英語 50代。 50歳からの英会話~大人のための英会話学習とは?~

50代って英語でなんて言うの?

英語 50代

【週末はWebニュースで英会話】 今は昔、僕の時代の中学校での英語の授業はテキストだけであった。 当時の英語の先生達は、どの位英語が話せたのかはわからない。 もちろん英文学とかは詳しく勉強していたんだろうけれど。 会話が通じたとか、こんな発音したら間違って通じなかった なんて話は聞かなかった。 僕の場合随分昔だからね。 最近はネイティブの音声をCD等で販売している教材が主流だが、会話を勉強するんだから良い音声はあった方がいいに決まっている。 でもですよ、今はネットで音声・映像が見れるんですよ。 それもタダで。 そこで、最近見出したWebを使って勉強する方法は以下のようなのだ。 1、CNN STUDENT NEWS(注1)を見る 2、スクリプトを見て知らない単語を調べる 3、スクリプトを見ながら音読なんかしてみる 4、再度CNN STUDENT NEWSを見る 5、仕上げに次の日(若しくは翌々日)日本語放送版を見てチェックする(国際報道 [CNN Student News] NHK BS1) これはぜひお勧めしたい。 注1:2017年1月よりCNN STUDENT NEWS は CNN 10 に名前が変わりました。 僕も随分教則本を買いました。 その中で、これはお勧めできると思う物を挙げてみました。 辞書 僕が約10年前に英語を勉強しようと思って最初にしたことは、学生時代から使っていた古い辞書をゴミ箱に捨てた事なんです。 その日のうちに本屋へ辞書を買いに行きました。 その頃すでに電子辞書は流行っていたけど、その時は英語学習をどこまで続けるか分からなかったので、紙の辞書を購入しました。 今はパソコン系で辞書機能はあるし、パソコンやスマホがあれば機能的には必要ないように思いますが、辞書は手元にあった方がいいと思います。 疑問に思った時にすぐ引ける状態にしないと、疑問に思ったことを忘れてしまうんです。 スマホを持っているなら、スマホと紙の辞書、持ってないなら電子辞書と紙の辞書 を使うのがいいと思います。 ちなみに時代遅れの僕はスマホを持っていないので(注2)、電子辞書(ポケットサイズ)を常に身につけています。 僕が最初に購入したこの辞書は、 ・英英辞典の入門になるし、日本語の訳もある ・紙が扱いやすい(紙が比較的厚いのでめくりやすい。 中高年には重要!) ・文法についても記述がある と言うことで随分使いました。 英会話学校に通うにも、ラジオ講座で勉強するにも辞書だけは絶対に必要ですよね。 注2:時代遅れな僕も格安スマホを買いました。 スマホは絶対に英会話学習に有効だと思います、ハイ。 文法 中学の頃、英語の授業で文法を習った。 僕のつまづきの始まりは「現在完了」だったように思う。 また、時制に関して勉強して授業が進んできたと思ったら、現在の事を言ってるのに助動詞を過去形で使っている文が出てくるではないか! 仮定法が理解できなかったのね。 このあたりで完全につまづいたのであった。 この本は時制についてよく分かる表現で書かれており、読んだ後すごくスッキリした記憶があります。 文法・特に時制がいまいちしっくり理解できてない方におススメです。 少し英語勉強に熱がこもってきたころに購入しました。 英語で英語の文法を解説しているので、入門用ではないけれど、今も使っています。 英語で書かれた文法書に興味のある方におススメです。 定評のあるものだと思います。 スピーキング 教本のターゲットとしてTOEICを考えているものが多いし、実際TOEICの点数を上げるために努力されている方も多いですね。 なので、話すための教材って少ないんですよ。 だってTOEICにはスピーキングがないですもんね。 以前NHKのラジオ講座で、「レッツスピーク」とか「徹底トレーニング英会話」という話すことに重点をおいた講座があったが、とても有効だったように思う。 この講座のポイントは、英語を話す筋肉を鍛える的なものだった。 リピーティング・ロールプレイ・オーバーラッピング・シャドウイング等の言い方でとにかく口を動かす内容だ。 その中の基本はやはり音読なんだと思う。 丁度そんな頃、娘が小学生で家で音読(もちろん日本語)してたから、なーんだ僕たちも音読してきてたんだ。 と納得して音読をするようになった。 (もちろん英語) この教材は、音読入門にはピッタリで、慣れれば自分の好きな文章で音読するのがいいと思う。 英語の達人級の人でも日課として音読をする人も少なくないそうです。 ぜひ音読で英会話の力を伸ばしましょう。 僕は、50歳に近い頃に英語を始めたので、もちろん普段の思考は日本語が基になっている。 何か言おうとする過程は日本語的発想です。 ホントのバイリンガルの人、例えば帰国子女の中には、お客さんと日本語で電話で話しているにも関わらず、メモは英語で取っているような人もいるみたいです。 そーでない僕らには、実は日本映画の英語字幕が役に立つんです。 僕は、海外出張するときに飛行機の中で「釣りバカ日誌」の英語字幕を見ながら行くことがあるんですが、そうかこんな言い方するのか!と非常に参考になります。 ところが、「釣りバカ日誌」 日本では英語字幕版は売っていないんですねー。 そんな中「男はつらいよ」の寅さんシリーズは英語字幕がついているのだ! 寅さんのDVDはいろいろ種類があるので、英語字幕の有無を確認して入手しましょう。 寅さんを見ながら英語を学ぶなんて いかにも50代からの英会話ですよね。 リスニングその他 リスニングは、CNN STUDENT NEWSとメルマガ【週末はWebニュースで英会話】で勉強すればよろしい!と言いたいが、この教材は色々な意味で勉強になりました。 まさに大人の英語学習にふさわしいと思います。 ただし、内容はやさしくないので読み物として読み、興味があれば詳しく勉強していくのがいいと思います。 この中のヘレンケラーの言葉に対する考えやキング牧師の演説、チャップリンの映画の演説シーンは僕の英語学習のモチベーションになっています。 発音 発音に関しては、あまり読みやすいものが無いように思う。 口や舌の形が書かれていて、CDで発音を聞くといった物がほとんどですよね。 その点この本は、もっとカジュアルで読み・聞きやすい。 まずは、この教材から入りその後もっとフォーマルな発音の教材にチャレンジすればいいのでは。 I can do it. You can? I CAN do it! No no, I CAN! これってありがちですよね。 やっぱり発音大事です。 こちらは、もっとフォーマルな発音の教材だ。 著者の英語に対する真摯な姿勢が伝わってくる。 おススメの発音教材。 その他のツール ブログにも書いているが、Kindleは洋書を読むのに役に立つ。 種類も色々あるけど、僕は安い普通のKindleを使っています。 電子辞書の代わりになってこの値段であれは、断然お買い得のように思います。 Wi-Fi環境をお持ちの、スマホを持ってない若しくはスマホで本を読みずらい、老眼が気になりだした、洋書も読みたい、人には絶対的におススメです。 なお、Kindleはネット販売が主で扱う電気屋さんは少ないみたいです。

次の

「読んで身につけた」40歳からの英語独学法 (講談社プラスアルファ文庫)

英語 50代

「2020年の東京オリンピックでボランティアをしたい」「定年後に海外旅行へ行き、外国人とコミュニケーションを取りたい」等、近年、英会話に興味・関心を持つ中高年の方が増えています。 その一方で、「今から英会話の勉強をするのは遅いのでは・・・」「何から勉強して良いのかわからない」等、英会話の学習に対し、何らかの不安を持っている方も少なくありません。 今回は「50歳からの英会話」と題し、50歳から英会話を勉強する際のポイントや、おすすめの英会話教室・オンライン英会話をご紹介します。 英会話を始めるのに、遅すぎるということはありません。 人生の節目となる50歳から、無理なく、楽しく、英会話の勉強を始めましょう。 2-1. 3-1. 3-2. 50歳からの英会話 学習のポイント まずはじめに、50歳から英会話の勉強をする際、効率よく学習を進めるために押さえておきたいポイントをご紹介します。 学習の目的を明確にする 「2020年の東京オリンピックでボランティアをしたい」「海外旅行で外国人とコミュニケーションを取りたい」等、 何のために英会話を勉強するのか、学習の目的を明確にしましょう。 学習の目的が明確になることで、英会話に対するモチベーションを保つことができ、勉強を継続させることにもつながります。 また、年齢を問わず、 英会話の上達には、英語に慣れ、定期的に英語を話す機会を作ることが大切です。 特に、50歳から英会話の勉強をするのであれば、英会話教室やオンライン英会話の利用がおすすめと言えるでしょう。 英会話教室やオンライン英会話を利用すれば、定期的に英語のインプット・アウトプットができるため、効率よく英会話を身に付けることが可能です。 以下のチャプターでは、50歳からの英会話学習におすすめの英会話教室・オンライン英会話についてご紹介します。 50歳からの英会話学習におすすめの英会話教室 毎週、決まった時間に教室へ足を運び、英会話の勉強をしたい人におすすめなのが、英会話教室への通学。 最近では、50歳以上の大人を対象としたコースを開講している英会話教室が増えており、通常のコースと比較し、リーズナブルな価格でレッスンを受講することが可能です。 英会話教室へ通うメリットは、毎週、決まった時間に英会話の勉強ができる点。 英会話の勉強が習慣として身に付きやすく、学習を継続させることにつながります。 また、 50歳以上の大人を対象としたコースであれば、同年代の人たちと一緒に英会話を勉強することができ、良い刺激になるのはもちろん、英会話学習を通して、友だちや仲間を作ることも可能です。 さらに、モチベーションの維持にもつながり、楽しく英会話の勉強ができるでしょう。 ちなみに、英会話教室を選ぶ際は、レッスン料金やレッスン形式に加え、教室の立地も重要なポイント。 定期的に通う場所になるので、最寄り駅や自宅、職場から近い、駐車場がある等、通いやすい場所に教室があることが大切です。 50歳からの英会話学習におすすめの英会話教室 レッスン料金(税込) 月額:6,600円 おすすめ!• 入学金:8,800円(友達や家族と2名以上同時入学で入学金0円!)• 別途教材費 レッスン形式 グループ制:最大8名(1レッスン50分) レッスントピック 日常会話、旅行会話など 教室数 全国188校(2017年3月現在) 無料体験レッスン あり ECC外語学院 プラチナサロンの特徴 1962年に創業を開始した老舗英会話教室。 全国に教室を展開し、高い知名度を誇る。 ECCでは、大人の英会話コースとして「プラチナサロン」を用意。 日常会話や旅行会話を中心に、英会話を学ぶことができる。 また、 バイリンガル講師が担任を務めるクラス制となっており、わからない点があれば日本語での質問が可能な点も嬉しい。 加えて、レッスン料金が月額6,600円(税込)とリーズナブルな料金を実現しているので、50歳から英会話学習を始めるのであれば、ECCは有力な英会話教室と言えるだろう。 50歳からの英会話学習におすすめのオンライン英会話 「自宅で自分の都合の良い時に英会話の勉強がしたい」「自分のペースや自分のレベルに合わせてレッスンを受けたい」という人におすすめなのが、オンライン英会話を利用し、英会話を勉強する方法です。 オンライン英会話とは、「Skype(スカイプ)」をはじめとする無料通話ソフトを使って行う英会話レッスンの事。 パソコン、インターネット回線、ヘッドセットがあれば、自宅にいながらにして、簡単に英会話のレッスンを受講することが可能です。 また、50歳からの英会話学習にオンライン英会話を利用するのであれば、下記のポイントもチェックし、自分に合ったオンライン英会話を選ぶと良いでしょう。 50歳からの英会話学習 オンライン英会話選びのポイント レッスン料金(税込) 日常英会話コース 月8回プラン月額4,620円 毎日25分プラン月額6,380円 おすすめ! 毎日50分プラン月額10,670円• レアジョブでは、講師としてフィリピン大学の卒業生・在校生を中心に採用。 年齢・性別・日本語の可否・得意のレッスンなどの条件から、自分に合った講師を見つけることができる。 また、 レアジョブでは、学習プランの作成や学習相談等、日本人カウンセラーによるサポートが受けられる点も嬉しい。 料金も、毎日25分プランが月額6,380円(税込)とリーズナブルな価格を実現しているため、レアジョブは、50歳からの英会話学習におすすめのオンライン英会話と言えるだろう。 レッスン料金(税込) 月額定額プラン 毎月120pt(レッスン4回分)月額12,100円 都度購入プラン 30pt(レッスン1回分)3,300円 120pt(レッスン4回分)13,200円• 表示レッスン数は、1回30ptのレッスンを受講した場合の回数• バーチャル英会話では、 講師に、英語を母国語とするネイティブスピーカーと日本人バイリンガルを採用しており、ネイティブの発音・言い回しを学べるのはもちろん、日本語でのサポートを受けながら、レッスンを受講することができる。 また、 教材が充実しており、自分の学習目的に合わせたレッスンを受講できる点も嬉しい。 バーチャル英会話は、ネイティブスピーカーや日本人バイリンガルの講師から英会話を学びたい人におすすめのオンライン英会話。 まとめ 50歳からの英会話特集はいかがでしたか? 英会話ができれば、外国人と関わるボランティアへ積極的に参加できる他、海外旅行をより楽しむことができ、人生をより豊かにすることが可能です。 また、英会話の勉強は、脳の活性化にもつながり、老化防止にも効果があります。 本特集を参考に、自分に合った方法で、楽しみながら英会話を勉強しましょう。 この記事のタイトルとURLをコピー• この記事もおすすめ.

次の

【中高年 50代 英語】を含む求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

英語 50代

入会金 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円 コース料金 (総額) 日常英会話:月額2,480円 小学・中学講座:月額2,480円 高校講座・大学受験講座:月額2,480円 TOEIC対策:月額2980円 TOEIC対策 オンラインパーソナルコーチプラン:月額4,000円~ プレミアムプラン:月額 6,480 円 ファミリープラン:月額 1,980 円 無料 無料 無料 無料 無料 受講期間 月額制 月額制 無料 無料 無料 無料 無料 適切な学習目的 日常英会話 入試対策 資格対策 ビジネス英会話 日常英会話 資格対策 子供向け英会話 英単語 世界的な講演会の開催・配信 子供向け英会話 日常英会話 資格対策 1ヶ月分の料金 2,480円~ 6,480円~ 無料 無料 無料 無料 無料 無料体験 7日間無料体験 7日間無料体験 無料 無料 無料 無料 無料 \ 関連記事 / 【】 50代から始めるオンライン英会話【最新2020年版】 入会金 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円 コース料金 (総額) 12. 8万 月額制 月額制 291,000円~ 月額制 148,000円 月額制 月額制 月額制 年間制 月額制 年間制 受講期間 3ヶ月 月額制 月額制 12~24ヶ月 月額制 2ヶ月 月額制 月額制 月額制 年間制 月額制 年間制 適切な学習目的 日常英会話 ビジネス英会話 資格試験 日常英会話 ビジネス英会話 ビジネス英会話 日常英会話 ビジネス英会話 日常英会話 日常英会話 ビジネス英会話 日常英会話 ビジネス英会話 資格試験 1ヶ月分の料金 約4. 3万 6,480円~ 5,500円~ 14,250円~ 5,800円~ 分割可能 7,900円 2,980円~ 月額9,800円 年間98,000円(月々8,167円) プレミアムプラン 月額6,480円 ファミリープラン 月額1,980円 無料体験 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 \ 関連記事 / 【】 50代から始める英会話スクール【最新2020年版】 入会金 0円 32,400円 0円 0円 対象年齢 高校生~シニア 大学生~社会人 高校生~シニア 大学生~シニア 形式 スクール スクール スクール スクール コース料金 (総額) 月額制 186,560円~ 月額制 月額制 受講期間 月額制 2ヶ月 月額制 月額制 適切な学習目的 日常英会話 入試対策 資格対策 ビジネス英会話 日常英会話 ビジネス英会話 日常英会話 入試対策 資格対策 ビジネス英会話 日常英会話 入試対策 資格対策 ビジネス英会話 1ヶ月分の料金 7,100円~ 分割回数により変動 10,000円~ 6,000円~ 無料体験 可能 可能 可能 可能 \ 関連記事 / 【】 日常英会話が学びたい50代の方におすすめな英会話教室! 英会話を50代から本格的にを始めた人の口コミ・感想! 初めての海外旅行にいった時のこと、まったく英語がわからずなかなか楽しむことができませんでした。 これは英語を覚えるしか無いということで英会話教室に通い始めました。 2回目の海外旅行に行くという目標があるので頑張れています。 仕事の都合で最低限の英語を覚えるようにと言われたために、急いで英語の勉強をはじめました。 英会話教室に同年代などいるのかと不安になっていましたが、私のように仕事の為や他にも趣味のために英語を覚える人が多くいて安心しました。 50歳以上からのシニア向け英会話教室があると知り、英語が聞けると洋画がもっと楽しく見られるのではということで通い始めました。 それぞれの生徒に合わせてゆっくりとレッスンをしてくれるので慌てること無く、楽しみながら勉強しています。 ハワイに憧れており、いつかは行きたいと思っています。 しかしその時に英語が全くわからないのは困るのではないかということでオンライン英会話勉強をはじめました。 日本語がわかる先生にしてもらい、ゆっくりですが学んでいます。 50代になってから英語を覚えようと決意し、まずは独学でひたすらテキストに向かっていました。 しかし単語は覚えられましたが、なかなかリスニングが上達しないので自宅でできるオンラインスクールを受講することに、最初は少し戸惑いましたが今では毎日授業を受けています。 50代に以外の年代別の英会話について紹介• 50代の英会話のまとめ 英語を始めるのに遅いということはありません。 英会話教室に通ってもいいですし、自宅でビデオ通話を使ったオンラインスクールもあります。

次の