ポプラ戦。 ポケモン剣をウニで攻略する日記 #7 「ポプラ」戦ほか|すいーと|note

ポケモン剣をウニで攻略する日記 #7 「ポプラ」戦ほか|すいーと|note

ポプラ戦

「腹を くくったかい? ちょいと 楽しませて もらうよ」 概要 『』に登場する、の一人。 キャッチコピーは 「ファンタスティック シアター」。 背番号は「910」(キュート)。 アラベスクタウンジムリーダーで、の使い手。 へ向かう途中、の下っ端とのバトルに勝利した後に現れ、その勇姿を褒め称える。 この時、ビートに負けてチャンピオンの兄を汚していることを気にして試行錯誤するホップに対して「兄を意識するのではなく、自分の力でポケモンの力を引き出して信じて戦うべき」だと語っている。 でにバトルを挑まれた後も再び現れ、『ソード』では、『シールド』ではのリーグカードを渡してくれる。 相手の行動を予知しているかのようにバトルを進めることから「」の異名をとる老婆。 超ロング丈のユニフォームをワンピース風に纏っている。 開会式の時にも姿を見せているが、周りの多くがユニフォーム姿で登場する中、最早私服と大差ない恰好で杖をついて現れる彼女はかなり異彩を放っている。 ワンピースのメインカラーはで、他人に対しても唐突に 「ピンクが足りない」と言ってくることがある。 ただし、彼女の本当に好きな色は パープル で、よく見ると小物もそれに倣っている。 詳細は後述。 リーグカードでは「意地の悪い性格」であると書かれているが、実際には(多少捻くれた面はあるものの)、どちらかといえば 茶目っ気のある面倒見の良いお婆ちゃんとして描写されている。 アラベスクタウンのスタジアムは劇団の劇場を兼ねており、彼女は差し詰め劇団の座長といったところか。 母親からジムリーダーの座を渡されて70年とのこと。 おそらく18歳の頃からジムリーダーとして活動していたと思われる。 そんな昔からジム制度が存在していたのか…。 現在の彼女と見比べて「 」と感じたプレイヤーも多かったはず…。 ジムチャレンジ 上記のように高齢ゆえに後継ぎを探しており、ジムミッションではジムリーダーのも兼ねバトル中に クイズを出してくる。 『』のや『XY』のシトロンのジム、『』のの試練のように、過去作にもクイズを出してくるジムリーダー及びそれに相当するキャラクターはいたが、彼女のクイズはまた一味違ったもの。 なんと過去作のようにバトルの前後ではなくバトルの真っ最中に出題され、しかもその回答次第では能力が上がったり下がったりするのだ。 ちなみにビートを気に入った理由は「まっすぐだしひねくれてもいる」「 ピンク!ピンク!!ピンク!!!」である。 よくわからないがおめでとう! 実際このことからポプラが印象に強く残ったトレーナーも少なくないだろう。 ストーリークリア後は、既にビートにジムリーダーの座を譲って引退してしまっているため、 殿堂入り後に行われるチャンピオントーナメントには彼女を招待することは残念ながらできない。 同じくジムリーダーから退いたは招待できるのに、彼女を招待できないのはおかしいという意見もある。 だが、このあたりは既に高齢で肉体的・体力的にも遠征が難しいこと等も関係しているのかもしれない(ちなみにネズの引退理由は「ミュージシャンとしての仕事に専念したいから」「妹のの方が才能があると昔から思っていたから」であり、肉体的な限界とは全く関係がない)。 そもそも、ネズは ポケモントレーナーそのものからは引退していない。 このことから考えると、ジムリーダー引退と同時にポケモントレーナーとしても完全に引退してしまったのかもしれない これに伴い、ビートの使うクチートは、ポプラから譲られたものだという説がある。 ビートはまだジムリーダーになってから日が浅い上に、しかもジムチャレンジ中に遺跡の破壊やリーグへの乱入といった問題行動を起こしたという「前科」もある。 このため、こうした事情を抱えているビートのいわば後見人として、彼が不在の間に代わってジムの様々な業務を熟しているとも考えられる。 いずれにせよ、こうした事情があるため、ストーリー全体を通じて 彼女と勝負ができるのはシナリオ中のジムチャレンジが最初で最後となっている。 手持ちポケモン ジムバトル•

次の

ソードシールド詳細攻略チャート05 (アラベスク ジム:ポプラ戦まで)|ポケモン徹底攻略

ポプラ戦

「腹を くくったかい? ちょいと 楽しませて もらうよ」 概要 『』に登場する、の一人。 キャッチコピーは 「ファンタスティック シアター」。 背番号は「910」(キュート)。 アラベスクタウンジムリーダーで、の使い手。 へ向かう途中、の下っ端とのバトルに勝利した後に現れ、その勇姿を褒め称える。 この時、ビートに負けてチャンピオンの兄を汚していることを気にして試行錯誤するホップに対して「兄を意識するのではなく、自分の力でポケモンの力を引き出して信じて戦うべき」だと語っている。 でにバトルを挑まれた後も再び現れ、『ソード』では、『シールド』ではのリーグカードを渡してくれる。 相手の行動を予知しているかのようにバトルを進めることから「」の異名をとる老婆。 超ロング丈のユニフォームをワンピース風に纏っている。 開会式の時にも姿を見せているが、周りの多くがユニフォーム姿で登場する中、最早私服と大差ない恰好で杖をついて現れる彼女はかなり異彩を放っている。 ワンピースのメインカラーはで、他人に対しても唐突に 「ピンクが足りない」と言ってくることがある。 ただし、彼女の本当に好きな色は パープル で、よく見ると小物もそれに倣っている。 詳細は後述。 リーグカードでは「意地の悪い性格」であると書かれているが、実際には(多少捻くれた面はあるものの)、どちらかといえば 茶目っ気のある面倒見の良いお婆ちゃんとして描写されている。 アラベスクタウンのスタジアムは劇団の劇場を兼ねており、彼女は差し詰め劇団の座長といったところか。 母親からジムリーダーの座を渡されて70年とのこと。 おそらく18歳の頃からジムリーダーとして活動していたと思われる。 そんな昔からジム制度が存在していたのか…。 現在の彼女と見比べて「 」と感じたプレイヤーも多かったはず…。 ジムチャレンジ 上記のように高齢ゆえに後継ぎを探しており、ジムミッションではジムリーダーのも兼ねバトル中に クイズを出してくる。 『』のや『XY』のシトロンのジム、『』のの試練のように、過去作にもクイズを出してくるジムリーダー及びそれに相当するキャラクターはいたが、彼女のクイズはまた一味違ったもの。 なんと過去作のようにバトルの前後ではなくバトルの真っ最中に出題され、しかもその回答次第では能力が上がったり下がったりするのだ。 ちなみにビートを気に入った理由は「まっすぐだしひねくれてもいる」「 ピンク!ピンク!!ピンク!!!」である。 よくわからないがおめでとう! 実際このことからポプラが印象に強く残ったトレーナーも少なくないだろう。 ストーリークリア後は、既にビートにジムリーダーの座を譲って引退してしまっているため、 殿堂入り後に行われるチャンピオントーナメントには彼女を招待することは残念ながらできない。 同じくジムリーダーから退いたは招待できるのに、彼女を招待できないのはおかしいという意見もある。 だが、このあたりは既に高齢で肉体的・体力的にも遠征が難しいこと等も関係しているのかもしれない(ちなみにネズの引退理由は「ミュージシャンとしての仕事に専念したいから」「妹のの方が才能があると昔から思っていたから」であり、肉体的な限界とは全く関係がない)。 そもそも、ネズは ポケモントレーナーそのものからは引退していない。 このことから考えると、ジムリーダー引退と同時にポケモントレーナーとしても完全に引退してしまったのかもしれない これに伴い、ビートの使うクチートは、ポプラから譲られたものだという説がある。 ビートはまだジムリーダーになってから日が浅い上に、しかもジムチャレンジ中に遺跡の破壊やリーグへの乱入といった問題行動を起こしたという「前科」もある。 このため、こうした事情を抱えているビートのいわば後見人として、彼が不在の間に代わってジムの様々な業務を熟しているとも考えられる。 いずれにせよ、こうした事情があるため、ストーリー全体を通じて 彼女と勝負ができるのはシナリオ中のジムチャレンジが最初で最後となっている。 手持ちポケモン ジムバトル•

次の

人生後半戦、これでいいの (ポプラ新書)

ポプラ戦

御三家はウニが正解アタックをくらえ!!!! — すいーと サウスピ団FB SUITEXSUITE 「ホップ(7番どうろ)」。 カビゴンだの、いろんなポケモンを出してくるが全て対応できる。 特にインテレオンがよわい(ウニが相性良すぎる)。 続いてはジムリーダーで「キョダイマックス」の使い手だというのに流される憂き目に遭った「マクワ」戦。 こちらは「なみのり」で瞬殺。 よ、よわい…いや、「あまごい」「なみのり」が強すぎるのか。 地味ーに 「いわバッジ」獲得。 ついに最強ポケモンに気付いた「ホップ」だったが、残念ながら歴戦の「なみのりウニ」には敵わない。 なんだそのレベルは… かわいいケンカ — すいーと サウスピ団FB SUITEXSUITE 雪道で水の掛け合いをして遊ぶウニを見守ってから次に向かおう。 「マリィ」は 「ミサイルばり」や「つつく」を耐えられません。 ジムリーダー「ネズ」戦はそもそも「ダイマックス」が使えないので、普通のトレーナー戦と変わらない。 後で聞くところによると、 「ネズ」も「ダイマックス禁止」で頑張ってるんだとか…お前いいやつだな。 常套手段「でんじは」が今回も光る(でんきわざだけに)。 「カラマネロ」は「イカサマ」が異常に強いし、「みず」タイプかと思ったら「でんき」がばつぐんではなかったりしてちょっと苦戦してしまったが「ゴツゴツメット」が徐々にダメージを入れてくれてなんとかなった。 後で調べたら相手の「イカサマ」はこちらの「こうげき」を参照するわざらしい。 本当に強かったのはウニのほうだったんだな(ポジティブ)。 「タチフサグマ」は「ミサイルばり」を耐えられない。

次の