ドゥーム エターナル 攻略。 DOOM Eternal(ドゥームエターナル) 攻略まとめ

DOOM Eternalとは (ドゥームエターナルとは) [単語記事]

ドゥーム エターナル 攻略

DOOM Eternalとは、 の「」の最新作である。 概要 「」はを代表するで、にこれまでののリブート作品として『』が発売され、数々の賞にいた。 最新作『DOOM Eternal』は、に北で開催された「 8 」で発表された。 対応プムは、と、および(前作に引き続き Buonがを担当)。 とが究極のを果たし、更なるを遂げた怒涛のを実現している。 しかし、部下である・がの住人との取引により、の研究施設を丸ごとへと変貌させ、デーモンたちを解き放ってしまう。 そんな中ヘイデンの探によって発見された石から が覚める。 彼の活躍によって・の殺に成功するものの、由来のであるアートですらの対であることを見抜いたデンによって、はへと送り返されることとになった。 ~ 6 より 基地でのから2年… アートとは即ち、を苦しめて得られる魂のであり、デーモンたちはを丸ごとアートの餌として『摂取』せんと侵攻していた。 人類はデーモンたちに抗戦していたが、最前のともいうべき劣勢に立たされていた。 その間、はで拠点となるを発見、へとウトし、舞い戻る。 の尽きぬ 心は今再び燃え上がる。 の機動は高い。 ストは論、二段や中を駆使して常に動き回り、敵の狙いを外し、敵に狙いを付けられる立ち回りをすべし。 を使いこなせ! 敵の倒し方によってがする。 になって点滅した敵を格闘で粉砕する『』で体回復、弾切れor燃料の数だけ使える『』で補充、中の敵を攻撃することでアーマー(ス軽減)が手に入る。 うまく使い分けて、敵をボックス扱いにしていくべし。 敵は大のをさせるまで限に沸く。 には実弾が、デツには大火器が有効だ。 中盤以降はによるの息継ぎが必要になる戦となるが、大を重点的に狙えば速に切り抜けられる。 ペナル・取返しの付かない要素は少ない。 本作ではなんと、が存在し、それを消費してその場復活することができる。 各所に隠されたそれらでを強化するもよし、腕に覚えがあれば探索はそこそこに殺戮を楽しんでもいいだろう。 たっぷりデーモンを終わったら、特典のでを集めなおしたり、で強化してから楽しみなおしてもいいだろう。 関連動画 関連項目•

次の

【モンスト】ドゥーム【超絶】攻略と適正キャラランキング

ドゥーム エターナル 攻略

スレイヤーゲート スレイヤーゲートは特定のミッションに存在する高難度エンカウンターです。 クリアすると武器ポイントが3と「天球の鍵」というアイテムを入手でき、6つあるスレイヤーゲートを全てクリアして「天球の鍵」を6個集める事でドゥームの要塞にある武器「アンメイカー」を入手する事ができます。 2 3 5 6 7 9 スレイヤーゲート自体は目立つので見逃さないと思いますが、スレイヤーゲートのあるエリアの扉を開く「スレイヤーの鍵」を入手するには少し頭を使う場面があります。 スレイヤーの鍵の場所は本編の攻略記事に記載しているので、取り逃してしまったという方は上記の記事リンクを参考にミッションリプレイで挑戦してみてください。 天球の鍵の使用場所 天球の鍵はドゥームの要塞の後方にある武器の入ったポッドを開けるために必要なアイテムです。 6つ全て揃っていないと開ける事ができないため、早くてもミッション9をクリアした後になります。 スレイヤーゲートを全てクリアして天球の鍵を6つ入手後にポッドにアクセスすると「アンメイカー」を入手する事が可能です。 アンメイカーを入手すると トロフィー「アンメイカーの下へ行け」を獲得できます。 アンメイカーは「BFG-9000」と同じ弾薬を使用する最強武器の1つで、広範囲に連射攻撃を行える武器です。 (武器の切り替えは十字キーの上) また、連射系の武器なので弾薬は「BFG-9000」の1発分でアンメイカーは30発分となっています。 関連記事 以上で『DOOM Eternal』のアンメイカーについてを終わります。

次の

【メギド72】『魔眼賽ドゥーム』討伐クエストの攻略方法とおすすめ編成

ドゥーム エターナル 攻略

前作『DOOM』のストーリーはどんな感じ?そもそも「あってないようなもの?」 DOOMのルール・ゲームシステム・ストーリーはこの画像一枚で説明できてしまう — てくも kumiromilk さて、続編が出るということで、前作である『DOOM』のストーリーを追っていこうと思ったのですが、いろいろ見てみると、 とにかく多いのが 「ストーリーはあってないようなもの」「爽快感のあるFPSが目的だからストーリーはあくまでオマケ」というみなさんのコメント。 「DOOMはいいぞ。 ストーリーは割りとどうでもよくて脳筋になって悪魔を殴る。 撃つより殴りたい。 そんなFPS。 」 「いやDOOMマジ面白いわ。 ひたすらスカッとする。 難しいストーリーとか操作技術なしでグロテスクなクリーチャーどもを蹴散らすのは最高だ」 「知能無用の脳筋肉FPS。 SFホラーなストーリーも用意されているがもちろんお前には一切関係がない。 上司を殴りそうになった夜にワンプレイ推奨。 」 このゲームが「最高!」と親指を高くつき上げている人も、 「ストーリーはいいっしょ」「ひたすら脳筋プレイっしょ」「スカッとするだけっしょ」 と、あんまりストーリーを重視している人は多くありませんでした・・・。 ゲーム内でもストーリーは用意されていて、背景やバックグランドがしっかりとあるにはあるのですが、 結局やることは「デーモンを大量に殺戮する」ということであり、非常にシンプルなので、あまり意識されないのかも知れません。 それに、今まで何作も発売されてきた『DOOM』のシリーズが、基本的にほとんど「リメイク」だったり「リブート」だったりするのも、ストーリー軽視の原因になっているのかも知れません。 作りて側だって「ストーリーとか一緒でいいから、アクションやりましょうぜアクション」という姿勢だったのではないでしょうか? ただ、今度はしっかりと「続編」らしいですし、舞台も火星から「地球」だったりするみたいなので、ちょっと気になってきますよね。 前作『DOOM』のストーリーはどんな感じ?簡単に説明すると? DOOMはいいぞ ストーリーは割りとどうでもよくて脳筋になって悪魔を殴る。 撃つより殴りたい。 そんなFPS。 ストレス社会に生きる洋ゲーマーのための癒しゲーと言えなくもない。 調べてみたのですが、結構詳しく掲載されているサイトがありました。 それこそ「軽視されているけど、しっかりした背景や物語があるんだよ」と解説してくれている稀有なサイトです。 素晴らしいです。 DOOM4 ストーリー類推ー空前の灯火 このサイトで、非常に細かく、いろいろな背景が語られているのですが、 正直、結構複雑なので、ゲームをプレイしている人以外は非常にわかりづらいです。 もうちょっとわかりやすいサイトはないかと思って見てみると、ちょっとわかりやすくまとめてくれていたサイトがあったので、そちらの文章を引用させていただくと・・・。 人類のエネルギー問題を解決すべく、火星に建造された先進技術研究所ではデーモンたちが住まう「地獄」のエネルギーを取り出して利用する方法が実用化されていたものの、何らかの事故によりその地獄と人間の世界の境界線が著しく曖昧になり、研究施設にいた人間たちは死亡するかデーモンとなってしまったさなか、封印されていた一人の男が封印の鎖を引きちぎり暴れ始めます。 この主人公がDOOMシリーズの主人公である通称DOOM GUY。 名前も一切出ませんし、声なども一切ありません。 この研究施設の責任者であるサミュエル・ハイデン博士(右のサイボーグ)の指示に導かれるままエリアを突破していき、最終的にはこの地獄と人間界のポータルを閉じるのが主な筋書き。 複雑なクエスト要素などはなく、マップ内の探索要素はあるもののシナリオは完全に一本です。 blog. fc2. html これがあらすじですね。 ここまでシンプルだと、ゲームをプレイしていない人でもわかりやすいですね。 要するに、舞台は火星、そこで地獄のエネルギーを取り出す技術が開発されて、それは地球に大変メリットを与えてくれていたみたいなんですが、 ある日事故によって、地獄と火星がつながってしまい、火星にデーモンがわんさか登場。 それを、火星に封印されていた一人の男が目覚め(主人公)デーものたちをなぎ倒していくというお話なんですね。 このストーリーを、もっと短く端的に表現してくれている人たちもいますが。 「DOOMのストーリー。 地獄から盗電したら悪魔ブチ切れ。 筋肉で全てを解決するアーマーおじさんが、怒鳴り込んできたデーモンたちをハンバーグにしていく。 おわり。 」 「DOOMのストーリーおさらい: 火星の衛星間でテレポーターの実験してたら偶然地獄に繋がって化け物が出てきたのでそれらをぶち殺して地球に帰ります。 」 こんな感じですね。 えらいシンプルですがw 正直、ストーリーを考察してくれた人からしたら「そんなに単純じゃない!」と叫びたくなるかも知れませんが、大筋間違っていないので、次作『DOOMエターナル』をプレイするには、これで十分なような気もしますね・・。 新作『DOOMエターナル』のストーリーはどんな感じ? DOOM エターナル、DOOMのストーリー的続編だとしたら博士に謎転送 もしくは再封印? された後の話になるだろうけど所持してた武器達はどうなってるんだろ。 謎転送の衝撃でどっかに行っちゃったとかになるのかな。 — シェア・ディフェクト overthedefect さてさて、『DOOM』のストーリーは大体わかったものの、 次回作の『DOOMエターナル』ではどんなふうになるんでしょうか? こんな記事が上がっていました。 2016年の『DOOM』に続く本作で、 ドゥームスレイヤーは地球上の地獄でデーモンと戦うことになる。 だがプレイヤーが訪れるロケーションは地球だけではない。 基調講演の中では、 火星の衛星であるフォボスのゲームプレイ映像(下の動画)も公開された。 ign. となると、地球と地獄が「つながって」しまうという、恐ろしい事態になってしまうのでしょうか・・。 今までは閉鎖された『火星』が舞台だったからいいようなものの、今度の舞台が『地球』となってくると、恐ろしさが何倍も増しますね。 ゲームに登場したような「デーモン」が多数地球に出現するとなると、夜とか寝られませんね。 今回続編ということになる『DOOMエターナル』なので、さらにストーリーに関しては注目されるようになりそうですが、 かといって「前作をプレイしていないと、ゲームを全然楽しめないのか」となると、そういうことではなさそうですね。 『DOOM』の基本的な設定を読んで見ても、どうやら主人公自体が「デーモン殺すの大好き!」とい雰囲気の存在みたいなので、ストーリーの背景や登場人物のことを知ったとしても、やっぱりやることは「デーモンを殺す」ということで変わらないので、それほど気にしなくてもよさそうですね。 ということで一安心です。 上で紹介したブログでは、非常に細かく解説されているので、ゲームをプレイしたことがある人は「ああ、そういうことなのね」と納得できると思うのでお勧めです。 ただ、ゲームをプレイしていないと、何がなんやら全然わからないので、とりあえずプレイしてみるのが一番近道だと思いました。 STEAMだと2246円で購入可能でした。

次の