御堂筋 税理士 法人。 御堂筋税理士法人

法人概要

御堂筋 税理士 法人

御堂筋税理士法人の評判は良い? 御堂筋税理士法人は間違いなく質の良いサービスを提供してくれると言われている税理士法人です。 様々な人がこれまで利用しているので評判はもちろん良いのですが、それには様々な根拠があったりします。 決して適当に物事をしませんので、安心して任せられるということで評判なのです。 様々な気持ちの良い対応をしてくれるというのが自分自身で良い体験になれます。 いろんな人から評価をされているということはやはりある程度の信頼に繋がりますので、これからは非常に大切にしていかなければいけないパートナーとなり得るでしょう。 スピード感はどう? スピード感はダメなところに依頼したらどうやっても手に入るものではありませんが、御堂筋税理士法人は良い感じに対応をしてくれるのでかなり助かります。 依頼をしてから考えこんで対応が遅くなるという人もいる中で、この御堂筋税理士法人は素晴らしく隙のない対応をしてくれると評判です。 確実に依頼をしていれば安心感もありますし、それでいてとことん最短時間で物事が進むということは安心感に繋がります。 費用は高い?安い? ちなみに普通に税理士に依頼をするとお金がそれなりにかかってしまうということは言われていますが、御堂筋税理士法人はどうなのでしょうか。 確実に素晴らしいと言われているクオリティですので当然のことながら高いと言われる可能性はあります。 しかし、蓋を開けてみると実は値段相応だ、もしくはより一層値段が安く感じるということがありますので非常に良いと評判です。 完璧に気持ちの良い対応をしてくれてこの値段でいいのか、そんな驚きが利用者から聞こえてくるというわけですので病みつきになるのではないでしょうか。 対応してくれる人は良い人? 一番大切なのは対応をしてくれる人がどんな人なのかということですが、間違いなくここの人は丁寧に対応をしてくれますので評判が良いのです。 やはり対人で安心できるところは人気が高いです。 設立手数料実質0円で融資から登記まで対応してくれます。 さらに、設立後の 税理士顧問料も9,600円~対応と格安。 設立直後の出費にも悩みません。 さらに、開業後に必要な法人設立届出書などの書類も無料で作成してくれ、設立の不安も全て解消されるでしょう。 会社設立が実質0円!• 日本政策金融公庫神戸支店取扱件数6年連続1位!•

次の

法人概要

御堂筋 税理士 法人

私たちが仕事をしていく上で、もっとも大切にしていることが二つあります。 その一つがコミュニケーションです。 ご相談を受けたとき、まずお客様との徹底した対話によるヒアリングをしていきます。 業績と財政状態、製品・顧客・仕入先・業界構造などのビジネスモデル、さらに経営者・販売力・生産力・人材・経理などの組織力についてお聞きし、そして経営の課題を特定し、私たちがお役に立てることをご相談していきます。 私たちがご相談をお受けしたら、ご訪問するなり、ご来所いただくなりして、まずじっくりとお客様のお話をお聞きします。 そして、ホワイトボードなどにその内容をまとめていきます。 この話し合いを通じて、お客様の経営の現況、そして課題を明らかにし、共有していきます。 そして、お客様に「頭の整理ができました」「すっきりしました」「問題点が明確になりました!」と言っていただけることが、私たちのめざすところです。 私たちはその実現のために、お客様の事業の内容や課題を共有して仕事をしてきました。 流通業からはじまった旅は、建材販売店、工務店などの住宅業界、さらに製造業、運輸業、会計事務所へと……今も続いています。 月次決算を正しくし、経営計画を立て、会議を通じて実行チェックをし、幹部を育てる。 この手順を通じて高業績企業づくりのお手伝いをしているのです。 私たちが、お客様と関わる際には、事前に業界の構造や課題、経営指標などを理解します。 取り組みをはじめたら、月次決算の把握からはじめ、業務の内容、管理のポイント、ビジネスモデル、拡販の進め方、業績管理の数字を共有し、そして経営計画を作り、共に実行の管理をし、必要な課題解決を進めていくのです。 才木をはじめ、小笠原・松本・香取・西口を含む7名の税理士は、SMBCコンサルティング、三菱UFJR&C、りそな総研、さらに各地銀系の経済研究所、東京・大阪・京都などの商工会議所のレギュラー講師を務めています。 また機会を得て、経営に関する本の執筆もしています。 その他の若い税理士も、さまざまな業界団体や企業内講師を務めています。 そうした場面で、皆様の貴重なご意見やニーズをお聞きし、提供ノウハウの質を高め、また説明や指導のスキルも磨いています。 私たちがセミナーの講師を務めるのは、コンサルティングのスキルを磨くチャンスだからです。 そのために、私たちは、わかりやすく役に立つセミナーをしたいと考えています。 「コミュニケーションは相手にわからなければ意味がない」(ドラッカー)、「大工に話すときは、大工の言葉を使え」(ソクラテス)。 セミナーと実践活動は、ともに私たちの大切な学びの場であり、また成果を問う場でもあるのです。

次の

会員の声インタビュー(御堂筋税理士法人 様)

御堂筋 税理士 法人

月に1回、日報記録などをもとに全社員で経営戦略を話し合う。 御堂筋税理士法人(大阪市)では業務の記録を15分ごとに日報に書き込み、働いた内容を「見える化」している。 上司は若手のつまずきを把握でき、社員は同僚と比べることで業務改善につなげている。 新型コロナウイルス禍でのテレワークではさらに効果を発揮。 高い生産性を保ち続けている。 社員はそれぞれ、複数の企業の会計やコンサル業務を担当しており、どの契約企業のどんな作業にどれだけ時間をかけたのか、15分単位で記録を毎日残すルールとしている。 パソコンやスマートフォンで報告でき、終業後の5~10分で書き込めるという。 2018年に中途入社した卜部幸恵さん(33)は「日報は成長のモチベーションになる」と話す。 税理士事務所は年度末の決算処理など定型業務が多く、日報を遡れば前年より何分早く仕事をこなせたか比較できるためだ。 高岡亜子さん(26)は税務会計の勉強会に積極的に参加している。 「利益にすぐには直結しないが、規模の大きい会社を将来担当するときの備えになる」(高岡さん)。 日報制度は1991年の創業当時からあり、4月からの在宅勤務では特に効果を感じている。 社員が直接会う機会は減ったが「違和感なく移行できた」(卜部さん)。 テレワークでも上司が日報で部下の仕事の進捗を把握できるため、週1回の面談などでアドバイスがしやすいからだ。 日報は互いに見られ、各社員は遠隔で同僚の働きぶりを参考にできる利点もある。 隣友也さん(36)はコロナ禍でセミナーを開けず悩んでいたが、テレビ会議上でセミナーを開く同僚を見て「こんな方法もあったのか」と気づいたという。 同社の1人当たりの売上高は年間約1800万円で業界平均の2倍にあたる。 アナログに見える日報は、コロナ禍の新たな働き方でも生産性を保つヒントになりそうだ。 (平嶋健人).

次の