安倍 gps 足。 <でたぁ>安倍総理、途上国のコロナ対策に1600億円規模の支援を表明!→日本国民には給付金どころか布マスク2枚も大多数の人々… 赤かぶ

安倍晋三の足にはGPSが取り付けられている!?日本の犯罪者たちもロックオン状態なのか!?そうであってほしい! | 地球人類の光と闇

安倍 gps 足

-先月下旬、安倍晋三は星野源の『うちで踊ろう』動画を勝手に使い、富ヶ谷私邸でソファーでゆったりくつろぎ、犬と遊んだり本を読んだりコーヒーを飲んだりしている動画を公開した。 どうせ今井尚哉や佐伯耕三などの茶坊主官邸官僚から、「自粛中の国民たちの心が和みますよ」などと知恵をつけられてのことだったのだろう。 だが安倍の意に反して、ネットでは「国民は仕事が出来なくなって生活に四苦八苦しているのに、いったい何様のつもりだ」などと非難が殺到した。 桜会大疑惑以来安倍は焼きが回っている上、コロナ対応の不手際で信用がた落ちである。 何をやっても負のスパイラル真逆さまなのだ。 と、今回は安倍晋三の不手際をこれ以上批判するものではない。 以下のツイートにもあるとおり、この時の安倍の様子におかしい点が見られるというのだ。 それは何か。 こんな画像からよく見つけたものだと思うが、安倍晋三の右足に犯罪者追跡用のGPS装置が装着されているのではないか、というのである。 なるほどよく見てみると靴下とズボンの下部あたりが少し膨らんでいるようだ。 足にGPS装置については、当ブログでも2、3年前、ヒラリーとマケインの足に装着されているのを画像つきで紹介した。 あのときの両人のGPS装置ははっきりそれと分かるものだった。 それに比べて、今回の安倍の場合は何とも私には判別できない。 でも安倍晋三は国際級の犯罪者である。 それはネットでも明らかになっている。 カナダのトルドー首相もカバール犯罪者で、GPS装置をつけられている画像が出回っている。 安倍も、国内のモリカケや桜会などとは別な国際的犯罪を犯していても不思議ではないのだ。 各国首脳級でGPS装置をつけられている者はその状況が分かる動画を公開する義務があるという。 うすつまらない自邸内動画はその目的のものだったのたろうか。 ともかく。 無能の上に国際級の犯罪者。 こんな者をいつまでも総理大臣の座に就かせていてはならない。

次の

安倍首相も逮捕者リスト(133番目?!)

安倍 gps 足

本当は、 安倍さんは、ガチで自分が逮捕される近未来を予測している。 そして、その事態を心底から恐れている。 だからこそ、なりふりかまわず、国会答弁を踏みにじる勢いで当該の人事を貫徹しにかかっているわけだ。 ところで、安倍さんが恐れている逮捕事案(検事総長の首を無理矢理にすげ替えてまで隠蔽しようとしているできごと)とは、いったい何だろう? この腐った人事の向こう側には、どんな犯罪が隠れているのだろう。 トンデモ人事の裏のウラ。 By 小田嶋隆 2020年5月3日 去る10月7日トランプ大統領はホワイトハウスで行われた日米貿易協定の署名式典での挨拶のなかで「とても良い友人」と呼び「ハッピーバースデー!彼は今日で39歳になった」と半月遅れの誕生日を祝った。 1954年9月21日生まれの安倍晋三首相は現在65歳なので、トランプ大統領の発言の意図が不可解で話題を呼んだ。 しかし、この言葉は、安倍晋三首相を超恐怖に陥れている。 「39歳」はバーコードの規格である「Code39」を意味し、バーコードは「檻の中」、つまり「逮捕」を意味しているからである。 そのことを知った安倍晋三首相は、米国のある超大物人物に泣きついたのだが。 mixiユーザー 2020年05月21日 08:28 オバマゲートのスキャンダルは、待望の大量逮捕につながると予想されています。 地球同盟には、ディープステート・カバルを一挙に倒すために必要な証拠がすでにあります。 mixiユーザー 2020年05月21日 08:38 『DEEP STATE -ディープステート-とは?』まとめ• mixiユーザー 2020年05月21日 08:39 「超過死亡」を検証すると、東京の3月の新型コロナウイルスによる死亡数は「発表の10倍以上」になる 〜日本全体に当てはめると8000人以上の「超過死亡」 / 日本がどのように「医療崩壊」を防いだのか• mixiユーザー 2020年05月21日 08:40 米ニューヨークの医療機関で治療を受けた新型コロナ患者の36. 6%が、急性腎不全または腎障害を発症し、そのうち14%が透析を必要とした 〜全身の血管を攻撃し、あらゆる臓器がダメージを受ける• mixiユーザー 2020年05月21日 08:43 このコロナウイルスの発生以来、私たちは恐ろしいメッセージから一種のショックを受け続けてきました。 私たちの政府は、私たちがあなたを守らなければ、何百万人も死ぬほどひどく危険な新しいウイルスがあると言っています!「専門家がいるので、あなたにとって何が良いかをよく知っています。 」自分で決断することはできません。 あなたはそのために愚かです。 「私たちはあなたを隔離し、あなたの権利を奪い、銃口をつけることであなたを沈黙させなければなりません。 しかし、私たちはあなたの保護のためにこれを実際に行います。 」「私たちは毎日、最も恐ろしい報告を通じてあなたをとても怖がらせています。 あなたが大丈夫かどうかを自問することすらしません。 」 当局のスローガンは次のとおりです。 私たちが予防接種を受けたときのみ、「正常」に戻ることができます。 言い換えれば、ワクチン接種だけが基本的な権利を私たちに戻すことができます。 今週、フォンデンレイエン夫人(EU)は、そのようなワクチンの開発と配布のために世界中で74億ユーロを集めました。 また、ドイツはE525,000を支払いました。 通常、そのようなワクチン接種の開発には何年もかかります。 これは、セキュリティ調査を行う必要があるためです。 コロナファミリーのこの新しいウイルスは、6か月前に発見されましたが、「MRNA」を使った実験はすでに人間で試みられています。 これは私たちの細胞に注入される未知の遺伝物質です。 あなたはこれについて不吉な感情を得るために医者である必要はありません。 私は予防接種を受けません、私は私の子供たちに予防接種を受けさせません、そしてまた、これをしないように私の患者に助言します! 憲法第2項では、次のことを明記していません。 それは非常に大きな違いです。 だから健康への権利はありません! 病気になることは私たちの人間の生活の一部ですが、疑わしいワクチンを使ったとしても、だれも私たちに身体的な危害を加えるべきではありません。 私たちがこれを支払うのです。 ロックダウンの科学的および社会的影響はすでに支払っています。 私たちの税金はこれに費やされます。 そしてワクチンは私たちの税金で賄われなければなりません!すでにE 5億2500万ドイツの税金とこれはほんの始まりにすぎません。 これを実行するかどうか尋ねられますか?ロックダウンの料金を支払うかどうか尋ねられますか?番号! このすべてのお金、私たちが支払った税金は、それを他のものに費やしてもらいたいのです。 子供たちのための良い教育のため、環境のための新しい技術の開発のため、私たちの「バイタル」な専門家の従業員のためのまともな賃金のため。 戦争から逃れた人々の移民のために。 スポーツ、カルチャーなどに…このリストは無限大です。 要するに、人々を健康にし、維持するもののために。 しかし、これではお金を稼ぐことはできません。 私たちは危機に瀕しています。 この危機から抜け出す方法は何ですか? 恐怖に対する勝利はこの危機からの脱却です。 mixiユーザー 2020年05月21日 08:43 自分自身で考え、創造的であり、自分自身の健康と私たちの世界の健康に取り組む自分自身の責任を負うことができる人々。 ポジティブで、友達がいて、人生を楽しんでいる人は病気になりにくい。 そして、もし彼らが病気になったとしても、結局は死と一体となります。 この世界での生活はいつまでも終わり、平和であると知ること。 あなたはこの種の人々を怖がらせることはできません。 あなたにはこれらの人々に対する力がありません。 この遺体は借りただけで、いつか返さなければなりません。 しかし、私がこの身体に住んでいる限り、私が感じ、考え、行動する限り、それは私の身体になります!私はその責任を負い、他の誰も責任を負いません。 私が正しいと思う方法で扱う私の体。 昔の常識に戻りたくない。 私は新しいより良い通常を望みます。 自己責任を持つ自由で自己決定的な人々と。 私たちの多くは同じ願いとともにここにいると思います。 これは私に希望を与えてくれ、ありがとう。 2020年• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 01月• 02月• 03月• 04月• 05月• 06月• 07月• 08月• 09月• 10月•

次の

安倍首相も逮捕者リスト(133番目?!)

安倍 gps 足

安倍首相ら関係者が集まりカウントダウン 準天頂衛星「みちびき」による測位システムの本格運用がいよいよ今月から始まりました。 以前、小欄でもお伝えしましたが、測位というのは自分のいる位置を衛星などからの信号を使って割り出すこと。 準天頂衛星とは「天頂」に準ずる…「ほぼ天頂…日本の真上に近い」ところに見える衛星のことを言います。 日本の上空を通る軌道の衛星を複数打ち上げることによって、衛星が常に日本のほぼ真上にいるようにするわけです。 2010年9月、1号機が打ち上げられて以来、昨年までに4機体制(うち3号機は静止衛星)となって24時間の測位が可能になりました。 そして、今月からは常時、衛星から電波信号が出され、様々な活用が可能になったわけです。 放送局で言えば「開局」にあたります。 ゴルフ場に関するこんな画面も出てくる 防災分野での活用も見逃せません。 衛星を活用した防災情報の発信も、近い将来の実現に向けて開発中です。 緊急地震速報や津波、洪水といった防災気象情報を携帯端末で受信できるようになって久しいですが、これも近くに基地局があって初めてできること。 西日本豪雨などの大災害では基地局が壊滅したことで、情報発信にも影響が出たと言われています。 その意味でまさに「命を守る活用法」と言えます。 広い意味での安全保障にもつながります。 街の景色が変わるのではないか…そんな期待がかかるのが無人航空機=ドローンへの活用かもしれません。 ドローンに「みちびき」の受信機を搭載することで、上空を飛ぶドローンが安全に走行できるようにします。 「ドローン・ハイウェイ構想」と名付けられた取り組みもあるぐらいです。 「陸海空」(陸=自動車や鉄道、海=船舶、空=飛行機)に分類される交通網ですが、陸と空の間に新たなネットワークが確立されるかもしれません。 実現すれば超高層ビルへの荷物の配送、過疎地や離島への効率的な配達なども可能になり、陸の自動運転とともに、物流革命にもつながって行くでしょう。 もちろん流通業界における人手不足の解消、働き方改革にも寄与していくことは間違いありません。 みちびき対応のチップ まさに受信機の「頭脳」だ 今後は量産による低コスト化、そのためには多くの人が活用する必要があります。 平井卓也宇宙政策担当大臣も受信機については「コストを下げていかなければならない」と語っています。 そして、小型化、軽量化、薄型化…こちらは日本の「お家芸」と言ってもいい分野。 国際競争においての大きな武器になるでしょう。 一方、前述のような新たな物流を構築するには、緻密な管制システムが必要になりますし、もちろんそれらを可能にするためには規制緩和も欠かせません。 このあたりのハードルは高そうです。 しかし、何はともあれ、日本にとっては自前の測位システム(「日本版GPS」と呼ばれる所以です)を持てたことは計り知れないメリットだと思います。 GPS頼みの現状では、今すぐどうこうということはないものの、アメリカの都合でサービスの事情が変わる可能性はゼロとは言えません。 日本は2023年度にみちびきを7機体制にし、GPSに頼らないシステムの確立を目指します。 まさに「21世紀の社会インフラ」…大きな1歩を踏み出したと言えます。 (了).

次の