コロナ 倒産。 本当の「コロナ倒産」はこれから増加、帝国データバンクが語る実態

コロナで半分がなくなる?飲食店「倒産ドミノ」

コロナ 倒産

ハローワークには雇用調整助成金の申請で多くの企業担当者が訪れている 新型コロナウイルス感染拡大を受け、北海道が全国で初めて外出や営業自粛を求めた「緊急事態宣言」を発出してもうすぐ4カ月がたつ。 調査会社の帝国データバンクによると、新型コロナの影響を受けた全国の倒産件数は6月24日午後4時時点で281件に上ることが分かった。 4月からは政府による緊急事態宣言の発令で営業自粛や外出自粛を求める動きは全国に拡大。 個人消費は一気に干上がり、売り上げが激減した飲食業や宿泊業などで倒産が目立った。 新型コロナ関連による業績不振で解雇や雇い止めにあった労働者も多く、厚生労働省の集計(6月19日時点)によると、2万6552人に及んだ。 6月19日に都道府県をまたぐ移動自粛が緩和され、全国各地で徐々に人の往来が再開しているものの、感染の「第2波」を警戒する見方は根強い。 コロナ禍が社会経済活動にもたらした爪痕は深い。 帝国データバンクは、新型コロナが倒産の原因と経営者や代理人である弁護士が認めたケースについて新型コロナの影響を受けた倒産として集計。 件数は2月末から約4カ月間で281件を数えた。 倒産が多い飲食業、宿泊業 都道府県別では東京が67件と最も多く、次いで大阪の26件、北海道と静岡が各18件、兵庫の14件の順に多かった。 業種別では、レストラン・居酒屋・喫茶店など「飲食店」が44件と最多で、「ホテル・旅館」の41件、アパレル・雑貨などが20件と続き、一般の消費者を相手に対面で営業する業種で倒産が多くなっている。 負債総額(調査中を除く274件の合計)は1653億6500万円。 50億円以上の大型倒産は8件と全体の2. 9%にとどまる一方、5億円未満の小規模の倒産が212件あり、全体の77. 4%を占めた。 都内でステーキ店を営む店主は「店では今回初めて持ち帰りの弁当を販売するテークアウトも始めて、何とかやりくりしている」とため息をつく。 新型コロナによる解雇者は東京が最多 一方、厚生労働省は「新型コロナウイルス感染症に起因する雇用への影響」として、新型コロナ関連の解雇・雇い止めにあった労働者数(見込み含む)を集計しており、6月23日に発表した数値では、2月からの累計で2万6552人になった。 業種別では宿泊業が5508人と最も多く、次いで飲食業の3991人、製造業で3684人などとなった。 都道府県別では東京が最多の4510人、大阪3195人、北海道1332人、兵庫959人、福岡904人の順で多かった。 新型コロナ禍による経済停滞を、かつての金融危機のリーマン・ショックと比較する見方も取り沙汰されている。 帝国データバンクの調査では、2008年のリーマン・ショック後3カ月間(10~12月)の全国の倒産は3388件に対し、今回のコロナ禍が顕在化した3~5月の3カ月間の倒産は1790件。 単純比較はできないものの、半数程度にとどまっている。 ただ「経済危機に端を発したリーマン・ショックと異なり、今回は感染症による大幅な外出自粛を伴っている。 (倒産手続きに関わる)弁護士事務所や裁判所の業務がコロナ禍で遅れるといった要因もあり、倒産件数に反映されていない可能性がある」(東京支社情報部)との指摘もある。 (白山雅弘).

次の

レナウンショック、アパレル倒産連鎖の足音

コロナ 倒産

しかしながらレナウンが経営に行き詰まった最大の原因は、親会社の関係会社への売掛金が未回収になったことです。 原因は、親会社グループへの売掛金の未回収 レナウンの親会社は中国企業の山東如意科技集団(山東如意)。 山東如意は、中国のLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)と言われるほど、近年積極的にアパレルブランド等を買収し、規模を拡大しています。 山東如意がレナウンに資本参加したのは2013年のこと。 まず2013年7月に山東如意に対して1株120円で約40億円の第三者割当増資を行っています。 これにより山東如意はレナウン株41. 18%を保有することとなりました。 その後、山東如意の親会社である済寧如意投資(済寧如意)に対して、1株144円で約29億円の第三者割当増資を行っています。 これにより済寧如意と山東如意を合計(投資額約69億円)すると、レナウンの議決権の53. 32%のシェアを持つことになりました。 この時点で山東如意のグループ会社になったわけです。 一方、親会社グループへの売掛金の未回収の件ですが、山東如意の子会社である恒成国際発展有限公司(恒成国際発展)に対しての売掛金53億円が回収できない状態になっており、2019年12月期の決算では貸倒引当金53億円を計上しています(恒成国際発展はレナウンにとって兄弟会社ということになります)。 この売掛金の内容ですが、恒成国際発展に対してレナウンが原材料を販売して、代金が回収できない状態になっていると説明されています。 元々はレナウンが恒成国際発展から原材料を仕入れ、外部の第三者へ売却していたが、取引形態を見直し、外部からレナウンが原材料を仕入れ、恒成国際発展へ販売する取引に変更したと説明されています。 これはかなり不可解な取引であるし、なぜそんなことをする必要があるのかという点において合理性がありません。 またこの取引については、恒成国際発展の親会社である山東如意が連帯して保証していると言われているが、保証は履行されていないようです。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

旅館“コロナ倒産”続出…東京五輪当て込んだホテルが開業ラッシュ、一時閉鎖も取り沙汰

コロナ 倒産

しかしながらレナウンが経営に行き詰まった最大の原因は、親会社の関係会社への売掛金が未回収になったことです。 原因は、親会社グループへの売掛金の未回収 レナウンの親会社は中国企業の山東如意科技集団(山東如意)。 山東如意は、中国のLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)と言われるほど、近年積極的にアパレルブランド等を買収し、規模を拡大しています。 山東如意がレナウンに資本参加したのは2013年のこと。 まず2013年7月に山東如意に対して1株120円で約40億円の第三者割当増資を行っています。 これにより山東如意はレナウン株41. 18%を保有することとなりました。 その後、山東如意の親会社である済寧如意投資(済寧如意)に対して、1株144円で約29億円の第三者割当増資を行っています。 これにより済寧如意と山東如意を合計(投資額約69億円)すると、レナウンの議決権の53. 32%のシェアを持つことになりました。 この時点で山東如意のグループ会社になったわけです。 一方、親会社グループへの売掛金の未回収の件ですが、山東如意の子会社である恒成国際発展有限公司(恒成国際発展)に対しての売掛金53億円が回収できない状態になっており、2019年12月期の決算では貸倒引当金53億円を計上しています(恒成国際発展はレナウンにとって兄弟会社ということになります)。 この売掛金の内容ですが、恒成国際発展に対してレナウンが原材料を販売して、代金が回収できない状態になっていると説明されています。 元々はレナウンが恒成国際発展から原材料を仕入れ、外部の第三者へ売却していたが、取引形態を見直し、外部からレナウンが原材料を仕入れ、恒成国際発展へ販売する取引に変更したと説明されています。 これはかなり不可解な取引であるし、なぜそんなことをする必要があるのかという点において合理性がありません。 またこの取引については、恒成国際発展の親会社である山東如意が連帯して保証していると言われているが、保証は履行されていないようです。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の