仕事 うまくいかない。 仕事の人間関係が「うまくいかない」ときにやってほしい5つの対処法『本当は上手にやりたいのに、、』

「仕事がうまくいかない」とボンヤリと悩む人へ 因数分解して思考を整理してみるのが先決だ

仕事 うまくいかない

こうやって思考を言語化する作業を試みてみると改めてわかることがある。 人間は意外に自分のことをわかっていないのだ。 何より、人間にとって、思考というなかなかに面倒くさい作業を避けて楽をしようとする。 思考の過程で、「仕事がうまくいかない」とか「よかったです」みたいな大雑把で便利な言葉を見つけてしまうと、そこで思考を止めてしまう。 間違っていないからだ。 だが、正確ではない。 思考は正確な言葉で表現しないと、本当はもっと深い思考にたどり着く可能性があっても、途中でその行き先を見失ってしまうのだ。 「考える」しかないというのに。 「悩む」ことに意味はない 言葉を因数分解することで思考を明確にする。 これがいちばん効くのは人生の進路や次の行動に漠然と「悩んでいる」ときだ。 これも、思考を因数分解して言葉にすることで、問題の本質や自分が進むべき進路が見えてくる。 漠然と「悩んでいる」人も多いが、言葉を選ばずに言うと、それがいちばん無駄な行動だ。 「悩む」のは、なんとなくわからないままグズグズするということ。 前に進むことも、逃げることもしないで、思考が同じ場所にとどまり続ける。 水や空気と同じで、思考も変化しないで同じ場所にとどまっていると、どうしてもよどんでしまうものだ。 そこを因数分解しないといけない。 「悩む」という言葉を封印して、思考を因数分解し、言語化していかないと、行動に移せない。 僕はもともと大手企業の会社員から独立し、自分の会社を作ったというキャリアのため、広告・メディア業界の知人から、「会社を辞めようか悩んでいるんです」という相談を受けることが多い。 これには今のところ100%断言できる法則があるのだが、「会社を辞めようか悩んでます」と言って相談にくる人が会社を辞めることはない。 悩んでいるということはモヤモヤと漠然とした思考が言語化できていないということなのだ。 思考が明確になっていないのに新しい行動をとれるわけがない。 せっかく入った大手の広告会社やメディア企業を辞めるにはそれなりの思考に基づいた断固たる決意と、未来に向かう具体的な計画が必要だ。 『言語化力 言葉にできれば人生は変わる』(SBクリエイティブ)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします 一方で、実際に会社を辞める人は「会社を辞めるので、いろいろ教えてください」というスタンスでくる。 彼らは悩んではいない。 「会社を辞める・会社を辞めない」という自分の人生における、2つの選択肢をすでに比較して思考し、自分なりの仮説として「会社を辞める」ほうが人生にプラスになることが多いという結論を出したうえで、相談に来ているからだ。 思い返せば僕自身、博報堂を辞めて独立する際に、誰かに独立するかどうかを相談したことはなかった。 自分なりに思考を積み重ね、会社組織にいないとできないことと、会社組織を出てはじめてできることを、それぞれ比較して、独立しようという意志を固めてから報告しようと思っていた。 会社を辞めることはもちろん、人生における転機においては、不安や焦りもあって、つい思考が浅くなり漠然と「悩む」行為にとどまってしまうことも多い。 精神が不安定だと呼吸も思考も浅くなる。 しかし、緊急事態ほど深く呼吸し、深く思考したほうがいいのも事実だ。 かつて博報堂の先輩に言われた言葉を覚えておいてほしい。 「この世にはどうにもならないことはない。 たまにどうしたらいいかわからなくなるだけだ」ってね。 落ち着いて考えれば大丈夫だよ。

次の

仕事がうまくいかないときの原因・克服方法・心理|辞めたい

仕事 うまくいかない

記事の目次• 仕事が上手くいかない時 精神状態をリセットとしないと繰り返します。 例えば僕が経験したことなんですが、 1度大きなミスをしたことがありました。 そこから同じミスをしないよう注意してても、 何故かミスを繰り返す経験をしたんですね。 かなり細部まで確認作業を行い、 更には上司に頼んでチェックをしてもらい、 それでも隙間を縫うようミスが出てきました。 これは言葉で表現するのは難しいですが、 何か不思議な力が働いてかのようだったんです。 決して他の社員のせいだと言う訳じゃなくて、 「あれだけ厳重な注意をしていたのに・・・」 と言う思いがずっとありました。 そこまでじゃないにしても上手くいかない時は、 ストレスがストレスを読んで悪循環になって、 ミスを繰り返しやすい心理に陥りがちです。 その時の僕も気付かないうちに、 そんな心理状態にハマってたんだと思います。 それが目には見えない理由だったんです。 何故なら心とは目には見えないものなので、 自分の心理状態って意外と分からないんです。 そこで今回の内容はその心理を解き明かし、 ストレスを受け流す対処法をお伝えします。 1、自分の拘りを手放す 仕事でミスや失敗を犯してしまうと、 そこから調子を崩してしまうことがあります。 上手くいかないことが続くのって辛いですね。 けどそこには心の問題が絡んでいて、 ミスや失敗を気にしているから・・・ だから再び現実に起こってしまうんです。 それは無意識レベルで拘っていることなので、 意識的には忘れても心の奥に残るんですね。 だけどもし拘りを忘れることが出来れば、 きっとミスや失敗を繰り返さないはずです。 これって人によって違ってりしますよね。 一方では気にしてミスを繰り返してしまうけど、 一方は全然気にしてなくて軌道修正出来る・・・ ではこの違いって何なのかと言うと、 ミスや失敗を腫れ物のように扱うからです。 腫れ物に触れるって言葉がありますが、 極端に気にし過ぎるとまたミスするんです。 軌道修正出来る人は問題だとは感じてません。 その代わりこういう考え方をしてるんです。 それは繰り返さない為の対策を明確にする ここをしっかりと考えているんですね。 つまりどうなったらどうするかを考えて、 軸を作ってから行動している訳です。 2、ブロックを拡げる 「こなるって分かってたら・・・」 「初めからやっとけば良かった・・・」 て後悔した経験はありませんか? 僕達は物事を今この瞬間だけで判断します。 つまり先のことをあまり考えないんです。 だって先のことなんて分からないですよね? そこでブロックを拡げる話に繋がるんですが、 これって言い換えると視野を広げることです。 「だったら視野って言えばいいじゃん!」 て思われたかもしれませんね。 では何故ブロックって書いたかと言うと、 人生って長い目で見ると節目がありますよね? 例えば年齢で言えば30、35、40歳だとか、 仕事で言えば今の会社で3年働いてるとかです。 そこで仕事が上手くいかない時っていうのは、 上手くいかない部分しか見ないんです。 上手くいかないブロックだけに意識が集中し、 しかもしれが無意識レベルだったりするんです。 なので注意してても同じミスを繰り返したり、 2重チェックをしてもダメだったりするんです。 なので例えば上手くいっている時の自分とか、 特に上手くいきそうな予感を感じた瞬間など、 過去に立ち返って思い出してみて下さい。 そして未来にそれが起こることを想像し、 今現在のブロックを拡げてみて下さい。 これは想像の中で行っていくものですが、 意外と今に囚われ過ぎてることに気付けます。 僕は独立した今でもこうした視点を大事にし、 辛い時はブロックを変えることをしてます。 3、仕事の能力と体力の関係 体力と仕事には密接な関係があります。 単純に体力が無いと仕事が出来ないですよね。 それは単純な話で体力が無くなると、 気力が段々と低下していくからです。 そうなると、物事や他人に対して、 批判的な目で見るようにもなります。 そんなバカなって思ったかもしれませんが、 あながちバカに出来ないことなんですね。 だって病気になった時ってどうですか? 元気な時と 考えが出来ないと思いませんか? それと同じことで体力が無くなってくると、 スポンサーリンク 健全な考え方ができなくなるものなんです。 なので仕事が上手くいかない時は、 体力の低下は思ってる以上に関係します。 それには 定期的な運動も対処法のひとつです。 4、パターンを作る イチローはバッターボックスに立つ前に、 一連のパターンの動作をしてから入るそうです。 これを「パフォーマンスルーティン」と呼びます。 あなたの仕事で好調な時を思い出して下さい。 必ず上手くいったパターンがあるはずです。 表情、手や足の動き、姿勢、思考 見ている方向、感情、呼吸の仕方など、 上手くいってるパターンが必ずあるので、 上手くいかない時と比較すると分かります。 上手くいかない時はそこだけを見がちですが、 違う状況との比較をすると違いが分かるので、 それによって解決策が見出せたりします。 上手くいかない時は感情を見つめること 仕事に限らず上手くいかない時って、 人生の中でどうしても出てしまうものです。 そういう時に限って焦って余計な行動をして、 失敗を招いて傷口に塩を塗ってしまうんですね。 余計に痛い思いをするなんて嫌なものですね。 僕も製造業の会社で働いていた頃に、 スランプに陥って抜け出せない時期がありました。 執拗にチェックして他の社員に確認をしてもらい、 それでもミスと繰り返してしまったのです。 もうどうしようもなく気分が沈むばかりでした。 だけどこんな時って失敗ばかり意識してました。 失敗しないようにって失敗を意識してたんです。 なのでそうならない為に大切なのは、 自分の感情を感じてみる・・・ ということなんです。 カウンセラーやセラピストなんかでも、 相手の話を親身になって聞いてくれますよね? それと同じで自分の気持ちをなだめる為に、 自分の感情を見つけることが大切なんです。 このような視点は大抵の人は持っていませんが、 自分の内側の視点について自覚があるだけでも、 犯さなくてもよいミスを防ぐことは出来ます。 更に自分の内側へ意識を向けるというのは、 以下の記事でも書いたので参考にして下さい。 自分の強みを知る人• 本当の自分を理解してない人 実は転職しようが現職でずっと働き続けようが、 自分を知らないと人生で大きな損失なんですね。 自分の能力や適性を知らないまま生きるので、 転職では失敗を繰り返すリスクに繋がりますし、 仕事が合ってないことに気づけなかったりします。 そうなるといつまでも不満な日々を送って、 本当は身近にチャンスがあるのに掴むことが出来ず、 不運にも苦労の人生を歩んだりするんですね。 だけど自分の強みが何かを知ることが出来れば、 何となく外側の情報だけで判断しなくなったり、 失敗のリスクをかなり軽減することが出来ます。 それによって本当の求める生き方に近づけて、 自分に合った仕事に出会いやすくなります。 自分の強みを知らずに生き続けることは損です。 今の仕事に漠然とした不安を抱えてるなら、 以下の記事を参考にしてもらえばと思います。

次の

仕事がうまくいかないストレスでイライラ!原因と5つの対策法

仕事 うまくいかない

仕事でイライラするポイントとは? そもそも私たちは何にイライラしているのでしょうか。 仕事で起こりうるイライラポイントは複数あります。 (1)仕事量が多すぎる 仕事の量が多くて毎日残業をしないと回らないような状態だったり、短時間でスピードを求められるような状況だったりして、 常に時間に追われていると心の余裕がなくなります。 責任感が強いと、大変な状況でもなんとか仕事をやりとげなければとプレッシャーを感じる人もおり、なおさらストレスやイライラが蓄積されてしまいます。 (2)無茶ぶりをしてくる上司がいる 就業時間の終わりに仕事を頼まれたり、上司がしたミスの尻ぬぐいをさせられたり、上司も内容がわかってないような大変な仕事を振られたり、嫌味を言われたり、上司の決裁が遅くて仕事が進まなかったり……。 挙げたらキリがない上記のあるあるですが、 「上司に振り回されている」と感じることがイライラポイントになる人もいます。 (3)仕事のできない後輩がいる 職場には仕事のできる人、できない人、いろいろな人がいます。 とはいえ、何回教えても間違いが減らなかったり、スピードが遅くて時間内に終わらなかったりする人が職場にいると、仕事の負担は軽減されず、逆に手間がかかります。 また仕事に対するやる気が感じられなかったり、おしゃべりに一生懸命だったりする後輩を見てイライラしてしまうことも。 (4)同僚が愚痴ばかり言っている ランチや休憩中は、仕事から離れてリラックスするための良い時間です。 気分転換したいと思っているのに、まわりにいる同僚が愚痴ばかりを言っていて、それを聞かされるような状況だとイライラしてしまうものです。 自分の意と反するマイナスな言葉や態度は、それだけで人にストレスを与えます。 (5)仕事がうまくいかない 仕事が順調にこなせているときはいいのですが、失敗やうまくできないことが続くと、自分自身に対する情けなさなどを感じてしてしまうものです。 周囲の問題ではなく、仕事そのものがうまくいかないという自分自身の問題ももちろんあります。 明日のために寝なければいけない。 なのに眠れない……という経験はありませんか? 眠れない状態を自覚するとさらに眠れなくなってしまい、悪循環に陥ってしまうこともありますよね。 今回は「夜に眠れないのは実はイライラが原因なのでは?」という仮定から、その心理や対処法を分析してみたいと思います。 その理由はイライラかも 眠れない、という状態は「心のイライラ」が原因になっていることがあります。 眠るためには、自律神経を整えることが大事。 自律神経には副交感神経と交感神経があり、副交感神経のほうが優位になることで、人間は眠ることができます。 イライラしている状態のときはその逆で、交感神経が優位になり、眠くなくなってしまうのです。 実は20代の女性のイライラの原因は、大きく分けると「仕事」と「恋愛」の2つにあることが多いのです。 そのどちらかという場合もあれば、両方が複雑に絡み合っている場合も。 そういわれてみれば……と思い当たる方も多いのではないでしょうか。 では、具体的に「仕事」と「恋愛」でのイライラする理由を見てみましょう。 たとえ定時にあがることができても脳を極端に酷使する業務は精神的疲労となり、そこからイライラすることもあります。 しかし業務を丸投げ、フォローがないなど上司に対して不信感があると仕事にチャレンジする勇気が持てません。 とくに上昇志向の強い人は「仕事にやりがいを求めたいけど上司が守ってくれない」というジレンマでイライラしてしまいます。 誰でも程度の差はあれど、仕事で自己実現をしたいと願っています。 この自己実現欲求が閉ざされるとイライラしてしまうのです。 つまり自分の主張を相手が受け入れてくれずに拒否されたり反対されたりすることから喧嘩になるのです。 こうした否定や非受容の態度をとられると心はダメージを受けます。 この心の傷が「イライラ」という感覚になる場合があります。 これは心を無理やり押さえつけられている状態ですから、ストレスはかなり大きなものです。 この反動で、自分より弱い存在や物にあたってしまう場合があります。 これは「別のものにあたって発散させたい」というイライラが生じているのです。 そんなストレスが溜まった際に自覚症状として非常に多く出やすい感情がイライラとした気分なのです。 約束が守られないと当然怒りの感情がわきます。 この怒りのぶつけ先がないとイライラした気分になり、彼からの連絡や帰宅を「待つ」という時間もイライラを加速させます。 すぐ眠れるようになるための3つの対処法 ここからは、こうしたイライラを抑えて眠るための対処法をご説明していきます。 つまりそのイライラの原因や状況しか見えていないという状態です。 そこで、もっと遠くを見つめる思考を意識してみましょう。 10年後の私はどうなっていたいかを考える、生き生きと仕事をしている自分の環境を思い描いてみる、といったことです。 目的が定まれば上司の存在なんて一過性であると割り切れたり、変化をおこすための具体的な案が浮かんだりするもの。 思考の焦点を遠くにするとイライラは静まってきます。 原因を解決せず、物にあたったりお酒を飲んだりといった代替行為に逃げても、また元の精神状態に戻ってしまうだけです。 自分の主張を押し通すだけでなく、相手の意志も尊重することが幸せな恋愛の秘訣です。 しっかり自分の原因と向き合って対策まで考えてみましょう。 なお、原因がないのに彼の存在に無性にイライラするという場合は自分自身が抱えているメンタルの問題である可能性も。 専門家や専門機関に相談することも考えてみましょう。 ポイントは交感神経が優位の状態から、副交感神経が優位の状態にすることです。 それには部屋の照明を落とす、クラシックや安眠音楽などを聴く、アロマ(芳香)をたく、歯を磨くなどがあります。 自分に合った解消法を組み合わせてみてください。 寝られないならいっそ寝ないのもあり なお、無理に寝ようとするとそれが強迫観念的になり逆に眠れなくなることも多いです。 さらに焦ると状態が加速する場合もあります。 寝られないのであれば無理に寝る必要はありません。 「眠れない日もあるさ!」といった気持ちで開き直ってしまうのもありですよ。 イライラの元となる大きな2つの原因、「仕事」と「恋愛」別にイライラを解消する方法をご紹介しました。 ぜひ参考にしていただき、自分に合った心の整え方を見つけていきましょう。

次の