室 井佑 月 乳がん。 独立行政法人 国立病院機構 三重中央医療センター

室井佑月

室 井佑 月 乳がん

乳腺外科では、乳がん検診の他、乳腺の診断および標準的治療を行っております。 外来でのマンモグラフィー・超音波検査は可能な限り、外来受診日に検査を行い、検査結果もその日に説明できるようにしています。 乳がんの診断、治療については外来・入院を問わず、他職種の医療者が参加するブレストケアチームによるチーム医療を行っています。 乳がん手術は乳房切除手術、乳房温存手術、腋窩郭清、センチネルリンパ節生検などを行っており、早期乳がんの患者さまのうち、乳房再建のご希望がある場合は、形成外科との協力体制の下、乳房同時再建手術を行っています。 また2期的乳房再建手術は当院形成外科が行います。 乳がん手術の入院の場合、5日〜10日間と短期間ですが、乳がんは薬物治療(内分泌療法、化学療法、分子標的治療など)や放射線治療が有効なため、長期の外来通院が必要になります。 このため、新宿駅南口から徒歩5分という立地も当院乳腺外科の特徴の一つと考えられます。 第2・第4土曜日も外来診療を行っています。 当院で乳がん治療を受けておられる患者さま、あるいは治療を終了された患者さまのための「」を定期的に開催しています。 地域包括ケアを推進し、近隣病院やクリニックとの病診連携を行っております。 当科で可能な主要な検査・治療• 超音波検査、マンモグラフィ検査 、核医学検査、MRI検査、CT検査• インドシアニングリーン法を用いたセンチネルリンパ節生検• 細胞診、針生検• 外来化学療法• 検査結果をお持ちになられなかった場合は当院で再検査となる可能性がありますのでご了承ください。 他院で組織の検査を勧められ、受診を希望される方へ 紹介状、検査結果(検査結果が書かれた用紙、画像のフィルム、CD-ROM、プレパラートなど)をお持ちの方はご持参のうえ、外来棟1階 総合受付にご提出してください。 組織検査は毎週金曜日の午後、予約制で実施しております。 乳がん検診について 当院での乳がん検診は自費診療(税込)となります。 乳がん術後長期経過した場合、又は良性疾患の定期検査が必要でない場合は、保険診療から検診に代わります。 診察+マンモグラフィ 13,390円 診察+超音波検査 13,070円 診察+マンモグラフィ+超音波検査 17,790円 セカンドオピニオンを希望している方 当院では、「がん」について「他の専門医の意見を聞いてみたい」と考えている患者さまを対象に、専門医が相談に応じる「セカンドオピニオン外来」を開設しております。 受診の流れ 結果説明 画像診断(マンモグラフィ検査と超音波検査)の結果をご説明します。 今回の受診で異常なしと診断された方も是非、乳がん検診をご継続ください。 明らかに良性と診断できない場合は、医師から病理検査のご提案があります。 検査に際しましては同意書を用いて説明させていただきます。 お時間には余裕を持って受診して下さい。 お時間のない方はご相談ください。 病理検査について 医師の判断で、しこりがある場合は病理検査()を行います。 初診日に検査日の予約をお取りします。 結果説明 病理検査約10日後以降に医師より病理結果のご説明をさせていただきます。 乳腺にできる病気について 線維腺腫 10〜30歳代に好発する良性のしこりです。 葉状腫瘍 大きなしこりを形成するのが特徴です。 葉状腫瘍には悪性と境界病変(悪性と良性の中間)とがあります。 葉状腫瘍の場合は腫瘍を手術で完全に切除する必要があります。 乳腺症 古い臨床的な疾患概念で、病理学的な疾患名ではありません。 乳房の痛みや張り感、乳頭からの分泌物、のう胞(分泌物がたまった袋)ができるなど様々な症状があります。 現在では生理的な変化と考えられています。 乳がん 乳房の乳管組織(母乳を乳首まで運ぶ管)から発生する悪性の腫瘍です。 乳房の変化に気づかずに放置しているとがん細胞が増殖しリンパや血液の流れに乗って肺や肝臓、骨など乳房から離れた臓器にまで及びます。 患者さまそれぞれのがんのタイプを調べ、効果的な治療を組み立てていきます。 乳がんと診断されたら 乳がんの診断 画像診断(がんの場所、大きさ、転移の有無を調べる)• 転移の有無をで確認します• 乳房内でのがんの広がりをで確認します• 治療を始めるにあたって準備の検査を行います (血液検査・尿検査・胸部レントゲン検査・心電図・心エコー・呼吸機能検査 など) 病理検査・生検(がんの性質を調べる)• がんの詳しい特徴を確認します• するための組織検査を行います• さらに詳しくがんのタイプを確認するため、などのホルモンレセプターやタンパクの発現状況を検索します 2013年には人工乳房による乳房再建も保険適応となりました。 当院では形成外科と協同して患者さまのニーズに答えています。 遺伝性乳がん卵巣がん症候群のスクリーニング 遺伝性乳がん卵巣がん症候群(Hereditary Breast and Ovarian Cancer : 以下HBOC)とは先祖からの遺伝要因がはっきり分かっている乳がんや卵巣がんのことで、その一つにBRCA1 あるいは BRCA2 遺伝子の変異があります。 当科では乳がんと診断された患者様に対して、HBOCのリスクが高いかどうかを紙媒体のアンケートによるスクリーニング(かんたんチェック)をしています。 またBRCA遺伝子検査を希望する患者様には血液を採取します。 BRCA遺伝子変異がある方はHBOC認定施設( )でカウンセリングを受けて頂くことがあります。 HBOCについてはHBOCコンソーシアムの発行するパンフレット()をご覧ください。 当科の手術成績 当科の乳がん手術を含む治療後の生命予後についてステージ別に調査した結果です。 「無再発生存率」とは術後から観察期間内に再発せずに過ごされた患者様の割合を、「全生存率」とは術後から観察期間内に生存していた患者様の割合を%で示したものです。 34 100 97. 58 ステージ1 94. 8 92. 17 98. 7 96. 63 ステージ2A 82. 9 81. 62 92. 3 90. 93 ステージ2B 73. 7 80 ステージ3A 65. 4 58. 42 83. 1 72. 48 ステージ3B 63. 3 79. 3 ステージ4 - - 38. 4 42. 65 1当院で手術をした1,248症例の8年後予後解析結果 22004年次日本乳癌学会乳癌登録188,265 症例の5年後予後解析結果 当科活動 乳腺ヨガ・プログラム 乳がんの手術や化学療法後に慢性的な疲れ・しびれ・痛み・不眠などの症状が多く見られます。 抗がん剤の副作用のほか、治療後のホルモン環境の劇的な変化が原因の一つと考えられていますが、最近の研究では 運動療法がこうした症状緩和に効果があるだけでなく、乳がん再発の抑制にもつながるとされ、乳癌診療ガイドラインでも運動療法が推奨されています。 さらに運動療法に加えて ヨガ(呼吸法・瞑想・ストレッチ)による身体的自覚症状の改善が期待できると報告されています。 当科ではリハビリテーション介入を進め、JR東グループのフィットネスジムJEXER新宿店が隣接している利点を生かし、継続的な運動及びヨガ・プログラムを取り入れることで患者様のQOLの向上と治療への満足度を高めていきます。 乳がん術後の方だけでなく、乳腺症などでお悩みの方もご相談ください。 JEXER新宿店については以下をご覧ください。 ( ) ジャパンマンモグラフィサンデー:J. S J. Sプログラムは、子育て、介護、仕事など多忙な平日を過ごす女性のために認定法人J. POSH(日本乳がんピンクリボン運動)が全国の医療機関に呼びかけて 「10月第3日曜日」に全国どこでも乳がん検査をできる環境づくりへの取り組みです。 欧米と比較してまだまだ乳がん検診受診率の低い日本においては、休日を利用した乳がん検診や啓蒙活動が必要です。 私達もこの活動に賛同し、J. Sに毎年参加しています。 Sについては以下をご覧ください。 ( ).

次の

室 井佑 月 高橋 源一郎 出会い

室 井佑 月 乳がん

必要に応じて、大学病院・がん専門病院と連携して患者さまにとって最も良いと考えられる治療法を選択していきます。 治療方針は、患者さまのご希望を重視し、内科・放射線科・病理部・薬剤部・栄養課との定期的カンファレンスにおける総合的判断のもとに決定します。 なお、当地域唯一の救命救急センターが併設されていることも相俟って、外傷を含めた緊急手術が多い特色を有しています。 主な外科的疾患の診断と治療について• 症例数 手術症例数は年間約500例であり、うち約4分の1は緊急手術例です。 また、乳腺外来に関しては、朝日大学歯学部附属村上記念病院教授乳腺外来専門医・川口先生の指導のもとに診断、治療を行っています。 分野 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 消化管、腹部内蔵 292 291 283 228 271 乳腺 20 28 25 52 33 呼吸器 7 24 11 3 10 心臓・大血管 1 3 2 5 7 末梢血管 17 10 16 60 71 頭頸部・体表・内分泌外科 69 86 91 179 154 小児外科 8 27 21 39 31 外傷 14 15 15 3 5 治療方針 手術の基本方針として、手術時間短縮と出血量減少による手術侵襲負担の可及的軽減を図りつつ、症例ごとに根治性と機能温存の重みを十分に検討し、適正な手術術式選択を心掛けています。 近年、肺部分切除、胆嚢摘出、幽門側胃切除、結腸・直腸切除などを鏡視下手術で積極的に行っています。 当院を受診された方が「安全と安心と納得の医療」を「明るく楽しく心地よい環境」で受けていただけるよう日々の精進を重ねております。 治療成績 胃がん手術の621例における手術直接死亡率は0. 5%(3例)、5年生存率は61. 4%でした。 同期間の大腸がん手術の451例での手術直接死亡率は0. 3%でした。 国際医療救援を目指す若い医師たちへ 日本赤十字社では、国際赤十字と連携して多くの災害・紛争に対して医療救援を行っています。 全国の赤十字病院では、国際救援を目指すスタッフへの教育・研修会があります。 3年以上の実務経験、一定レベルの英会和力、コミュニケーション能力などがあれば研修会などを経て、派遣医として登録されます。 くわしくは、ERマガジンで紹介したを参考にしてください。 医師の紹介 副院長 兼 第一外科部長 兼 救命救急センター長 白子 隆志 しろこ たかし 専門分野 消化器外科一般、内視鏡外科、救急医学、外傷外科、災害医療 専門医・認定医 日本外科学会認定医・専門医・指導医 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医・専門医・指導医 日本救急医学会認定医・専門医・指導医・評議員 麻酔科標榜医 JATECインストラクター 日本災害医学会評議員 岐阜県非常勤災害医療コーディネーター 第二外科部長 足立 尊仁 あだち たかひと 専門分野 専門医・認定医 日本外科学会専門医・指導医 日本肝胆膵外科学会肝胆膵外科高度技能指導医 日本消化器外科学会専門医・指導医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 麻酔科標榜医 がん治療研究部長 井川 愛子 いかわ あいこ 専門分野 消化器外科一般 専門医・認定医 日本外科学会専門医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本乳癌学会認定医 マンモグラフィ読影認定医 麻酔科部長 佐野 文 さの ぶん 専門分野 専門医・認定医 日本外科学会専門医・指導医 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医・専門医・指導医 麻酔科標榜医 医師 洞口 岳 ほらぐち たけし 専門分野 専門医・認定医 医師 福嶋 恭啓 ふくしま やすのり 専門分野 専門医・認定医 医師 服部 公博 はっとり きみひろ 専門分野 専門医・認定医 医師 神品 壮史 こうじな そうし 専門分野 専門医・認定医.

次の

乳がんの放射線治療|東京女子医科大学 放射線腫瘍学講座

室 井佑 月 乳がん

ブレストセンターでは、質の髙いエビデンスをもとに、最も高率よく質の髙い医療を提供するべく作成された標準的医療ガイドラインに沿った治療をベースにしながら、患者さんの希望に沿った最善・最良の医療の提供を目指しています。 その目標に向けて、さまざまな部署と定期的にカンファレンスを行い、チーム体制で診療にあたっています。 また、総合病院という特色を生かし、併発疾患を抱えた患者さんの受け入れも積極的に行っています。 1.徹底した術前診断 放射線科や病理診断科と協力し、徹底した術前診断を行っています。 がんの性質をより詳細に把握するため、病変の確定診断は実際に組織を採取する、針生検やマンモトーム生検を用いて診断しています。 また、乳がんで手術が必要な場合は、ほぼ全例に乳房超音波検査、乳房MRIを行い、病変の広がりや対側病変の評価を行っています。 そのため、より正確に病変の範囲が同定でき、術式決定に貢献しています。 2.1人1人に合わせた最適な治療方針の決定 乳がん治療の大きな柱としては、外科治療・薬物治療・放射線治療の3つが挙げられます。 そのいずれかに偏ることなく、医学的根拠と術式診断の結果に基づき、患者さん1人ひとりの状態や価値観に合わせてそれらを適切に組み合わせながら最善の治療方針を決定します。 2)薬物治療 乳癌の薬物治療には内分泌療法・化学療法・分子標的薬治療があります。 抗がん剤治療や分子標的薬治療を行う場合は、必要に応じて抗癌剤の専門科である腫瘍内科とともに方針決定をし、外来点滴療法専門施設であるオンコロジーセンターにて抗がん剤治療を行います。 担当看護師が点滴毎に丁寧な問診を行い、医師と協働して診療にあたるほか、薬剤師による徹底した薬の管理や服薬指導も行っています。 3)放射線治療 術後温存乳房や再発・転移巣に対する放射線治療は放射線腫瘍科と連携しながら行っています。 乳房切除を行った場合にも、リンパ節転移個数によって再発予防のために胸壁やリンパ節に照射を行います。 放射線腫瘍科では患者さんができるだけリラックスして治療を受けられるよう医師、看護師、放射線技師が体調管理、スケジュール調整などを行います。 3.遺伝性乳癌に対する取り組み 乳がん全体の5~10%が遺伝性乳がんといわれています。 同じ家系の中で乳がんが多発している場合は、遺伝子の異常(変異)が発症に関与している疑いがあります。 遺伝性乳がんが疑われる方に対しては、遺伝診療部と協力して相談に応じ、そのリスクに応じた予防や治療方針をとっています。 また医療者や患者さんへの理解とその啓発にも日々努めています。 【遺伝診療部より】 「祖母も母も乳がん。 私もいつか絶対乳がんになる…」「私の家系には乳がんはいないから絶対乳がんにならないと思っていたのに…」「うちは乳がんの家系だからしょうがないのよね」 みなさんはこのようなご不安や心配をお持ちではありませんか? あるいは、心配を抱えたまま相談するところが見つからず、悶々と毎日を過ごしてはいませんか? ひとりしかいない大切なあなた。 そのあなたやあなたの家族を守るためには、お1人お1人に見合った検診や予防をしていくことが大切です。 そのためには、時間をかけてみなさんの不安や心配をお聞かせいただき、これからの人生をよりよく歩むために必要な戦略を立てていかなければなりません。 遺伝診療部ででは、乳腺外科の医師と看護師が週1回、遺伝性乳がんについてのカウンセリングを実施しています。 希望される患者さんについては遺伝子検査を行うことも可能です。 ご予約はお電話でも、ブレストセンターの医師や看護師を通じても可能です。 相談すること自体に勇気がいるという方もいらっしゃるかと思いますが、どうぞ私たちにご相談ください。 4.妊孕性温存への取り組み 女性の妊娠できる能力のことを「妊孕性(にんようせい)」といいます。 乳がんの薬物治療は女性の卵巣機能に影響を及ぼし、妊孕性を低下させる可能性があります。 将来的に妊娠・出産を希望する若年の乳がん患者さんにとっては深刻な問題です。 当センターでは女性総合診療部(産婦人科)と協力し、卵巣機能温存に関するカウンセリングや、希望者には受精卵凍結、卵子凍結などの妊孕性温存治療を行っています。 5.若年性乳癌患への取り組み 35歳以下で発症した乳がんの患者さんは、妊孕性の問題や、結婚、就労、育児などに関する多くの悩みを抱えています。 ブレストセンターでは妊孕性温存の取り組みだけでなく、「若年性乳がん体験者のためのサポートグループ Pink Ring」を開設して、若年性乳がん患者さんのサバイバーシップを支援しています。 8.子供をもつ患者さんへのケア 母親としての役目をしながら闘病を続ける患者さんにとって、子供にどのように病気の説明をしたらよいのか、手術の傷をどのように見せたらよいかなど、子供に関する悩みはつきないものです。 ブレストセンターではそのような悩みを抱いているお母さんとそのお子さんを、チャイルド・ライフ・スペシャリストがしっかりサポートします。 【チャイルド・ライフ・スペシャリストの取り組み】 チャイルド・ライフ・スペシャリストとは、米国の Child Life Council という学会が認定した専門資格で、医療環境における子供と家族を支援する活動を行う専門職です。 親が病気になるという環境が子どもに引き起こすストレスフルな影響を最小限に抑え、お子さんの成長や発達、家族間の関係を最良な状態に維持するために活動しています。 9.治験・臨床試験への取り組み 新薬を新たに製造販売するまでにはさまざまな試験が必要です。 最終的には、患者さんに薬剤を投与してその効果や副作用を評価する治験・臨床試験を行います。 当センターでは、治療法の工場のため治験・臨床試験にも積極的に参加していますが、実施に際しては主治医から十分な説明を行い、同意を得られた患者さんのみに協力していただいています。 10.米国M. アンダーソンがんセンターとの姉妹連携を生かした共同研究 ブレストセンターは米国最大のがんセンターであるM. アンダーソンがんセンターと2003年に姉妹提携を行い、炎症性乳がんや妊娠期乳がんに関する共同研究を行っています。 また、インターネットによるテレビカンファレンスを行い、活発な意見交換を行っています。 11.炎症性乳がんへの取り組み 乳房全体が赤く腫れあがる炎症性乳がんの病因や病態については、まだ不明な点が多いのが現状です。 当センターでは炎症性乳がんの世界的権威たちとともにその解明にあたっています。 また米国M. アンダーソンがんセンターと協力して、その研究や治療を行っています。 12.乳がんサバイバーシッププログラムの充実 サバイバーシップとは「がんになってもそれを乗り越え、がんを持ちながら生きる」という概念のことです。 乳がん患者さんは治療の副作用や、手術に伴う合併症への対処、ボディーイメージの変化、再発や病状の進行への不安、仕事への復帰などのさまざまな不安を抱えています。 当センターではこうした不安をすこしでも和らげるべく、複数のサバイバーシップ支援プログラムを実践しています。 13.積極的な学会参加・講演活動 当センターのチームメンバーは、国内外の学会に参加し、最新の情報収集に努めています。 また、学術論文等による研究成果発表や講演活動も積極的に行っています。 【診療実績】 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 総乳房手術 845 1047 1072 1150 乳がん手術 800 888 942 928 一期的乳房再建術 210 238 259 232 良性腫瘤切除術 45 71 54 59 35歳未満手術 49 41 54 48 <主な経歴> 聖路加国際病院 一般外科研修 Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School Lombardi Cancer Center, Georgetown University Medical Center University of Hawaii Surgical Critical Care University of Hawaii Moffitt Cancer Center <認定資格> 米国一般外科専門医(American Board of Surgery) 米国外科集中治療専門医(American Board of Surgical Critical Care) 米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology) 米国腫瘍外科学会(American Society of Surgical Oncology) 厚生労働省 臨床研修指導講習会修了 厚生労働省健康局長 医師緩和ケア研修会修了.

次の