新聞 お得な取り方。 神戸新聞NEXT|社説|河井夫妻逮捕/首相は任命責任の取り方示せ

日本経済新聞 ヘルプセンター

新聞 お得な取り方

Contents• 新聞見出しの役割 新聞記事に必ずつくのが見出し。 タイトルのようなものだと思っている方は多いでしょうが、新聞見出しは読むだけで記事の概要が理解できるように作られています。 それもそのはず、新聞は朝刊1部の中に何百記事、何万文字という情報が詰まっています。 この忙しい時代に、新聞の記事を隅から隅まで読んでいるという方は、かなり時間を持て余している方でしょう(笑)。 「タイトル+内容」を兼ね備えていること そこで、中身を詳しく読まなくてもざっと見てエッセンスが理解できるように、 「タイトル+内容」の要素を兼ねたのが見出しだと思っていただいて構いません。 読売新聞の1面(2017年4月11日付)。 全国紙をはじめ、ほとんどの新聞は12段に移行した 2016年現在、全国紙の多くは「1ページ12段」です。 2000年代中頃までは「1ページ15段」でしたが、 文字を大きくして見やすくしようという流れから12段への移行を検討する社が相次ぎました。 1段の幅が広がるということは、記事が1段に入る文字数も大きくなるということですね。 例えば、朝日新聞や読売新聞は1段1行につき12文字入ります。 15段の頃は11文字でした。 文字が大きくなり、かつ段数が少なくなったことで、1段に入る文字数は多くなったということです。 他にも、産経新聞や東京新聞も紙面を12段化しています。 一方、12段化を採用していない新聞社もあります。 全国紙では毎日新聞と日経新聞がそれにあたります。 毎日は今まで通り15段を堅持しつつも、文字は大きくなっています。 つまり、1行11字から10文字に減らすという他のメジャー紙の流れとは逆行する形をとりました。 一方、日経新聞は文字の1段の字詰めも文字の大きさも変化していません。 紙面の12段化を実行、15段を堅持した新聞社それぞれの思惑 日経新聞 これはあくまで推測ですが、 日経は情報量が他紙と比べて非常に多いため、文字を大きくすると1ページに収まる記事量も減ってしまう。 かといってページ数を増やすと紙代や輸送コストも増えてしまうため、そのままに据え置くという判断をしたのではないかと考えられます。 毎日新聞 毎日は独自路線を貫いていますが、12段化の移行時に「紙面改革を横並びでやろう」と持ちかけた読売新聞や朝日新聞は、主要紙では毎日新聞にだけ声をかけなかったというウワサが流れました。 つまり、 読売や朝日は紙面改革を名目に経営基盤の弱い毎日を潰そうと画策していたというのです。 2017年5月現在も毎日新聞は健在ですが、この流れに反発するかのごとく毎日は15段を堅持しています。 ただ、個人的には1段10文字は読みにくいと思います。 東京新聞 在京メジャー紙の一つ、東京新聞(中日新聞)は2013年から紙面を12段化しました。 朝日、読売、産経と比べるとかなり遅い移行でしたが、かつて東京もまた毎日と同じ路線を歩んでいました。 どういう過程で東京新聞がいきなり12段化に踏み切ったのかはわかりませんが、ニュース面だけ12段化をして地方版はなぜか15段紙面のまま。 情報量の都合から、地方版の文字を大きくすることは避けたいという思いがあるのでしょうか。 1段に入る見出しの文字数も増えた 新聞の1段の面積が広がったことで、見出しの入る文字数も自然と広がりました。 例えば、1段の見出しは15段の紙面のころは、7文字を基準としていましたが、現在は8文字まで入るようになりました。 見出しの文字数の数え方 新聞業界では見出しの文字数を「本」と数えます。 1段7文字というのは厳密に言えば間違いで、業界的には1段7本というのが正しい数え方です。 12段紙面の歴史はまだまだ浅い とはいえ、上記のお話は、当サイトのメーン事業である結婚新聞を作る上ではあまり関係のない話です。 今回は、15段紙面当時のルールにのっとった新聞の見出しを解説します。 なぜ12段ではなく15段なのかと申しますと、前者よりも後者の方がずっと歴史が長いため、業界としてのノウハウが確立されているからです。 12段化は落ち着いてきたとはいえ、まだまだ手探りの部分も多いです。 新聞見出しは並列型とチドリ型がある では、15段化時代の見出しの形を見てみましょう。 Illustratorで文字を打ち込んでサイズを指定して簡易的な表を作ってみました。 お気づきの方もいるでしょうが、 見出しには文字が同じ数だけ並列するタイプと左右で大きさが異なるタイプ(チドリ型)があります。 前者は1段や2段、後者は2段以上の見出しで使われるのが一般的です。 並列型、チドリ型ともに、ニュースに見出しをつけやすい形がありますので、状況によって使い分けます。 新聞見出しはゴシックや明朝体など字の種類で雰囲気も異なる。 1段に入る文字数を減らすことで見出しを大きく見せることも可能だ ゴシック体と明朝体の見出しをどう使い分けるか 新聞記事に使われるフォントのほとんどは明朝体ですが、このフォントばかり使っていると単調な印象となりがちです。 これを回避するには、 適度にゴシック体のフォントを入れると紙面に緊張感が生まれます。 ゴシック体を使うタイミングは、やはりニュースを強調させたい時に使うのが効果的です。 また、記事のリード文(前文)を目立たせたいけれども、スペースの都合でフォントを大きくすることができない場合は、ゴシックにするとよいでしょう。 明朝体は線が細いため、写真の上に乗せると見えにくくなるというデメリットもありますから、そんな時にも代役としてゴシックを使うと効果的です。 新聞見出し文字の大きさにある法則 見出しを作ると、ある法則に気づいてくるでしょう。 それは、文字の大きさです。 2段見出しの左側の小さい文字は、1段見出しで使った文字と同じ大きさで、3段見出しの左側の小さな文字は、2段見出しの右側で使った文字と同じ大きさです。 4段見出しもしかりです。 このように、 2段以降の見出しは、右側の見出しを補完する左側の見出しが1段小さい見出しの大きさと同じなのです。 このように使う文字の大きさに基準をつけて見出しを作ると、大きさが統一されたきれいな見出しを作ることができるでしょう。 また、同じ段数でも文字を大きくしたい時は、文字数を少なくして余ったスペースを使って広げましょう。 2段以上の見出しをきれいにみせるには右から左へ見出しが降りていく「チドリ」になるのがコツ 2段目以降の見出しは右側が斜め上に位置し、左側は斜め下に位置しています。 この位置関係が保たれると見出しとしてきれいにみえます。 業界ではこの位置関係を「チドリ」と呼んでいます。 整理記者は、見出しがチドリに見えるように文字数をそろえて見出しをつけているのです。 まとめ• 現在の新聞は12段が主流で15段は少数派• 見出しには並列型とチドリ型が存在して、見出しの大きさやニュースの伝えやすさによって使い分ける• 新聞見出しは並列型とチドリ型がある• 新聞の印象が単調にならないように明朝体とゴシック体を使い分ける• 見出しに使う文字の大きさに基準を設けて統一させるときれいな紙面になる なんとなく、新聞見出しの形について理解できましたでしょうか。 お祝い新聞だけではなく、学生新聞などやPTA新聞といった本格的な内容が求められる場合にもとても役立ちます。 次回は、実際にあるニュースに独自の見出しをつけてみたいと思います。

次の

神戸新聞NEXT|社説|河井夫妻逮捕/首相は任命責任の取り方示せ

新聞 お得な取り方

・ 自宅で新聞を宅配で購読している方 ・ 年齢が満15歳~69歳の方 ・ インターネットに接続できるパソコンを持っている方(パソコンが必須) ・ 現在モニターではない方 メールが届く2~3日前の広告に対するアンケートで、 広告の印象を選択式で答えていくので回答にかかる時間は10分程度でとてもカンタン。 感想を記述で述べる項目について少し時間がかかるかなという程度です。 労力に対して1件で200円の謝礼は大きいと感じます。 3か月ごとに商品券が送られてくるのでうれしいですよ。 新聞紙面モニター 新聞紙面の記事に対するアンケートが主です。 各新聞社が募集するもので、 募集の時期やモニター期間もさまざま。 謝礼はアンケート1件につき100円~数百円となります。 わたしがモニターをした時は、新聞のページごとによかった記事の順位をつけて感想を書いたり、紙面レイアウトについての意見を書いたりという内容でした。 こちらも商品券などで謝礼をいただけます。 広告大賞の審査員 年に一度、各新聞社で「広告大賞」が発表されるのを見たことがありませんか? 広告大賞はさまざまな方法で総合的に審査されるのですが、 一般審査員の公募も行われています。 新聞紙面やインターネットで募集があり、応募して選ばれると審査会場に召集されます。 審査時間は2~3時間で、謝礼は5,000円程度。 わたしが参加した審査会では、一年間の新聞紙面広告の実物が用意されていました。 あらためてじっくり見る時間が取ってあったので、審査員に選ばれたけどどんな広告があったか覚えてない…という心配はありませんでした。 審査員一人ひとり、選んだ広告とその理由をプレゼンしていくのは緊張しますが、審査に関われるのはとても楽しい経験になると思います。 そのうえ、割のいいバイト並の謝礼までもらえるのでおすすめです。 3.新聞販売店とよい関係を築く 新聞販売には景品提供に制限ルールがあるので、一昔前のような過度なサービスはありません。 ですが逆に言えばルール内での景品提供は認められているので、契約時や契約更新時に洗剤やビールをもらったり、一か月分の無料サービスなどをしてもらえることがあります。 まったく何もないまま口座振替で購読を継続している方は、1年毎の契約などにして販売店の方と接する機会をつくるとサービスがあるかもしれません。 また、 旅行や実家への帰省などで家を空ける場合は新聞を止めると、その分値引きをしてくれることがあります。 わたしの経験では、住んだ場所の違いか販売店の違いかわかりませんが、 値引きはできず、まとめて後日配達する「取り置き」になる場合もありました。 これは10年以上も前の話ですが、新聞代が数百円安くなったことがあります。 九州から東京へ引っ越して、同じ新聞を取ろうとしたら値段が高かったので困惑していると、同じ値段にしてくれたんです。 毎月のことなのでうれしかったです! 4.新聞社の資源回収でリサイクルする 読み終わった新聞紙は古紙回収に出しますよね。 住んでいる地域によってリサイクル回収の方法は違うと思いますが、なかには新聞店が定期的に回収を行い、トイレットペーパーなどをくれる場合があります。 昔ながらの「チリ紙交換」ですね。 古紙をリサイクルに出して直接トクするので、回収活動をしている場合は利用するとよいでしょう。 町内会や子ども会などで回収している場合は、貴重な活動費財源になりますのでそちらを優先すると地域に貢献できます。 最後に 新聞は、一面をパッと見て重要なニュースが分かる美しい構成がステキです。 難しい記事までくまなく読むということはできなくても、毎日紙媒体でたくさんの文章が届くということで、やはり読解力や漢字力も自然に身につくのではないかと思います。 わたしのように新聞代は削らない固定費と割り切っている方にとって、少しでもおトクに購読できる参考になれば幸いです。 (執筆者:野原 あき).

次の

【朝日新聞】購読契約の解約方法!途中で解約できない?デジタルコースの解約も!|解約救急車

新聞 お得な取り方

購読料金 基本料金 基本料金は月ぎめでのお支払いになります。 毎月1日午前6時(日本時間)時点で有料会員の方に、当月分の基本料金を請求させていただきます。 「」画面から解約のお手続きをいただかない限り、契約は同じサービス内容で自動更新されます。 初めてお申し込みをされる場合に適用される1カ月無料体験については、をご参照ください。 翌月に申し込み日に応当する日がない場合には翌月の末日の前日までとします。 日経Wプラン(日本経済新聞+日経電子版) セット版地域 月額5,900円(税込み)/全日版地域 月額5,000円(税込み) 日経Wプランは宅配の日本経済新聞と日経電子版の併読料金となるため、配達の一時止めなど宅配状況の変更にかかわらず月額料金となります。 お届けする新聞の購読料金(朝・夕刊セット版または全日版)は、配達先住所により決まります。 他の価格はありません。 一部地区では取扱いできない場合があります。 その場合はメール等にてご連絡いたします。 現在の日本経済新聞のご購読状況により、下記からお申し込みください。 日経を未購読の方はから• 翌月分は新聞購読料の日割り計算はおこないませんのでご注意ください。 法人のお申し込みについてはをご覧ください。 ニュースを1日2回に分けてお届けする朝・夕刊セット版と、1日のニュースを朝刊のみでお届けする全日版に分かれており、購読料が異なります。 朝・夕刊セット版地域にお住まいの方が全日版を読んだり、全日版地域にお住まいの方が、朝・夕刊セット版を読んだりすることはできません。 全日版地域: 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 電子版単体のサービスです。 日本経済新聞をご自宅で購読中の方が「日経電子版」をお申し込みいただいても、新聞の配達は自動的に停止にはならず、電子版月額料金のほかに新聞購読料も別途発生します。 日本経済新聞の宅配と電子版をセットでご希望の場合は必ず「日経Wプラン」をお選びください。 日経産業新聞 月額4,000円(税込み)• 他の価格はありません。 日経ID決済とは日経ID決済は日本経済新聞社が新聞販売店に代わり、お客様から新聞購読料をクレジットカードで集金代行させていただく決済方法です。 本サービスは月額定額の決済方法です。 お留守の間など、配達の一時停止をご希望の場合は、期間中の新聞を取り置きし、配達再開時に一括でお届けいたします。 配達先住所が朝夕刊セット配達の地域では、朝刊・夕刊ともに配達いたします。 申し込み日から1カ月間は、無料体験期間です。 ただし、過去に当該サービスを利用し、その利用終了日から1年間を経過していない利用者は、1カ月無料体験が適用されず、申し込み日に、同日からその月の末日までの日数に日割単価(62円)を掛けた金額を課金します。 翌月に申し込み日に応当する日がない場合には翌月の末日の前日までとします。 利用者はいつでもご購読サポート画面から解約でき、利用期間終了日まで本サービスを引き続き利用できます。 日経ビジネス電子版セットの契約は月単位となります。 月途中の解約申込みであっても、残期間の利用料金は返金されません。 利用期間の末日までに利用者による解約手続きが行われない限り、契約は自動的に更新されます。 日経電子版Paraviセット(株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン提供)を日経電子版と合わせてお申し込みいただけます。 料金は日経電子版+Paravi 5,094円、日経Wプラン(セット版)+Paravi 6,717円(全日版は5,817円)です。 申し込み日から1カ月間は、無料体験期間です。 ただし、過去に当該サービスを利用し、その利用終了日から1年間を経過していない利用者は、1カ月無料体験が適用されず、申し込み日に、同日からその月の末日までの日数に日割単価(27円)を掛けた金額を課金します。 翌月に申し込み日に応当する日がない場合には翌月の末日の前日までとします。 利用者はいつでもご購読サポート画面から解約でき、利用期間終了日まで本サービスを引き続き利用できます。 日経電子版Paraviセットの契約は月単位となります。 月途中の解約申込みであっても、残期間の利用料金は返金されません。 利用期間の末日までに利用者による解約手続きが行われない限り、契約は自動的に更新されます。 以下の商品には、「日経電子版」「日経Wプラン」「日本経済新聞」を日経ID決済でご購読中の方に適用されるお得な割引料金があります。 「日経電子版」、「日経Wプラン」、「日本経済新聞(日経ID決済)」とは別契約です。 これらを解約されると、翌月から通常料金の請求となります。 解約の際は別途お手続きが必要です。 読者割引対象サービスの1カ月無料体験について• 申し込み日から1カ月間は、無料体験期間です。 ただし、過去に当該サービスを利用し、その利用終了日から1年間を経過していない利用者は、1カ月無料体験が適用されず、申し込み日に、同日からその月の末日までの日数に日割単価を掛けた金額を課金します。 利用者が以下の課金日時点において、日経ID決済で「日本経済新聞 電子版」、「日経Wプラン」または「日本経済新聞」を購読している場合(無料体験期間中も含む)、読者割引が適用されます。 利用者はいつでもご購読サポート画面から解約でき、利用期間終了日まで本サービスを引き続き利用できます。 月途中の解約申込みであっても、残期間の利用料金は返金されません。 利用期間の末日までに利用者による解約手続きが行われない限り、契約は自動的に更新されます。 日経産業新聞ビューアー:(通常料金:3,463円、割引適用後料金:1,527円、日割単価:115円) 豊富な企業情報や最新の業界動向がわかるビジネス情報紙を、「日本経済新聞 紙面ビューアー・紙面ビューアーアプリ」で紙面イメージのまま快適にご覧いただけます。 記事の保存や、気になるキーワードで紙面をハイライトさせるキーワードハイライトなどの便利機能が搭載されています。 「日経産業新聞ビューアー」は 日経MJビューアー:(通常料金:2,037円、割引適用後料金:1,018円、日割単価:68円) 個人消費の動向や最新のトレンド情報や小売業などのミクロ情報も豊富なビジネス情報紙を「日本経済新聞 紙面ビューアー・紙面ビューアーアプリ」で紙面イメージのまま快適にご覧いただけます。 記事の保存や、気になるキーワードで紙面をハイライトさせるキーワードハイライトなどの便利機能が搭載されています。 「日経MJビューアー」は 日経ヴェリタスビューアー:(通常料金:2,241円、割引適用後料金:1,018円、日割単価:75円) 個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙を「日本経済新聞 紙面ビューアー・紙面ビューアーアプリ」で紙面イメージのまま快適にご覧いただけます。 記事の保存や、気になるキーワードを紙面でハイライトさせるキーワードハイライトなどの便利機能が搭載されています。 「日経ヴェリタスビューアー」は 日経人事ウオッチ:(通常料金:998円、割引適用後料金:509円、日割単価:33円) 企業名や氏名を登録すると、昇進や異動の情報を自動で収集します。 新旧役職名が表形式で読みやすく、メール通知でもお知らせするので、うっかり見落としてしまうこともありません。 上場企業を中心に、トップ・役員のほか部課長級を含む幅広い人事情報を提供します。 PC・スマートフォン・タブレットでご利用いただけます。 「日経人事ウオッチ」トップページは 日経Goodayマイドクター:(通常料金:794円、割引適用後料金:560円、日割単価:26円) 健康に関して会員(相談者)が知りたいことを医師や看護師などの専門家に相談し、参考情報として回答を得られるサービスです。 ご家族みなさまの不安解消にお役立てください。 また、腰痛などの身近な不調から重大な病気まで、専門医が対処のポイントを解説する「専門医に聞く」など、マイドクター会員限定記事も配信します。 「日経Goodayマイドクター」は 日経クロストレンド:(日経ID決済、通常料金:2,500円、割引適用後料金:1,850円、日割単価:83円) 日経クロストレンドは、マーケティング戦略や商品開発、新事業創造などの情報を提供するデジタルメディアです。 デジタル・テクノロジーの進化などで様変わりする企業の新商品開発、マーケティング戦略、事業戦略の最前線をデータと実例をもとに詳しくお伝えし、「売れる商品」「サービス開発」の勘所を解き明かします。 日経クロステック:(日経ID決済、通常料金:2,500円、割引適用後料金:1,850円、日割単価:83円) 日経クロステックは、IT、自動車、電子・機械、建築などさまざまな産業に携わる全ての技術者とビジネスリーダーに向けた技術系デジタルメディアです。 AIやIoTなどの最先端の動向に加えて、自動運転、フィンテック、デジタルものづくりといった技術とビジネスのクロス領域で起きている変革の最前線をお伝えします。 日経電子版をお申し込みの場合、申し込み日から翌月の申し込み日に応当する日の前日まで電子版を無料でご利用が可能です。 1カ月無料体験の最終日の翌日からその月の月末までは日割料金となり、日割課金初日に請求させていただきます。 日経Wプランをお申し込みの場合、申し込み日から翌月の末日まで電子版を無料でご利用が可能です。 また電子版部分の無料期間中も日本経済新聞は下記の期間分を請求させていただきます。 集金代行 日経Wプラン(日本経済新聞+日経電子版)における日本経済新聞、および宅配(日経ID決済)における日本経済新聞は利用者と担当販売店との契約になります。 購読料はお客様を担当する新聞販売店の委託を受けて、クレジットカード決済によって日本経済新聞社が集金代行します。 日経Wプランの集金代行の対象 日経Wプランの集金代行の対象は、電子版と月ぎめで定期購読されている日本経済新聞1部です。 駅売店等での購買や会社、図書館等でお読みになっている場合などは対象になりません。 朝・夕刊セット版地域、全日版地域 日本経済新聞の新聞購読料金は朝・夕刊セット版地域、全日版地域で異なり、配達先住所によって決定します。 申し込みにあたっての選択はできません(朝・夕刊セット版地域、全日版地域については、をご参照ください)。 朝・夕刊セット版地域は4,900円(日経Wプランは5,900円・税込み)、全日版地域(日本経済新聞朝刊のみを編集・発行している地域)は4,000円(日経Wプランは5,000円・税込み)となります。 他の価格はありません。 担当する新聞販売店 登録時に入力された情報をもとに決定させていただきます。 現在購読中の場合は、担当販売店に確認いたします。 担当販売店決定後の変更はできません。 お取り扱いができない地区 一部地区では「日経Wプラン(日本経済新聞+日経電子版)」「宅配(日経ID決済)」のお取り扱いができない場合があります。 この場合、お客様にメール等にてご連絡の上、申し込みを取り消す場合があります(転居による担当販売店の変更があった場合も同様です)。 日経Wプラン(日本経済新聞+日経電子版)及び宅配(日経ID決済)に関しては、「」をご参照ください。 日本経済新聞を新規に申し込む場合 担当販売店への手配の都合上、午後6時までのお申し込みの場合は翌日以降、午後6時~深夜0時の場合は翌々日以降をご指定ください。 (沖縄県では時間に関わらず配達開始日が翌々日以降になる場合があります。 ) 日経Wプラン(日本経済新聞+日経電子版)を月の途中で申し込んだ場合 <現在、日本経済新聞を未購読の場合> 申し込み月の途中から配達を開始する場合、申し込み月の新聞購読料は日割り計算し、翌月の新聞購読料とあわせてご登録のクレジットカードに請求となります。 申し込み翌月から配達を開始する場合、翌月の途中からの配達開始となりましても新聞購読料の日割計算はおこなわず、月額料金の請求となります。 例.日経Wプラン(日本経済新聞も新規)を7月10日に申し込み、日本経済新聞は7月15日配達開始 日経Wプランで一時的に配達中止を希望する場合 お留守の間など、一時的に配達停止を希望される場合はあらかじめ担当販売店にご連絡ください。 中止日から1カ月未満の範囲で取り置きし、後日配達開始時に一括でお届けいたします。 取り置きを希望しない場合でも、月額定額となるため日割りによる返金はありません。 日経Wプランで転居(住所変更)の場合 をご参照ください。 日経Wプランで日経ID決済ができない場合 お客様のクレジットカードの有効期限を過ぎた場合など日経ID決済ができない場合、メール等でお客様に連絡させていただきます。 クレジットカードを変更された場合や有効期限更新が必要な場合は、連絡した当月内にカード変更を「」画面からお手続きください。 当月内に有効なクレジットカードに変更されない場合、電子版は翌月4日に利用できなくなるほか、日本経済新聞は、販売店集金に変更になる場合があります。 日経Wプランを解約の場合 をご参照ください。 宅配(日経ID決済)に関するご注意 集金代行 宅配(日経ID決済)における新聞購読のご契約は、利用者と配達をする担当販売店との契約になります。 日本経済新聞社は担当販売店の委託を受けて、新聞購読料をクレジットカード決済によって集金代行します。 宅配(日経ID決済)の対象 月ぎめで定期購読されている日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJの新聞購読料はクレジットカード(日経ID決済)による集金代行の対象となります。 駅売店等での購買や会社、図書館等でお読みになっている場合などは対象になりません。 販売店集金でご購読中の新聞(宅配)をクレジットカード決済(日経ID決済)の対象にするには、Web上でお手続きが必要です。 「」画面の「宅配のお支払い方法変更」ボタンからお手続きください。 朝・夕刊セット版地域、全日版地域 日本経済新聞の新聞購読料金は朝・夕刊セット版地域、全日版地域で異なり、配達先住所によって決定します。 申し込みにあたっての選択はできません(朝・夕刊セット版地域、全日版地域については、「朝・夕刊セット版、全日版について」をご参照ください)。 朝・夕刊セット版地域は月額4,900円(税込み)、全日版地域は月額4,000円(税込み)となります。 他の価格はありません。 担当する新聞販売店 登録時に入力された情報をもとに決定させていただきます。 現在購読中の場合は、担当販売店に確認いたします。 担当販売店決定後の変更はできません。 お取り扱いができない地区 一部地区では宅配(日経ID決済)をお取り扱いができない場合があります。 この場合、お客様にメール等にてご連絡の上、申し込みを取り消す場合があります(転居による担当販売店の変更があった場合も同様です)。 宅配(日経ID決済)を新規に申し込む場合 担当販売店への手配の都合上、午後6時までのお申し込みの場合は翌日以降、午後6時~深夜0時の場合は翌々日以降をご指定ください。 (沖縄県では時間に関わらず配達開始日が翌々日以降になる場合があります。 ) 宅配(日経ID決済)を月の途中で申し込んだ場合の料金 申込当月の購読料は現在のご購読状況によってお支払いが異なります。 <現在、宅配(日経ID決済)を未購読の場合> 申し込み月の途中から配達を開始する場合、申し込み月分の新聞購読料は、日割り計算し、翌月の新聞購読料と合わせてお支払いただきます。 申し込み翌月から配達を開始する場合、申し込み月の新聞購読料は無料ですが、翌月分から月額定額の購読料をお支払いいただきます。 翌月分は新聞購読料の日割り計算は行いませんのでご注意ください。 <現在、宅配(日経ID決済)を購読中の場合> 申し込み月分の新聞購読料は、これまでどおり担当する販売店にお支払いいただきますが、翌月分からは、月額定額の新聞購読料をご登録のクレジットカード(日経ID決済)で日本経済新聞社にお支払いいただきます。 翌月より月額定額をお支払いいただきます。 宅配(日経ID決済)のご利用に際しては、「」をご参照ください。 宅配(日経ID決済)で一時的に配達中止を希望する場合 お留守の間など、一時的に配達停止を希望される場合はあらかじめ担当販売店にご連絡ください。 中止日から1カ月未満の範囲で取り置きし、後日配達開始時に一括でお届けいたします。 取り置きを希望しない場合でも、月額定額となるため日割りによる返金はありません。 宅配(日経ID決済)で転居(住所変更)の場合 をご参照ください。 日経ID決済ができない場合 お客様のクレジットカードの有効期限を過ぎた場合など日経ID決済ができない場合、メール等でお客様に連絡させていただきます。 クレジットカードを変更された場合や有効期限更新が必要な場合は、連絡した当月内にカード変更を「」画面からお手続きください。 当月内に有効なクレジットカードに変更されない場合、日本経済新聞は担当する新聞販売店へのお支払いに変更になる場合があります。 宅配(日経ID決済)を解約の場合 をご参照ください。 「日経電子版」、「日経Wプラン」、「日本経済新聞」とは別契約です。 それぞれのサービスの規約等をご確認ください。 「日経産業新聞ビューアー」のから 「日経MJビューアー」のから 「日経ヴェリタスビューアー」のから 「日経人事ウオッチ」のから 「日経Goodayマイドクター」のから 「日経クロストレンド」のから 「日経クロステック」のから.

次の