池田 秀一。 池田秀一には娘がいるの?声優との噂も?古谷徹との関係や病気の噂について

【花燃ゆ】語り・池田秀一、“大河”の反響に驚き「宇宙世紀だけではない」

池田 秀一

池田秀一とは、所属の・・である。 概要 生まれ。 幼少期からとして活躍。 としては「」や「」などにも出演した。 その後、として活動するようになり、のを演じたことから、の入りを果たす。 時代(の頃)にはと共演し、お互いに「裕」「秀」と呼び合う等、良き付き合いにあった。 的とも言える、品のある落ち着いた質が特徴で、な役柄を演じる事が多い。 としてはや以外にも、番組などでを務める機会もあり、も幅広い方面で活動している。 またとしても同様に、やなどで活動中だが近年はのとべると出演数が少なくなっている。 の役が多いものの、ちらほらと荒くれ者やも演じている。 その際はのとは全く違う演技を披露している。 例えばに至っては普段の威圧感を放つ演技から、酔って明朗快活になる演技までこなす。 の、とは親密な仲で、特に氏とは「」で共演して以来親友同士であった(本人く「腐れ縁」)。 またかなりの好きでもあり、初代の収録後の打ち上げ会には収録に参加してなかった時期でもに飲みに来ていたほど。 上述の「」の共演者をはじめ、の飲みも多い。 また、役のとはをはじめ関連のにてでも度々共演を果たしており、もを「ちゃん」と呼ぶなどその和気藹々とした裏の雰囲気は「」の中でとなって描かれた事がある。 元妻はで共演した(役)。 その後し、の妻はの。 赤い彗星と池田秀一 「」のを演じた事に始まり、今やとは切っても切れない関係にあり、自身も自伝「への」の中でという人物に対する並々ならぬ思い入れなどについてをっている。 また、多くの人にはのが自身にも定着しているため、は「の人たちの、に対するを損なわないように」と、人前では基本的に想良く振る舞わないようにしているという。 それゆえ、「はよく『冷たい人』と言われます」ともっている。 と言っても、最初から池田秀一=のを受け入れていたわけではないし、の性については部分が多かったらしい。 一時期はのを払拭しようとしていたこともあった。 しかし歳を重ねるごとに姿勢が軟化し、今ではそういう扱いをむしろ自ら楽しんでいるとのこと。 また、以外でが出演している作品でも、をしたりにしたような部分が見られる事もあるほか、作品などの者側にものが定着しているため後述の作品以外にもが出演する作品ではが関連しない場合でものをめられる事が少なくないらしい。 以下に、の・の一例を紹介。 の「」は、「の」+「池田秀一」から来た名前で、もが担当した。 の「雄」はではのをにしていただったが、池田秀一がを担当することになり、をにしたに変更された。 そのため、では数多くののをもじったを連発している。 「」では・役で出演しているが、彼が同士の会話にて喋るや使用する特殊技、彼がでする相手などにもやのと思われる要素がいろいろ見られる。 「」でも、としての役そのままでを担当した事がある。 他のとは違い、のも であった。 またにく、「飲んでいたときに同じ店で、で泣きながら話しているを見かけ、その会話が段々慢できなくなった結果を奪い取り『 はだが』と名乗って相手にを始めたことがある」というもあるらしい。 の向こうの相手がうらやましい。 (前略) あの時安さんの描かれたの設定を見た間、 はどうしてもこの役を演りたくなってしまいました。 はこのを話すときに、 「はから呼び止められたんだ」 と思っています。 (後略)• これほど熱狂的な支持をしてくれるの人たちに対して、はあくまでのを崩してはいけないと、作品とに対するを重く受け止めました。 (中略) の前で想笑いを浮かべながら、「です、」といってをするの姿を、の多くが望むでしょうか?• のには「」というが入っています。 もちろん、これは彼を生み出したも安さんも知らない番号です。 と共に年近い時間を過ごし、彼として振舞う事が許されただから知っている番号だからです。 いわば、がにだけ許してくれた「特権」と言っても良いでしょう。 出典:池田秀一・自伝「への がの」より 主な出演 声優業 アニメ• (カ・)• (、オ・、オムル・グ)• 機動(、、添乗員、隠密頑駄、など)• (ミ)• (堕卿、GI)• (アミーゴ)• (雄)• (可、)• C 3 --()• (ナガ)• (・プソン)• (ンダー・ラディック)• () ゲーム• The (見陽一)• (、バロッサ)• がんばれ元気(栄)• (()、、)• (ーシャ)• (・C・)• (ガン)• (、)• (ワミ)• (・)• まんが絵巻()• 再()• (カシュー王)• () 特撮• ( ルの)• (・リーの)• (七の・ルの) 吹き替え• リュー・チャーフィー ナレーション• 『密命 寒り』• セクド• 〜素らしきムダ知識〜(放送分)• 『』 その他• ションプ• (ヤ・シゲキ技官)• 木枯し紋次郎(第2)• (版)• (学)• 伝七捕物帳• 野菊の墓• (第8部)• がゆく 映画• あるの 禁断の果実• めぐりあい• 路傍の石 関連動画 関連生放送 関連商品 関連リンク• 関連項目•

次の

【名探偵コナン】赤井秀一の声優は池田秀一!シャアやシャンクスが代表作? | コナンラヴァー

池田 秀一

池田秀一とは、所属の・・である。 概要 生まれ。 幼少期からとして活躍。 としては「」や「」などにも出演した。 その後、として活動するようになり、のを演じたことから、の入りを果たす。 時代(の頃)にはと共演し、お互いに「裕」「秀」と呼び合う等、良き付き合いにあった。 的とも言える、品のある落ち着いた質が特徴で、な役柄を演じる事が多い。 としてはや以外にも、番組などでを務める機会もあり、も幅広い方面で活動している。 またとしても同様に、やなどで活動中だが近年はのとべると出演数が少なくなっている。 の役が多いものの、ちらほらと荒くれ者やも演じている。 その際はのとは全く違う演技を披露している。 例えばに至っては普段の威圧感を放つ演技から、酔って明朗快活になる演技までこなす。 の、とは親密な仲で、特に氏とは「」で共演して以来親友同士であった(本人く「腐れ縁」)。 またかなりの好きでもあり、初代の収録後の打ち上げ会には収録に参加してなかった時期でもに飲みに来ていたほど。 上述の「」の共演者をはじめ、の飲みも多い。 また、役のとはをはじめ関連のにてでも度々共演を果たしており、もを「ちゃん」と呼ぶなどその和気藹々とした裏の雰囲気は「」の中でとなって描かれた事がある。 元妻はで共演した(役)。 その後し、の妻はの。 赤い彗星と池田秀一 「」のを演じた事に始まり、今やとは切っても切れない関係にあり、自身も自伝「への」の中でという人物に対する並々ならぬ思い入れなどについてをっている。 また、多くの人にはのが自身にも定着しているため、は「の人たちの、に対するを損なわないように」と、人前では基本的に想良く振る舞わないようにしているという。 それゆえ、「はよく『冷たい人』と言われます」ともっている。 と言っても、最初から池田秀一=のを受け入れていたわけではないし、の性については部分が多かったらしい。 一時期はのを払拭しようとしていたこともあった。 しかし歳を重ねるごとに姿勢が軟化し、今ではそういう扱いをむしろ自ら楽しんでいるとのこと。 また、以外でが出演している作品でも、をしたりにしたような部分が見られる事もあるほか、作品などの者側にものが定着しているため後述の作品以外にもが出演する作品ではが関連しない場合でものをめられる事が少なくないらしい。 以下に、の・の一例を紹介。 の「」は、「の」+「池田秀一」から来た名前で、もが担当した。 の「雄」はではのをにしていただったが、池田秀一がを担当することになり、をにしたに変更された。 そのため、では数多くののをもじったを連発している。 「」では・役で出演しているが、彼が同士の会話にて喋るや使用する特殊技、彼がでする相手などにもやのと思われる要素がいろいろ見られる。 「」でも、としての役そのままでを担当した事がある。 他のとは違い、のも であった。 またにく、「飲んでいたときに同じ店で、で泣きながら話しているを見かけ、その会話が段々慢できなくなった結果を奪い取り『 はだが』と名乗って相手にを始めたことがある」というもあるらしい。 の向こうの相手がうらやましい。 (前略) あの時安さんの描かれたの設定を見た間、 はどうしてもこの役を演りたくなってしまいました。 はこのを話すときに、 「はから呼び止められたんだ」 と思っています。 (後略)• これほど熱狂的な支持をしてくれるの人たちに対して、はあくまでのを崩してはいけないと、作品とに対するを重く受け止めました。 (中略) の前で想笑いを浮かべながら、「です、」といってをするの姿を、の多くが望むでしょうか?• のには「」というが入っています。 もちろん、これは彼を生み出したも安さんも知らない番号です。 と共に年近い時間を過ごし、彼として振舞う事が許されただから知っている番号だからです。 いわば、がにだけ許してくれた「特権」と言っても良いでしょう。 出典:池田秀一・自伝「への がの」より 主な出演 声優業 アニメ• (カ・)• (、オ・、オムル・グ)• 機動(、、添乗員、隠密頑駄、など)• (ミ)• (堕卿、GI)• (アミーゴ)• (雄)• (可、)• C 3 --()• (ナガ)• (・プソン)• (ンダー・ラディック)• () ゲーム• The (見陽一)• (、バロッサ)• がんばれ元気(栄)• (()、、)• (ーシャ)• (・C・)• (ガン)• (、)• (ワミ)• (・)• まんが絵巻()• 再()• (カシュー王)• () 特撮• ( ルの)• (・リーの)• (七の・ルの) 吹き替え• リュー・チャーフィー ナレーション• 『密命 寒り』• セクド• 〜素らしきムダ知識〜(放送分)• 『』 その他• ションプ• (ヤ・シゲキ技官)• 木枯し紋次郎(第2)• (版)• (学)• 伝七捕物帳• 野菊の墓• (第8部)• がゆく 映画• あるの 禁断の果実• めぐりあい• 路傍の石 関連動画 関連生放送 関連商品 関連リンク• 関連項目•

次の

池田秀一

池田 秀一

シャアを演じた池田さんの半生が詰まってます。 私のようなファースト世代でも初回放送が幼稚園児だった年代ですと、正直本やサイトの池田さんの紹介文に『天才子役』という単語が出てきますが、世代が違うのでどう天才で売れっ子だったのか判らないままでした。 しかしこの本を手にしてやっとわかりました。 リアルタイムにTVを見ていたわけではありませんからピンとはきませんが、共演者の方やその幼い頃の池田さんの仕事振りを読み赤い彗星の片鱗が見えます。 ヒットした役からの脱皮に苦しみ、運命の出会いを果たすシャアと池田さん。 それを支える人と人の繋がりと友情、そして悲しい別れ。 いいです!この本!シャアに憧れ、池田さんが好きな人、ガンダムを愛する方は是非読んでいただきたいと思います。 ただの本ではありません!より深くシャアを知りより広く池田さんを認知する上で欠かせない本であると私は断言しましょう!近年のガンダム関係の本の中でも良書であります! 巷にはガンダムをより深く知るための本があふれていて、その乱造ぶりに古くからのファンは飽きがきていることと思います。 この本は違います。 無論、ガンダムファン向けには違いないのですが、池田秀一さん自らがその半生とともにシャア・アズナブルという男を物語っています。 「自伝」という大げさなものではないという謙虚な姿勢、語り口調で親しみやすい文章、シャアの姿を借りながらもその内に秘めたプロとしての思いがひしひしと伝わってきます。 ・TV版ガンダムのシャア役は、元々別の人が充てられていたこと ・録音の際は左が連邦、右がジオンに分かれていたこと ・Zでカミーユに殴られ涙を流すシャアに納得できなかったこと ・周囲の仲間たちや制作スタッフとの関係 などなど、エピソードは尽きません。 特にファースト世代には感慨深いものがあります。 随所には名セリフが解説とともに挿入されていて、読んでいて脳内によみがえります。 この本を読んだ後、映像作品をまた違った視点で楽しめます。 たくさんの人に読んでほしい本です。

次の