中森明菜 事務所。 「名前変えたら」事務所役員が提案した幻の芸名 “慧眼”の水着写真集は30万部超え!今はお宝に:イザ!

研音グループ

中森明菜 事務所

その昔、中森明菜という閃光を放つ歌姫がいた。 やがて、トラブルばかりが目立ち、いつしか「歌を忘れたカナリア」となった。 この年、創刊されたばかりの写真誌でマスコミ業の末席に身を置いた筆者は、いわゆる「明菜番」を担当し、大みそかの会場にも居合わせた。 21歳にして威風堂々、それがステージに立つ明菜を見ての素直な感想だった。 82年にデビューした明菜は、3曲目の 「セカンド・ラブ」以降、ほとんどのシングルでチャート1位を獲得。 レコード売り上げ以上に顕著だったのはカラオケにおける人気で、松田聖子や小泉今日子を遠く引き離し、OLたちが歌うのは明菜ばかりという日々だった。 大賞曲の「DESIRE」も、着物をアレンジした衣装やボブの髪型、大胆なアクションまですべて明菜の意向である。 ただし、その一方で明菜は決して「波風の立たない歌姫」ではなかった。 「明菜の代わりに謝罪に行くことも1度や2度じゃなかった。 いや、皮肉じゃなくて社長業を教えてくれた先生だったよ」 明菜がデビュー前から89年まで所属した「研音」の社長だった花見赫(あきら)が懐かしそうに言う。 花見は日本テレビの音楽ディレクターから転身し、81年に弱小事務所だった研音の社長に就任。 すぐに堀江淳の「メモリーグラス」を大ヒットさせ、続いてピンク・レディーを解散した増田けい子(現・恵子)を預かり、ソロデビューの「すずめ」をヒットさせる。 そして明菜は81年11月18日に収録された「スター誕生!」の決戦大会に出場。 実に11社がスカウトのプラカードを上げたが、増田の「すずめ」を売った実績から事務所は研音に、レコード会社はワーナー・パイオニアにと振り分けられた。 「心根はやさしい子だったんだよ。 一緒にレストランに行くと、テーブルの上の花がしおれそうになっているんだな。 例えばデビュー翌年に出版されたエッセイ集 「本気だよ」には、こんな記述がある。 「実際にはライターの人が書いたものだけど、学校からすれば事務所の責任。 私が学校まで謝りに行きましたから」 またデビュー直後にしてマネジャーが何人か交代した。

次の

中森明菜(1521)事務所とマネージャー: やっしーのブログ

中森明菜 事務所

概要 [ ]• 、が日本レコード大賞新人賞を受賞。 テレビの音楽番組が減少したことから1980年代後半から俳優のマネジメント中心に方針を転換。 浅野ゆう子をトレンディ女優として成功させた他、社運を賭けて財前直見を売出し 、以降も唐沢寿明、山口智子、反町隆史、竹野内豊ら主役級タレントを次々に輩出した。 音楽部門でも、やがヒット。 にはがブレイク。 新人ながらアルバムセールス150万枚超を記録した。 キー局のテレビドラマのブッキングに強く、各民放局のゴールデンタイムのドラマにおいて主演クラスの占有率が高い。 2010年代では、研音所属の俳優又は女優がキー局連続ドラマの主役に誰もキャスティングされなかったのは、わずか1クール(1月期)のみである。 (1月期時点 [ ])• 等と親交が深い。 研音グループでは芸能活動をする人物は、歌手だけでなく俳優も「アーティスト」と呼び、歌手のみを指す場合は「ミュージシャン」と呼ぶ。 、未来のスター育成を目的とした小中学生対象のセクション「けんおん。 」を設立した。 他の芸能事務所で売れたタレントを引き抜く事も多い。 天海・菅野・榮倉などは転籍組である。 唐沢寿明の呼びかけでから研音タレントの私物を出品しチャリティーオークションを行っている。 落札金額全額をへ寄付している。 恋愛や結婚には他の事務所に比べて寛大であり、同じ研音に所属しているタレント同士の結婚も多く、結婚後も研音に所属している。 しかし例外もあり、とは結婚後にすぐに事務所から独立している。 2019年に起きたの被害者となり同グループを卒業したの移籍先として大きな話題となる。 メンバーの研音への所属は現役・OGを含めて、初めてとなった。 グループ企業 [ ]• 研音 - 芸能マネージメント。 ケン企画 - CM制作。 エムシーキャビン音楽出版 -。 フォーティワン - 旧名:ラッド・ジャパン。 グッズ販売・ネット関連。 スリーハンドレットエンタテインメント - 芸能マネージメント。 かつてのグループ企業 [ ]• オフィストーク (離脱) - 芸能マネージメント。 らが所属。 傘下当時は、らも所属。 ナイスウェーブ (消滅) - 芸能マネージメント。 傘下当時は、、、、らが所属。 ピンナップスアーティスト (離脱) - 芸能マネージメント。 、、らが所属。 レッドロック (消滅) - 原盤制作。 略歴 [ ]• 1973年 - 競艇専門紙で知られる 研究出版株式会社の 音楽事業部として設立。 1974年1月 - エムシーキャビン音楽出版を設立。 1979年10月 - 株式会社研音として法人化。 1981年7月 - ケン企画を設立。 1983年 - ナイスウェーブを設立。 1992年3月 - ラッド・ジャパンを設立。 1996年4月 - 児玉英毅が株式会社研音の代表取締役社長に就任。 1997年9月 - レッドロックを設立。 1999年6月 - ピンナップスアーティストを設立。 オフィストーク(1987年5月設立)がグループ入り。 2002年 - 研音がナイスウェーブを吸収合併。 2008年4月 - 研音がレッドロックを吸収合併。 2009年 - ピンナップスアーティストがグループを離脱。 2012年4月 - ラッド・ジャパンがフォーティーワンに社名変更。 2014年4月 - スリーハンドレットエンタテインメントを設立。 主な所属タレント・アーティスト [ ] 所属タレントの並びは公式サイトに準拠。 女優 [ ]• 研音グループ. 2013年2月9日閲覧。 ORICON STYLE オリコン. 2010年9月28日. の2011年7月23日時点におけるアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 nikkansports. com. 2019年5月24日閲覧。 研音グループ. 2013年2月9日閲覧。 研音グループ. 2002年6月28日時点のよりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 ビジネスジャーナル 2012年7月8日• 研音グループ. 2019年5月30日閲覧。 研究出版. 2019年5月30日閲覧。 関連項目 [ ]• [ ] - 提携会社。 さくらの本来の所属事務所。 上原美佐も所属。 外部リンク [ ]• - チャンネル•

次の

布施明

中森明菜 事務所

概要 [ ]• 、が日本レコード大賞新人賞を受賞。 テレビの音楽番組が減少したことから1980年代後半から俳優のマネジメント中心に方針を転換。 浅野ゆう子をトレンディ女優として成功させた他、社運を賭けて財前直見を売出し 、以降も唐沢寿明、山口智子、反町隆史、竹野内豊ら主役級タレントを次々に輩出した。 音楽部門でも、やがヒット。 にはがブレイク。 新人ながらアルバムセールス150万枚超を記録した。 キー局のテレビドラマのブッキングに強く、各民放局のゴールデンタイムのドラマにおいて主演クラスの占有率が高い。 2010年代では、研音所属の俳優又は女優がキー局連続ドラマの主役に誰もキャスティングされなかったのは、わずか1クール(1月期)のみである。 (1月期時点 [ ])• 等と親交が深い。 研音グループでは芸能活動をする人物は、歌手だけでなく俳優も「アーティスト」と呼び、歌手のみを指す場合は「ミュージシャン」と呼ぶ。 、未来のスター育成を目的とした小中学生対象のセクション「けんおん。 」を設立した。 他の芸能事務所で売れたタレントを引き抜く事も多い。 天海・菅野・榮倉などは転籍組である。 唐沢寿明の呼びかけでから研音タレントの私物を出品しチャリティーオークションを行っている。 落札金額全額をへ寄付している。 恋愛や結婚には他の事務所に比べて寛大であり、同じ研音に所属しているタレント同士の結婚も多く、結婚後も研音に所属している。 しかし例外もあり、とは結婚後にすぐに事務所から独立している。 2019年に起きたの被害者となり同グループを卒業したの移籍先として大きな話題となる。 メンバーの研音への所属は現役・OGを含めて、初めてとなった。 グループ企業 [ ]• 研音 - 芸能マネージメント。 ケン企画 - CM制作。 エムシーキャビン音楽出版 -。 フォーティワン - 旧名:ラッド・ジャパン。 グッズ販売・ネット関連。 スリーハンドレットエンタテインメント - 芸能マネージメント。 かつてのグループ企業 [ ]• オフィストーク (離脱) - 芸能マネージメント。 らが所属。 傘下当時は、らも所属。 ナイスウェーブ (消滅) - 芸能マネージメント。 傘下当時は、、、、らが所属。 ピンナップスアーティスト (離脱) - 芸能マネージメント。 、、らが所属。 レッドロック (消滅) - 原盤制作。 略歴 [ ]• 1973年 - 競艇専門紙で知られる 研究出版株式会社の 音楽事業部として設立。 1974年1月 - エムシーキャビン音楽出版を設立。 1979年10月 - 株式会社研音として法人化。 1981年7月 - ケン企画を設立。 1983年 - ナイスウェーブを設立。 1992年3月 - ラッド・ジャパンを設立。 1996年4月 - 児玉英毅が株式会社研音の代表取締役社長に就任。 1997年9月 - レッドロックを設立。 1999年6月 - ピンナップスアーティストを設立。 オフィストーク(1987年5月設立)がグループ入り。 2002年 - 研音がナイスウェーブを吸収合併。 2008年4月 - 研音がレッドロックを吸収合併。 2009年 - ピンナップスアーティストがグループを離脱。 2012年4月 - ラッド・ジャパンがフォーティーワンに社名変更。 2014年4月 - スリーハンドレットエンタテインメントを設立。 主な所属タレント・アーティスト [ ] 所属タレントの並びは公式サイトに準拠。 女優 [ ]• 研音グループ. 2013年2月9日閲覧。 ORICON STYLE オリコン. 2010年9月28日. の2011年7月23日時点におけるアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 nikkansports. com. 2019年5月24日閲覧。 研音グループ. 2013年2月9日閲覧。 研音グループ. 2002年6月28日時点のよりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 ビジネスジャーナル 2012年7月8日• 研音グループ. 2019年5月30日閲覧。 研究出版. 2019年5月30日閲覧。 関連項目 [ ]• [ ] - 提携会社。 さくらの本来の所属事務所。 上原美佐も所属。 外部リンク [ ]• - チャンネル•

次の