ガラル マッギョ。 マッギョ(ガラルのすがた)

【ポケモン ソード&シールド】ガラルマッギョの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ガラル マッギョ

はがねタイプになり、物理と特殊が入れ替わった。 専用特性の「ぎたい」が非常に特徴的で、フィールドに合わせてタイプが変わる。 タイプ変化により、ほとんどの場合でフィールドの恩恵を受ける技を半減で受けられるため、対フィールド用のストッパーとなりうる。 一方で単なるタイプ受けであれば、他にも優秀な耐性を持つ複合タイプは数多く居る。 独特な技範囲を持つため差別化には困らないが、単なる耐性受けに留まらない役割を持てるようにしたい。 同タイプの、については種族値で大きく劣るものの、 補助技主体のマッギョとは戦い方が全く異なり、そもそもぎたいでタイプ変化してしまうため、あまり意識する必要はない。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 物理技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 じしん 地 100 150 100 - タイプ一致技。 性能安定。 あなをほる 地 80 120 100 溜め攻撃。 タイプ一致技。 時間稼ぎに利用できるが地震に注意。 じだんだ 地 75 107 100 技失敗直後威力2倍 タイプ一致技。 じわれなどの命中不安わざと相性がいい。 味方のサポートに。 全体攻撃。 がんせきふうじと選択。 トラバサミ 草 35 100 拘束ダメ 専用技。 ほのおのうずの草版だが命中安定。 ゴーストは拘束できない。 まひるみを狙える。 サポート型で。 鈍足との相性は良い。 トラバサミの時間稼ぎにも。 イカサマ 悪 95 100 - 攻撃無振りでも使える攻撃技。 耐久型で。 扱いにくいが読まれにくくはある。 じわれ 地 - 30 一撃必殺 有効打の無い相手に。 や、飛行には無効。 カウンター 闘 - 100 物理技2倍返し 格闘や地面への役割破壊。 高めのHPと相性がいい。 性能安定。 威力は皆無、相手への妨害や流し目的で。 C特化すれば威力はそれなり。 退場技として。 アイアンヘッドなどは覚えないので必然的にこちらに。 なみのり 水 90 100 - 対地面。 ダブルでは相手全体攻撃。 変化技 タイプ 命中 備考 まもる 無 - トラバサミの時間稼ぎ。 あくび 無 - トラバサミでロックし、あくびで確実に眠らせる。 でんじは 電 90 妨害技。 電気や地面、ひらいしん等には無効。 のろい 霊 - 攻撃・防御を補強・素早さ低下。 物理方面を補える。 いばる 無 85 妨害技。 イカサマと相性が良い。 物理相手にはハイリスク。 いたみわけ 無 - 削り技兼回復技。 HPが高いので使いにくい。 ねむる 超 - 回復技。 カゴのみやねごととあわせて。 ねごと 無 - ねむるとあわせて。 催眠技対策にも。 ステルスロック 岩 - サポート用。 あくびと相性が良い。 自主退場技は覚えない。 あまごい 雨 - サポート用。 炎半減は嬉しいが水の便乗に注意。 すなあらし 岩 - サポート用。 スリップダメージも狙える。 ミラータイプ 無 炎水草電氷超悪鋼のポケモンに使えば一致技を半減できる。 鋼の耐久もあり、遂行しやすい。 あとは自由。 じわれ連打でも良し。 のろいで積むのも良し。 きんぞくおんや、いやなおとで弱体化させても良し、てっていこうせんで退場するのも良し。 こちらは安定回復技を持たないが、電磁波やイカサマ・濁流などを使用できる。 「じわれ」はラムのみを持ってこちらを起点にしようとしてくるポケモンへの牽制。 できれば持っておきたい。 もしくは、てっていこうせんで退場してもいい。 敵味方両者のダイマックス技によるフィールド展開もうまく利用して敵の攻撃を透かしたいところ。 トラバサミの時間稼ぎと擬態によるタイプ変化を考慮するとまもるは必須技。 あなをほるがあればさらなる時間稼ぎができるが地震の多いダブルではとびはねるの方が使いやすい。 役割としては、トラバサミによる拘束、あくびによる流しの両方を駆使し相手PTの並びを崩すことがメインになる。 居座る耐久型には地割れが刺さる。 ほか、S操作技、命中低下技やイカサマ、ふいうちなどの搦手も多く揃っている。 対マッギョ(ガラルのすがた) 注意すべき点 高めの守備を持ち、ステルスロックや電磁波・あくびなどの補助技を多用してくる。 攻撃力は低いが、トラバサミでこちらを嵌めて徐々に体力を削ってくる。 一撃技のじわれも持っているので積む隙を与えない。 イカサマにも注意。 対策方法 嫌がらせに特化したタイプなので挑発がとてもよく刺さる。 また、弱点は・・・とメジャー。 一致技なら一撃で葬ることも難しくはない。 ラムのみ持ちのタイプなら地割れを警戒せずに積みの起点にすることができるがストーンエッジには一応注意。 覚える技 レベルアップ 8th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 どろかけ 20 100 じめん 特殊 10 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 35 1 みずでっぽう 40 100 みず 特殊 25 1 メタルクロー 50 95 はがね 物理 35 5 こらえる - - ノーマル 変化 10 10 マッドショット 55 95 じめん 特殊 15 15 リベンジ 60 100 かくとう 物理 10 20 きんぞくおん - 85 はがね 変化 10 25 ふいうち 70 100 あく 物理 5 30 てっぺき - - はがね 変化 15 35 とびはねる 85 85 ひこう 物理 5 40 だくりゅう 90 85 みず 特殊 10 45 トラバサミ 35 100 くさ 物理 15 50 じたばた - 100 ノーマル 物理 15 55 じわれ - 30 じめん 物理 5 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技14 でんじは - 90 でんき 変化 20 技15 あなをほる 80 100 じめん 物理 20 技16 いやなおと - 85 ノーマル 変化 40 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技22 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技32 すなあらし - - いわ 変化 10 技33 あまごい 95 100 みず 変化 5 技39 からげんき 70 - ノーマル 物理 20 技42 リベンジ 60 100 かくとう 物理 10 技48 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技52 とびはねる 85 85 ひこう 物理 5 技53 マッドショット 55 95 じめん 特殊 15 技57 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技67 こおりのキバ 65 95 こおり 物理 15 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技81 じならし 60 100 じめん 物理 20 技98 じだんだ 75 100 じめん 物理 10 タマゴ技 No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技04 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技10 じしん 100 100 じめん 物理 10 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技22 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技32 かみくだく 80 100 あく 物理 15 技35 さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10 技45 だくりゅう 90 85 みず 特殊 10 技46 てっぺき - - はがね 変化 15 技67 だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10 技70 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技75 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技76 ステルスロック - - いわ 変化 20 技78 ヘドロウェーブ 95 100 どく 特殊 10 技81 イカサマ 95 100 あく 物理 15 技84 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 遺伝.

次の

【ポケモンカード】攻防一体ポケモン!ガラルマッギョVを解説!【爆炎ウォーカー】 / 福岡天神店の店舗ブログ

ガラル マッギョ

また「はがね」タイプに属するため、 タイプ耐性数も10と多いです。 ひこうポケモンに強い「いわなだれ」使い 「ガラルマッギョ」は ゲージ増加が非常に速い「マッドショット」からの 「いわなだれ」がチルタリスなどの「ひこう」ポケモンに効果抜群です。 覚える「じしん」も環境トップのレジスチルなど「はがね」ポケモンに有効です。 マリルリに対して打点がない 耐久力も高く攻撃範囲も広いですが、「ガラルマッギョ」は スーパーリーグ環境トップの マリルリにかなり不利な状況です。 相手の「みず」技が弱点となってしまう一方で、こちらは等倍ダメージとなる「いわなだれ」が最高打点となりまともにバトルしては勝てません。 この辺りは弱点を突かれても「ほうでん」という有効打点で互角近いバトルができる「通常の姿のマッギョ」とは一番異なる点です。 弱点を突かれる攻撃に注意 「ガラルマッギョ」はタイプ耐性は多いものの、 スーパーリーグで活躍するポケモンが多く持つ 「かくとう・じめん・みず」技が弱点となる点に要注意です。 レジスチルやメルメタルの「はがね」ポケモンに対しても、相手の「かくとう」技を受けると大ダメージとなります。 シールドも利用した立ち回りが必要となってきます。 チルタリスには圧倒的有利となるがそれ以外のポケモンは苦しいバトル スーパーリーグの四天王とも言える「マリルリ・レジスチル・エアームド・チルタリス」に加え、「かくとう」ポケモン代表として「チャーレム」と比較しました。 「ガラルマッギョ」は 『チルタリスに有利である』という点を除きそれほど「マッギョ」と比較して利点となるところがなく、 「マッギョ」ほどの活躍は難しいです。 特に 「ガラルマッギョ」はマリルリにかなり不利となるところ、 レジスチルに対しても「きあいだま」が弱点かつ「じしん」を撃つまでの必要ゲージが多いためマッギョのように圧倒的有利とはなりません。 使い勝手の良さ・立ち回りの良さにより「マッギョのほうが使いやすい」と感じる点は多そうです。 ガラルマッギョは育成すべき? 「マッギョ」と比較してバトルでは劣るとの判断をしましたが、 ステータス耐久は高く覚える技もそれなりに優秀なため 厳選・強化をして損はありません! スーパーリーグは流行りのポケモンや環境がすぐ変わるため、 今後「マッギョ」より活躍する場面が訪れる可能性は十分あります。 「ガラルマッギョ」をゲットしてスーパーリーグバトルの準備をしていきましょう〜.

次の

マッギョ(ガラル)の育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ガラル マッギョ

『』に新たに実装された「 ガラルマッギョ」の使い道を紹介します。 ガラルポケモンたちってどう使う? 先日開催された「 セレブレーション」イベントで、新たなポケモンとして「 ガラルのすがた」のポケモンたちが数種類実装されました。 というわけで、今回の記事では「 ガラルマッギョ」の使い道について紹介します。 弱点は 「ほのお」「みず」「じめん」「かくとう」の4種類、耐性は 「ノーマル」「エスパー」「ひこう」「むし」「ドラゴン」「はがね」「フェアリー」「でんき(2重耐性)」「いわ(2重耐性)」「どく(3重耐性)」の10種類となります。 ・使用可能な通常技• マッドショット(じめん)• メタルクロー(はがね) ・使用可能なゲージ技• じしん(1ゲージ:じめん)• ラスターカノン(1ゲージ:はがね)• だくりゅう(3ゲージ:みず)• いわなだれ(3ゲージ:いわ) ガラルマッギョの使い道は? 凄まじい耐久ステータスを持ち、スーパーリーグで活躍可能 ガラルマッギョはHPのステータスが非常に高く、防御ステータスも並以上、そして豊富な耐性によって凄まじい耐久性能をもつポケモンとなります。 最大CPが2,150前後なのでスーパーリーグでしか活躍は期待できませんが、シールド無しでゲージ技を2〜3発耐えるような立ち回りも可能なため、シールドを節約したり、相手のHPやシールドを削ったりといった役割が期待できます。 特に、現環境で必ずこのうち1匹は編成されていると言っても過言ではない 「レジスチル」「エアームド」「チルタリス」の攻撃を確実に軽減しながら戦えるという点もポイントですね。 ガラルマッギョが浸透してくれば、 流行しているポケモンが大きく変化する可能性も十分にあり得る為、スーパーリーグの環境を破壊するキーポケモンになるかも? マッドショット&軽量技でシールドや相手ポケモンのHPを一気に削りきることが可能 ガラルマッギョは通常技にマッドショットを設定可能なので、凄まじい速度でゲージを貯めることが可能。 また 「だくりゅう」「いわなだれ」と非常に回転の良い技を習得可能なので、ゲージ技を連発に近い速度で使用可能(だくりゅうのランダム攻撃ダウン効果も強力)。 オススメの使用技はガラルマッギョでどのポケモンと戦う想定をするのかによって変わってきますが、個人的にははがねキラーとして「 じしん」を覚えさせつつ、基本的には「 いわなだれ」で細かく確実に(エアームドやチルタリスには刺さりますし)削っていく戦法がオススメです。 ジムバトルやレイドバトルには不向き 上記でも紹介した通りガラルマッギョは最大CPが低い為、ジムバトルやレイドバトルのアタッカーとしては不向きとなります。 完全にスーパーリーグ専用のポケモンとして育成した方が、アメやほしのすなも節約可能です(孵化した時点でCPが1,200くらいあるので、少しだけ育成すればすぐに1,500近くまで強化可能です!)。

次の