オープン リレーション シップ。 それって浮気を容認?!オープンリレーションシップという恋愛スタイル

ノート:オープン・リレーションシップ

オープン リレーション シップ

翻訳をはじめました [ ] 「」の審議結果を受けて、新たに英語版記事からの訳出をはじめました。 ただし、このところ現実世界で忙しいので、少しずつの作業になります。 他の方が代わって訳出を進めていただくことも歓迎します。 なお、英語版の記述は、翻訳に際してかなり言葉を補わないと日本語として分かりにくいものとなっていますので、いったん訳した上で、独自に言葉を補うという作業を繰り返すことになりそうです。 さしあたり、日本語で「開かれた関係」と訳す場合が多いことは、検索をすれば、や様々な個人ページ(、)にヒットがあることからも明らかなのですが、信頼できる典拠となりそうなものがなく、現状では典拠のない記述となっています。 適切な文献をご存知の方は補強をお願いいたします。 --() 2013年6月26日 水 00:24 UTC 翻訳を中止し、これで訳出とすることにしました [ ] 英語版からの翻訳を勧めていましたが、英語版の「Reasons for entering an open relationship」以下の節は訳出しないこととしました。 ある程度、翻訳を進めてみたのですが、「Reasons for entering an open relationship」「Reasons for avoiding an open relationship」「Successful open relationships」の節は内容がかなり偏った見方と考えられ、「Swinging」と「Polyamory」については独立した英語版記事があり(後者は日本語版にもある)、訳出するまでもないと判断しました。 もちろん、この判断は、他の方がこれらの節を訳出されることを妨げるものではありません。 --() 2013年7月8日 月 12:22 UTC.

次の

運用 実例で学ぶSBS 2003ネットワーク構築と運用 第2回 SBS 2003のメール設定 3.メールのオープン・リレー対策(1)

オープン リレーション シップ

日本ではあまり馴染みのない文化に、「オープンリレーションシップ」という文化が欧米にはあります。 「オープンリレーションシップ」とは、恋愛関係にある異性同士が、お互いの「浮気」や「二股」を認めて、同時期に複数の異性と交際することです。 恒久的な婚姻関係まで話が延長した場合は、「オープンマリッジ」とも呼ばれます。 この文化の起源は諸説ありますが、日本も含めて多くの国では、一夫一妻制度を採り入れておりますが、一部のイスラム教圏の国々では今でも一夫多妻制度を採用しているところもあり、このような男尊女卑の社会を根底から覆そうという男女平等の考えから、女性が主導でこの文化が始まったそうです。 いわゆる「多夫多妻制度」ですね。 日本人が初めてこの文化と接する時に、大概は「すごくカオスな関係なのかな」と思われる方が多いと思います。 しかし、この関係を認め合っているカップルは、そのカップル間でとても厳格にルールを決めていることが多いです。 例えば、「キスはよいけど、その先はダメ」などです。 また、若い世代では、特定の異性に束縛されたくないという考えが強く、「この人と恋愛関係まで発展しそうだな」と思った場合に、事前に相手に了承を求めるケースも非常に多いです。 私の友人にも、このような関係を継続している方々が何人かおりますが、彼ら全員が必ずそのルールの中に「チャイルドフリー」というものを入れております。 それは、「子供は絶対に作らない」というルールです。 これは、彼らの間では暗黙の了解になっているところでもありますが、子供が出来てしまうとその子供の将来のことも考えなくてはならなくなり、人生設計を根底から変更しなければならなくなるので、このルールを盛り込んでいる様です。 オープンリレーションシップは欧米でも少数派 欧米でもこの文化は一般的かと聞かれると、ちょっと疑問符が飛んでしまいます。 やはりLGBT(ゲイ・レズ・ニューハーフ・バイセクシャル)と同様でマイノリティーの恋愛関係ですので、社会的に市民権を得ているほどのものではありません。 そのような特殊な恋愛関係を子持ちのままで行っていくことは、やはり厳しいのだと思います。 また、このような恋愛関係を欲する方々は、昔のトラウマが影響していることもあります。 例えば、「昔、異性にすごく惨い裏切られ方をした経験を持っている」などです。 このようなトラウマは、一生消えない心の傷となってしまいますので、普通の恋愛関係が築けないという状態の方々も多くおります。 もし、みなさんがこのような関係を欲する方と接する機会があるならば、色眼鏡で相手を見るのではなく、「このような文化もあるのだなぁ」という新鮮な感じで接して頂きたいと思います。 外国人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら.

次の

それって浮気を容認?!オープンリレーションシップという恋愛スタイル

オープン リレーション シップ

Blue, Violet. in the , May 29, 2008. Gates, J. 2002. Survivors of an Open Marriage. KiwE Publishing, Ltd. Rubin A. 1982. Sexually open versus sexually exclusive marriage: A comparison of dyadic adjustment. Alternative Lifestyles, 5, 101-108. Rubin A. 1986. Outcomes of sexually open marriages. Journal of Sex Research, 22, 311-319. Matik, Wendy-O. Redefining Our Relationships: Guidelines For Responsible Open Relationships. Defiant Times Press, 2002. 関連項目• :日本語版では「」に相当するとされるが、内容はかなり違いがある。 :日本語版では「」に相当するとされるが、内容はかなり違いがある。

次の