アルファルファ 牧草。 うさぎ牧草おすすめは?オーツヘイ・ウィートヘイ・アルファルファ

ケレス|アルファルファ|マメ科牧草種子|酪農畜産分野|商品情報|雪印種苗株式会社

アルファルファ 牧草

家畜の主要な飼料として栽培されている飼料作物には、牧草と青刈り作物が含まれ、比較的小形で群として草地栽培されるものを牧草という。 イネ科、マメ科に属する草本植物が多い。 牧草は、遊牧時代からよく繁茂し、家畜の好みに適することが知られていた野草を選抜、改良したものが多く、ウシ、ウマ、ヒツジなどの草食家畜にとってもっともたいせつな飼料である。 牧草は、多くは多年生草本植物で、牧草として選抜されてきたものは再生能力が強く、1年のうち何回も刈り取られたり、放牧されたりしてもそれに耐える特性をもつ。 牧草は、生育の形から、直立して草丈の高い立型と、地面を低くはう匍匐 ほふく 型に分けられる。 立型は刈り取りに適し、匍匐型は家畜の踏みつけにも耐えるので放牧地に適する。 すなわち、利用法の面からみれば、立型は乾草・サイレージ用の刈り取り型で、匍匐型は耕地・山地用の放牧型ということになる。 牧草はさらに、発生地にしたがった生態型としては、寒冷地に適する耐寒性の強い寒地型と、夏の高温や乾燥に強く暖地に適する暖地型に区分される。 寒地型牧草はイネ科のオーチャードグラス、イタリアンライグラス、マメ科のアカクローバー、シロクローバー、アルファルファなどで、暖地型牧草にはイネ科のローズグラス、バヒアグラス、ギニアグラス、マメ科のスイートクローバー、クロタラリア、デスモディウムなどがある。 牧草地や採草地には永年草のチモシー(オオアワガエリ)、オーチャードグラス、アルファルファ、シロクローバーが、畑作には一年草のイタリアンライグラス、ベッチ類が適し、アカクローバーのような短年草はそのいずれにも適する。 乾草・サイレージ用にはオーチャードグラスのような立型が、放牧地にはレッドトップ、シロクローバーのような匍匐型がよく、またアルファルファのようにどちらにも適する中間型もある。 日本で栽培される牧草のほとんどは外国起源のものである。 畜産の地域的広がりに対応していくためには、地域に適した牧草新品種の育種が必要である。 日本では、1950年代後半から本格的な育種が始まり、1964年(昭和39)に牧草育種体制が整備され、全国各地域に牧草育種指定試験地が設置された。 65年以降、これらの指定試験地では、さらに多くの新品種が導入され、選抜と評価が行われた結果、多くの新品種が成立し、牧草品種として登録されることになった。 国公立の試験場および一部の民間会社で育成された新品種は、市販用種子として海外で委託増殖され、再輸入されて国内の種苗会社を通して農家に広く供給されている。 イネ科牧草は繊維が多く、反芻 はんすう 胃家畜の粗飼料として不可欠である。 マメ科牧草はタンパク質や無機質に富む。 普通は両者を混播 こんばん 栽培し、収穫もいっしょに行う。 混播するとマメ科植物の根粒による窒素供給などを通して共生関係をもち、単播の場合よりも肥料が少なくて収量を増す利点もある。 また、草丈の高いもの(上繁草)と低いもの(下繁草)を混播すると、土地の利用度が高くなり合理的である。 牧草は傾斜地や果樹園に下草などとして栽培されることが多く、土壌保全の役割も担っている。 [西田恂子・星川清親].

次の

アルファルファ(ルーサン、ムラサキツメクサ)の種

アルファルファ 牧草

スプラウトとは? まずスプラウトとは…もやしもスプラウトです。 スプラウトは、穀物や豆類、野菜などの種子を、主に人為的に暗所で発芽させた新芽のことです。 発芽野菜、新芽野菜とも呼ばれるようです。 もやしの他に、一般でもなじみの深い野菜では、かいわれ大根もスプラウトです。 また新芽を指す言葉であり、芽全般を指すこともあり、芽キャベツもスプラウトになります。 スポンサードリンク スプラウトの種類 育て方や、食べる時期によってタイプが分かれます。 かいわれタイプ 暗室で茎が出るまで育てて、その後に光にあてて緑化させます。 かいわれ大根(大根のスプラウト)• ブロッコリースプラウト(ブロッコリーのスプラウト)• マスタードスプラウト(マスタードのスプラウト)• クレススプラウト(ガーデンクレスのスプラウト)• レッドキャベツスプラウト(レッドキャベツのスプラウト) など。 もやしタイプ 出荷する時まで暗室で育てるため緑化されていません。 ブラックマッペ• 大豆 もやしは上記のスプラウトです。 中間タイプ 暗室で発芽させた後、緑化させたもの。 ブロッコリースーパースプラウト(ブロッコリーのスプラウト) 発芽してすぐに種ごと食べるもの• 発芽玄米• 芽キャベツ など。 miiさん mii. i がシェアした投稿 — 2017 10月 26 7:13午後 PDT アルファルファとは? アルファルファは、もやしタイプのスプラウトで、ムラサキウマゴヤシ(紫馬肥やし)というマメ科の多年草のスプラウトです。 アルファルファ、ルーサンとも呼ばれるそうで、牛などに与える牧草として使っていた植物です。 実は、「もやし」は、主に穀類や豆類の種子を人為的に発芽させたもののことを言います。 しかし近世では緑豆もやしが大きく普及している為、一般的に「もやし」と言えば、緑豆などの豆もやしのことを指しています。 ですから、アルファルファス・プラウトは、「アルファルファもやし」と言っても間違いではありません。 アルファルファ・スプラウトは「糸もやし」とも呼ばれているようです。

次の

ウサギの牧草『牧草市場 アルファルファ プレミアム』の口コミ・評判・評価まとめ

アルファルファ 牧草

アルファルファは、ミネラルも豊富で、栄養価の高さから「飼料の王様(King of Fodder)」とも呼ばれています。 アルファルファの飼料としての起源は古く、メソポタミア(現在のイラン辺り)が原産地と考えられています。 語源は、アラビア語の「alfasfasah(最高の飼料)」で、古代からその高い飼料価値が評価されています。 アルファルファの栽培は、メソポタミアから地中海周辺のヨーロッパや北アフリカへ広まり、18世紀にはスペインからアメリカ大陸へ伝わりました。 アメリカではスペイン語の「alfalfez」が語源となり、アルファルファと呼ばれるようになりました。 イギリスやオーストラリアなどでは、ルーサンとも呼ばれます。 今日、「飼料の王様」と呼ばれるアルファルファは世界中で栽培されています。 ただし、乾燥した気候とアルカリ性の土壌を好むため、酸性土壌が多く湿潤な気候の日本では、北海道や東北地方などでわずかに栽培されているに過ぎません。 アルファルファの栄養価は収穫のタイミングにより異なります。 つぼみが開花する頃、タンパク質量は最大となります。 しかし、収量を増やすため、さらに生育させると、タンパク質量は減ってしまいます。 また、気候でも異なります。 暖かい地域では生育が早いため、地中から吸収される栄養分が十分に行き渡る前に収穫されますが、冷涼な地域では生育が遅いため、栄養が隅々まで行き渡り、栄養価の高いアルファルファが生産されます。 アルファルファの最大の生産地はアメリカです。 そして、アメリカはアルファルファの最大の輸出国でもあります。 そのアメリカ産アルファルファの最大の輸入国は日本です。 アメリカ産アルファルファの輸出は1970年代から始まり、これまで輸出先の筆頭は日本です。 ここ数年、中東諸国や中国が輸入量を増やし、アメリカの輸出先国のシェアに変化がみられてきました。 2006年頃までは、日本はアメリカの輸出するアルファルファの70%前後を占めていましたが、2011年には37%までシェアを落としました。 これは、アラブ首長国連邦(UAE)が急速に輸入量を伸ばしたことが要因の1つとなり、今では、ほぼ日本に肩を並べています。 次いで中国が11%、韓国が10%と続き、この4ヵ国で9割を占めます。 マーケットのひっ迫 昨今のアルファルファの輸出マーケットはひっ迫し、価格は高騰して最高値を更新するという状況となっています。 需給のひっ迫と価格の高騰でアルファルファは手に入りにくい状況にありますが、円高という為替の恩恵を受けて、まだ日本は、タンパク質や栄養価を多く含んだ高品質のアルファルファを購入することができています。 ただし、今後の為替の状況次第では、それも非常に困難な状況になりかねません。 日本の酪農関係者は、アメリカのアルファルファの需給動向にとても高い関心を寄せています。 なお、機構のホームページに『米国におけるアルファルファの需給動向〜ひっ迫する最近の需給と様変わりする輸出情勢〜』と題したレポートを載せておりますので、こちらもぜひご覧ください。

次の