ご無沙汰 し て おり ます 返信。 ビジネスでの「ご無沙汰しております」の最適な使い方〜「お世話になっております」との併用の仕方

「ご無沙汰しております」の意味と使い方|「お久しぶりです」との違い

ご無沙汰 し て おり ます 返信

「ご無沙汰しております」の意味とは、どのような意味が込められているのでしょうか。 まず、「ご無沙汰しております」の「沙汰」という言葉に注目してみましょう。 「沙汰」というのは、「便り」や「知らせ」という意味があります。 また、「ご無沙汰しております」には「無」という言葉も使用しているので、意味としては「便りや知らせがなかったですが、お久しぶりです」という一言に直すことができます。 しかし、「わざわざ便りも知らせもなく、お久しぶりです」という言葉では長くて伝えづらいため、「ご無沙汰」という言葉が生まれました。 また、ご無沙汰の「ご」は相手を敬う謙譲語を使っているため、相手を立てて、自分を下にしている表現となります。 どれくらいの期間で使える? 「ご無沙汰しております」は、会ってからどれくらいの期間を空けて使うのがいいのでしょうか。 さすがに2~3日や1週間程度では、不自然な使い方ですので、相手と自分にとって久しぶりではない限りは、多用しないほうがいいでしょう。 「ご無沙汰しております」は、しばらく連絡をしておらず、久しぶりの気持ちを伝えたいので、だいたい2~3ヶ月以上の期間が空いているのであれば、「ご無沙汰しております」を使うのにはちょうどいい期間でしょう。 また、1年や5年、半年など期間が空いた場合は「大変ご無沙汰しております」と使うのが一般的です。 さらに別の言い方では「長い間、ご無沙汰しております」という言葉でもいいでしょう。 メールでの「ご無沙汰しております」 いかがでしたでしょうか。 「ご無沙汰しております」使う相手を選ばないのもこの敬語のいいところです。 もし、久しく会っていない目上の方や上司に会ったら「ご無沙汰しております」と挨拶をしてみましょう。 基本的に「ご無沙汰しております」は、目上の方に使うことが多いため、目上の人のみにしか使えないというわけではありません。 「ご無沙汰しております」は、目上の人だけでなく友人や同僚に対してもスタンダードに使えますので、長く連絡をとっていない久しい相手がいたら挨拶として使ってみることをおすすめします。 ぜひ、「ご無沙汰しております」の正しい使い方をマスターして、ビジネスシーンや挨拶の場で使ってみてはいかがでしょうか。

次の

ご無沙汰しておりますと上司から突然のメール。どう返信したらいいの!?

ご無沙汰 し て おり ます 返信

スポンサーリンク 「お久しぶりです」と「ご無沙汰しています」の違いは? 「お久しぶりです」と「ご無沙汰しています」のそれぞれの言葉を具体的に見ていきましょう。 お久しぶりです 前回会ってから長期間、時間が空いていた人に会った時に使われる挨拶の言葉。 「しばらくぶり」という意味です。 友人や知人など幅広く使えます。 最初に「お」、最後に「です」がつくので敬語として目上の人に使うこともできます。 ご無沙汰しています こちらも同様に、しばらくの間会っていなかった人へ使われる挨拶言葉となります。 こちらの場合、「ご無沙汰しています」の「無沙汰」は、会い行ったり手紙を出すことをしばらくせずにいることを言います。 そして、その無沙汰を使った「ご無沙汰しています」、「ご無沙汰しております」という言葉は、このように挨拶に行かなければいけなかったのに 音沙汰なくしてしまったことを詫びる意味で使われます。 特にお世話になった方や上司、先生など目上の方に使う言葉となります。 スポンサーリンク 二つの違いは「使う相手」 以上のことからどちらもほぼ同じ意味で使われますが、 相手によって使い分けることをおすすめします。 「お久しぶりです」は、立場に関係なく使うことができ、気軽な場面で使うと良いでしょう。 「ご無沙汰しています」という言葉の方は、より丁寧なので、目上の方へ使うことで敬意を表すことが出来ます。 ちなみに「ご無沙汰しています」はさらに、• ご無沙汰しており申し訳ございません。 大変ご無沙汰しております。 すっかりご無沙汰いたしまして申し訳ありません。 などなど、さらに丁寧に使うことが出来ます。 会ったとき、電話やメール、手紙などで使っていきましょう。 まとめ 「お久しぶりです」は上下関係気にせず・「ご無沙汰しています」は目上の人へ使う。 と覚えておけば問題ありません。 日本語、特に敬語の使い方はとても繊細で難しい面がありますが、その分上手に使い分けることができるとかっこいいですよね。 久しぶりに会うとその場でパッと最適な言葉が出ない心配もありますので、家で練習しておいたり、メールなどの挨拶から使っていくといいかもしれません。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

「ご無沙汰しております」の意味と使い方!ビジネスや目上への例文

ご無沙汰 し て おり ます 返信

TO:用件を伝えたい、返信を求めたい相手• CC:参考として確認してもらいたい相手• BCC:お互いに面識のない複数名に一斉送信をしたい際に、それぞれのアドレスを入力 気を付けなければならないのは、CCとBCCの違いです。 面識のない相手同士のアドレスをCCに入れてしまうと、すべての送信先のアドレスが受信者に表示されてしまいます。 個人情報の漏洩につながってしまうので、気をつけましょう。 すぐに返せないときは、連絡に対してのお礼と「後ほど改めて返信します」という旨の一文を入れて、まずは取り急ぎの返信をすることが大切です。 特に問い合わせやクレーム気味の内容の場合、「詳細がわかりましたら、再度連絡いたします。 」のように、メールを確認し、後で対応する旨を連絡することが大切です。 重要度機能は、一方的で自己中心的な印象で受け取る人も多いので、たとえ社内であっても上司や先輩へ使うのは避けましょう。 自分にとっては重要な用件であっても、相手にとって重要とは限らないです。 相手側の気持ちを考え、メールを送信することが大切ですね。 「ご無沙汰しております」メールを送るときの基本マナー ビジネスメールでいきなり本文から書き始める人がいますが、件名に挨拶のような文を使ったとしても、本文中でも再度挨拶をすることと、自分がどこの誰であるか名乗るのがマナーです。 挨拶には、まずご無沙汰していることを伝える文章を書き、その後で自分の名前を名乗りましょう。 例文については、例文の項でご紹介しますのでここでは割愛いたします。 部署や役職が変わった場合、元の部署や役職も名乗り現在の部署・役職を相手に伝えます。 メールアドレスが変更になった時も同様に、以前のメールアドレスを知らせてから、こちらのメールアドレスに連絡が欲しい旨を丁寧に伝えましょう。 そして、最後は久しぶりに一緒にお仕事をさせてもらうことになるので、「今後ともよろしくお願いいたします。 」などのお願い文を入れることで、相手に好印象を持ってもらえるでしょう。 ビジネスメールでのマナーを踏まえてなおかつ親近感や好印象を持ってもらうということが、一緒に仕事をする上では大切です。 「ご無沙汰しております」メール作成のポイント• 「ご無沙汰しております」期間の目安は3ヶ月程度• 目上の方やビジネスパートナー、取引先の相手などに使用する• 久しぶりの連絡に「ご無沙汰しております」で返してもOK 「ご無沙汰しております」を使用するタイミングですが、どれくらいで久しいと感じるかは個人の感覚によるので人それぞれ。 しかし一般的には、2~3カ月以上会っていない場合に「ご無沙汰しております」を使うのが自然とされています。 頻繁に会ったり、前に会ってからそんなに期間が経っていない相手に対して「ご無沙汰しております」は、あまり使わない方が良いでしょう。 場合によっては、嫌味や失礼な発言として受け取れる可能性もあります。 「ご無沙汰しております」メールの件名のコツと例文 例文• 大変ご無沙汰して…」• 「ご無沙汰しております。 「大変ご無沙汰しております。 「ご無沙汰しております。 「久しくご連絡をとっておらず、ご無沙汰になってしまいましたこと、誠に申し訳ございません。 「ご無沙汰してしまい、大変失礼いたしました。 「大変ご無沙汰をしております。 お変わり無くお元気でいらっしゃいますか」• 「ご無沙汰をしており申し訳ございませんでした。 お変わりございませんでしょうか」 「ご無沙汰しております」取引先の人に送るときの例文 例文• 「すっかりご無沙汰いたしまして申し訳ありません。 「大変ご無沙汰しておりますが、お変わりございませんでしょうか。 」 あまり無いとは思いますが目上の人から「お久しぶりです」という挨拶でメールが来た時にも、返信時にお久しぶりと言われたからと「お久しぶりです」と返してはいけません。 きちんと「ご無沙汰しております」とこちらからもご無沙汰の無礼を詫びる一文を入れましょう。 また、目上の人へのメールの場合悩むのが宛名です。 様にするのか殿にするのか、役職の後にも様をつけるのか否かで悩むでしょう。 一般的なマナーですと、殿は同等かまたは目下の者に対して使うものです。 目上の人に使うと失礼にあたり、怒られる場合もありますのでご注意ください。 ビジネスでのご無沙汰メールでは、件名に挨拶と名前、社名を入れてわかりやすくしたり、本文にもご無沙汰している詫び文を入れ、更に自分がどこの誰で、いつ相手と関わりがあったのか伝えるということが大切だということをお伝えしました。 たとえ相手が自分よりも目上であり「お久しぶりです」というくだけた文章を送ってきたとしても、自分からの返信は「ご無沙汰しております」と返さなくてはいけないこと、ただご無沙汰していたということだけではなく、それを謝罪する言葉「申し訳ございませんでした」などと続けると良いビジネスメールになることなどがわかりました。 きちんと礼儀正しいご無沙汰メールであり、なおかつ相手の印象に残るようなメールを目指して工夫してみましょう。

次の