ハイフ 種類。 ハイフ(HIFU)とはどんな施術でしょうか?

美容外科のハイフ(HIFU)やってみようか悩んでますが、やられた事あ...

ハイフ 種類

人気のハイフ hifu 治療 最近、「ハイフ hifu 」人気の勢いが凄いですね。 美容クリニックのスタッフさんに聞いたところ、「来院される患者様にお話をきいても、ハイフがやってみたくてとか、前にハイフをやってみて良かったからとか、そういったお声をよくいただきます。 」と言っていました。 クリニックなどの医療機関でもそうですが、エステサロンなどの美容施設でも現在ハイフは大人気のようです。 ハイフ hifu といっても、様々な機械の種類があります インターネットで検索してみると「HIFU治療」とかただ「HIFU」だけとか、その医療機関、美容施設で何のハイフ機械を使っているのかが分からない事も多いです。 同じハイフでもお値段がピンからキリまで・・・ それくらいハイフの美容機器がたくさんあるのだと思います。 たくさんある中でどう選べばいいのか、ハイフ治療機を選ぶ時の注目すべきポイントをいくつかお伝えします。 これは重要!ハイフを照射する深さをチェック ハイフの場合は、熱を皮膚の何ミリの層に加えていくかで、たるみへの効果が大きく変わってきますので、どの部分のたるみ治療なのかはしっかりと確認しておくべきです。 浅い層 1. 5㎜~2. 0㎜ の場合は、肌の表面に近い部分の軽度のたるみをとり、肌にハリを出します。 深い層(3. 0㎜~4. 5㎜)の場合は、皮膚の土台からたるみをとります。 5㎜の場合は筋膜 スマス層 なので、本格的なリフトアップに必要な層です。 0㎜は真皮層の深い部分なので、リフトアップまでは及びませんが、タイトニング効果が強いです。 このように、熱を加える層で効果が変わります。 自分がどのような効果を求めるのかで、選択する治療メニューも変わってくると思いますので、しっかりチェックしましょう。 効果の持続期間をチェック 強力なハイフ治療であるほど、効果の持続期間は長いです。 例えば、ハイフの最高峰である「ウルセラリフト」は効果の持続が約6〜12カ月程度。 比較的軽いハイフ治療の場合、効果の持続期間は約2週間から1ヶ月程度。 など、機械によって効果の持続期間も差が出てきます。 定期的に治療を繰り返すことでたるみをメンテナンスしたいのか、1回の治療である程度の効果の持続が欲しいのか、それにより選ぶものも変わってくると思います。 たるみのリフトアップ効果を持続させるために回数が必要な場合と、1回でもある程度持続する場合とで、結局かかるコストが同じくらいになる場合もありますね。 ダウンタイムの有無や痛み程度をチェック やはり強力なハイフ治療であるほど、ダウンタイムや痛みが伴ってきます。 ハイフの主なダウンタイムは、数日間の圧痛や鈍痛、稀に腫れや内出血、神経障害などです。 痛みも少し伴いますので、痛みに弱い方は麻酔を使用することも検討してもいいと思います。 ダウンタイムや痛みはやはり皮膚の深い部分にしっかりと強力な熱量が加わるが故に起きる現象です。 比較的軽いハイフ治療は、熱量も優しいので、ダウンタイムや痛みはほとんどないか、あっても2、3日程度で落ち着くものが多いです。 治療の価格をチェック まず、価格から調べる方も多いと思いますが、ハイフ治療の施術価格は本当にピンからキリまでです。 機械に使用する消耗品や本体価格等の有無、医師の照射などによって金額に差が出ます。 お顔のどの範囲に照射するのか、どれくらいの量 ショット数 を照射するのか、などでも金額が変わってきます。 体感重視のお試し価格なのか、効果重視の価格なのかもはじめにしっかり確認しましょう。 安全に治療ができるのかをチェック 特にウルセラのような強力なハイフ治療になればなるほど、慣れている医師やスタッフの照射が安心です。 効果の分、多少のリスクも伴いますし、施術の効果にも差が出てくると思います。 慣れているかどうかなどの見極めは非常に難しいですが、カウンセリングやメールなどでのお問合せ時に、疑問点はしっかり解決しておきましょう。 そして、ある程度的確に詳しく答えてくれる施設を選びましょう。 解剖学的知識があるドクターを選ぼう HIFUは副作用や後遺症などの心配も少ない安全なたるみ治療ですが、ウルセラのような強力なHIFU治療の場合は、皮膚の深い部分に超音波が加わるので、正しく施術をしないと稀に神経障害などが起こる場合があります。 神経障害等含め、HIFUのダウンタイムに関してはほとんど自然治癒するそうですが、出来ればリスクは避けたいですよね。 こうしたリスクを避けるためには、経験を積んだ医師がいるクリニックを選び、施術を受けることが大切です。 また、ほかの施術に比べて、超音波をピンポイント照射するため、エコー画像をしっかり確認しながらSMAS筋膜にアプローチする必要もあります。 神経を避けて照射しなければならないため、医師が解剖学的構造をしっかりと理解していることも大前提です。 美容外科やクリニックでは医師であっても美容の現場の経験がなく、開業している場合もあるので、医師の経歴をしっかり確認し、内科、外科、形成外科などの実務経験があるかなどをチェックしておきましょう。 強力なたるみ治療であるウルセラであっても、医師ではなく、看護師の照射であるクリニックも多く存在します。 ウルセラは認定医制度などもありますので、医師の照射であることが安全だとは思いますが、きちんと指導を受けた施術者がいるクリニックを選びましょう。

次の

ハイフの副作用、デメリットの現状

ハイフ 種類

ハイフの仕組みを解説!キャビテーションの違いとは ハイフはもともと前立腺ガンの治療といった、医療施設で使用していたマシンです。 超音波のエネルギーを体内の決まった深さのみに伝達!安全に高効率で目的の脂肪細胞のみを溶解することができます。 今では痩身や切らない整形など、美容分野での使用も広がっています。 クリニックはもちろん、パワーが弱いサロン用のマシンも登場しています。 皮膚の表面を傷つける心配がなく、気になる部分のみを狙えるのが特徴です。 ハイフの超音波は脂肪細胞を破壊します。 使用した部位の脂肪に穴が空き、解けていく仕組みです。 脂肪細胞そのものを減らすから、リバウンドの心配が少ない!数が少なくなれば、余計な脂肪がつきにくくなります。 キャビテーションとハイフの違い キャビテーションは、周波数を利用して脂肪を排出する施術です。 ハイフとの違いは、施術が採用する範囲にあります。 キャビテーションは肌の表面から0. 5㎝と浅めなのに対して、ハイフは1~2㎝に届きます。 奥にある皮下脂肪をケアしたいなら、ハイフがおすすめです。 また、キャビテーションの場合は、照射する場所が広めです。 ハイフはピンポイントで狙い撃ちができるので、より繊細な施術ができます。 一部分を深く施術するので、キャビテーションより即効性と持続性があります。 ただし、ハイフは脂肪が少ない部分だと痛みがあるので、キャビテーションの方が向いています。 料金は、ハイフよりもキャビテーションのほうがお得です。 ただ、1回の効果が高いのはハイフなので、回数次第でトータルの費用が変わります。 ハイフの施術が受けられない人 ハイフは深くまで作用するので、脂肪があまりない人にはおすすめできません。 マッサージやキャビテーションといった、他の施術を利用しましょう。 また、「血管」「皮膚」「心臓」に疾患があるかたは、要注意!持病を持っている人は、必ずかかりつけ医に相談しましょう。 施術したい部位に異物を入れていたり、ペースメーカーを使用している人もハイフの施術を受けることができません。 ハイフができる部位とダメな部位 カチカチになったセルライトも破壊できるので、見た目や触り心地も良くなるんです。 背中や二の腕といった、痩せにくい部分にも高い効果を発揮します。 同時に引き締めもできるため、脂肪がなくなったあとに皮がたるむ心配がありません。 さらに、フェイシャル用のハイフは、顔のたるみにもバッチリ!シワもピンと伸びます。 小顔やエイジングケアとしても、おすすめです。 脂肪が厚くない部位はハイフを受けれない ハイフが使用できるのは、脂肪の厚さが2. 5㎝以上ある部位だけです。 脂肪が少ない部分だと、他の組織を傷つけてしまう可能性も…。 どれくらい厚みがあるか、先に確認してください。 個人差はありますが、比較的に脂肪が薄い背中や二の腕に使えないケースがあります。 比較的に痛みが少ない施術ですが、脂肪があまり無いと痛みや火傷のリスクがあるので注意しましょう。 施術ができるか迷ったら、カウンセリングで相談してください。 そこまで太っていない人なら、脂肪が多いお腹や太ももの施術だけにしたほうが安全です。 ハイフは1回の施術でも効果が抜群!脂肪が十分に減ったあとは、他の施術に切り替えましょう。 ハイフの効果は1回で実感できる?通い方を確認しよう ハイフは脂肪を分解する作用が強いため、少ない回数でも効果を実感できます。 個人差はあるものの、だいたい1回や2回でも脂肪が減ったと感じられるでしょう。 他の痩身エステと比べても通う回数は少なめで、1部位でだいたい2回~5回くらいが目安です。 少ない回数でも、確実に痩せるのがハイフの魅力。 クリニックなら、もっと少ない回数でもOKです。 継続する期間も長めで、1~3ヶ月くらい効果が続きます。 分解した脂肪は、体の外にゆっくりと排出される。 直後はもちろん、徐々にサイズがダウンするのがわかります。 ただし、体重管理を怠ると再定着してしまうリスクがあるので、食べ過ぎには注意しましょう。 通うペースは、1ヶ月に1回がベスト!排出されてきたタイミングで通えば、脂肪のない体をキープできます。 痩せたいからといって通いすぎは体に悪いので、最適な回数とペースは守りましょう。 ハイフの料金は?目安をチェックしよう ハイフは通常の痩身エステと、料金設定が少し違います。 ショットの回数で料金が決まっており、数が多ければ料金もアップするのです。 数が多くても十分な範囲ができない場合があるので注意!ハイフには複数のマシンがありますが、ショットの範囲にも違いがあります。 部位ごとに必要な回数も違うので、先に確認しておきましょう。 一般的には脂肪が厚いほうが、ショット数が多くなりがちです。 パワーが強いクリニックの場合は、部位に関係なく1ショットの料金が決まっています。 相場は20,000円~30,000円ほど。 高いと感じるかもしれませんが、医療現場で使われている超強力なマシンなので、少ない回数でも効果は十分です。 痩身エステの場合はパーツごとが一般的。 広いほうが料金が高いので、サロンを選ぶ時は十分に比較してください。 ・ひざ下・わき下…1~2万円 ・二の腕・ふくらはぎ・わきばら…1~3万円 ・太もも裏・太もも表・せなか上・せなか下・お腹…2万~6万円 個人によって必要な回数は違うので、先に確認しておきましょう。 トータルでいくらかかるか、カウンセリングで聞けば教えてもらえます。 ハイフによる副作用と注意点 ハイフはもともと医療現場で使われているマシンなので、使い方を間違えると脂肪以外の部分を破壊してしまいます。 サロンで使っているマシンは出力が弱いものの、リスクはゼロではありません。 間違った使い方をすれば、血管や神経を傷つけるリスクも…。 パワーを強くしすぎると、火傷してしまう可能性があります。 また、湿疹や赤みなど、肌トラブルにも注意してください。 十分な経験を積んだエステティシャンがいるか、事前にチェックしておきましょう。 医師免許を持った人が施術をするクリニックなら、安全性は高いです。 トラブルがあってもすぐに対処してもらえるため、そこまで心配はいりません。 ただし、クリニックは出力が強いので、晴れや内出血ができる場合があります。 2週間ほど長びくケースもあるため、露出が多い場所を施術する時は注意してください。 実際ハイフに通った人による生の口コミ ダイエットをしても落ちなかった下半身の脂肪が、サッパリしました。 特に努力はしていないのに…!2回くらいしか通っていませんが、思った以上の効果に大喜びです。 腹回りの脂肪がメタボ基準値を超えていましたが、クビレができた!ウエストは-16cmです。 施術から1年たちましたが、リバウンドもありません。 痛みはほとんどなかったし、施術を受けてよかったです。 施術を1回だけ受けたのですが、思ったような効果はなかったな。 そのうえ脂肪が足りないので、これいじょう施術はうけられないとのこと。 ガッツリ痩せたかっただけに、とても残念です。 施術を受けたあとに皮膚がヒリヒリ。 結構赤みが出てしまい、なかなか引きませんでした。 背中や二の腕に施術をしたのですが、痛みも結構あるし…。 料金も安くないので、通うのは辞めにします。 ハイフは厚い脂肪に高い効果を発揮する施術。 ガッツリとした脂肪を溜め込んでいる人だと、期待通りの結果を得られたようです。 ただし、脂肪が少ない人からは、チラホラ悪い口コミが見られました。 自分の体型を把握して、ハイフを受けるかどうか決めてくださいね。 しかも月の回数制限もないし、通い方も自由に選べる!料金を抑えつつ、回数をたくさん受けられるのが魅力!1回でもかなり引き締まります! 体験 内容 体験コース 即痩せ実感!キャビテーション 初回体験60分3,000円 ヴィトゥレは、最新のマシンと20年培ってきた技術力が魅力の痩身エステです。 質の高い実技研修と難易度の高い社内試験を通ったエステティシャンのみが、施術をおこないます。 60分&90分のスピーディーな施術なので、余計な時間をとられません。 予約がとりやすく、年中無休なのもうれしいポイントです。 さらに、ドクター保証があり!万が一トラブルがおこっても、病院を紹介してもらえます。 全額の返金保証もあるので、万が一通えなくなっても大丈夫です。 以前、テレビで芸能人が短期間で10キロ以上も痩せたということで実績のある効果に期待! 体験 内容 体験コース 骨盤ビューティー 初回体験500円 東洋美容の知識と最新の技術の両立が、スリムビューティハウスの特徴です。 個人の体質を根本から見直すことで、キレイの維持を目指します。 オリジナル施術やプランによって、より高い効果を実感!食事や生活への指導も施術と同時におこなうので、健康的な美容習慣が身につきます。 日本エステティックの認証サロンなので、衛生や施設の管理もバッチリです。 厳しい基準をクリアしている、信頼性が高い痩身エステですよ。 悩み別にコースを用意しており、毎月同じ料金で通えます。 別料金ではありますが、遺伝子検査もあり!自分の体質に合った施術によって、最適な美容法を実行します。 特典 コース内容 5ヵ月分無料 全身6回コース 太りやすい食事や最適なダイエット方など、通ったあとにも役立つ情報をゲットできますよ。 体内の循環を正常化して、余分な水分を排出。 さらに、最新マシンや骨盤矯正を組み合わせることで、痩せやすく健康な体を作るのです。 確実に痩せたい人にはハイフがおすすめ ハイフは脂肪に高いアプローチ力を持つ、最新の痩身エステです。 どんなに溜め込んだ脂肪にも、高い効果があり!少ない回数でも十分に結果が出るのも、他の施術にはない魅力です。 ガッツリ痩せたいのであれば、ぜひハイフにチャレンジしてみましょう。 他の痩身エステでは痩せなかったという人でも、効果が実感できるはずです。 ただし、エステ選びには注意!安全に受けられるような、信頼性の高い店舗を選択してください。 今回紹介した痩身エステなら、安心して通えますよ。

次の

【全国地域別】まぶたのたるみ治療!目の周りのハイフ!ウルトラリフトアイが安いクリニック|プチプラエステ研究所

ハイフ 種類

HIFU(ハイフ)とは超音波です High Intensity Focused Ultrasoundのそれぞれの頭文字をとって HIFU(ハイフ)と読みます。 超音波です。 日本語に訳すと、高密度焦点式超音波と訳されます。 高(HIGH) 密度(INTENSITY 焦点式(FOCUSED 超音波(ULTRASOUND) もともとは、前立腺癌や腎臓癌、膵臓癌の治療目的で使われてきた治療方法です。 ハイフHIFUのしくみは超音波を1点に集約し熱を発生させます 超音波を虫めがねで日光を集めるように、1点に集約し、熱を発生させます。 その熱を利用して、皮膚の組織を破壊していきます。 光と異なるので、皮膚表面で吸収されることはありません。 超音波を集約した部分のみに熱エネルギーを加えます。 ハイフHIFUの施術用途とは顔のたるみ治療です。 主に顔のたるみ治療に用いられます。 メスを使わないたるみ治療として、美容医療業界では非常にポピュラーな治療方法です。 下記のYoutubeをご覧ください。 オペによるたるみ治療を行っています。 (閲覧注意!電気メスで筋膜を焼いています。 ) 顔のたるみ治療(フェイスリフト手術)はSMAS筋膜を引き上げる事で、たるみを解消することが重要とされています。 表面の皮膚だけではたるみはなかなか取れないものです。 SMAS筋膜を引き上げる治療は、このハイフHIFUが使用されるまでは、オペでしか行う方法はありませんでした。 ハイフHIFUが世に出たことで、メスを使わない治療方法が確率されました。 それまでの、機器を使用したたるみ施術は真皮層までしかエネルギーが到達しないため、 より効果の出る美容医療機器がでるのを待ち望んでいました。 どのメーカーにもですが、ハイフHIFU機器には複数のカートリッジが存在しています。 ハイフHIFU機器ですが、医療、エステ問わず、さまざまな機器が日本国内で存在しています。 ハイフHIFUには1台の機器につき、カートリッジ(トランスデューサー)という消耗品が複数存在しています。 例えば、ウルセラの場合、全顔の施術だと3種類のカートリッジを使用します。 1.DS4-4. 5 2.DS7-3. 0 3.DS10-1. 5 写真の様に、カートリッジ其々で、焦点位置が異なります。 DS4-4. 5はSMAS筋膜 深さ4. 5mm DS7-3. 0は真皮層 深さ3. 0mm DS10-1. 5 は真皮上層~中間層 深さ1. 5mm 照射部位により、これらのカートリッジを使い分けていきます。 5mmのカートリッジは頬や顎下への照射。 SMAS筋膜へのアプローチですね。 0mmのカートリッジは頬と顎下と、目の周りにも照射します 1. 5mmのカートリッジは目元のような、皮膚の薄い部分や口回り、小じわの治療で用います。 ウルセラを例に、カートリッジの種類についてご紹介しましたが、大抵のメーカーのハイフHIFUのカートリッジは、同じ深さのカートリッジを取り揃えています。 エステとクリニックのHIFUの違いは? ハイフHIFUの施術は、前述の通りSMAS筋膜を熱で収縮させます。 すなわち、医療行為です。 エステにもハイフHIFU機器がありますが、出力レベルが異なります。 エステでは医療行為はできませんので、どうしても出力は弱くなります。 また、国民生活センターでも注意喚起がされており、トラブルが発生しております。 国民生活センターの文書です詳細は下記URLから確認ください 1.やけど 2.神経の一部損傷 3.契約上のトラブル 4.効果がなかった 国民生活センター報道発表資料より抜粋 クリニックでも、トラブルが起こらない、とは断言できません。 しかし、クリニックにはドクターが常駐しており、その道のプロが適切な対応を取ってくれるはずです。 ハイフHIFUの施術を受けられるのであれば、クリニックで受ける事をお勧めいたします。 施術の効果は3-6か月持続する、ダウンタイムは赤みがでるくらい 1回の施術時間は60分ぐらいです。 前後に、診断、カウンセリング、化粧落とし、マーキング(顔に線を引いて照射する部位を確認していきます。 ウルセラはほぼ行います。 )クリニックによっては麻酔も行います。 あと術後の化粧する時間です。 それらを考慮すると2時間ぐらいはかかると思います。 術後ですが、赤みが出る場合があります。 しかし、翌日には消えていると思われます。 効果ですが、個人差はありますが、3-6か月ぐらい持続すると言われています。 施術単価は10万円~60万円まで様々です 施術単価は機器にや地域によりさまざまです。 たとえば、ウルセラの場合、10万円台から60万円代と同じハイフHIFU機器にも関わらず、 幅があります。 価格が安いから照射数が少ないとか、高い価格だから必ず効果がある、というわけではありません。 各クリニックの治療方針や戦略により、異なった価格が存在していると思います。 あらためて、価格については、こちらのブログでご紹介したいと思います。 ハイフHIFUは痛い? 個人差はありますが、痛いと感じる方が殆どだと思います。 クリニックによっては、麻酔を用意しているクリニックもあります。 痛みに耐えられない方は、施術を受けないか、他のたるみ治療器をおすすめします。 ハイフHIFUができる機器はどのような種類があるのでしょうか? ここではクリニックに導入されているハイフHIFU機器をご紹介します。 エステサロンのハイフHIFUは紹介しませんので、悪しからずご了承ください おすすめは、ウルセラ・ダブロシリーズ・ウルトラフォーマー・ウルトラセルです。 紛らわしいですが。 ハイフHIFUは医療行為のため、クリニックにて受けられることをお勧めします。 施術単価は10万円から60万円とハイフHIFU機器や地域、クリニックの方針や戦略により異なります。

次の