株式 会社 ユース。 運営会社

会社案内|株式会社ユース

株式 会社 ユース

1969年 (株)ユースの前身、読売教育センターを読売新聞社が千葉県松戸市に設置。 1970年 読売総合販売(株)設立。 資本金3,000万円。 1971年 (株)ユース九州、(株)ユース大阪設立。 1972年 東京の読売総合販売(株)を、(株)ユースに商号変更。 1973年 大阪支社、九州支店を統合し、(株)ユースとなる。 資本金5,000万円。 1974年 商事事業部、開発部設置。 1975年 広告事業部設置。 本社を東京都千代田区岩本町に移転。 1979年 セールスプロモーター部門設置。 1983年 九州支店新社屋落成(北九州市小倉北区)。 1984年 (株)ユースメディア設立(広告事業部、商事事業部を分離設立)。 1985年 創立15周年記念式典挙行。 (株)ユースエンタープライズ設立。 1986年 東京本社新社屋落成(中央区日本橋馬喰町)。 1990年 創立20周年記念式典挙行。 大阪支社新社屋落成(大阪市西区)。 ユースメディア新社屋落成。 1992年 ユースメディア広告事業部柏ビル落成。 1994年 (株)ユースエンタープライズにグッディライフ・産地直送品販売部門設置。 1997年 (株)ユースエンタープライズに旅行部門設置。 2000年 創立30周年記念式典挙行。 (株)ユースエンタープライズ「暮らしの応援サービス」設置。 2003年 ISO9001:2008認証取得(登録番号JMAQA-1662)。 2004年 九州支店移転(福岡市博多区) 2005年 プライバシーマーク取得(認定番号第A590016(01)号)。 2010年 創立40周年記念式典挙行。 そのために、組織全体に本方針を周知徹底し、下記項目の完全実施を指示する。 1.完全配達の励行 (1)紙受け、紙分けを完璧にする (2)正確丁寧な配達で、定時終了 (3)不着、誤配が無いこと (4)電話対応がさわやかで良いこと 2.全員のスタッフが常にお客様を大切にする社風づくり 3.お客様トラブルに対しては、まごころ込めてスピード解決 4.店舗が明るくきれいで、車両が整備・整列され、やる気のみなぎるYCづくり 5.付帯サービス *事業を活発に行い、新しい魅力と可能性をもったYCづくり 平成15年4月1日 株式会社 ユース 代表取締役 久松叔男 *ここでいう付帯サービスとは、産直販売・グッディロール販売・読者旅行・暮らしの応援サービスなどの事業ですが、 今回の品質マネジメントシステムの適用対象外の活動です。

次の

運営会社

株式 会社 ユース

News 2020年 4月15日 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた緊急対応について この度、弊社では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の期間、基本在宅勤務での対応とさせて頂くことになりました。 在宅勤務期間:2020年4月16日(木)~ 5月6日(水) ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。 2019年12月6日 年末年始休業日のお知らせ。 12月28日(土)より1月5日(日)まで年末年始休業日とさせていただきます。 新年は1月6日(月)より通常営業致します。 2019年8月1日 夏季休暇のお知らせ 誠に勝手ながら 8月10日 土 ~8月18日 日 まで夏季休暇のため休業とさせて頂きます。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。 2019年6月13日 創立記念日による休業のお知らせ 誠に勝手ながら 7月11日 木 は創立記念日のため休業とさせて頂きます。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。 2019年4月11日 ゴールデンウィーク期間のお知らせ。 下記のゴールデンウィーク期間を休業日とさせていただきます。 休業日:4月27日~5月6日 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

次の

株式会社ユース|計器・測定機の販売、ソフトウエア開発・測定機のメンテナンスは株式会社ユースへ

株式 会社 ユース

は、相続や贈与などで株式を取得した株主が、その株式を発行した会社の経営支配力を持っている同族株主等か、それ以外の株主かの区分により、それぞれ原則的評価方式又は特例的な評価方式の配当還元方式により評価します。 1 原則的評価方式 原則的評価方式は、評価する株式を発行した会社を総資産価額、従業員数及び取引金額により大会社、中会社又は小会社のいずれかに区分して、原則として次のような方法で評価をすることになっています。 1 大会社 大会社は、原則として、類似業種比準方式により評価します。 類似業種比準方式は、類似業種の株価を基に、評価する会社の一株当たりの「配当金額」、「利益金額」及び「純資産価額(簿価)」の三つで比準して評価する方法です。 なお、類似業種の業種目及び業種目別株価などは、で閲覧できます。 2 小会社 小会社は、原則として、純資産価額方式によって評価します。 純資産価額方式は、会社の総資産や負債を原則として相続税の評価に洗い替えて、その評価した総資産の価額から負債や評価差額に対する法人税額等相当額を差し引いた残りの金額により評価する方法です。 3 中会社 中会社は、大会社と小会社の評価方法を併用して評価します。 2 特例的な評価方式 取引相場のない株式は、原則として、以上のような方式により評価しますが、同族株主以外の株主が取得した株式については、その株式の発行会社の規模にかかわらず原則的評価方式に代えて特例的な評価方式の配当還元方式で評価します。 配当還元方式は、その株式を所有することによって受け取る一年間の配当金額を、一定の利率 10% で還元して元本である株式の価額を評価する方法です。 3 特定の評価会社の株式の評価 次のような特定の評価会社の株式は、原則として、 1 〜 5 については純資産価額方式により、 6 については清算分配見込額により評価することになっています。 なお、 1 〜 4 の会社の株式を取得した同族株主以外の株主等については、特例的な評価方式である配当還元方式により評価します。 1 類似業種比準方式で評価する場合の3つの比準要素である「配当金額」、「利益金額」及び「純資産価額(簿価)」のうち直前期末の比準要素のいずれか2つがゼロであり、かつ、直前々期末の比準要素のいずれか2つ以上がゼロである会社 比準要素数1の会社 の株式• 2 株式等の保有割合(総資産価額中に占める株式、出資及び新株予約権付社債の価額の合計額の割合)が一定の割合以上の会社 株式等保有特定会社 の株式• 3 土地等の保有割合(総資産価額中に占める土地などの価額の合計額の割合)が一定の割合以上の会社 土地保有特定会社 の株式• 4 課税時期(相続又は遺贈の場合は被相続人の死亡の日、贈与の場合は贈与により財産を取得した日)において開業後の経過年数が3年未満の会社や、類似業種比準方式で評価する場合の3つの比準要素である「配当金額」、「利益金額」及び「純資産価額(簿価)」の直前期末の比準要素がいずれもゼロである会社(開業後3年未満の会社等)の株式• 5 開業前又は休業中の会社の株式• 6 清算中の会社の株式 以上それぞれの評価方法に応じて、この取引相場のない株式の評価をするときには、「」を使用していただければ比較的容易に株価の計算ができるようになっています。 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、をご覧になって、電話相談をご利用ください。

次の