シャチハタ ネーム 9。 ネーム9|インキの補充方法|サポート|シヤチハタ

シャチハタネーム9 完全インク補充マニュアル

シャチハタ ネーム 9

シヤチハタキャップレス9の外し方は?分解方法はどうする? ワンタッチ式のはんこの便利なところは、インクの補充ができて繰り返して使えるところ。 でも、インクを補充するには、本体を分解する必要があります。 これが面倒で…と思っている方もいるかもしれませんが、シヤチハタの「キャップレス9」は分解も簡単。 シャッター部分(透明なパーツの部分)のロックを外す(透明な部分、本体に入っているラインを合わせる)と簡単に引き抜くことができます。 インクの補充だけでなく、ときどきは、分解して、印面(はんこの文字の部分)やシャッター部分のお掃除をしておくと良いかもしれませんね。 参照 : shachihata公式 シヤチハタキャップレス9のインク補充の仕方 さて、「キャップレス9」を分解したあとは、いよいよインク補充です。 通常のネーム印は、ホルダーを分解して、新しいインクカートリッジを挿入するのですが、「キャップレス9」は、印面に直接インクを垂らす方法。 印面を上にして、専用の「補充インキ」を〈1滴〉垂らします。 この〈1滴〉というところがポイントで、あまりに多すぎるとインク漏れの原因になりますし、印面以外の部分にインクが付いてしまうと大変なことに…。 何度か補充しているうちに、ちょうど良い量がわかってくると思いますが、最初は、なるべく慎重に垂らしてみてくださいね。 また、インクを補充したあとは、印面が上のまま立てておいて、約3時間ほどそっとしておかないといけないそう。 夜のうちに補充して、倒れないような場所に置いておかないといけませんね。 シヤチハタキャップレス9は印面交換はできる? シヤチハタの「キャップレス9」は、好きなボディカラーや印面の書体を選べるオーダーメイド商品。 1つの本体に1つの印面を作るという商品なので、印面だけでの注文は受け付けていないそう。 誠に申し訳ございませんが、1つの本体に対して1つの印面(ネーム印)をお作りする商品とさせて頂いており、印面(ネーム部)のみの販売は行っておりませんので、買い替えをご検討頂きます様、お願い致します。 なので、名前が変わったりして、お気に入りのボディに新しい印面を取り付けたいな〜と思っても、できないんですね。 「キャップレス9」は印面の交換はできませんが、ボディにかわいい絵柄がデザインされたものが発売中! また猫ちゃんやディズニーキャラクターなども販売してるので自分の好みで選べるところは素敵ですね。 まとめ シヤチハタの便利なはんこたち。 100円ショップなどで、類似品もいろいろ売られていますが、やっぱり、印影の美しさはシヤチハタのものにはかないませんよね。 キャップレスだったり、かわいいデザインのものがあったり…と、お気に入りの一つを選ぶのも楽しいものです。 簡単にインクの補充もできてエコですし、まだまだはんこ社会の日本では活用してくれること間違いなし! 皆さんも、便利なシヤチハタの「キャップレス9」を使ってみてはいかがでしょう?.

次の

【楽天市場】シヤチハタ シャチハタ はんこ ネーム9 創業95周年記念カラー 別注品:印鑑はんこ製造直売店@小川祥雲堂

シャチハタ ネーム 9

商品情報 シャチハタ 創業95周年記念限定カラー ネーム9 日本の伝統色 美しい日本の式は、繊細な色合いをか持ち出します。 私たち日本人は、色の呼び名を同じ赤色系、青色系、白系、灰色系、黒色系でも様々な呼称で表現してきました。 シャチハタ創業95周年を記念して日本の伝統的な色をもっともポピュラーに用いられる印鑑(ネーム印)と組合せました。 こちらの商品は、日本郵便ゆうパケット・クリックポストにて出荷いたします。 尚、お急ぎの場合や宅配便をご希望の場合、別途送料660円〜の宅配便配送に変更可能です。 コンビニ後払い対応しています。 詳しくは対象のをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 商品説明 ネーム9 創業95周年記念カラー 日本の伝統色 ・旧字のままご入力されると、文字化けやシステムエラーになる場合がございますので お手数をお掛けいたしますが、旧字コード表より旧字コードをご入力ください。 簡単らくらくインク補充 インキは交換が簡単なカートリッジ式です。 ホルダーを外して、インキカートリッジを新しいものと差し替えてください。 Xスタンパーは、インキを内蔵したスタンプ台不要の浸透印。 連続なつ印の使いやすさはもちろん、印面には耐久性に優れた特殊ゴムを使用していますので、インキを補充することにより繰り返し使い続けることができます。 Xスタンパーの秘密.

次の

【シャチハタ館】シャチハタ ネーム9 通販|正規品 XL

シャチハタ ネーム 9

こんにちは! 今日も元気にシャチハタネーム印を使ってますか? はい、あなたのシャチハタネーム印を、今すぐ目の前に用意してください。 「後で」だと絶対に忘れますので、今すぐに用意してください。 はい、用意しましたか? まず最初に確認ですが、そのシャチハタには「Shachihata」又は「X-stamper」と刻印されていますか? え?無い? 残念ながらそれはシャチハタではありません。 他社のネーム印ですから、この記事はお役に立てないです。 ごめんなさい。 さて、シャチハタユーザーの皆様、改めましてこんにちは。 本日は、あなたのシャチハタを、ぐっと長持ちさせる秘訣をお伝えいたしますね。 早めの補充が長持ちの秘訣 ネーム印をポンと押してみてください。 インクが薄くなっていませんか? 「あ、そんなことを言って、インクを買わせようとしているな」 そう深読みしたあなたは思慮が浅い。 インク補充が遅れることによって印面の痛みが早く進行し、早めに買い替えるハメに陥るでしょう。 シャチハタを長持ちさせるコツは、早めにインクを補充することなのです。 インクが薄くなって印面ゴムが硬くなると、ゴムが欠けたり破損しやすくなります。 またインク不足によってベタベタとした粘着性が出てくると、ゴミや紙の表面にコートされた成分を吸着して、印面が目詰まりを起こしてしまいます。 スタンプラリーなどのスタンプがダメになるのは、大抵このパターンだと思います。 こまめにインク補充をすることによって、長ーく愛用いただけますので、この記事を参考にして、きちんとインク補充して使ってくださいね。 シャチハタ・ネーム9のインク補充方法 今回は、のインクを補充してみましょう。 あ、オカザえもんネーム印が気になってしまった方は、こちらからどうぞ。 シルバーのリングの部分から上下に分かれますので、ぐいぐいと引き抜いてください。 黒いカートリッジを引き抜きます。 シャチハタ・ネーム9に使用出来るインクは以下の2種類です。 (左)、(右)。 普通のネーム印は朱色なので、誤って赤色を補充しないよう注意しよう。 XLR-9Nはカートリッジ交換式なので、とってもカンタン。 インクの入れすぎによる失敗もないので安心です。 ちなみに、交換用カートリッジと、購入時にセットされているカートリッジは形状が異なります。 交換用(左)、購入時(右)。 かなり形状が異なりますが問題ありませんので、安心して交換してください。 見た目がかなり違いますので、違和感がありますがこれで問題ないのです。 右側が交換後です。 外したカートリッジは廃棄してしまってOKです。 インクカートリッジを使用せず、インクボトルから滴下する場合は、こんな風に補充します。 ここで注意したいのは、絶対にインクを入れすぎないことです。 補充するインクは、4~6滴くらいとしてください。 入れすぎると、浸み込み切らなかったインクが中で固まってしまいます。 固まったインクがフタをしてしまって、その後はインクを補充しても浸み込んでいかず、横から漏れるようになります。 インクが隙間から漏れて大変なことになっているネーム印は、たいていこのパターンだと思います。 (メーカーに修理に出せば大抵は直りますが) インクはすぐは浸透しませんので、そのまま1日様子を見てください。 1日置いてもインクが薄い場合は、再度インクを補充してみてください。 少しでも「薄い」と感じたらすぐに補充する。 これが長持ちさせる秘訣であります。 おわり。

次の