テニス フットワーク。 【テニス】フットワークの練習方法を整理してみた【プロのお手本付き】

【テニス】フットワークの練習方法を整理してみた【プロのお手本付き】

テニス フットワーク

総論 [ ] フットワークは、テニスの上では非常に重要なポイントとなってくる。 しかし、フットワークは変に意識すると、かえって動きが不自然でぎこちなくなりやすい。 フットワークの練習は、基本的な足の動かし方を学んだら、足の動かし方よりも、スムーズに移動できるように心がければ、自然に身につくはずである。 サイドステップ [ ] 最もオーソドックスな反復横飛びの動作。 横を向いて走ってしまうと、ボールがよく見えない・逆側に打たれたときカバーできない。 サイドステップをすることでボールや相手コートの方に顔を向けながら左右に移動することができる。 しかし、サイドステップは素早く、または長い距離を動くには適していない。 クロスステップ [ ] 前を向きながら、普通に歩いているときのように、足を逆側にクロスさせて移動するステップ。 サイドステップより早く移動でき、現代のテニスでも主流になりつつある。 欠点としては、移動方向とは逆側に移動するとき、滑ったり膝に負担がかかりやすくなり、サイドステップに比べるとタイムラグが大きいことが挙げられる。 最初の数歩だけクロスステップで、その後はサイドステップ、というステップが良い。 バックステップ [ ] フォアハンドへの回り込みのときに用いられるステップ。 横を向いて、つま先で地面を蹴り、後ろに移動するステップ。 サイドステップより早く移動できる。 余裕があるときはサイドステップも用いられる。 スプリットステップ [ ] その場で軽くジャンプするステップ。 この動作は、相手がボールを打つ直前に行われる。 スプリットステップをすることによって、• 体が沈み込むので、その後の動きが速くなる• ボールに集中することで、ミスが減る というメリットがある。 スライドステップ [ ] 滑って速度を落とすステップ。 主にクレーコートで使われる。 クレーコートはとても滑るので、ハードコートのようにすぐ戻ろうとすると転んでしまうので、スライドステップは必須である。 逆にハードコートでスライドステップをしようとすると、転びやすくなる。 これを行うことによって、前への体重移動が制限されるので、フルスイングしやすくなる。 スタンス [ ] スタンスとは、ボールを打つときの足の位置関係のことである。 打つに向かって背中が向くようなスタンスを「閉じている」と言い、逆におなか側が向くようなスタンスを「開いている」と呼ぶ。 クローズスタンス [ ] 打つ方向に対して、背中を向けるように立つスタンス。 昔ではよく使われたが、現在では主にサーブ・スライス・ボレーでしか使われない。 バックハンドに振られ、ギリギリでキャッチするときや、スライスサーブのときにはこのスタンスが多く使われる。 前にボールがあるときにはクローズスタンスやスクウェアスタンスでなければ打てない。 スクウェアスタンス [ ] 両足を結んだ線と打つ方向が一致するスタンス。 最もオーソドックスなスタンスであるが、現代のテニスではオープンスタンスによって使われる頻度が下がってきている。 余裕があるときに使われる。 オープンスタンス [ ] 足を結んだ線が、打つ方向とは横になるスタンス。 後ろに移動してボールを打つときには、このスタンスでないと打つことができない。 クローズスタンスやスクウェアスタンスよりコートの真ん中に戻ってきやすいので、横に振られたときに用いられる。 セミオーオープンスタンス [ ] オープンスタンスとスクウェアスタンスの中間的なスタンス。

次の

テニス/フットワークの種類

テニス フットワーク

ストローク時はフットワークを常にする。 相手とラリーをするときに自分がボールを打ってから、次のボールが来るまでの時間に 右足と左足を交互に動かしてリズムをとっておくことがストロークを安定させるために非常に重要です。 リズムをとらないで、打ったあと次のボールがくるまでじっと待っていた場合 ストロークを打つタイミングが非常に取りづらくなり 振り遅れや打点が前になりすぎる原因になります。 練習では、相手が自分に向かってストロークを返してくれようとしているので 常にフットワークをとらなくても打ちやすいボールが返ってきます。 実際の試合やゲーム形式の練習になると、誰も私にめがけてボールを打ってきてくれません。 むしろ私のいないところにボールは飛んで行きます。 フットワークをとらずにそのまま走って打つとミスする確率がとても高くなります。 リズムがないので、フォームが一定でなくなり、その時の調子や気分によってストロークの 威力やコントロールが乱れやすくなります。 大坂なおみさんの調子のいい時はリズムがとても良い。 ストロークを打つ時のリズムって文章で示すのはなかなか伝わりにくいです。 大坂なおみさんのプレーが非常にわかりやすいです。 リズムが崩れます。 肩に力が入ります。 フォームが崩れます。 ほんのわずかなことです。 ボールが来る前にしっかり素早くテイクバックをとってボールを待ち構えて しっかり打つ。 でも、ボールを待ってしまうと肩になぜか力が入ってしまうことが多いです。 大坂なおみ選手でも決めにいったストレートのストロークをサイドアウトやバックアウトするとき 若干ですが、足が止まっていることがあります。 動きながら打つとストロークのミート率は下がるのか。 動きながら打つことによって、ガットの真ん中に当たる率は下がります。 自分自身が動いていて、向かってくるボールを打つので多少はズレやすくなります。 しかし、当たる瞬間まで足を動かすことによって 肩の力が自然と抜けやすなり、素振りの自然なフォームをしやすくなります。 試合のときに一つの動きに集中しすぎるとどうしても力が入りすぎてミスしがちになります。 安定なストロークはフットワークで打つ直前までタイミングをしっかり取る。 普段の練習からぜひやってみてください。 ストロークの入る確率が上がると思います。 フットワークを取ると息が切れてしまいやすくなりますよね。 私もすぐに息が切れて疲れやすくなるので、フットワークってとりたいけどどうしても長続きできなかったんです。 持久力をつけるためにランニングをすることはとても良いことです。 息が切れにくくなるサプリメントをご紹介します。 グリコが販売している商品で、持久力アップします。 これを飲むとテニスの試合の時の息苦しさというのが随分楽になります。 息が上がってしまうとどうしてもフットワークは止まり気味になってしまいます。 いろいろな方が、その効果を実感されています。 私自身も飲み続けていると試合中のしんどい時の呼吸の粗さがすごくマシになりました。 また多くの方がその効果を実感されています。 ぜひ一度試してみてください。

次の

レッスン

テニス フットワーク

ストロークでもボレーでも、頭から突っ込んだような姿勢になっているはずです。 力が入った感じで走っていると、 ちょっとその場で、走る素振りをしてみて下さい。 目線がぶれると、テニスはショットが安定しません。 人間は「頭」が一番上にある、しかも重量はすごく重たいものが乗っている、非常にバランスが悪い状態と思った方が良いのです。 だからこそ、かかとから着地して、その後につま先が地面に着く流れを意識したい。 ゆっくりその場でやってみて下さい。 頭がしっかり残る、バランスの良い「急停止」が出来るようになるはずです。 かかとで少し滑る、くらいの意識で良いので絶対に「速く」走ろうとしない。 速く走るのは、しっかりかかとからの着地に慣れてから。 まずはしっかり止まった時に、頭の位置がしっかりお尻の上、骨盤の上に乗って目線がぶれない。 低い態勢との相性もバッチリ、な状態になってから、徐々にスピードアップしていきましょう。 フットワークは「速ければ良い」の考えだと危険。 コートを速く走れても、しっかり良い態勢で止まって打てないと、テニスの試合では使えない。 ストローク、ボレーしかり、まずは練習から意識してみましょう。 きっと小さなミス、減って安定感がアップするはずです!.

次の