福岡 市 貯水 率。 昭和53

福岡市 きょうのダム状況

福岡 市 貯水 率

昨年夏以降の少雨の影響で、福岡県内主要17ダムの平均貯水率が48・1%(16日現在)と50%を割り込み、同時期の平均貯水率(68・7%)を20ポイント以上、下回っている。 県は「すぐに県民生活に影響が出ることはない」とする一方、気象予報では当面まとまった雨は見込めず、自治体は節水を呼び掛けている。 県によると48・1%は、直近20年では渇水対策本部が設置された2003年(41・1%)に次いで低い。 南畑ダム(那珂川市)は貯水率17・8%と最低だ。 福岡市が取水する南畑ダムなど市内外のダム8カ所の合計貯水量は18日現在、約1721万立方メートルで、この30年間では1994~95年の大規模渇水時に次ぐ少なさとなっている。 8ダムの平均貯水率は、主要17ダムの平均よりさらに低い36・9%で、平年値(61・19%)も20ポイント以上、下回っている。 ただ、4月以降に供用開始される県内最大貯水量の五ケ山ダム(那珂川市)には約3200万立方メートルの水がたまっており、福岡市水道局は「まだ危険なレベルではないが、引き続き節水をお願いしたい」と呼び掛けている。 貯水量の低水準の要因は昨夏以降の雨の少なさだ。 福岡市内では昨年8~12月が平年の7割の394ミリしか降っていない。 特に農業用水の利用が多い8月が52ミリで、平年の3割だったことが貯水低下に影響した。 江川ダムがある朝倉市は昨夏の少雨で農業用水が不足し、秋口に福岡市と共同で生活用水250万立方メートル分を農業用に使ったという。 冬季の渇水に対しては「農業用の需要が減少するため、逆に生活用水に融通してもらうこともあり得る」(朝倉市水道課)という。 行橋市内を流れる今川の上流部の油木ダム(添田町)も貯水率が32・5%と低下傾向。 水量が足らず、今月13日に市内であった消防出初め式では祝賀放水が取りやめになった。 福岡管区気象台によると、1月も福岡市内などでは少雨が続いている。 県内は20日が一時雨の予報だが、ダムの貯水が回復するまでの大きな雨は期待できないという。 県水資源対策課は「常日頃から水を大事に使ってほしい」としている。

次の

県内17ダム貯水率48% 少雨影響、同時期20ポイント下回る 自治体が節水呼び掛け|【西日本新聞ニュース】

福岡 市 貯水 率

2度の大渇水を経験した市民の意識は高い。 市の2014年度調査では「節水を心がけている人の割合」は89. 家事用1日1人当たりの水使用量は平均199リットルと、政令市で最少だ。 大渇水の背景には、大きな川がなく水資源に恵まれない事情がある。 市は1回目の大渇水後、ダム開発や筑後川からの受水事業を進めつつ、「節水型都市づくり」を推進。 03年には全国初となる「節水推進条例」を施行し、共同住宅を除く一定規模の建物に再生水の利用を義務付けた。 市の水管理センターでは24時間態勢で浄水場から蛇口までの水の流れや水圧を監視。 水圧が高まると漏水が多くなるといい、常に適切な水圧になるよう管理している。 浄水場で作られた水のうち、配水管などから漏れて家庭までに届かない水の割合「漏水率」は17年度で1. フィジーから技術者を受け入れ、漏水技術の研修を行った(10月22日、西区の市水道技術研修所) 高い技術は海外支援にも生きる。 87年にマレーシアへ技術者を派遣したのを皮切りに、インドネシアなど14カ国へ延べ140人超を送り出した。 今秋はフィジーから技術者6人を受け入れ研修を実施。 ポニパテ・ナイグレブさん(37)は「福岡市の取り組みは非常に進んでいる。 フィジーにも取り入れれば漏水率を下げていける」と話す。 課題もある。 市水道局の15年度末の企業債残高は1293億円と、料金収入の4. 他の大都市の平均(2倍)を大きく上回る。 水道料金も政令市の中で5番目に高い(17年度)。 大渇水を知らない若者も増えた。 市は13年度から、小学4年生に水道の仕組みや渇水の歴史などを教える90分の出前講座を始めた。 市水道局総務課の江崎智美課長は「子供が家に帰って話すことで、家庭全体の意識も高まってほしい」と期待している。 (西部支社 朝比奈宏).

次の

福岡県の貯水率、同時期の平均に比べ約5割減~梅雨入りの遅れが原因か:【公式】データ・マックス NETIB

福岡 市 貯水 率

本日 対前日比 前年同日 当月平年 当月平年比 貯水率 99. 0 ポイント 73. 4 ポイント 貯水量 628. 地下水 水位は、地表から地下水水面までの距離を表しています。 観測井(南高井)の水位 本日 対前日比 前年同日 当月平年 当月平年比 2. 26 m -0. 05 m 2. 70 m 2. 61 m• 観測井(天皇泉)の水位 本日 対前日比 前年同日 当月平年 当月平年比 1. 22 m -0. 08 m 1. 49 m 1. 56 m• 市内雨量 前日雨量 累計雨量 平年雨量 平年比 当月 0. 0 mm 223. 5 mm 223. 6 mm 100. 0 mm 141. 5 mm 76. 5 mm 過去のデータ• また、それにより「対前日比」と「当月平年比」は正しく表示されません。 ・データは速報値のため、変更することがあります。 ・石手川ダムの「当月平年貯水率」は、1984年〜2019年の平均値です。 ・地下水の「当月平年水位」は、2010年〜2019年の平均値です。 ・市内雨量の「当月平年雨量」は、1981年〜2010年の平均値です。 ・平成29年5月1日から、久谷地区の給水量が速報値として集計できるようになったため、給水量と気温の「前日給水量」に久谷地区を含む市内全域の上水道給水量を表示しています。 ・平成31年1月1日から令和元年12月31日までを「令和1年」と表示しています。 ・平成31年4月1日から翌年3月31日までを「令和1年度」と表示しています。 最終更新:2020年 6月 30日 00:15.

次の