映画 ビートルズ。 【ビートルズの関連映画】不思議とドラマとユーモアと・・・

ビートルズ2019年の映画「Let It Be」公開はいつ|いろいろな情報のまとめサイト

映画 ビートルズ

『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが監督するの新たなドキュメンタリー映画『The Beatles: Get Back』。 北米では2020年9月4日に劇場公開されることが決定。 ウォルト・ディズニー・スタジオ配給。 このドキュメンタリー映画は。 2019年1月に制作が発表された作品で、アルバム『Let It Be』制作時のセッションに新たな光を当てたもの。 1969年1月にマイケル・リンジー=ホッグが撮影したビートルズ「ゲット・バック・セッション」の未公開映像約55時間と、『Let It Be』アルバム・セッションからの未公開オーディオ140時間を基に制作されています。 また映画では、ビートルズの最後ライヴ・パフォーマンスとなる、1969年1月30日に英ロンドンのアップル・コアの屋上で行ったライヴ・パフォーマンスの映像もフィーチャーしています。 この映画は、、、オリヴィア・ハリソンの完全な協力のもとに制作されています。 つまりタイム・マシーンに乗って1969年に戻り、スタジオで4人が素晴らしい音楽を作っている現場に居合わせるような体験です」とコメントしていました。 また今回、「このプロジェクトに取り組むことは、喜ばしい発見でした。 史上最高のバンドが傑作を作り、演奏し、制作している間、私は壁のハエになる特権を得ました。 ディズニーがディストリビューターとしての地位をステップアップさせたことに興奮しています。 私たちの映画を最も多くの人に見てもらうのにこれ以上ない」ともコメントしています。 この当時バンドがうまくいかずに苦しんでいたというニュアンスでしばしば語られてきましたが、ピーター・ジャクソンは以前に「実際は神話とはずいぶん違うものだったと知って安心しました。 マイケル・リンゼイ=ホッグが、解散の18か月前に撮影した映像、そして音源をすべて確認したところ、これらが素晴らしい宝の山だということに気づきました。 もちろん感情的な行き違いの瞬間も捉えられていますが、これは、このプロジェクトが長年言われいたような仲違いの記録ではありません。 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人が、今やクラシックな楽曲を一から共に作りあげていく様子は、素晴らしいだけでなく、面白く、気分が高揚する体験で、また彼らの仲の良さには本当に驚かされます」「このような素晴らしい映像を託してもらえたことをとても光栄に思っています。 この映画を作ることは、私にとっては心から楽しい作業になるでしょう」とも話していました。 ピーター・ジャクソンは、第一次世界大戦のドキュメンタリー映画『They Shall Not Grow Old』のプロデューサーのクレア・オルセンと編集者のジャベス・オルセンと共にこの作品に取り組んでいます。 映像は『They Shall Not Grow Old』のために開発された映像修復の技術を用いて新品同様の状態にレストアされます。 この映画についてポール・マッカートニーは「ピーターが僕たちのアーカイブを掘り下げて、ビートルズのレコーディングについての真実を一緒に示す映画を作ったことを本当に嬉しく思う。 僕たちの友情と愛が知れ、僕たちがどんなに素晴らしい時を過ごしたかを思い出させてくれます」と話し、リンゴ・スターは「この映画をとても楽しみにしています。 ピーターは素晴らしく、この映像をすべて観るのはとてもクールなことです。 僕たちは何時間もただ笑ったり演奏をしたりしていました。 世に出たヴァージョンと全く違います。 多くの喜びがあり、ピーターがそれを見せてくれると思います。 このヴァージョンは、本当にそうであったように、もっと平和で愛に満ちたものになると思います」と話しています。 サイトVarietyによると、このドキュメンタリー映画の一部は、1月に開催されたユニバーサル・ミュージックの年次ショーケースで上映されています。 アップル・レコードの代表ジェフ・ジョーンズはショーケースにて、この映画について「私たちは『Let It Be』セッションがビートルズにとどめを刺したという神話を覆すであろう全く新しい映画を作りました」とコメントしています。 ショーケースでは、数分のプレビューを上映。 Varietyは、 「確かに映画『Let It Be』に対する驚くべき逆のストーリーが展開されている。 ヴィジュアル的にも精神的にも明るく、ビートルズが冗談を言ったり、お互いをからかったり、ふざけたアクセントで歌ったり、ヴィンテージのMoptop hijinksを楽しんだりしている多くのショットがある。 また、アルバム『Abbey Road』の曲をリハーサルするバンドのシーンもたくさんある。 ソロ・アルバムに登場するような曲のラフなヴァージョンもある。 ビートルズのファンはこの映画に夢中になるだろう」 とレビューしています。 なおディズニーは、映画『レット・イット・ビー(Let It Be)』(1970年)のレストア版も今後公開すると発表しています.

次の

ビートルズの新ドキュメンタリー『The Beatles: Get Back』(監督ピーター・ジャクソン) 北米公開日決定

映画 ビートルズ

アップル・コア社とウィングナット・フィルムズ社は、 と『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで監督・共同脚本を担当しアカデミー賞を受賞した監督 ピーター・ジャクソンとのエキサイティングな新コラボレーションを発表した。 新たに製作される映画は、1969年1月2日から1月31日の間にスタジオで撮影されたビートルズの約55時間に亘る未公開映像を基にしたものになる。 このスタジオでの映像は、ザ・ビートルズの『Let It Be』のセッション時のもので、このアルバムは、バンドが解散した数か月後の1970年5月に発売され、のちにグラミー賞を受賞した。 この映像は、元々はテレビの特別番組のために撮影されたのだが、結局は、セヴィル・ローにあるアップルのロンドン事務所の屋上での伝説的なパフォーマンスでクライマックスを迎えるという全く違う性質のものに変わっていった。 あの伝説の演奏から2019年1月30日で50周年を迎える。 C Travis Graalman ピーター・ジャクソンは今回の新たな映画についてこうコメントを寄せている。 つまりタイム・マシーンに乗って1969年に戻り、スタジオで4人が素晴らしい音楽を作っている現場に居合わせるような体験です」。 1960年代にザ・ビートルズは、コンサート、インタヴュー、映画などで様々な映像を残してきたが、彼らがスタジオで作業をする様子をドキュメンタリーとして撮影した映像はこれだけである。 『Let It Be』のアルバムと映画は、ザ・ビートルズの解散後にリリースされたこともあり、当時バンドがうまくいかずに苦しんでいたというニュアンスで、しばしば語られてきた。 「しかしながら、実際はその神話とはずいぶん違うものだったと知って、安心しました」とジャクソン監督は語る。 「マイケル・リンゼイ=ホッグが、解散の18か月前に撮影した映像、そして音源をすべて確認ところ、これらが素晴らしい宝の山だということに気づいたのです。 もちろん感情的な行き違いの瞬間も捉えられていますが、これは、このプロジェクトが長年言われて来たような仲違いの記録ではありません。 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人が、今では名曲となっている楽曲を一から共に作りあげていく様子は、素晴らしいだけでなく、面白く、気分が高揚する体験で、また彼らの仲の良さには本当に驚かされます」。 「このような素晴らしい映像を託してもらえたことを非常に光栄に思っています。 この映画製作は、私にとっては心から楽しい作業になるでしょう」。 ジャクソンは英国アカデミー賞でベスト・ドキュメンタリー映画にノミネートされた第一次世界大戦のドキュメンタリー映画『They Shall Not Grow Old』のプロデューサーのクレア・オルセンと編集者のジャベス・オルセンと共にこの作品に取り組む予定だ。 映像は、『They Shall Not Grow Old』で映像修復を行ったニュージーランドのウェリントンにあるパーク・ロード・ポストにおいて、その映画のために開発された技術を用いて新品同様の状態にレストアされる予定である。 まだタイトルのついていないこの新たな映画は現在制作中で、公開日時は追って発表される。 この映画はサー・、サー・、・レノン、そしてオリヴィア・ハリソンの完全な協力のもとに制作されている。 制作総責任者は、ウィングナット・フィルムズのケン・カミンスとアップル・コア社のジェフ・ジョーンズ、ジョナサン・クライドが担当。 この新作映画の公開に合わせて、オリジナルの『Let It Be』映画も同様にレストアされて公開される予定となっている。

次の

映画『イエスタデイ』ネタバレ感想・解説・考察!ビートルズが存在しない世界で巻き起こる不思議なラブコメ映画!

映画 ビートルズ

舞台はイギリスの小さな海辺の町サフォーク。 シンガーソングライターのジャックは、幼なじみで親友のエリーの献身的なサポートも虚しくまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢は萎んでいた。 そんな時、世界規模で原因不明の大停電が起こり、彼は交通事故に遭う。 物語はジャックの驚きや興奮、戸惑いや葛藤、そして喜びがビートルズの珠玉の名曲とともに語られていく。 音楽・楽曲のセンスの良さに定評のあるボイル監督とカーティス、ふたりの深いビートルズ愛に溢れ、誰もが笑顔で映画館を後にできる本作は、これまで数多の名作を生み出してきた製作会社ワーキング・タイトルの真骨頂。 そして、何よりもビートルズがこの世に存在している幸せ、そして彼らの楽曲を聴く幸せを噛み締めることができる。 キャスト陣は、ジャック役の新星ヒメーシュ・パテル、エリー役のリリー・ジェームズらフレッシュで個性的なキャストに加え、本人役で登場する世界的人気アーティスト、エド・シーランの出演が大きな話題を呼んでいる。 街角の路上からカフェ、ライブハウス、巨大なウェンブリー・スタジアムに至るまで、臨場感たっぷりのライブシーンは、口パクではなくライブで撮影したかったというボイル監督の強いこだわりが感じられ、物語の中でビートルズを初めて聴く人々と同様、私たちにもあたかも初めて耳にするかのような高揚感とともに、至福の音楽体験を約束する。 それが『イエスタデイ』だ。 真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目を覚ますと… あのビートルズが世の中に存在していない! 世界中で彼らを知っているのはジャックひとりだけ!? ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況、 SNSで大反響、マスコミも大注目! すると、その曲に魅了された超人気ミュージシャン、エド・シーランが 突然やって来て、彼のツアーのオープニングアクトを任されることに。 エドも嫉妬するほどのパフォーマンスを披露すると、 ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。 2010年にギルドホール音楽演劇学校を卒業後、舞台で経験を積んだ。 ドミニク・ウェスト共演の「オセロ」のデズデモーナ役で、「スター女優の誕生だ…昨年に演劇学校を卒業したばかりなのに、皆の注目を独り占めにした」と絶賛された。 2016年にはケネス・ブラナー演出「ロミオとジュリエット」でジュリエット、直近ではイヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出「イヴの総て」でイヴを演じた。 世界的ヒット映画『シンデレラ』(15)のシンデレラ役で大ブレイクを果たす。 TVでは2012年、「ダウントン・アビー」のキャストに加わり、3シーズンにわたり出演。 BBC制作のTV映画「戦争と平和」(16)ではナターシャ役で称賛を浴びた。 主な映画出演は、『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』(18)、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(17)、『ベイビー・ドライバー』(17)、『高慢と偏見とゾンビ』(16)、『タイタンの逆襲』(12)など。 21世紀を象徴するアーティストで、数々の楽曲でセールス新記録を樹立し、ライブでも記録的な人数を動員。 歴史に残る名曲を発表して、数多くの賞に輝いている。 イギリス、サフォークで育ち、2011年に英国の音楽シーンに彗星のごとく登場。 以来、唯一無二の楽曲と優れたショーマンシップ、共感を呼ぶ歌詞で世界中をとりこにしている。 その非凡で無限な才能は、独特なライブパフォーマンスでも発揮されている。 ルーパーペダルとアコースティックギターを駆使した特徴的な演奏で、9万人収容の大会場でも、プライベート感あふれる小さなパブで聴いているかのような感覚を観客に与える神秘的な能力を持っている。 2015年には、ウェンブリー・スタジアムでのバックバンドなしの単独ライブが3夜連続でチケット完売を達成した史上初のソロアーティストとなった。 2017年、音楽業界と慈善活動における功績で大英帝国勲章を受勲。 グラミー賞4回、アイヴァー・ノヴェロ賞4回、ブリット・アワード6回(2018年と2019年のグローバル・サクセス賞を含む)、ビルボード・ミュージック・アワード6回受賞など、数多くの賞を獲得している。 劇場映画監督第1、2作にあたる『シャロウ・グレイブ』(94)と『トレインスポッティング』(96)でBAFTAを獲得。 その他の主な映画監督作に、『スティーブ・ジョブズ』(15)、『トランス』(13)、『サンシャイン2057』(07)、『ミリオンズ』(04)、『28日後... 』(02)、『ザ・ビーチ』(99)、『普通じゃない』(97)他。 また、2011年のナショナル・シアター公演「フランケンシュタイン」などの舞台やTVでも監督・演出を務めている。 脚本家・監督。 脚本を手がけた主な映画は、『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』(14)、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(13/監督・脚本)、『パイレーツ・ロック』(09/監督・脚本)、『ラブ・アクチュアリー』(03/監督・脚本)、『ブリジット・ジョーンズの日記』(01)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、『ビーン』(97)など。 長年にわたるビートルズの大ファンとして知られ、8歳の時にストックホルムを訪れた際、フォレスタ・ホテルのバルコニーに姿を現したメンバーを一目見るために外で待ち続けた。 また、自身の60歳の誕生日パーティーでは、6人のファン仲間と共にビートルズの楽曲40曲を5時間にわたって演奏したという。 1992年から共同で会長を務めるワーキング・タイトル・フィルムズは、世界有数の映画製作会社。 1984年の創業以降、100作品以上の製作を手掛け、世界興収累計は約75億ドルにのぼる。 権威ある賞を数々受賞し、イギリス王室から大英勲章第3位(CBE)を叙勲された。 同社の代表作に、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(17)、『ベイビー・ドライバー』(17)、『リリーのすべて』(15)、『博士と彼女のセオリー』(14)、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(13)、『レ・ミゼラブル』(12)、『裏切りのサーカス』(11)、『つぐない』(07)、『ラブ・アクチュアリー』(03)、『アバウト・ア・ボーイ』(02)、『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ(01、04、16)、『リトル・ダンサー』(00)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、『ビーン』(97)、『ファーゴ』(96)、『デッドマン・ウォーキング』(95)、『フォー・ウェディング』(94)、『シド・アンド・ナンシー』(86)など。 最新作は、トム・フーパー監督、テイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソン出演『キャッツ』(20)。 62歳で本作のアイデアを考案。 最高齢で長編映画デビューを飾った脚本家と言えるだろう。 本作以前、カルト的人気を誇る「Roadside America」、「Roadside Hollywood」など7作のノンフィクション本を上梓。 TVでは、TVドキュメンタリーシリーズ「Japanorama」や「Asian Invasion」、「シンプソンズ」のエピソード「A Fish Called Selma」の脚本を担当。 また、ポール・マッカートニーがビートルズ解散の原因はオノ・ヨーコではなく当時のマネージャーのアラン・クレインだと明かしたことで話題となったTVシリーズ「The Frost Interview」の脚本も手掛けている。 現在の映画界で最もエキサイティングでオリジナル性あふれる作曲家の1人。 映画界を代表する監督とコラボしており、ダニー・ボイルとは2度目。 『スパイダーマン:スパイダーバース』(18)、『オーシャンズ8』(18)、『ゲティ家の身代金』(17)、『キング・アーサー』(17)、『愛を綴る女』(16)、『コードネーム U. 』(15)、『悪の法則』(13)など。 ボイル監督作品『スティーブ・ジョブズ』(15)でゴールデングローブ賞音楽賞、『ゴールド/金塊の行方』(16)で同賞の歌曲賞(イギー・ポップ共作・演奏の「Gold」)にノミネート。 また、TVシリーズ「ブラック・ミラー」のエピソード「宇宙船カリスター号」で2018年プライムタイム・エミー賞ノミネートの他、2014年ワールド・サウンドトラック・アワードでディスカバリー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。 2016年同アワードのコンポーザー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。

次の