次の