山梨 コロナ女 その後。 山梨帰省の20代女性の名前は誰か特定!?コロナ陽性判明後に帰宅理由が判明!濃厚接触の男性感染も。。

山梨帰省コロナの20代女性の虚偽説明は鳴沢村の家族ぐるみの隠蔽?陽性判明後に東京へ

山梨 コロナ女 その後

5月2日に山梨県が発表した新型コロナウイルス感染症で陽性となった20代女性の公表により、テレビ各局が報道。 その行動が問題視されている。 ネットでも「同情の余地は一切ない」「もはやテロリスト」「もう逮捕でいい」といった声が上がっている。 まず、県の発表を見てみると、以下のように「症状・経過」と「行動歴」が記されている。 6 症状・経過 4月26日~ 味覚・嗅覚異常。 5月1日 帰国者・接触者相談センターに相談。 帰国者・接触者外来を受診。 5月2日 PCR検査の結果、陽性判明。 現在、自宅で待機中。 現在の症状はなし。 7 行動歴(発症前 2 週間以内の渡航歴:なし) ~4月28日 東京の勤務先に出勤。 4月29日 高速バス 15:15 バスタ新宿発山中湖旭日丘行、京王バス で県内の実家に帰省。 新宿で乗車、富士急ハイランドバス停で下車、親族の運転する自家用車で帰宅 4月29日~5月1日 友人 56例目 と複数回接触。 4月30日 県内の友人宅でバーベキュー。 5月1日 整骨院を受診。 友人とゴルフ練習。 5月2日 高速バス 9:25 山中湖旭日丘発バスタ新宿行、京王バス で帰宅。 富士急ハイランドバス停で乗車、新宿で下車、徒歩で帰宅 出典: 高速バスの移動と友人との接触により感染が広がったことが記載されているのはいいとして、友人宅でバーベキューしたことや、整骨院に行って、ゴルフをしたということは、新型コロナの感染予防という観点から言えば発表する必要がなかったのではないか。 濃厚接触者が11人中10人が陰性だったということを発表すれば済むことだ。 ちなみに、山梨県の発表でここまで詳細に行動歴が記載された例は他に見当たらなかった。 県は後になって女性への批判や中傷が「インターネット上で」起きていることに対して、「女性や家族に配慮してほしい」としている()。 が、そもそもが行動歴をここまで明らかにしなければ済むことだった。 また、ネット以上にテレビなどのマスメディアでの報道が、批判へのトリガーになっている。 例えばUTYテレビ山梨は、県の発表をそのままストレートニュースとして報道している。 ネット配信の記事に関しては、同局のサイトだととなっている。 つまり、Yahoo! ニュース向きにタイトルを変えている。 明らかにネットでのアクセスを意識した変更と言えるだろう。 この記事を発端にTwitterなどのSNSで陽性女性への批判が増えているから、その試みは(悪い意味で)「成功」したことになる。 さらに、デイリースポーツは5月4日にとテレビ局の報道とネットでの反応のまとめ記事を配信。 産経新聞も「とまるでネットメディアのようなタイトルの記事を出している。 最近、テレビ朝日『モーニングショー』のまとめ記事を出すことが日課のようになっているスポーツ報知に至っては、コメンテーターの玉川徹氏が「自分の車で帰るとかだったらいいのかもしれないですけど、公共交通機関を使うという事も問題点。 もしかすると、法律でそういう風な事に対しては、罰則がある法律を作ってもいいのかもしれないですね」という発言をタイトルに入れている()。 ここで、この女性を擁護する意図はない。 だが、犯罪を犯したわけでもないのにテレビ各局が時間を割いて報道して、それがネットでのバッシングを呼び起こしているというのは明らかにやりすぎだ。 移動の制限といった法律を提唱するなど論外とはいえ、まるでロックダウン(都市遮断)を国民が望むようにマスメディアが誘導するというのは、それこそ政府・行政の私権の制限を容認する空気を醸成しかねず、非常に危険だ。 今回の一件は、一見ネット上での「私刑」の広がりが問題視されている(少なくとも山梨県はそう呼びかけている)ようでいて、実はメディアが率先して「私刑」を行いさらに煽るという構図になっている。 もっと言うならば、新型コロナでひとたび陽性と判定されたならば、誰しもがプライバシーを配慮されなくなるということだ。 本来ならば「自粛」という言葉で行動の自制を「お願いする」という行政の姿勢について議論すべきところを、叩きやすいところを叩いて、視聴率なりアクセス数を稼ぐというメディアの「暴力」を目の当たりにしていると感じるべきだろう。

次の

山梨帰省の20代女性の名前は誰か特定!?コロナ陽性判明後に帰宅理由が判明!濃厚接触の男性感染も。。

山梨 コロナ女 その後

これまでの経緯 コロナ女として騒動の渦中にいる女性ですが、まずこの女性は、コロナウイルスの症状を自覚しておきながら、山梨県富士吉田市に帰省。 山梨では友人とバーベキューなどをして過ごしたようです。 この女、感染させてやると近くのパブヘ行った男よりもさらに悪質。 断罪できないおかしな日本 — aprilaegeansea aprilaegeansea その後、職場の同僚がコロナウイルスの陽性反応が出た為、女性もPCR検査をした結果、陽性反応であることが発覚。 そして、当初この女性は、PCR検査の結果が出る前に、自宅がある東京に帰宅したと発言。 これもこれで問題だとは思いますが、その後この女性が嘘をついていたことが発覚しました。 当初この女性は陽性反応が出る前の5月1日の金曜日に、夜行バスに乗り、帰京したと発言。 しかし、実際は帰京する為にバスに乗ったのは5月2日 陽性反応が出た後 だったことが発覚。 このテロとも言える信じられないような一連の経緯により、ネット上で大炎上してしまう事態になっています。 山梨コロナ女と同乗した女性が陽性反応で怒りのツイート!「絶対許さない」 そんな中、コロナ女と騒がれている女性が乗ったバスに偶然乗り合わせてしまった女性が自身のTwitterで、陽性反応が出たと報告。 こちらがそのツイートです。 このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 — まな pogy156 まなさんという女性の方のようです。 また、山梨コロナ女が乗車していたバス会社が文書を発表し、「当該バスにご乗車になったお客様におかれましては、健康状態に不安のある場合には、最寄りの保健所にお問い合わせください」と言っています。 同乗して感染してしまったこの女性は、この文書を記載したうえで、「このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 」と投稿。 アカウントをよく見ると、フォロー0でフォロワーしかいないので、なりすましか?とも思いますが、どうやら怒りのツイートをする為だけにアカウントを作成したとのことです。 優しい言葉、励ましの言葉かけていただきありがとうございます。 お一人お一人お返事したいのですが、かなりの量になってしまうのと呼吸が苦しいのでこちらツイートをお返事の代わりとさせてください。 感染してしまい本当に悔しいです。 皆様のお力で山梨コロナ女を刑務所に入れてください。 お願いします — まな pogy156 May 6, 2020 「皆様のお力で山梨コロナ女を刑務所に入れてください。 お願いします」と、その恨みは尋常ではない模様です。 山梨コロナ女と同乗で陽性反応が出た女性の感染ルートや行動歴は? コロナ女と同乗して陽性反応が出てしまったまなさんという女性ですが、気になるのはその感染ルートや行動歴ですよね。 しかし、現時点で詳細なルートや行動歴は明らかになっていません。 ただ、コロナ女と同じバスに乗っていたということなので、既に発表されているコロナ女が乗っていたバスの時間を調べてみます。 まず、東京から山梨県富士吉田市にある実家に向かったのは4月29日の水曜日です。 行きか帰りのどちらかのバスにこの女性が乗っていたということです。 どのタイミングで乗ったのかは現時点では分かっていませんが、Twitterではこの女性に対するバッシングも多くありました。 それがこちら このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 このような投稿に関して、まなさんはこう返信しています。 あなたは友達が死んでも見送らないで自粛するんですね… — まな pogy156 このことから、まなさんは友人のお葬式に参列する目的で、やむをえずバスに乗っていたと主張。 お葬式もクラスター発生リスクにより、中々人が集まって出来ない状況ではありますが、友人の葬式に出席する為にということを考えると、非難出来る余地はあまりないような気もします。 元はと言えばコロナ女の身勝手な行動が原因であり、この女性が非難されるのはあまり理解出来ません。 スポンサーリンク 山梨コロナ女に対するネット上反応!爆サイでビッチがバレる! 山梨コロナ女 爆サイでありとあらゆる個人情報プライベートが晒されている。 こういう女こそ重症化してほしい。 ウイルスをばらまいたこの女性が罪に問われることはないようですが、その誤った身勝手な行動により、名前や住所、職場などがネット上に晒されてしまう事態となっています。 その代償はあまりにも大きく、今後はそのようなことがないように、一人一人自覚を持ち、人を殺すウイルスをばらまかないようにしていきましょう。

次の

感染確認後、高速バス乗車 東京の女性、批判に県「配慮を」―山梨:時事ドットコム

山梨 コロナ女 その後

に感染していることが判明したのち、高速バスでから東京都に帰京した20代女性が物議を醸している。 彼女は体調に異変を感じ、で検査を受けたものの、検査当日にで施術を受けたり、ゴルフ練習場を利用していたことが判明。 さらに複数の知人とバーベキューをし、複数の濃厚者を生んでいた。 ・行動を自粛することなく高速バスで東京都へ この女性は2020年4月26日 日曜日 に体調に異変を感じた。 味覚と嗅覚に異常があると認識しつつも4月28日 火曜日 まで東京都内で仕事をし、体調がおかしいまま4月29日 水曜日 にに帰省。 4月30日 木曜日 は友人の家で複数の人たちとバーベキューを楽しんだ。 彼女は5月1日 金曜日 に検査を受けたのち、やゴルフ練習場でプライベートをエンジョイ。 5月2日 土曜日 にに感染している事が判明したが、行動を自粛することなく高速バスで東京都へと帰った。 ・行動を共にした男性がコロナ陽性 また、この女性は4月29日 水曜日 から友人男性と3日連続で行動を共にして濃厚しており、その男性はに感染している事が判明。 彼女が男性に感染させた可能性が高いともいわれているが、感染経路は不明瞭なため断定できない。 『女性と家族に配慮して』?配慮して欲しかったのはその女の方ですけど?と東京都の何千、何万、何十万人の人達が外出自粛してコロナを必死に抑えてたのに、たった一人のこの馬鹿のせいで全部水の泡。 危機感無さ過ぎ。 馬鹿過ぎ。 — 翔 adgjmptwunn 山梨でコロナ感染判明後東京に戻った女性、SNSで名前まで出され批判受けているとラジオで聞いたが、それ、クルーズ船でが同じことしてるがなぜ責めないの?やったことは確かに悪いが、SNSで名前まで出して批判することはないだろう。 バーベキュー開催しなければいかなかったはず。 — 桑ちゃん namiekuwabara ・恋人や友人の彼氏との関係などを赤裸々に書き込み この女性や友人は、などのインターネット上にバーベキューのようすや近日の行動を写真付きで掲載しており、さらに彼女の知人と思われる人物が彼女のプライベートをインターネット上に暴露。 それらのプライベート情報をインターネットユーザーらが情報収集するなどし、恋人や友人の彼氏との関係などを赤裸々に書き込みしている。 ・ふたつの意味で問題が発生している もちろんそれらの情報は不確定情報でしかないし、それを確定情報として受け止めることは避けるべきだが、今回の一連の騒動に関して、ふたつの意味で問題が発生している。 ・多くの人たちの感染リスクを高めた ひとつめの問題は、彼女があまりにも自由な行動をとり、多くの人たちの感染リスクを高めてしまった点だ。 事実、感染経路はまだ不明だが、3日間彼女と行動を共にした男性がの検査で陽性反応が出ている。 この件に関して彼女は猛省すべきだと考えられる。 ・彼女の交友関係や恋愛関係を特定 もうひとつの問題は、本来は守られるべき彼女のプライバシーが守られていない点だ。 確かに彼女は感染していながら 感染している危険性がありながら 、行動を自粛することなく自由奔放に行動し、他人の感染リスクを高めたのは事実だが、プライバシーは守られるべきであり、本人の交友関係や恋愛関係を特定し、インターネット上で暴露する行為はやりすぎだとの声が出ているのである。 山梨20代女性の感染者、アカウントが特定されたと聞いてゾッとした。 プライバシーの無い社会怖い。 チクり当たり前で全国ネットで暴露されるとか怖い。 やっぱり田舎暮らしは無理だわ。 — 毎日を拭く・くらミツハ・デラックスは中立・中庸 筋トレ推奨 7424h みんな感染してると思えば、山梨の帰省した女性のプライバシーを暴いて私刑するような、戦時中のみたいな運動も無くなると思います。 東京閉鎖される前にも、たくさんの若い子が帰省しましたけど、結局何も起こらなかった。 プライバシーの侵害だし、ここまで晒されるなら今後誰も濃厚者の申告しなくなる。 コロナも怖いけど、コロナ関係で執拗に人を叩く人間も怖いよ! — シカク100@勉強垢 100shikaku の感染女性の特定やらない方がいい。 間違っていたら大変なことになるし、日本は私的制裁はとして、許可していないから。 — 林雄介・元キャリア官僚の開運作家・新刊「宗教で得する人・損する人」・新刊「大開運」大絶賛販売中。 yukehaya プライバシーの問題、人権意識の問題で、日本では難しいみたいな言い方をする一方で、の男性や山梨の女性を叩いてもいい存在と標的化し、それを嬉々として追随して叩きまくる住人の人権意識だとか、聞いて呆れる。 — Toyomanne Rothschild toyomann 山梨帰省女性の件で思うのはいい加減こういう報道をやめないとますます虚偽申告とかだんまりをするを与えてしまうわけだけどそれでいいのってことですよね。 対策を名分に事細かく個人のプライバシーを暴露しすぎでしょう。 メディアも行政も。 — バーニング burningsan ・女の行動は確かに間違っていたかもしれないが インターネット上に暴露されている情報が事実かどうかは不明だが、どちらにしても、守られるべきプライバシーが守られていない可能性が高い。 そしてそれは「正当な批判」の範疇を超えた誹謗中傷にも繋がりかねない。 彼女の行動は確かに間違っていたかもしれないが、必要以上に責める行為はいかがなものか。 と、そういう声がインターネット上から出ているのも事実だ。 ・いろいろと考えを深めるきっかけとなる出来事 彼女に対して強い怒りを感じる人がいるのも事実であり、それを間違いだと抑え込むことも難しい。 今回の件は「批判されて当然の部分」と「守られるべきプライバシー」の双方を意識し、考える必要があると考える。 今回の件は、我々もいろいろと考えを深めるきっかけとなっているのではないだろうか。 あなたは今回の彼女の一連の問題に関して、どのように考えるだろうか。

次の