整形 バレない。 整形はばれる?見抜かれない整形手術3つのポイント [二重整形] All About

休暇中に二重整形したOL、周りにバレなかった“用意周到な秘策”って?

整形 バレない

「埋没法」による二重整形をしたことはバレる? 埋没法による二重整形は、 ダウンタイムが短く手術跡もほとんどわからないといわれています。 そのため、 ダウンタイムさえ乗り切ってしまえば、はじめて会う人などに整形をしたとバレる可能性は少ないようです。 周囲に整形をしたことがバレたくないという人は、埋没法のダウンタイムについて十分に理解しておく必要があるようです。 埋没法による二重の完成は約1か月 埋没法による手術跡の 腫れや内出血が完全に引くのは、術後から1か月ほど。 術後数日間は腫れや内出血のピークであるため、その期間に人に会ったら「整形した?」と思われてしまうかもしれません。 そのため、 整形をバレたくない人は手術から1週間ほどは、外出を控えたり予定をいれたりすることは避けた方が良いでしょう。 埋没法を行うにあたり、ダウンタイムとしては むくみ・腫れと内出血があります。 しかし、 通常むくみ・腫れに関しては個人差はありますが、泣きはらした程度で数日から1週間程で治まります。 (もともと腫れぼったい人は2〜3週間かかる場合もまれにあります。 ) 内出血は全ての人に出るわけではなく、ごくまれに出てしまうことがありますが、もし 出現しても2週間ほどでおさまり、化粧でごまかせる程度です。 埋没法の手術1か月後以降に整形がバレることはある? 埋没法の手術から、1か月以内で腫れや内出血はなくなっていることがほとんどで、整形したと周囲にバレる場合は少ないでしょう。 しかし、最初のうちは目を閉じたときに、糸を埋め込んだ箇所が少し食い込んだ状態でわかったり、手術をしたばかりで二重のラインが希望よりくっきり出ていたりすることがあります。 このようなことから、整形した?と思われる可能性はゼロではないようです。 手術前からの知り合いにはバレることもある 埋没法で一重まぶたから二重へ整形した場合、 手術前からの知り合いにはどうしてもバレてしまうかもしれません。 しかし、以前よりアイプチなどで二重にしている人は、「アイメイクを変えた?」と思われるくらいのこともあるようです。 また「アイプチしてたら二重の癖がついた」と言い訳しても良いでしょう。 眼科では検査時にバレることがある 埋没法による二重手術の痕跡は、まぶたの表から見るとわかりにくいもの。 しかし、 眼科へ受診した際の検査時に整形がバレることがあるようです。 検査では、まぶたひっくり返すことがあります。 その際に、まぶたをひっくり返すときの 感触や手術の際に糸で留めた箇所の 凹みなどでわかるようです。 「眼科の検査で二重がとれない?」と心配になりますが、 手術中に埋め込まれた糸は周辺の組織と一体化するため、そのような心配はありません。 しかし、埋没法のまぶたは、強くひっぱったり、こすったりすることをしょっちゅうしていると二重がゆるんだりとれたりする原因になります。 念の為、 問診の際に埋没法の手術を受けたことを申告しておいたほうが安心でしょう。 手術後すぐでも整形をバレにくくする3つテクニック 整形をしたことを周囲にバレたくないといっても、仕事や学校がある人は何日も休むわけにはいきません。 手術後すぐでも埋没法の手術を受けたことをバレにくくする3つのテクニックを紹介します。 テクニック1:眼鏡から裸眼・コンタクトへ変身 眼鏡から裸眼、コンタクトレンズへのイメージチェンジでインパクトを与え、 埋没法手術を受けたまぶたから視線をそらすための小技。 コンタクトレンズには、手術後に生じるまぶたの腫れや内出血が引くタイミングで変えるのが良いでしょう。 常に眼鏡をかけていなかった人も、埋没法手術を受ける数か月前からしばらく着用して、手術後に裸眼、コンタクトレンズに変えることがおすすめです。 術後しばらくの間、 眼鏡はまぶたの腫れを隠しやすいフレームの太いものが良いでしょう。 テクニック2:前髪をつくる 手術後に、 前髪をつくって目の上を覆ってしまうのも効果的。 あまり短く切り揃えてしまうとかえって目もとを強調してしまうことになるので、 二重のラインにかかるかどうかくらいの長さがにするのがおすすめです。 同時に前髪だけでなく髪全体もイメージチェンジしてしまうのも、視線が目元に集中しないので良いでしょう。 テクニック3:「逆さまつ毛を改善するための手術を受けた」と説明 整形手術を受けたこと自体は認めつつ、 「逆さまつ毛を改善するための手術を受けた」と言って、その目的の説明の仕方にひと工夫する方法もおすすめです。 「美容整形」には抵抗を示す人も、「治療としての整形」と伝えるとすんなり受け入れられることも。 実際、 逆さまつ毛による目の痛みに悩まされた人がその改善のために二重手術を受けることは少なくありません。 二重手術をすることで、まつ毛がより上向きになり、目にまつ毛が入りにくくなり逆さまつ毛の改善になるようです。 テクニックを取り入れて周囲にバレずに理想の二重へ 埋没法による二重整形手術を受けたことがバレるのを防ぐためには、 ダウンタイム直後はできるだけ人に会わない方が良いようです。 また、 ダウンタイム中であっても少しのテクニックを取り入れれば周囲にバレないことも。 美容整形は、市場が大きくなってきた今でも偏見はまだまだ少なくありません。 要らぬ中傷を受けないためにも、手術を受けたことをバレないようにする工夫は、自分の身を守るためのひとつの方法といえるでしょう。 この記事の監修医:鬼頭恵司先生のクリニックはこちら.

次の

二重整形がバレてしまった!バレる理由とバレないための言い訳

整形 バレない

二重整形したことがばれないために 近頃、整形手術も一般的になってきましたね。 二重整形なんてメイクの一貫という感覚で簡単にされる方が多くなってきているように感じます。 ただ、それでも整形したことが周りの人に気づかれたくはないものです。 ばれずにできるに越したことはないですよね。 そこでどうすれば、整形がばれずにできるのか? 整形がばれないためのポイントはまとめると大まかに以下のとおりです。 では、詳しく見ていきましょう! 目次• なるべくばれにくい二重術を受ける そもそも腫れにくい手術方法を選ぶ (6つのポイント) 現在、二重手術の方法は多くの種類があるのは知っていますか? 埋没法は糸のかけ方や結び方によって多種類あります。 二重の手術は、昔は腫れるのが当たり前でしたが、今はだいぶ改良されて腫れにくい二重整形というのが主流になりつつあります。 二重整形を大きく分けると、プチ整形と言われる埋没法と切開法に分けられます。 二重整形したことが絶対にばれたくない、腫れたくないという方はまず方法として埋没法を選択されるのが良いでしょう。 埋没法の中でもたくさん種類がありますので、腫れにくくばれにくいものを選択する必要があります。 では、どういう手術方法(埋没法)を選べば腫れが出にくいのでしょうか。 腫れをおさえるためのポイントがいくつかありますので、ご説明いたしますね。 (1つめのポイント) 糸の柔軟性や太さ 使用する糸がどのくらい柔軟なのかという点です。 糸が細く柔軟性があると腫れを軽減することが可能です。 体を太い鉄の輪っかで締め付けられるのと、細いゴムで締め付けられるのではどちらが負担なのかを考えれば簡単にイメージできますよね。 最近では、血管を結ぶ糸が埋没法に流用されてきており組織にやさしく、腫れにくくなってきていますのでそのような組織に優しい糸を使った埋没法をおすすめします。 また、後述しますが、そのような糸では糸の締め具合の微調整ができるため、より腫れを抑えることが可能になります。 (2つめのポイント) 術式 どのような術式で手術をしているのかという点です。 糸を緩めてかけたり、糸をかける組織を少なくしたりして腫れにくくすることもできますが、その分ぼこぼこしやすくなったり戻りやすくなって何度もかけなおすことになってしまう可能性が高まります。 一般的に連結が弱いほど腫れは少なくなりますが、どんどん戻りやすくなります。 手術方法によっては、取れにくく無駄な腫れも少なくという手術方法があります。 例えば、一筆書きでライン全体をしっかり編み込み、まぶた全体で支えるため、点止めと違いまぶたの動きや力にたいして力を分散して安定した二重を保つことが出来ます。 また結び目は1ヶ所になりますので、全体の糸のテンションを微調整できるため締め付けすぎずに無駄な腫れを防ぐことができます。 参考 (3つめのポイント) 糸を結ぶ強さ 糸全体のテンションを強く結ぶと腫れやすくなり、糸をゆるく結ぶほど腫れにくくなります。 ただし、ゆるすぎるとすぐ二重が取れたり、糸が浮いてポコポコしやすくなってしまいます。 <緩くかけた糸のイメージ> 腫れが出にくくかつ外れにくい絶妙な加減で糸を調整して結ぶ必要があります。 <適切なテンションで糸をかけたイメージ> なるべく腫れたくない!ばれたくない!というお気持ちはわかりますが、術後の腫れがあるうちはややラインが食い込んでいて幅が広いくらいの方が、ちょうど良い状態なのです。 ただし、必要以上に締め付けすぎると無駄に腫れだけが強くなってしまいます。 腫れを最小限に抑えてもどりにくくするためには、糸を緩めずしっかり結びながら締め付けすぎないように、絶妙な加減で糸を調整して結ぶ必要があります。 きちんと糸の縛り具合を調整してくれて、手術中に二重の幅の具合を確認させてもらえると安心ですよね。 (4つめのポイント) 丁寧な手術 組織のダメージが強かったり、内出血をすると腫れやすくなります。 組織を傷つけないように、内出血しないように丁寧に手術をおこなうことです。 乱暴に手術をおこなうと腫れやすくなるため、慎重に丁寧に行うことが大切です。 また、針は断面が角ばっておらず、丸い針を使用すれば内出血のリスクを減らすことが可能です。 また、糸と一体化している針を使えば組織を傷つけにくく、腫れのリスクを減らすことができます。 内出血のリスクはもゼロにはできませんが、見える血管は当然避けて、繊細な施術を行っていくことが必要です。 多くの症例を経験して、日々、腫れないきれいな仕上がりを心がけていれば慎重で丁寧な手術をしてくれるはずです。 (5つめのポイント) 麻酔量 麻酔をたくさん使用するとそのぶん直後は腫れやすくなりますが、術後早期に吸収されていきますのであまり量はこだわらなくても良いかと思います。 逆に麻酔を少ししか使用しないと痛みで目に力が入って腫れが出やすくなったり、血圧が上がって内出血しやすくなってしまうことがありますので、的確な麻酔量を使用する必要があります。 痛みがでるようなら無理に我慢せず遠慮せずにドクターに言いましょう。 (6つめのポイント) 腫れや内出血を減らす内服薬 今まで腫れや内出血のコントロールは、施術のやり方や道具を工夫することでしか減らすことができませんでしたが、シンエックというお薬を内服することで、腫れや内出血をさらに減らせる可能性があります。 抗炎症作用・殺菌作用があり、術後の腫れや内出血を抑えすばやく再生・回復させる効果があります。 欧米では昔から使用されている実績のあるお薬で、FDA(アメリカ食品薬品局)に認可された安全な天然成分のお薬です。 ダウンタイムを短くした方におすすめのお薬です。 大きな手術程効果が出やすいですが、埋没法でも少しでも腫れ・内出血を減らした方は飲むと効果的です。 参考 以上が腫れをおさえるための6つのポイントになります! これらの点に注意して手術してくれるクリニックや先生を選ばないとですね! 自分に合った二重幅にする 流行としては幅広のパッチリ二重が流行っていますが、幅広の二重にすると以下のバレるリスクが出てきます。 二重幅を広くすると厚みのあるまぶたにラインがつくためどうしても無理がかかって腫れや食い込みが出やすくなり、周りの人に「目が腫れているけど、、、整形したのかな?」と二重整形がばれやすくなってしまいます。 厚ぼったい部分に自然に二重はつきにくく、そのような人は少ないためどうしても不自然に見えてしまいまいます。 逆に、もともと二重の方でも厚ぼったいと整形っぽく見えてしまう方もいらっしゃいますね。 また、二重幅が広すぎると負荷がかかって目が開きにくくなって眼瞼下垂になり余計に眠たい目元に見えてしまうこともあります。 二重幅を広くすればするほどラインがすぐに戻ってしまいます。 戻りやすいと何度も手術を繰り返すことになり、その度に腫れてバレやすくなるかもしれません。 切開法で二重は戻りにくいぶん戻しにくくなります。 広い二重は食い込んで不自然になってしまうと戻すことは困難なため、切開法で作れる二重幅の上限は決まっておりあまり広い二重をつくることはできません。 厚ぼったい方でかなり幅広の二重にしたい方は埋没法の方が無難です。 薄いまぶたの方は腫れにくく、厚ぼったいまぶたの方では腫れやすくなる明らかな傾向があります。 厚ぼったい方ではもともと腫れやすいため、なるべく狭い厚みの薄い部分にラインを作る方が良いです。 結局、ばれにくくしたい方は、二重の幅は広くしすぎず自然な範囲でおこなうことをおすすめします。 狭い二重であるほど、腫れにくく、取れにくく、ばれにくくなりますよ。 二重の食い込みが少ない方法がごまかしやすい 二重術の後の目を閉じたときの食い込みを気にする方もいらっしゃいます。 二重術はまぶたの表と裏側を連結する手術ですので手術後しばらくは食い込みがでるのはある程度しょうがないところではあります。 食い込みは時間と共に落ち着いていきます。 ただし、直後からの食い込みを少しでも抑えてすぐメイクもできるようにしたいという方には皮膚側に糸を貫通させない方法がお勧めです。 術後から二重の食い込みが少なく、皮膚に穴が開かないためメイクも手術直後から可能です。 当院ではエステティックアイという埋没法になりますが、食い込みが少ないぶんやや連結が弱くなる傾向があるため、二重を安定させたい方ではエステティックアイダブル(2点どめ)がおすすめです。 参考 目を閉じたときに糸がポコッとしにくくする まぶたの皮膚は体の中でも1,2番に薄い部分で、かつよく動く部分でもあり、糸が入っているとポコポコしてふくらみが見えやすくなってしまいます。 そうなると、整形したことが人にはバレやすくなってしまいます。 どの埋没法でも皮膚側を連結させるため皮膚近くに糸が通るためポコッとするリスクをゼロにできる埋没法は残念ながらありません。 などが考えられます。 糸をしっかり締めつければ糸が深くもぐりこむため表側にポコッとするリスクを減らすことが出来ます。 ただし、しっかり締め付けるほどに腫れや食い込みが強くなり直後はバレやすくなってしまいます。 なかなかこのバランスが難しいですが、一筆書きで編み込んで糸をかける方法では糸のまぶた全体の締め付け具合を一つの結びでコントロールできるため有利かもしれません。 体に糸があると被膜というものに覆われますが、結び目は糸が4重にも5重にもなっていて段差が強いため、皮膜で厚みが出るとその段差が強調されてポコッとなってしまうのです。 糸が一本皮膚側に通るだけでポコッのリスクはありますが、まぶたの表側に結び目がたくさんあるとさらにポコポコするリスクが高くなってきます。 二重の埋没法は瞼の表と裏を連結する手術ですので皮膚近くに糸を通さないといけないため、糸がポコッとしてしまうリスクをゼロにすることはできません。 特にまぶたが薄い人、目が突出気味の方やくぼみ目のタイプの人が目立ちやすくなりますが、個人差が大きいです。 ただ、そのリスクを少しでも減らすためには、最初の腫れはやや目をつぶってもしっかり糸を結ぶか、できるだけ結び目の数は少なくして、さらに瞼の裏側から結び目を埋没する手術を選ぶのが良いかもしれません。 参考 <表結びの埋没法を抜糸して裏結びの埋没法でしっかりめで再手術した症例> ばれないための術後のケア・注意点 内出血のリスクを減らす。 内出血が少なければ目立ちにくいだけでなく、腫れも軽減されバレにくくなります。 痛みの軽減にも効果がありますので、アイスノンなどで2~3日は冷やしてみましょう。 内出血が出てしまった場合、消えるまで、1~3週間ほどかかることがあります。 消えるまではメイクでカバーしていただくと良いです。 ただし、ヒルドイドローションは血液が固まるのを阻害する作用がありますので、埋没法の場合は術後2,3日目以降に使用していただくのが良いかと思います。 目に入らないように注意して塗布する必要があります。 腫れを抑える 埋没法の腫れは翌日の朝方がピークとなり、2,3日するとある程度引き、そこそこ腫れが引くのは1週間後になります。 2,3か月かけて腫れは少しずつ引いて完成していくイメージです。 湯船につかったり、サウナ、お酒、運動などは1~2週間ほどは控えましょう。 大笑いしたり踏ん張ったりすることもしばらくは避けましょう。 朝方はとくにまぶたがむくみやすくなりバレやすくなるので、お休みの際は、頭をなるべく高い位置にするように意識しましょう。 必要以上に塩分や水分を多くとらないようにしましょう。 ごくまれに感染や強い内出血がでることがあります。 異常を放置していると腫れが悪化して落ち着くまでかなり時間がかかってしまい、周りにばれてしまう可能性も高くなります。 その場合、糸を埋没しきれずに、糸が露出したり、皮膚の巻き込みによる皮膚垢がたまったりしているかもしれません。 見た目で整形がばれるのはもちろん、感染を起こすリスクあるので早めにクリニックに行って対処をしてもらいましょう。 ごまかし方、言い訳など メイク 埋没法であれば、数日後から、皮膚側に糸を通さない方法では直後からメイクが可能です。 また切開法であれば1週間後の抜糸の翌日からメイクが可能になることがほとんどです。 翌日はまだ術後の針あとや赤みがある可能性がありますし、二重のラインがなじまないうちは閉眼時や下を向いた時などに二重ラインの凹みや凹凸が気になることがあります。 女性の方は少し濃いアイシャドウを塗るとごまかせますよ。 また、腫れて幅広になってしまっている方はアイラインを少し太めに引くと幅が広く見えませんので、是非やってみてください。 メガネ 移動の際などは、サングラスをかければ、まず目は見えませんので周りからはばれませんが、ずっとサングラスというのは難しいですよね。 片目なら眼帯もありですが、かえって注目を浴びる場合もあります。 縁のあるメガネをかけると、目の印象が弱まり、二重のライン上に縁がちょうど重なったりもするので結構ごまかしがききますよ。 最近は、おしゃれメガネをする人も多いので、そんなに違和感はないと思います。 事前に準備しておくのがおすすめです。 言い訳 アイプチやメザイク、アイテープなどで幅を広くしているとごまかすのが有効でしょう。 腫れが強い場合はものもらいができたとか、アイプチであれちゃったとか、前日に泣いちゃったとかいう言い訳もありかもです。 埋没法は逆さ睫毛の治療にもなりますので、 「逆さまつげで目が傷ついて視力が落ちてたみたいで、眼科で治療してもらったんだ」と堂々と言うのもありかもしれませんね。 術前の仕込み 手術後に急に目がパッチリすると、周りの人も気づきやすいですので、事前に手術で作りたいラインをアイプチなどで作っておくのが良いかもしれません。 また、いつもより濃いメイクを普段からしておくと術前と術後に与える印象があまり変わらないので、気づかれにくいと思いますよ。 術後の仕込み 手術後にピンポイントで二重整形した!?と言われることって少ないと思います。 手術後のあなたをみて、周りは「なんかいつもと雰囲気違うな~」と思っているはずです。 だから、髪形を変えたり、髪色を変えたりすると、 「髪型変わったから雰囲気がいつもと違うんだね。 」 とごまかせます。 ここで一番有効なのは、 前髪をぱっつんにすることです。 目の上ぎりぎりで前髪を作ると、二重のラインも前髪で少し紛らわせるのでおススメです まとめ ごまかし方もいくつかありますが、腫れてしまってはごまかせるものもごまかしきれませんので、なるべく腫れ・内出血の出にくい二重術を受けていただくことが大事です。 腫れてしまって、「外に出られない。 どうしよう。 」 と後悔してからでは遅いですよ。 ただし、単に糸を緩くしたり、連結を弱くしたりして腫れにくくする埋没法では、手術をしてもすぐ二重が取れたり、ポコポコが目立って整形したことがバレやすくなってしまいます。 腫れにくいだけでなく、しっかり取れにくいバランスのとれた二重プチ整形をおこなうのが、長い目で見て一番ばれにくく、瞼にとって負担も少ない近道です。 腫れや・内出血を抑えることができる施術を受け、ごまかし方を工夫すれば周りにバレずに二重を手に入れることが可能です! 以上のことに注意して、なるべくストレスとならずに理想の二重を手に入れましょう。 当院の埋没法に関しては下記ページをご参考ください。

次の

二重整形がバレるのは当たり前??バレない方法も解説!

整形 バレない

二重整形をしようと考えているけど、周りに「バレる」のは嫌だな~と思っている人もいるかも知れません。 日本は外見に対して、世界でも最も煩い国の一つであり、 恋愛でも仕事でも外見格差はかなりあります。 それなのに整形に関しては、「やってはいけないもの!」という認識の人も多く、矛盾している部分もあります。 そういう背景もあり、二重整形をしたいけど 「バレるのは嫌だ」と考える人も多いわけです。 中には、自分はバレていないつもりだったけど、 周りには二重整形した事が「バレバレ」だったなんて言う人もいます。 二重整形がバレるかバレないか?ですが、絶対にバレない方法はありません。 ただし、 バレにくい方法はあるには、あります。 ただし、 方法によっては嘘を付かなければいけませんが、今回は二重整形がバレない為の方法を解説します。 尚、 瞼(まぶた)が厚い人ほど二重整形を行うと腫れる現実もあります。 ダウンタイムは二重整形がバレやすい時期でもあります。 二重整形が絶対にバレない方法は存在しない。 最初に注意点を言っておきますが、瞼の二重整形をした場合に絶対に誰にもバレない方法は存在しないという事です。 二重整形と言えば、二重切開や埋没法が主流となりますが、どちらを行っても絶対にバレない方法は存在しません。 世の中の人間が鈍い人ばかりであれば、二重整形をしてもバレる事はないでしょう。 二重整形をしても鈍い男であれば、何もしなくてもバレる事はありません。 しかし、世の中にはちょっとした 変化に気づける鋭い人もいるわけです。 鋭い人が見ると「あ!二重整形してる!」とすぐにばれてしまいます。 先ほど言ったように、埋没法でも二重切開でも鋭い人の前ではバレてしまう事になるでしょう。 最初に理解すべき事は、二重整形をして 絶対にバレない方法は存在しないわけです。 人によってはバレなくても、人によってはバレバレだったりします。 尚、最も二重整形を見抜かれやすいのは、若い女性だと言えます。 若い女の子は自分の外見と他人の外見が気になるのでしょう。 手術前から二重を作っておく 二重整形がバレない為にやっておく作業の一つとして、二重整形の 手術の数カ月前から二重を作っておくという事です。 アイプチでもアイトークでも何でもいいので、二重を作っておきましょう。 大半の人に二重整形をしてバレるパターンが、 一重だった人が、急に二重になるパターンです。 それだと大半の人にバレてしまいます。 私が思うに数多くある美容整形の施術の中で、 二重整形は非常にバレやすいものだと感じています。 二重整形がバレたくないのであれば、施術を行う数カ月前からアイプチでもいいので、二重を作った顔をみんなに見せて慣れさせておくべきでしょう。 派手なメイクをする 二重整形がバレない方法の一つですが、 普段から派手なメイクをすると言う事です。 メイクを派手にする事で、二重整形がバレなくなります。 派手なメイクは、目以外の場所にも意識が行きにくくなる事から、結局は二重整形をした箇所に目が行かなくなる傾向があります。 ただし、 二重切開を行うと腫れによるダウンタイムがあるため、最低一週間はメイクが出来ません。 埋没法であれば48時間後からメイクをする事が出来ます。 そのため、切開法を行うのであれば、長期連休を利用するのが一番だと言えるでしょう。 埋没法であれば、土日休みであれば金曜日の仕事終わりで施術を行う事が出来れば、何とか月曜日までにはメイクバリバリに出来るはずです。 ただし、切開法を行うにせよ、埋没法を行うにせよ施術を行うのであれば、休職中などの長期の休みが取れる時にした方がよいでしょう。 余談ですが、日頃からメイクに時間を掛けていて、二重を作るのにかなり時間を要する方がいます。 そういう方の場合であれば、二重整形をすると圧倒的にメイクの時間を短縮する事が出来て非常に便利です。 メガネを掛けると意外とバレない メガネを掛けると意外と二重整形はバレない現実があります。 メガネ位で「バレない」わけがない!「バレバレだ!」と思うかも知れませんが、メガネを掛けるだけでバレない事もあります。 ただし、どんなメガネでもよいわけではなく、ふちの濃い眼鏡を選ぶようにします。 ふちの濃いメガネを掛けると、メガネのふちの方に注意が行きやすく二重整形がバレにくいです。 あと、メガネと髪形で二重整形が、さらにバレにくくなる場合も存在します。 髪形に関しては、あたなの顔や頭の形があるので、「これがいい」とは断言する事は出来ません。 しかし、髪の毛を降ろした髪形の方がバレにくいとは言われています。 メガネと髪形である程度は、二重整形を誤魔化す事が出来ます。 さらに、マスクまで付ければ・・・ちょっと怪しいですかね・・・。 ダウンタイムが完全に開けるのを待つ 二重整形にはダウンタイムがあります。 二重切開などは特にダウンタイムがあります。 瞼が厚い人はダウンタイムも長いと考えるべきでしょう。 埋没法でも二重切開でもダウンタイムはありますので、その点はクリニックのドクターにカウセリング時に相談してみてください。 ダウンタイムの時は、目の周りを中心に腫れてしまうので、「何があったの?」と心配されるレベルでバレてしまう事でしょう。 腫れがある時は、完全にばればれレベルです。 二重整形がバレない様にするためには、ダウンタイムを考慮する必要があります。 1週間でメイクが出来るようになったりしますが、実際のところは3週間から1カ月は休みを取りたい所です。 大学生の夏休みなどであれば、1カ月間、人に合わない事は可能でしょう。 しかし、仕事をしていると中々1カ月の休みが取れる人はいないはずです。 それを考えると、整形がバレない様にするには、自営業などは有利と言えます。 先ほども言ったように、二重整形は瞼が厚い人ほど腫れるのが普通です。 残念に思うかも知れませんが、 二重に遠い人ほどバレやすい傾向にあります。 片目ずつ整形する 二重整形がバレない為の苦肉の策なのですが、片目ずつ二重整形をする技があります。 まずは片目を二重整形します。 会社などに行く時は、片目を眼帯をしていくわけです。 嘘を付く事になりますが、 会社の人には「ものもらいが出来た」などと言っておけばよいでしょう。 そして、ダウンタイムが終わったら、もう片方の目も二重整形を行います。 残った片目もダウンタイムが引くまでは眼帯を掛ける事になります。 周りの人への言い訳としては、家に帰って目を掻いていたら、「ものもらい」が反対に移ってしまった!とでも言っておけばよいでしょう。 ただし、私は片目ずつやる方法はお勧めしません。 なぜかと言うと、多くの美容整形の医師は両目のバランスなどを見ながら二重整形の施術を行うわけです。 片目ずつ行ってしまうと、 目のバランスが上手く取れなかったり、施術がやりにくいと感じるドクターも多くいる事になります。 片目ずつやるのは、バレない為には有効ですが、自分も医師も満足する形でなく場合によっては「失敗だ!」と感じてしまうケースすらあります。 それらを考慮すると、片目ずつ二重整形を行うのは、どうしてもお勧めする事は出来ません。 仕上がりは自分も満足した方がよいでしょう。 逆さまつげの手術を行ったという 意外と使えるのが「逆さまつげ」の手術を行ったと言う方法です。 逆さまつげと言うのは、まつげが目の方に向かって伸びてしまう症状であり、目の角膜や結膜を傷つけてしまう症状となります。 忘れてしまっただけで、子供の頃に逆さまつげだった人もいるはずです。 しかし、大半の逆さまつ毛は大人になるまでには治ってしまいます。 しかし、 大人になっても逆さまつげが治らないケースもあるわけです。 逆さまつげの手術は、二重整形の手術とかなり似ていますので、逆さまつげの手術をした!と言う方法もあります。 逆さまつげの手術は美容整形外科ではなく、保険を使って眼科でやるのが普通です。 そのため「逆さまつげ」の手術をしたと言っても、変な目で見る人は少ないのではないでしょうか? 周りには嘘を付く事になりますが、二重整形がバレない為の方法として、「逆さまつげ」で涙目になったり悩んでいたから、眼科で治したというのは一つの方法でしょう。 二重整形がバレない為の方法まとめ 二重整形がバレない為の方法をまとめてみました。 ・ 二重瞼の整形手術をする前にアイプチなどで二重の目に周りを慣れさせる ・ メイクを濃くする(派手にする) ・ メガネを掛ける ・ 長期間人に合わない(ダウンタイムが完全に終わるまで) ・ 片目ずつやる(非推奨) ・ 逆さまつげの施術を行ったという 今回は瞼の二重整形をした場合にバレない方法を解説しました。 ただし、最初にも言ったように 二重整形を実践し絶対にバレない方法は存在しません。 それを考えると、転職などで職場を変えたりする時の職探しの時期などがバレない為には最適だと言えるでしょう。 新しい職場であれば整形した顔でも違和感がないはずです。 整形を繰り返し顔面崩壊すれば違和感は出るかと思いますが・・・。 尚、整形でバレるのが嫌だ!と言うのは、変な目で見られるのが嫌だ!という事でもあるはずです。 今の 日本は残念ながら整形に関して、理解が少ないと言えます。 ただし、風俗嬢やホスト、キャバクラなどの場合は整形が普通に行われていたりもします。 場合によっては 「整形=努力」とみなされる場合もありますし、周りの人間も普通に整形を行ったりするケースもあるわけです。 それを考えると、置かれた場所によっては整形をしても変な目で見られる事もなく、むしろ「頑張ったな!」と努力として捉えられる事もあります。 今回の記事があなたに少しでも役立つ事が出来ればよかったと思っております。

次の