プレ 基礎 英語。 プレキソ英語

NHK教育テレビの「プレ基礎英語」が超ファンキー

プレ 基礎 英語

概要 [ ] 2011年春、小学校において外国語活動が必修化された。 NHKではこれに合わせて子供から大人まで一貫して英語を学ぶことを目的として「NHK英語グランドデザイン」をスタートさせ、第一弾として小学生のための英語番組「プレキソ英語」を開講した。 世界各国をキャラクター達と一緒に映像で旅し、英語でのコミュニケーションを通じて、色・形・数・時、時間などの基本表現を身につけ、英語に親しむことをねらいとしている。 子供たちの英語の出会いをハッピーな体験にし、中学英語につなげることを最終的な目標とした番組である。 2017年度をもってテレビでの放送を終了(『NHK for School』公式サイトでは引き続き視聴可能)。 後継番組は『』。 番組の構成 [ ] この節のが望まれています。 2013年度まで• 番組の前半はAhhとZeeがひとつのテーマをめぐって世界各国を回り、インタビューなどをする。 その様子を映像で見ながら、基本表現を身につけていく。 約5分間。 寸劇 約15 - 30秒間• 完全アニメーションのマイクロストーリー。 約2分間 お話は毎月変わる。 約2分間• 終わりにABCの歌。 約30秒間 ただし、「A、B、C、・・・」だけではなく、スタートをずらしたり、「V、U、T、・・・」と順番を逆にして歌ったりしている。 また、表示されるアルファベットに合わせてキーボードでタイピングする画面も背景に映される。 2014年度から• 番組の最初と途中にアニメ「The sushitown~あるスシのくらし~ 」というアニメを放送。 主人公のツナをメインとした物語を英語で放送。 登場する人物は回転寿司(番組のOPとEDも回転寿司が関連している)がモチーフになっている。 (前編・後編合わせて計3分)また、アニメのみの5分版(厳密には3分)もあり、こちらは日本語で聴く事ができる(英語で聴く事も可能、担当声優は日本語版・英語同版共に同じ)。 本編ではアニメに登場したフレーズを外国人が言う(ただし、内容によっては名詞部分が変わる)。 英語圏の歌や英語の早口言葉のコーナーもあり、どちらか片方が放送される。 ただし、回によってはない場合もある。 各回のサブタイトルとテーマ・ねらい [ ] この節のが望まれています。 第1回. What color is this? これは何色? テーマ:色• ねらい:身の回りの物の色を観察し、色について発見を重ねる。 第2回. How do you make purple? むらさきはどう作る? テーマ:色• ねらい:色の作り方について発見し、また、いろいろな色の仕組みもわかるようになる。 放送時間 [ ] 2011年度 [ ]• 18:50-19:00/10:05-10:15/9:15-9:25 2012年度・2013年度(2011年度の再放送) [ ]• NHK Eテレ 土曜18:50-19:00/10:05-10:15(2012年度のみ)/木曜10:05-10:15 2014年度・2015年度(2014年度の再放送) [ ]• NHK Eテレ (通常版)土曜18:50-19:00・木曜10:05-10:15/(5分版(アニメのみ))月曜 5:50-5:55(5:53分で終了)・火曜 19:50-19:55(19:53で終了) 2016年度(2014年度の再放送) [ ]• NHK Eテレ (通常版)土曜18:50-19:00・木曜10:05-10:15/(5分版(アニメのみ))金曜 15:55-16:00(15:58で終了) 2017年度(2014年度の再放送) [ ]• NHK Eテレ (通常版)木曜10:05-10:15 キャスト [ ]• カウドージ:• Ahh(声・)• Zee(声・) スタッフ [ ]• 監修:• マイクロ・ストーリー脚本:• アニメーション: 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 土曜18:50枠 前番組 番組名 次番組.

次の

NHK「プレキソ英語」番組内容と2020年度の放送予定・DVD情報

プレ 基礎 英語

プレゼミ2020「経済英語」のすすめ 東北大学経済学部 川名 洋教授/基礎専門科目 プレゼミ2020 「経済英語」のすすめ 講義時間:22. 5時間(2単位) 関連科目:経済史入門 経済史 西欧経済史演習 西洋経済史特殊講義 このセミナーでは,「『経済について学ぶ』 とはどういうことか」という根本的疑問に立ちかえり,経済問題の複雑さについて理解を深めることを目指す。 2008年の金融危機は不安定性・不確実性を拭えない近代経済の本質を露呈した。 それはまた,西欧における国家形成とともに17世紀には芽吹くマクロ経済政策の方法を確実にするために、未だ試行錯誤を繰り返さざるを得ない21世紀社会の現実を明確に示す結果となった。 しかし,拙速に近視眼的施策を模索するあまり検証を許さないデータが氾濫する悪循環を生み,事態の本質に近づく方向性すら未だ定まらないのが現状である。 単純な仮説や限られた方法に頼るだけでは経済問題の解決には至らない。 この授業ではこの現実を理解するために,経済学の方法に関する英語文献の講読,報告,ディスカッションを行う。 複眼的視点と柔軟な解釈をもとに真実に迫る「経済史学」や種々の経済学の方法論について学び、履修者がその「強み」と「弱み」とを鋭く見分けられる素養を身につけることを目的としている。 また,本プレゼミは,大学の国際化に鑑み,経済情報を英語で読み,聞き,表現するための基礎力(経済英語)を習得できるよう授業を進める。 The financial crisis of 2008 is considered to be one of the most significant economic events in recent world history. Not only did it upset the financial system of leading industrialised nations, but also its impact exposed millions of people to a welter of economic uncertainty across the world. Another disturbing consequence of the crisis has been a growing skepticism about the predictive power of Economics; some of the current economic models seem so unrealistic that they would give a misleading impression of the complex systems of the Modern Economy to the public. This seminar explores the new way of economic thinking that has been recently advanced by New Economists based in the UK. Students are encouraged to read critically about the methodologies of Economics and to make their own judgements as to what would be the appropriate method for understanding the substance of current economic problems. Responding to the growing needs for global learning in the higher education sector, this seminar is designed to encourage undergraduate students to digest economic information in the English language.

次の

高校パーソナル 英語

プレ 基礎 英語

ここ数年の教育テレビは結構攻めてるが、現在放送している子供向けの英会話番組「プレ基礎英語」がとってもファンキーで良く観ている。 何しろ登場人物が「寿司」。 第一回のタイトルが、「ぼく、ツナ。 よろしくね!Hello! I am Tuna. 」日本の英語教育を批判するときによく引き合いに出される「This is a pen. なんていう例文を使う機会はない!」という批判を一蹴するト。 放送された映像はのサイトで見る事が出来るので是非見て頂きたい。 プレキソ英語 [英語 小学校5・6年生]|NHK for School 特にクリスマスの会が秀逸だった。 「寿司タウンにはサンタクロースは来ないんだ」とお父さん。 続けて、じゃあ何が来るのかというと「枕元に油揚げを置いておくと、トお稲荷が来ておしぼりを入れてくれるんだ」というシュールさ。 思わず爆笑した。 お稲荷におしぼりを突っ込む発想はスバラシイ。 誰が脚本書いているんだろう。 後少しで終わってしまうかと思うと残念。 Syberg.

次の