超ブラウブリッツ秋田。 【楽天市場】秋田 #大仙 秋田清酒 刈穂 ブラウブリッツ秋田応援袋セット:秋田空港おみやげ広場あ・えーる

堺俊暉

超ブラウブリッツ秋田

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 株式会社ブラウブリッツ秋田 BLAUBLITZ AKITA Co. ,Ltd. 市場情報 非上場 本社所在地 010-0951 山王3-1-7 東カンビル1F 設立 2009年9月14日 事業内容 クラブの運営他 代表者 岩瀬浩介 資本金 2,300万円(2018年1月期 売上高 3億6,000万円 2018年1月期 営業利益 300万円 2018年1月期 経常利益 800万円 2018年1月期 純利益 700万円 2018年1月期 純資産 2,200万円 2018年1月期 総資産 1億0,100万円 2018年1月期 決算期 1月期 外部リンク 特記事項:2013年12月に秋田フットボールクラブ 株式会社から商号変更。 ブラウブリッツ秋田(ブラウブリッツあきた、 Blaublitz Akita)は、の、、、を中心とする全県をホームタウンとする 、 Jリーグ に加盟するクラブである。 概要 [ ] 1965年創部の が前身。 2010年よりクラブチーム化して「 ブラウブリッツ秋田」へ名称を変更。 にとして承認され、2014年にJリーグに入会した。 運営会社は 株式会社ブラウブリッツ秋田である。 クラブ名の「ブラウブリッツ Blaublitz 」はで「青い稲妻」を意味する。 エンブレムは、TDKサッカー部を受け継いだ経緯から形状は変更せず、秋田のと稲妻(ブリッツ)を取り入れたものである。 なお、2013年の運営会社の社名変更時にエンブレム上部の「AFC」が「AKITA」へ変更された。 Jリーグへの登録上のホームスタジアムは (但し2019年は使用せず。 詳細はを参照)、マスコットはである。 歴史 [ ] 前身 [ ] 詳細は「」を参照 に創部されたが前身。 で11回の優勝を記録し、およびは(JSL)2部に在籍した経歴を有する。 2007年に(JFL)に昇格したが、2009年シーズン終了後にが運営から撤退することを受けて、同年9月に運営会社を設立。 2010年シーズンより「ブラウブリッツ秋田」の名称でクラブチーム化した。 2010年 - 2013年(JFL) [ ] 2010年 コーチのが監督に就任。 12月17日、クラブは秋田陸をホームスタジアムとして秋田県や秋田市と調整していたが、スタジアムの確保及び、改修の目処が立たないために2011年のJリーグ準加盟申請を見送ることとを発表した。 シーズン終了後、岡本彰泰や、らが契約満了により退団、らが引退した。 2011年 チームスローガン 「 絆」 横山体制2年目。 から、かららを完全移籍で、からを、からを期限付き移籍で獲得。 また、大卒ルーキーとして、などが加入した。 11月30日、ホームスタジアムとして予定している秋田市八橋運動公園陸上競技場の改修の目処が立たないため、2012年のJリーグ準加盟申請を再び見送る事を発表した。 シーズン終了後、横山が監督を退任。 また、、らが契約満了で退団、とが期限付き移籍満了で各クラブへ復帰、らが引退した。 2012年 チームスローガン 「 ~変革~」 新監督に、ユース監督だったが就任した。 補強として、からを、からを期限付き移籍で獲得。 また、大卒ルーキーとして、、が加入した。 また、シーズン途中7月にはからを期限付き移籍で獲得した。 最終成績は13位となり、昨年より1つ順位を上げた。 11月30日付でJリーグ準加盟申請の書類が受理された シーズン終了後、横山が監督を退任。 また、小林宏之や、北森陽介らが契約満了により退団、エフライン、島川が期限付き移籍満了で各クラブへ復帰、が引退した。 2013年 チームスローガン 「 勝~Action」 新監督に元監督のが就任。 2月26日、Jリーグ準加盟が承認された。 8月16日、と「スポーツ振興及び地域の活性化に関する覚書」を締結した。 11月19日、(Jリーグ)の理事会でJリーグへの入会が承認され、からの参加が決定した。 2014年 -(J3) [ ] 2014年 [ ] チームスローガン「 挑」 与那城体制2年目。 1月に、練習場などのクラブの拠点を秋田市に移転した。 理由としては、秋田県全域で活動するに当たって県庁所在地のある秋田市内に拠点を置くことで「県民チーム」としての性格を強く打ち出せることなどを理由としている。 なお、クラブ発祥の地であるにかほ市および由利本荘市は「マザータウン」として位置付けられることとなった。 最終成績は12チーム中8位。 は2回戦でに敗れた。 シーズン終了後、与那城が監督を退任した。 2015年 [ ] チームスローガン「 闘」 監督に元コーチのが就任。 最終成績は13チーム中8位。 は2回戦でに敗れた。 シーズン終了後、、が引退するなど19名が退団した。 2016年 [ ] チームスローガン「 躍」 間瀬体制2年目。 、、、、、、を完全移籍で、、を期限付き移籍で獲得。 大学生6人が新加入、新外国人として、からを獲得した。 シーズン中にがレンタル移籍で加入した。 一時は首位に立ち、最終順位も4位。 天皇杯は2回戦でに敗れた。 シーズン終了後、間瀬が監督を退任。 が現役引退、伊東輝悦ら6名が契約満了、野村政孝が期限付き移籍期間満了、堀田秀平がへ完全移籍した。 2017年 [ ] チームスローガン「 突」 新監督に元監督のが就任。 、、、期限付き移籍中のを完全移籍で、を期限付き移籍で獲得。 U-18からがユース創設後初めて昇格した。 シーズン中にが加入した。 リーグ戦は開幕から15戦負けなしで第6節終了時から首位に立ち続けたが、第17節にシーズン初の敗戦を喫して以降10試合で僅か2勝と停滞、第23節終了時には首位から陥落、第24節には3位に下がったものの、第28節から3連勝で盛り返し、終盤まで、この年初昇格のとの間で激しい優勝争いを繰り広げ、最終節でに勝利し栃木と沼津が直接対決で引き分けたため逆転でJ3初優勝を果たした。 ただし、J2ライセンス未交付によりJ2昇格不可の為、翌シーズンもJ3所属となる。 シーズン終了後、が現役引退し、有薗真吾、小澤章人、浦島貴大他4選手が退団。 と小野敬輔はそれぞれとに期限付き移籍した。 2018年 [ ] チームスローガン「 志」 杉山体制2年目。 、、、、が完全移籍で加入し、、、2年振りの加入となる堀田秀平が期限付き移籍で加入した。 J2昇格を目標にしたシーズンであったが 、リーグ前半戦を6勝3分7敗と負け越し、17チーム中の9位と低迷したことから 、7月10日付で杉山を解任し、後任に2016年まで秋田監督を務め、5月まで愛媛監督を務めていた間瀬秀一が就任した。 9月27日、J2クラブライセンスを取得したことが発表された。 但し、2019年度以降、所属クラスに関わらず、主本拠地として使用予定の秋田市八橋運動公園陸上競技場に未充足の設備がある為、スタジアム環境の抜本的改善に向けた2019年の活動計画及び2018年7月から2018年11月までの活動報告を11月30日までに、Jリーグクラブライセンス事務局に書面で提出することを制裁として科された。 成績 [ ] 詳細は「」を参照 タイトル [ ] クラブ [ ]• :1回• 秋田県サッカー選手権大会(兼秋田県予選):8回• 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017 個人 [ ]• 9月:• ベストイレブン• 得点王• :松田正俊(20得点) その他 [ ]• J3リーグ• あきぎんスタジアムは収容人員や照明装置の面でを満たさないため、秋田市は収容人員を満たす八橋運動公園陸上競技場を暫定的に本拠地に使用させる前提で、ナイター照明や大型映像装置の新設、ロッカールームやドーピング室の設置などを盛り込んだ改修予算案を2017年度2月補正予算案に計上。 これが承認され、八橋運動公園陸上競技場がJ2スタジアム基準を満たす見込みとなったことから、2019年のライセンス申請に当たって八橋運動公園陸上競技場を本拠地としてJ2ライセンスを申請、これが承認されてJ2ライセンスを取得した。 新スタジアムの検討 [ ] ブラウブリッツのスタジアム問題に対し、秋田県は2017年度に新たなサッカースタジアム整備を念頭に置いた検討委員会を設置、2018年1月に「多機能・複合型スタジアムを新設する必要がある」「建設場所は秋田市の中心市街地エリア」「全天候対応の開閉式ドームが望ましい」といった趣旨の提言をまとめた。 ただし、秋田県知事のは2018年1月の定例記者会見で、費用面や技術面の課題を指摘してこの提言に難色を示し 、さらに3月の定例記者会見では、商業施設などを備えた複合型施設とする案について「地方では成功しない」と述べ、否定的な見方を示している。 この状況を受け、秋田県では2018年5月にブラウブリッツ秋田のホームタウンである秋田市、男鹿市、由利本荘市及びにかほ市と秋田商工会議所で構成する「新スタジアム整備構想策定協議会」を新たに設置。 八橋運動公園のほか、ブラウブリッツが主導する『「スポーツモールAKITA」を核とした街づくり構想協議会』が候補地に挙げた秋田プライウッド本社・工場跡地(秋田市川尻)、および大学法人側から申し出のあった敷地(秋田市手形住吉町)の3か所を候補地として検討を行う。 建設主体については「基本的には行政、とりわけ秋田県と秋田市が中心となって進めるべき」との意見でまとめられたが、建設場所については八橋運動公園を適地と推す声が最も多かったものの、利用者の多い第2球技場(スペースプロジェクト・ドリームフィールド)と健康広場が使用できなくなることから管理する秋田市の賛同が得られず、浸水想定区域内にある秋田プライウッド跡地、敷地が狭い秋田大学敷地を含めていずれの候補地にも問題があるとして、最終候補地を取りまとめることができなかった。 秋田県は秋田市と共同で、協議会で挙げられた問題解決のための調査研究を実施。 八橋運動公園への整備に難色を示す秋田市に対し、秋田県はスペースプロジェクトドリームフィールド(第2球技場)と健康広場付近にスタジアムを建設した際の代替施設として、「県立向浜運動広場野球広場(秋田市新屋町、隣接)に両施設を一体的に移転する」、「移転が予定されている秋田市文化会館敷地(八橋運動公園向かい)に健康広場を、県立新屋運動広場(秋田市豊岩、旧東北電力新屋ラグビー場)に第2球技場をそれぞれ移転する」という2案を示した が、市は代替施設候補地の要件として「サッカーのピッチが確保可能な広さと形状であること」「八橋運動公園との一体性、利便性が確保できること」「津波浸水想定区域外であること」「敷地所有者らの同意が得られること」の4要件を提示、秋田市は秋田県の提案がいずれも「要件を満たさない」として提案を拒否する意向を示している。 その後2019年12月3日、新球技場をスペースプロジェクトドリームフィールドと健康広場付近にスタジアムに建設することになり、かつその人工芝競技場を八橋運動公園に移設した場合の既存施設の移転先の候補地として、スペースプロジェクトドリームフィールドを天然芝競技場に転嫁したうえで、あきぎんスタジアムを人工芝に張り替えて整備するか、秋田県スポーツ科学センターを解体・整備したうえで新たな球技場を建設する案を提案したことが分かった。 練習場 [ ] チーム創設当初はの秋田総合スポーツセンターやを使用していた。 2014年より練習拠点を秋田市内に移転し 、八橋運動公園内にあるスペースプロジェクト・ドリームフィールド(八橋運動公園第2球技場)を練習場として使用している。 ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 水色 水色 水色 FP(2nd) グレー グレー グレー GK(1st) 赤 赤 赤 GK(2nd) 黄緑 黄緑 黄緑 GK 2nd チームカラー [ ]• 青 ユニフォームスポンサー [ ] 提出箇所 スポンサー名 表記 提出年 備考 胸 TDK 2010年 - 鎖骨 JA 2018年 - 左側に表記 2011年 - 2012年は背中 (「あきたECOらいす」表記) 2014年 - 2017年はパンツ 「あきたこまち JA全農あきた」表記 2018年 - 2019年は「あきたこまち」表記 秋田魁新報 2018年 - 右側に表記 背中上部 We Are AKITA! 細谷病院 2015年 - 2015年 - 2017年は「細谷病院」表記 2018年は「We Are AKITA! ブラウブリッツ秋田U-18• ブラウブリッツ秋田U-15• ブラウブリッツ秋田U-12• ブラウブリッツ秋田スクール(秋田校、大仙校、由利本荘・にかほ校、能代校) メディア [ ] ラジオ [ ]• - 毎週水曜日18:00 - 18:25。 : ・小玉夕美子。 新聞 [ ]• 脚注 [ ] []• 2017年8月22日閲覧。 プレスリリース , ブラウブリッツ秋田, 2019年9月27日 , 2019年9月28日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 ブラウブリッツ秋田 2013年12月24日. 2013年12月27日閲覧。 ブラウブリッツ秋田. 2014年1月9日閲覧。 (ブラウブリッツ秋田2011年11月30日掲載)• プレスリリース , ブラウブリッツ秋田, 2012年12月11日 , 2013年2月28日閲覧。 ブラウブリッツ秋田 2013年2月26日. 2013年2月28日閲覧。 秋田魁新報. 2013年8月16日• ブラウブリッツ秋田 2013年8月16日. 2013年8月17日閲覧。 プレスリリース , ブラウブリッツ秋田, 2013年11月19日 , 2013年12月28日閲覧。 ブラウブリッツ秋田 2018年7月. 2018年9月28日閲覧。 朝日新聞デジタル 2018年7月12日. 2018年9月28日閲覧。 ブラウブリッツ秋田 2018年9月27日. 2018年9月28日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2013年2月26日 , 2017年3月2日閲覧。 河北新報. 2018年1月20日. 2018年10月8日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2018年9月27日 , 2018年10月8日閲覧。 朝日新聞. 2018年1月10日. 2018年10月8日閲覧。 秋田魁新報. 2018年1月15日. 2018年10月8日閲覧。 秋田魁新報. 2018年3月27日. 2018年10月8日閲覧。 秋田魁新報. 2019年2月9日. 2019年9月16日閲覧。 秋田魁新報. 2019年9月3日. 2019年9月16日閲覧。 秋田魁新報. 2019年9月22日. 2019年9月28日閲覧。 秋田魁新報. 2019年12月10日. 2019年12月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の

ブラウブリッツ秋田

超ブラウブリッツ秋田

ブラウブリッツ秋田は17日、DF鎌田翔雅 30 の獲得を発表した。 鎌田は湘南ベルマーレの組織出身で、2007年7月に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格。 その後、ジェフユナイテッド千葉、ファジアーノ岡山を渡り歩き、2015年から清水に活躍の場を移した。 加入3年目こそ明治安田生命J1リーグ29試合2得点の数字を収めたが、ヒザ前十字じん帯の損傷を2度経験。 昨年に2度目の大ケガから復帰を果たしたが、J1リーグ3試合、Jリーグカップ5試合、天皇杯2試合の出場にとどまり、シーズン終了後に契約満了で退団が決まった。 秋田入りを受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「はじめまして。 清水エスパルスから移籍してきた鎌田翔雅です。 まずは、秋田に来ることができて嬉しいです。 今回、岩瀬社長と吉田監督の熱意と思いに惹かれ、ここに来ることを決断しました。 J2昇格、そして優勝できるよう心一つに頑張りましょう! 」 2020. 17 10:10 Fri.

次の

ブラウブリッツ秋田 人気ブログランキングとブログ検索

超ブラウブリッツ秋田

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 株式会社ブラウブリッツ秋田 BLAUBLITZ AKITA Co. ,Ltd. 市場情報 非上場 本社所在地 010-0951 山王3-1-7 東カンビル1F 設立 2009年9月14日 事業内容 クラブの運営他 代表者 岩瀬浩介 資本金 2,300万円(2018年1月期 売上高 3億6,000万円 2018年1月期 営業利益 300万円 2018年1月期 経常利益 800万円 2018年1月期 純利益 700万円 2018年1月期 純資産 2,200万円 2018年1月期 総資産 1億0,100万円 2018年1月期 決算期 1月期 外部リンク 特記事項:2013年12月に秋田フットボールクラブ 株式会社から商号変更。 ブラウブリッツ秋田(ブラウブリッツあきた、 Blaublitz Akita)は、の、、、を中心とする全県をホームタウンとする 、 Jリーグ に加盟するクラブである。 概要 [ ] 1965年創部の が前身。 2010年よりクラブチーム化して「 ブラウブリッツ秋田」へ名称を変更。 にとして承認され、2014年にJリーグに入会した。 運営会社は 株式会社ブラウブリッツ秋田である。 クラブ名の「ブラウブリッツ Blaublitz 」はで「青い稲妻」を意味する。 エンブレムは、TDKサッカー部を受け継いだ経緯から形状は変更せず、秋田のと稲妻(ブリッツ)を取り入れたものである。 なお、2013年の運営会社の社名変更時にエンブレム上部の「AFC」が「AKITA」へ変更された。 Jリーグへの登録上のホームスタジアムは (但し2019年は使用せず。 詳細はを参照)、マスコットはである。 歴史 [ ] 前身 [ ] 詳細は「」を参照 に創部されたが前身。 で11回の優勝を記録し、およびは(JSL)2部に在籍した経歴を有する。 2007年に(JFL)に昇格したが、2009年シーズン終了後にが運営から撤退することを受けて、同年9月に運営会社を設立。 2010年シーズンより「ブラウブリッツ秋田」の名称でクラブチーム化した。 2010年 - 2013年(JFL) [ ] 2010年 コーチのが監督に就任。 12月17日、クラブは秋田陸をホームスタジアムとして秋田県や秋田市と調整していたが、スタジアムの確保及び、改修の目処が立たないために2011年のJリーグ準加盟申請を見送ることとを発表した。 シーズン終了後、岡本彰泰や、らが契約満了により退団、らが引退した。 2011年 チームスローガン 「 絆」 横山体制2年目。 から、かららを完全移籍で、からを、からを期限付き移籍で獲得。 また、大卒ルーキーとして、などが加入した。 11月30日、ホームスタジアムとして予定している秋田市八橋運動公園陸上競技場の改修の目処が立たないため、2012年のJリーグ準加盟申請を再び見送る事を発表した。 シーズン終了後、横山が監督を退任。 また、、らが契約満了で退団、とが期限付き移籍満了で各クラブへ復帰、らが引退した。 2012年 チームスローガン 「 ~変革~」 新監督に、ユース監督だったが就任した。 補強として、からを、からを期限付き移籍で獲得。 また、大卒ルーキーとして、、が加入した。 また、シーズン途中7月にはからを期限付き移籍で獲得した。 最終成績は13位となり、昨年より1つ順位を上げた。 11月30日付でJリーグ準加盟申請の書類が受理された シーズン終了後、横山が監督を退任。 また、小林宏之や、北森陽介らが契約満了により退団、エフライン、島川が期限付き移籍満了で各クラブへ復帰、が引退した。 2013年 チームスローガン 「 勝~Action」 新監督に元監督のが就任。 2月26日、Jリーグ準加盟が承認された。 8月16日、と「スポーツ振興及び地域の活性化に関する覚書」を締結した。 11月19日、(Jリーグ)の理事会でJリーグへの入会が承認され、からの参加が決定した。 2014年 -(J3) [ ] 2014年 [ ] チームスローガン「 挑」 与那城体制2年目。 1月に、練習場などのクラブの拠点を秋田市に移転した。 理由としては、秋田県全域で活動するに当たって県庁所在地のある秋田市内に拠点を置くことで「県民チーム」としての性格を強く打ち出せることなどを理由としている。 なお、クラブ発祥の地であるにかほ市および由利本荘市は「マザータウン」として位置付けられることとなった。 最終成績は12チーム中8位。 は2回戦でに敗れた。 シーズン終了後、与那城が監督を退任した。 2015年 [ ] チームスローガン「 闘」 監督に元コーチのが就任。 最終成績は13チーム中8位。 は2回戦でに敗れた。 シーズン終了後、、が引退するなど19名が退団した。 2016年 [ ] チームスローガン「 躍」 間瀬体制2年目。 、、、、、、を完全移籍で、、を期限付き移籍で獲得。 大学生6人が新加入、新外国人として、からを獲得した。 シーズン中にがレンタル移籍で加入した。 一時は首位に立ち、最終順位も4位。 天皇杯は2回戦でに敗れた。 シーズン終了後、間瀬が監督を退任。 が現役引退、伊東輝悦ら6名が契約満了、野村政孝が期限付き移籍期間満了、堀田秀平がへ完全移籍した。 2017年 [ ] チームスローガン「 突」 新監督に元監督のが就任。 、、、期限付き移籍中のを完全移籍で、を期限付き移籍で獲得。 U-18からがユース創設後初めて昇格した。 シーズン中にが加入した。 リーグ戦は開幕から15戦負けなしで第6節終了時から首位に立ち続けたが、第17節にシーズン初の敗戦を喫して以降10試合で僅か2勝と停滞、第23節終了時には首位から陥落、第24節には3位に下がったものの、第28節から3連勝で盛り返し、終盤まで、この年初昇格のとの間で激しい優勝争いを繰り広げ、最終節でに勝利し栃木と沼津が直接対決で引き分けたため逆転でJ3初優勝を果たした。 ただし、J2ライセンス未交付によりJ2昇格不可の為、翌シーズンもJ3所属となる。 シーズン終了後、が現役引退し、有薗真吾、小澤章人、浦島貴大他4選手が退団。 と小野敬輔はそれぞれとに期限付き移籍した。 2018年 [ ] チームスローガン「 志」 杉山体制2年目。 、、、、が完全移籍で加入し、、、2年振りの加入となる堀田秀平が期限付き移籍で加入した。 J2昇格を目標にしたシーズンであったが 、リーグ前半戦を6勝3分7敗と負け越し、17チーム中の9位と低迷したことから 、7月10日付で杉山を解任し、後任に2016年まで秋田監督を務め、5月まで愛媛監督を務めていた間瀬秀一が就任した。 9月27日、J2クラブライセンスを取得したことが発表された。 但し、2019年度以降、所属クラスに関わらず、主本拠地として使用予定の秋田市八橋運動公園陸上競技場に未充足の設備がある為、スタジアム環境の抜本的改善に向けた2019年の活動計画及び2018年7月から2018年11月までの活動報告を11月30日までに、Jリーグクラブライセンス事務局に書面で提出することを制裁として科された。 成績 [ ] 詳細は「」を参照 タイトル [ ] クラブ [ ]• :1回• 秋田県サッカー選手権大会(兼秋田県予選):8回• 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017 個人 [ ]• 9月:• ベストイレブン• 得点王• :松田正俊(20得点) その他 [ ]• J3リーグ• あきぎんスタジアムは収容人員や照明装置の面でを満たさないため、秋田市は収容人員を満たす八橋運動公園陸上競技場を暫定的に本拠地に使用させる前提で、ナイター照明や大型映像装置の新設、ロッカールームやドーピング室の設置などを盛り込んだ改修予算案を2017年度2月補正予算案に計上。 これが承認され、八橋運動公園陸上競技場がJ2スタジアム基準を満たす見込みとなったことから、2019年のライセンス申請に当たって八橋運動公園陸上競技場を本拠地としてJ2ライセンスを申請、これが承認されてJ2ライセンスを取得した。 新スタジアムの検討 [ ] ブラウブリッツのスタジアム問題に対し、秋田県は2017年度に新たなサッカースタジアム整備を念頭に置いた検討委員会を設置、2018年1月に「多機能・複合型スタジアムを新設する必要がある」「建設場所は秋田市の中心市街地エリア」「全天候対応の開閉式ドームが望ましい」といった趣旨の提言をまとめた。 ただし、秋田県知事のは2018年1月の定例記者会見で、費用面や技術面の課題を指摘してこの提言に難色を示し 、さらに3月の定例記者会見では、商業施設などを備えた複合型施設とする案について「地方では成功しない」と述べ、否定的な見方を示している。 この状況を受け、秋田県では2018年5月にブラウブリッツ秋田のホームタウンである秋田市、男鹿市、由利本荘市及びにかほ市と秋田商工会議所で構成する「新スタジアム整備構想策定協議会」を新たに設置。 八橋運動公園のほか、ブラウブリッツが主導する『「スポーツモールAKITA」を核とした街づくり構想協議会』が候補地に挙げた秋田プライウッド本社・工場跡地(秋田市川尻)、および大学法人側から申し出のあった敷地(秋田市手形住吉町)の3か所を候補地として検討を行う。 建設主体については「基本的には行政、とりわけ秋田県と秋田市が中心となって進めるべき」との意見でまとめられたが、建設場所については八橋運動公園を適地と推す声が最も多かったものの、利用者の多い第2球技場(スペースプロジェクト・ドリームフィールド)と健康広場が使用できなくなることから管理する秋田市の賛同が得られず、浸水想定区域内にある秋田プライウッド跡地、敷地が狭い秋田大学敷地を含めていずれの候補地にも問題があるとして、最終候補地を取りまとめることができなかった。 秋田県は秋田市と共同で、協議会で挙げられた問題解決のための調査研究を実施。 八橋運動公園への整備に難色を示す秋田市に対し、秋田県はスペースプロジェクトドリームフィールド(第2球技場)と健康広場付近にスタジアムを建設した際の代替施設として、「県立向浜運動広場野球広場(秋田市新屋町、隣接)に両施設を一体的に移転する」、「移転が予定されている秋田市文化会館敷地(八橋運動公園向かい)に健康広場を、県立新屋運動広場(秋田市豊岩、旧東北電力新屋ラグビー場)に第2球技場をそれぞれ移転する」という2案を示した が、市は代替施設候補地の要件として「サッカーのピッチが確保可能な広さと形状であること」「八橋運動公園との一体性、利便性が確保できること」「津波浸水想定区域外であること」「敷地所有者らの同意が得られること」の4要件を提示、秋田市は秋田県の提案がいずれも「要件を満たさない」として提案を拒否する意向を示している。 その後2019年12月3日、新球技場をスペースプロジェクトドリームフィールドと健康広場付近にスタジアムに建設することになり、かつその人工芝競技場を八橋運動公園に移設した場合の既存施設の移転先の候補地として、スペースプロジェクトドリームフィールドを天然芝競技場に転嫁したうえで、あきぎんスタジアムを人工芝に張り替えて整備するか、秋田県スポーツ科学センターを解体・整備したうえで新たな球技場を建設する案を提案したことが分かった。 練習場 [ ] チーム創設当初はの秋田総合スポーツセンターやを使用していた。 2014年より練習拠点を秋田市内に移転し 、八橋運動公園内にあるスペースプロジェクト・ドリームフィールド(八橋運動公園第2球技場)を練習場として使用している。 ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 水色 水色 水色 FP(2nd) グレー グレー グレー GK(1st) 赤 赤 赤 GK(2nd) 黄緑 黄緑 黄緑 GK 2nd チームカラー [ ]• 青 ユニフォームスポンサー [ ] 提出箇所 スポンサー名 表記 提出年 備考 胸 TDK 2010年 - 鎖骨 JA 2018年 - 左側に表記 2011年 - 2012年は背中 (「あきたECOらいす」表記) 2014年 - 2017年はパンツ 「あきたこまち JA全農あきた」表記 2018年 - 2019年は「あきたこまち」表記 秋田魁新報 2018年 - 右側に表記 背中上部 We Are AKITA! 細谷病院 2015年 - 2015年 - 2017年は「細谷病院」表記 2018年は「We Are AKITA! ブラウブリッツ秋田U-18• ブラウブリッツ秋田U-15• ブラウブリッツ秋田U-12• ブラウブリッツ秋田スクール(秋田校、大仙校、由利本荘・にかほ校、能代校) メディア [ ] ラジオ [ ]• - 毎週水曜日18:00 - 18:25。 : ・小玉夕美子。 新聞 [ ]• 脚注 [ ] []• 2017年8月22日閲覧。 プレスリリース , ブラウブリッツ秋田, 2019年9月27日 , 2019年9月28日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 ブラウブリッツ秋田 2013年12月24日. 2013年12月27日閲覧。 ブラウブリッツ秋田. 2014年1月9日閲覧。 (ブラウブリッツ秋田2011年11月30日掲載)• プレスリリース , ブラウブリッツ秋田, 2012年12月11日 , 2013年2月28日閲覧。 ブラウブリッツ秋田 2013年2月26日. 2013年2月28日閲覧。 秋田魁新報. 2013年8月16日• ブラウブリッツ秋田 2013年8月16日. 2013年8月17日閲覧。 プレスリリース , ブラウブリッツ秋田, 2013年11月19日 , 2013年12月28日閲覧。 ブラウブリッツ秋田 2018年7月. 2018年9月28日閲覧。 朝日新聞デジタル 2018年7月12日. 2018年9月28日閲覧。 ブラウブリッツ秋田 2018年9月27日. 2018年9月28日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2013年2月26日 , 2017年3月2日閲覧。 河北新報. 2018年1月20日. 2018年10月8日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2018年9月27日 , 2018年10月8日閲覧。 朝日新聞. 2018年1月10日. 2018年10月8日閲覧。 秋田魁新報. 2018年1月15日. 2018年10月8日閲覧。 秋田魁新報. 2018年3月27日. 2018年10月8日閲覧。 秋田魁新報. 2019年2月9日. 2019年9月16日閲覧。 秋田魁新報. 2019年9月3日. 2019年9月16日閲覧。 秋田魁新報. 2019年9月22日. 2019年9月28日閲覧。 秋田魁新報. 2019年12月10日. 2019年12月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の