クロス メディア エキスパート。 JAGAT クロスメディアエキスパートの攻略 ACT.1

JAGATさんのクロスメディアエキスパート資格を取得

クロス メディア エキスパート

クロスメディアの使い方とは? ここでは、クロスメディアの使い方についてご紹介します。 クロスメディア戦略 クロスメディア戦略というのは、クロスメディアの考え方を使って販促活動や広告活動を行う方法です。 それぞれの媒体のメリットを利用して、どのような機能をどの媒体に持たせるかを検討します。 個々の媒体ではなくて、どのような方法で何を誰にいつ伝えるかを総合的に検討して戦略を練って実行することで、ユーザーを効果的に購買という最終ゴールに導きます。 クロスメディアマーケティング クロスメディアマーケティングというのは、クロスメディアを利用したマーケティング活動です。 マーケティングというのは、ユーザーが希望するサービスや商品に関してどのように実現するかを検討することです。 クロスメディアマーケティングでは、マーケティング活動を個別のメディアや1つのメディアではなくて、総合的に行うことによってシナジー効果を生みます。 クロスメディアエキスパート クロスメディアエキスパートというのは、公益社団法人印刷技術協会(JAGAT)が決めている資格のことです。 試験は、幅広くマーケティングに関係するものから出題されます。 試験問題は、細かく設けられた企業について、企画に関して見積もりやスケジュールも含めた記述式のものなどがあります。 3月と8月に年2回行われ、経験に関係なく団体あるいは個人申請で試験を受けることができます。 資格を取った後は、更新のための試験が2年ごとにあります。 クロスメディア戦略で広告を組み合わせた事例 テレビで「詳しくは〇〇と入れて検索」というCMをときどき目にすることがあるのではないでしょうか。 これは、テレビのCMとホームページを組み合わせたクロスメディア戦略です。 クロスメディア戦略としては、このように広告の組み合わせがいろいろあります。 ここでは、クロスメディア戦略で広告を組み合わせた事例についてご紹介します。 電車の中吊り広告とSNS 現在はほとんどの人がスマホやタブレットを持っており、SNSのFacebook、LINE、Instagramなどを多くの人が利用しています。 そのため、多くの企業が公式アカウントをこのようなSNS上に持っており、宣伝活動に使っているようなケースも多くなっています。 例えば、電車の中吊り広告は、短時間で見てもらうために文字を詰めて書くことができなく、商品の詳細な説明などはできないでしょう。 そのため、SNSアカウントに中吊り広告から誘うようなクロスメディア戦略があります。 中吊り広告によっては、QRコードを載せて簡単にSNSのページにアクセスできるようなものもあります。 DMやチラシとホームページ ホームページでいかにサービスや商品を紹介していても、ホームページを見てくれないと全く意味がありません。 そのため、ネットは必要最低限しか見ないような人でも見てもらうには、別のところから誘う必要があるでしょう。 そこで、新聞を見ていない人にも宣伝ができるDM、新聞を見ている人が間違いなく見るような折り込みチラシによって、ホームページに誘うようにします。 テレビのCMとウエブサイト クロスメディア戦略としては、資料請求に導くために2つの媒体を使うようなものもあります。 例えば、不動産、リフォーム、学習塾などのように、どれを利用するかを検討するようなものであれば資料請求をするでしょう。 そのため、テレビのCMのように何となくでも見ることがあれば、非常に有効な宣伝の方法になります。 そして、ホームページにここから訪問してくれると最初の宣伝活動としては成功します。 ホームページに訪問してくれると、資料請求を希望するようなサービスや商品について詳細に説明することが次の宣伝活動になります。 クロスメディア戦略で獲得できるマーケティング効果とは? クロスメディア戦略は最近マーケティングの方法としてよく採用されていますが、多くの企業が採用しているというのは、効果がそれなりに獲得できているのでしょう。 ここでは、クロスメディア戦略で獲得できるマーケティング効果についてご紹介します。 一つの媒体で足りない情報を補うことができる 時間がテレビのCMは制限されているので、全ての伝えたい情報を入れ込むことはできません。 一方、紙媒体のチラシなどは文字数の制限があるので、全ての伝えたいことを載せることができません。 そのため、テレビのCMや紙媒体のチラシからSNSやホームページに誘うことによって、足りない情報を補うことができます。 費用低減の効果が期待できる テレビのCMは長い時間なるほど費用が高くなります。 また、紙媒体のチラシも多く載せる範囲を確保しようとすれば、費用がその分高くなってしまいます。 そのため、必要最低限に一つの媒体の情報量をすることによって、宣伝のための費用が低減できる効果が期待できます。 いろいろな層のユーザーが獲得できる 現在は、高齢の方でもパソコン、スマホ、タブレットを使うようになっています。 しかし、若い方に比較して、ネットはそれほど使っていません。 高齢の方は、情報を昔のような見る広告から獲得するときが多くあります。 そのため、クロスメディアを利用することによって、ネットを普段は利用しない層のユーザーを獲得することができます。 宣伝効果を掴みやすい テレビのCMからホームページに誘うという流れを作ると、テレビのCMをどの程度の人が見たかを掴むことができます。 また、配ったチラシからホームページに誘うようにしておくと、配ったチラシにどの程度の人が関心を示してくれたかがわかります。 クロスメディア戦略によって、このように宣伝効果がどの程度あったかを掴むことができ、今後の宣伝活動に利用することもできます。

次の

クロスメディア

クロス メディア エキスパート

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 クロスメディア戦略とは 最近良く聞く「クロスメディア戦略」という言葉ですが、難しい言葉だと思って、避けている人もいるでしょう。 以前、販促、広告、広報は部署の縦割りから、マーケティング部などの名前で集約されてきているというお話をしました。 その際に、クロスメディア戦略を行うためには、縦割りでは難しいというお話もしています。 つまり、クロスメディア戦略は、いろいろな物をクロスさせた複合的な戦略であるということがわかります。 実際、現場では、広告と販促、場合によって広報をミックスさせた「クロスメディア戦略」が売上を上げるための重要手法になってきているため、縦割部署制度では難しいでしょう。 販促、広告、広報という違いは、将来的にはなくなってしまうのかもしれません。 参考: クロスメディア戦略とは、1つの商品やサービスをさまざまな媒体を用いて、広告宣伝活動、販促活動に活かすことで、媒体同士の相乗効果をもたらす戦略のことを言います。 「それって、マルチメディア戦略じゃないの?」 鋭いですね。 確かに似ていますがクロスメディア戦略とマルチメディア戦略は違います。 マルチメディア戦略とは、1つの商品、サービスを複数の媒体を使って、宣伝広告するための手法です。 クロスメディア戦略とは、1つの商品、サービスを複数の媒体の長所と短所を理解し、特徴を活かした一連の広告戦略を行うことなので、かなり意図を持って、広告を行っていく必要があります。 使用する媒体は、それぞれが役割を持っています。 つまり、集客し、興味付けをし、購買や資料請求に至るまでの役割を1つの媒体では行いません。 クロスメディア戦略は、一連の流れに沿って、各媒体に役割を持たせ、スタートとゴールを明確にすることで、認知効果を高めたり、より精度の高い販促を行うことを可能にします。 それでは、そんなクロスメディア戦略をより深く理解するために、メリットや媒体の組合せ方をご紹介していきましょう。 クロスメディア戦略のメリット クロスメディア戦略には、3つのメリットがあります。 クロスメディア戦略のメリット1. 媒体毎の不足を補い合える たとえば、チラシ単体では多くの情報を伝えることはできません。 テレビCMでは商品詳細までは紹介できないかもしれません。 そこで、チラシからWEBサイトに誘導して情報閲覧させたり、テレビCMでイベント告知して雑誌に誘導したりなど、それぞれが不足する特徴をクロスメディア戦略によって、補完することができます。 クロスメディア戦略のメリット2. 質の高い顧客を囲い込める クロスメディア戦略は、複数のメディアを使うことで、スタートからゴールまでの導線を引くことができる一連の広告戦略です。 これまで、単一媒体の広告中心だった企業では、発見できなかったユーザーニーズを発見できるだけでなく、高いニーズをもった顧客をゴールに導くことが可能になるため、より質の高い顧客を囲い込める可能性が高まります。 クロスメディア戦略のメリット3. 媒体毎の効果測定が行いやすい クロスメディア戦略は、チラシ、カタログ、テレビCM、WEBサイトなどの組合せでできているため、媒体毎に段階的なプロモーションを行うことができます。 また、媒体が分かれているといっても、一連の流れがあるため、それぞれの誘導率など効果測定が行いやすく、PDCAを回しやすくなっています。 クロスメディア戦略に使える媒体とは メリットを理解できたら、次はクロスメディア戦略を行うために、組み合わせる媒体の種類と長所・短所を知っておかなければいけません。 現在のクロスメディア戦略といえば、多くの方がおわかりの通り、如何にインターネットと他の媒体を組み合わせるかが主眼に置かれます。 組み合わせ方によっては、大きな威力を発揮するものもあれば、そうではないものもありますので、しっかりと長所・短所を理解しておきましょう。 4マス広告(マスメディア) テレビCMや新聞、雑誌、ラジオなどを総称して、マスメディアと呼びます。 そして、主要な4つのマスメディアを使った広告のことを4マス広告と呼びます。 参考: 4マス広告の長所は、広い層に対して、一気に情報を拡散でき、かつブランディングに繋がるということです。 どのメディアも全国区のものと地方のものがあり、広告宣伝したい商圏に応じて、使い分けを行えます。 個別媒体広告 チラシ、DM、パンフレットなどの印刷物は個別の広告媒体です。 それぞれは単なる広告素材であるため、どのように利用して顧客に届けるかが重要であり、それによってコストも変わってきます。 また、チラシは新聞折込やポスティング、街頭手配りなどを使った認知訴求が目的であることに対して、DMや資料送付は、住所と名前を知っている人に営業することが目的です。 個別広告媒体も、自社が行いたい戦略や現在持っている情報によって、何を使うかが変わってきます。 WEB媒体広告 企業のWEBサイト、ECサイト、Facebookページ、Twitter、リスティング広告などが、WEB媒体と呼ばれるものです。 WEB媒体は移り変わりが激しいため、全てを追いかけて、使いこなしていくことは非常に難しいですね。 私も苦労しています。 特徴としては、インターネット上で展開される媒体であるため、商圏はありません。 つまり、より広い広告宣伝が行える代わりに、狭い地域に対するピンポイント広告には威力を発揮しづらいということです。 その割には、近場のお店に行く方でも、スマートフォンで検索をすることが当たり前になってきているため、せめて自社のWEBサイトや宣伝ツールを持っていないと、損をしてしまうことがあります。 クロスメディア戦略の媒体組み合わせ事例 マスメディア、個別広告媒体、WEB媒体の特徴を把握したら、次は、最適な組み合わせを考えます。 クロスメディア戦略の最大の目的は、市場に埋もれているターゲットを発掘することです。 そのため、これまでバラバラに考えていた新聞広告、テレビCM、チラシ、パンフレット、DM、WEBサイト、WEB広告などを複合的に活用するためのコンセプトやターゲット設計、ユーザー導線のスタートからゴールまでの戦略など、考えることは多岐に渡ります。 もちろん、複数の媒体を組み合わせるため、コストもかかりますので、安易に始めるわけにはいきません。 業種業態、ターゲット、取り扱い商材等によって、戦略は大きく変わりますので、まずは、クロスメディア戦略の媒体組み合わせにどのようなものがあるかを見ていきましょう。 媒体組み合わせ例1. WEBサイトから直接問い合わせてもらうことにハードルを感じている場合、紙の資料やカタログを簡単に請求できる仕組みをとっておくと、間口を広げられ、取りこぼしを少なくすることができます。 資料請求はメールアドレスのみで行えるなど、ふらっと立ち寄った方にも請求ハードルを下げた仕組みにするべきでしょう。 非常に多くの商品を取り扱っている場合や、紙の資料を見た方が魅力が伝わりやすい場合に有効な方法です。 媒体組み合わせ例2. 商品ニーズが明確な顧客に対しては、リスティング広告が有効です。 ニーズが強いため、問い合わせフォームには、企業名や担当者名を書かせることも可能です。 資料請求を行った方は、さらにニーズが高いことが予測できるので、反響営業を仕掛けていきましょう。 広告費を投入する分、確実に資料請求顧客を追える仕組みが必要です。 媒体組み合わせ例3. 通常WEBサイトを使った商売には、決まった商圏がありません。 ところが、地元密着企業や来店型店舗にとっては、WEBサイトの活用方法がわからない場合があるでしょう。 その場合は、チラシ・DMでWEBサイトに集客し、オファー(特典)を用意した上で、資料請求・カタログ請求に繋げたり、直接来店を促す仕組みを作ってみましょう。 あくまでもクロスメディア戦略であるため、チラシ・DMに記す内容は、「来店促進」と「WEB集客」です。 媒体組み合わせ例4. 日用品や頻繁に使うものをECサイトを使って新しく展開することになった場合、今までの顧客や新規顧客は、ECサイトの存在を知りません。 そのため、チラシ・DMなどの広く確実に手元に届く広告手法で告知する方法を使います。 媒体組み合わせ例5. 学習塾や家庭教師、不動産、有料老人ホームなど、顧客が選択をするために、さまざまな情報が必要、かつ顧客単価が高いものを販売したい場合は、どうすれば資料請求やカタログ請求ができるかを知らせる必要があります。 その場合に、一番手広く宣伝する方法がテレビCMです。 ただし、マスメディアを使うため、広告コストがかかります。 自社の商品、サービスがテレビCMに見合った内容なのかを吟味しなくてはいけません。 クロスメディア戦略のメリットと媒体組合せ事例まとめ 冒頭でお話した通り、クロスメディア戦略は難しいものではありません。 マルチメディア戦略と違って、考えることは導線です。 ・何の媒体を使って集客するのか ・何の媒体に集客するのか ・どのような行為を顧客に求めるのか この3つの組み合わせによって、クロスメディアで活用する媒体が、2つなのか、3つなのか、4つなのか、ということが決まります。 インターネットが広がる前までは、マスメディアと個別広告媒体でのクロスメディア戦略が主流でしたが、今は、如何にインターネットを組合せて相乗効果を出すか、が主流になっています。 ただし、まだインターネットをゴールに据えるには市場の習熟度が足りません。 インターネットがリアルな店舗営業の消費活動を上回るには、あと10年以上はかかるでしょう。 そのため、私たちは、どうやって顧客の手元に、パンフレットや資料、カタログの個別配送ができるかを考えなければいけません。 現在のところ、クロスメディア戦略の導線におけるゴールは、これら個別広告媒体です。 それを理解して、効果的なクロスメディア戦略に取り組んでみてください。 タグ一覧.

次の

実は簡単!クロスメディア戦略のメリットと媒体組合せ事例

クロス メディア エキスパート

クロスメディアエキスパート認証試験とは? クロスメディアエキスパートとは、情報資源を紙、DVD、インターネット、モバイルなど多様なメディア(クロスメディア)へ効率的かつ効果的に展開することができる、デジタルメディア制作能力を認定する資格で、メディアを活用した提案活動を行うことをめざす能力を証明できます。 資格の認証期間は2年間で、更新を行わない場合は、資格が失効しますが、救済策として再取得制度があります。 その他情報 難易度は? : 近年合格率は、38. 7%ほど。 就職は? : Web関連企業、インターネット広告会社、DTP専門会社、デザイン事務所、出版会社、マーケティング企業など多岐にわたります。 クロスメディアの観点から広告・宣伝効果を最大限活用したい企業が多いため求人も多い。 仕事内容は? : メディアや媒体の特性を考慮し、企業イメージや商品イメージのブランディングの提案、マーケティング・コミュニケーション戦略の企画・推進などを行います。 (提案先企業の概況を4,500文字程度でまとめられた与件を読み、設問に従い提案書を作成。 マーケティングの定義、役割、売れる仕組み、ソーシャル・マーケティングなど• 顧客満足(CS)、顧客ロイヤリティなど• 製品市場戦略、製品ライフサイクル、バリューチェーンなど• セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングなど• 定量調査と定性調査、テキストマイニング、データマイニング、デシル分析、RFM分析など• 新製品の普及過程、イノベーター理論• 製品・サービス分類、ライフスタイル、製品ミックス、新製品開発とポジショニングなど• ブランディングの概念、役割、ブランド・ロイヤルティなど• 価格戦略、PSM分析、プライシング、フリーミアムなど• プロモーション・ミックス、広告、PR、パブリシティ、プッシュ・プル戦略など• AIDMA、AISAS、AISCEAS、SIPS、DECAXなど• CRM、1 to 1マーケティング、FSP(Frequent Shoppers Program)、顧客生涯価値など• サービス・マーケティングの特徴、サービスの無形性と品質など• Webマーケティング、インターネット広告、動画広告、DMPなど• マーケティング・オートメーション、リードナーチャリング、データドリブン・マーケティングなど• コンテンツマーケティングの定義、役割、効果、事例など• カスタマーエクスペリエンスの定義、役割、効果など• 経営理念、経営戦略、ミッション、コーポレートアイデンティティなど• 事業領域と事業戦略、成長戦略、競争戦略、イノベーション、SWOT分析など• 知的財産権、産業財産権、著作権、知的財産権の保護と国際化、プログラム使用許諾契約など• 電子消費者契約法、特定商取引に関する法律など• 個人情報保護法など• 不正アクセス禁止法の意義と役割など• ネットワーク社会、電子マネー、ビジネス機会、情報格差、ユビキタスなど• インターネットメディアとマスメディア、インターネットメディアの動向とメディア特性、トリプルメディア、シェアードメディアなど• OOH(屋外広告)、交通広告、デジタルサイネージの動向とメディア特性など• POPと店頭広告の動向とメディア特性、電子POPなど• ダイレクトメールの動向とメディア特性など• マルチメディア、ワンソースマルチユースなど• メディアリテラシーの定義、歴史、教育、問題など• 特徴、ビジネスモデルなど• 仮説思考、ロジカルシンキング、ブレーンストーミング、ファシリテーションなど• Webとアクセシビリティ、WebコンテンツJIS、情報格差など• ユーザビリティの概念、活用など• ユニバーサルデザインの定義と活用など• マイクロエレクトロニクス革命、コンピュータシステムの変遷、ビッグデータ、AIなど• インターネットとWeb、HTTP、HTML、XML、CSS、スクリプト言語など• Webアプリケーション、Webシステムの構築と運用 など• 暗号化、バイオメトリクス認証、特定認証業務に関する認定制度 コンピュータウィルスとセキュリティソフト、情報セキュリティとリスクマネジメントなど• 文字・画像・音声・映像の表現技術とフォーマット、マークアップ言語、ARとVRなど• ドキュメント表現とフォーマット、電子書籍など• デジタル印刷方式と用途、ワークフロー、ビジネスモデルなど• DPSビジネス、用途など• 免除(科目等)について 第1部試験のみ合格した者は、その後2年間に限り、第1部試験が免除されます。 願書申込み受付期間• 認証継続のためには更新試験を受験し合格する必要があります。 更新を行わなかった場合は、資格が失効します。 (更新試験受験料は、5,200円) ただし、資格が失効しても、以下に該当する者は、失効救済策として、「再取得制度」があります。 再取得制度該当者は以下の通りです。

次の