とつげきチョッキ まもる。 【ポケモン剣盾】とつげきチョッキの入手方法と効果【ポケモンソードシールド】

ウーラオス いちげきのかた 育成考察 育成論

とつげきチョッキ まもる

はじめに こんにちは、てんてい です。 ランクマッチダブルで 最高4位を達成した構築の紹介です。 癖が少なく、非常に使いやすい構築となっていると思います。 構築経緯 今回のルールではとにかく、「上から殴る」ことが非常に重要です。 相手に先に行動されてしまうと、ダイマックス技の追加効果をすぐに発動されてしまい、不利を取ってしまう場合が多いです。 上から殴る戦法の1つとして トリックルームが有名ですが、今作では 「ねこだまし」の怯み効果がダイマックスポケモンに無効化されてしまう都合上、 トリックルームを安全に決めるには「このゆびとまれ」系統の技の使用がほぼ必須となっています。 しかしながら、「このゆびとまれ」+「トリックルーム」という動きをしてしまうと、 その1ターンの間相手のダイマックス技を一方的に受けてしまう上に、1体の数的有利を取られてしまいます。 そのため、トリックルームを無事に決められたとしても、そこから安定して勝つのは難しくなってしまうことが多いです。 そこで、初手からトリックルームを決めに行くのではなく、隙を見てトリックルームを展開する「 スイッチトリックルーム」の構成を取ることにしました。 トリックルームしない場合の高速部分として バンギラス+ドリュウズ の並びと ドラパルト を採用し、トリックルーム下のアタッカーとしての コータス と組み合わせることにしました。 最近流行りの弱点保険を警戒しておにびを打ってくる相手に刺さる ラムのみで採用。 また、タスキバタフリーにねむりごなをよく打たれるので何もさせず突破できる。 ダメおしはこの構築と相性が良く、トリルが無いときはドリュウズやドラパルト、トリル下ではコータスやサマヨールの後に動いて高火力を出す事が出来ました。 しかし、かみくだくの方が欲しいときもあるので、一長一短だと思います。 トリックルーム下でも通常状態でも動かす事が出来るパーティの潤滑剤的ポケモンです。 基本的に初手に投げて相手に圧力をかけていきます。 ダイアース や ダイスチルでサマヨールを要塞化させる戦術を取ることもたまにあります。 単体性能が非常に高いため、コータス以外のどのポケモンと一緒に投げても活躍してくれます。 バンドリ構築ではウオノラゴンを筆頭に水タイプが非常に厳しいため、後述のミミッキュと合わせて対策しています。 おにびはこの構築で重たいアーマーガア、カビゴン、ドサイドンなどの物理アタッカーをごまかすために採用しました。 ウオノラゴンなどのドラゴンに対しての遂行技の じゃれつくを採用。 高耐久への確実な削り手段として、 のろいを採用。 しかしながら、 今作からのろい先の対象が相手2体のランダムになってしまったため、非常に使いにくい技になっていることに気を付けてください。 採用理由の トリックルームは確定で、残りの1枠はのろいと相性が良く、ヘイトを集めやすくよく集中されるため、 まもるを採用しました。 トリックルーム要因としてはかなり使い勝手がよく、また、バンドリにとって厳しいポケモンを対策する事が出来ました。 ナイトヘッドや いたみわけで相手の体力を削り、コータスの攻撃圏内に入れていくのが主な役割です。 くろいきりは ダイマックス技の追加効果を消したり、流行りの弱点保険に対応するために採用しました。 コータスをしっかり対策していない構築に対しては ふんかを打っているだけで勝負が終わります。 技範囲を最大まで広げ、 とつげきチョッキを持たせたことで、最低限のタイマン性能があります。 また、 バンドリで非常に厳しいアーマーガアを強くにらむ事が出来るという点でも、相性が良いです。 選出と立ち回り 基本選出 先発: 後発: or + or 初手から素早さの高いポケモンを2体並べて場を荒らし、トリックルーム要因を死に出ししてトリル下のコータスやバンギラスで締めます。 コータスにはまもるがないため、トリルするターンには攻撃に晒されないようにしたいです。 その他の選出に関しては特に決めておらず、相手に合わせて柔軟に変えていました。 さいごに 実はこの構築は厳しい相手も多く、ドラパルト対面で同速に勝たないといけないなど、問題点、改善点はあります。 しかし、 ドラパルトが倒れるタイミングでトリックルームを打ったり、トリックルームが切れた後に砂ドリュウズを再展開するなど、色々な事が出来、使っていて非常に楽しい構築です。 就職して関東に出たことをきっかけにVGC熱が急上昇。 最近では海外のVictory Roadで日本語記事の英訳を担当したりもしている。 関連する記事• 2019. 07 先日、イシヘンジンの特性「パワースポット」の倍率を検証し、「パワースポット」による強化倍率は1. 33 […][…]• 2020. 04 レンタルチームID:0000 0001 BXB9 FB 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 02 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. ブルン […][…]• 2020. 03 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. シーズン5で使用率が上昇した […][…]• 2020. 11 レンタルチームID:0000 0003 CCY4 9F 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…].

次の

【ポケモン剣盾】ランクマ・シーズン8構築「ゴリラスタン」~最強はエースバーンではなくゴリランダーだった │ 黒白ニュース

とつげきチョッキ まもる

Sは最速50族抜き(実数値113、ラッキー等意識)、余りCでちょうど11n。 技 備考 だいちのちから 最大火力。 地面特殊打点は貴重。 れいとうビーム 浮いてる電気に。 地氷の範囲は優秀。 ふいうち 下降補正でもそれなりの火力。 つのドリル 有利対面から撃ちたい。 大地の力と冷凍ビームは仮想敵への打点として必須で、ふいうちも対悪だくみボルトロスで必要。 弱点をつけない火力が足りないこと、電磁波毒々無効を活かしての耐久狩りに使えることから一撃技も欲しいのでこの構成で確定です。 ダメージ計算 与ダメージ だいちのちから H振りメガクチートに96. 8~115. 0~123. 2~150. 0~73. 5~134. 2~95. 8~63. 8~89. H252振りランドロスに118. 3~140. 0~32. 6~76. 5~40. 7~68. 0~38. 1~33. 7~26. 2~32. 1~39. 0~56. 2~97. 7~63. 0~38. 1~33. 7~27. 後述しますが、ボルトロスを相手取るために格闘半減は大きな個性であり、地面タイプのうち格闘半減以下かつ氷2倍以下の耐性を持つ複合タイプは毒地、虫地、霊地、超地の4種類で、一撃技と先制技を備えるのはニドキングとのみです。 氷弱点のため多くの場合めざ氷を最大打点として受けることになりますが、相手の採用技やZクリスタルにより役割破壊される可能性がある他の地面タイプと比べ、めざめるパワーはZ技化に向かず追加効果もないため想定外のZ技や追加効果の発動で崩されることが少ないです。 急所はやめて。 次点の草結びも威力80のため痛くありません。 半分回復きのみ持ちボルトロスについて 半分回復きのみ持ちボルトロスへの後出し時に、わるだくみorC特化めざ氷を受けると厳しいです。 そのため瞬間火力で受けを崩すZクリスタル持ちよりも悪だくみの搭載率は低く、また耐久確保のためにCが大きく削られていることが考えられます。 例えば控えめC4振り霊獣ボルトロスのめざ氷をニドキングは3耐え可能なので後出し時にめざ氷を受けても大丈夫です。 絶妙な火力。 総評 ニドキングの採用理由となるのは電気タイプの2トップへの安定感があること、特殊メインであることの2点でしょうか。 特にカクトウZ持ちがそこそこ存在するボルトロスへの安定感においてニドキングは優秀と言えます。 悪だくみ+デンキZorカクトウZは並みの特殊受けは吹き飛んでしまう超火力ですが、ニドキングにとってはどちらも脅威ではありません。 その他のポケモンの育成論一覧は どくタイプの育成論一覧は じめんタイプの育成論一覧は.

次の

ズルズキン

とつげきチョッキ まもる

はじめに こんにちは、てんてい です。 ランクマッチダブルで 最高4位を達成した構築の紹介です。 癖が少なく、非常に使いやすい構築となっていると思います。 構築経緯 今回のルールではとにかく、「上から殴る」ことが非常に重要です。 相手に先に行動されてしまうと、ダイマックス技の追加効果をすぐに発動されてしまい、不利を取ってしまう場合が多いです。 上から殴る戦法の1つとして トリックルームが有名ですが、今作では 「ねこだまし」の怯み効果がダイマックスポケモンに無効化されてしまう都合上、 トリックルームを安全に決めるには「このゆびとまれ」系統の技の使用がほぼ必須となっています。 しかしながら、「このゆびとまれ」+「トリックルーム」という動きをしてしまうと、 その1ターンの間相手のダイマックス技を一方的に受けてしまう上に、1体の数的有利を取られてしまいます。 そのため、トリックルームを無事に決められたとしても、そこから安定して勝つのは難しくなってしまうことが多いです。 そこで、初手からトリックルームを決めに行くのではなく、隙を見てトリックルームを展開する「 スイッチトリックルーム」の構成を取ることにしました。 トリックルームしない場合の高速部分として バンギラス+ドリュウズ の並びと ドラパルト を採用し、トリックルーム下のアタッカーとしての コータス と組み合わせることにしました。 最近流行りの弱点保険を警戒しておにびを打ってくる相手に刺さる ラムのみで採用。 また、タスキバタフリーにねむりごなをよく打たれるので何もさせず突破できる。 ダメおしはこの構築と相性が良く、トリルが無いときはドリュウズやドラパルト、トリル下ではコータスやサマヨールの後に動いて高火力を出す事が出来ました。 しかし、かみくだくの方が欲しいときもあるので、一長一短だと思います。 トリックルーム下でも通常状態でも動かす事が出来るパーティの潤滑剤的ポケモンです。 基本的に初手に投げて相手に圧力をかけていきます。 ダイアース や ダイスチルでサマヨールを要塞化させる戦術を取ることもたまにあります。 単体性能が非常に高いため、コータス以外のどのポケモンと一緒に投げても活躍してくれます。 バンドリ構築ではウオノラゴンを筆頭に水タイプが非常に厳しいため、後述のミミッキュと合わせて対策しています。 おにびはこの構築で重たいアーマーガア、カビゴン、ドサイドンなどの物理アタッカーをごまかすために採用しました。 ウオノラゴンなどのドラゴンに対しての遂行技の じゃれつくを採用。 高耐久への確実な削り手段として、 のろいを採用。 しかしながら、 今作からのろい先の対象が相手2体のランダムになってしまったため、非常に使いにくい技になっていることに気を付けてください。 採用理由の トリックルームは確定で、残りの1枠はのろいと相性が良く、ヘイトを集めやすくよく集中されるため、 まもるを採用しました。 トリックルーム要因としてはかなり使い勝手がよく、また、バンドリにとって厳しいポケモンを対策する事が出来ました。 ナイトヘッドや いたみわけで相手の体力を削り、コータスの攻撃圏内に入れていくのが主な役割です。 くろいきりは ダイマックス技の追加効果を消したり、流行りの弱点保険に対応するために採用しました。 コータスをしっかり対策していない構築に対しては ふんかを打っているだけで勝負が終わります。 技範囲を最大まで広げ、 とつげきチョッキを持たせたことで、最低限のタイマン性能があります。 また、 バンドリで非常に厳しいアーマーガアを強くにらむ事が出来るという点でも、相性が良いです。 選出と立ち回り 基本選出 先発: 後発: or + or 初手から素早さの高いポケモンを2体並べて場を荒らし、トリックルーム要因を死に出ししてトリル下のコータスやバンギラスで締めます。 コータスにはまもるがないため、トリルするターンには攻撃に晒されないようにしたいです。 その他の選出に関しては特に決めておらず、相手に合わせて柔軟に変えていました。 さいごに 実はこの構築は厳しい相手も多く、ドラパルト対面で同速に勝たないといけないなど、問題点、改善点はあります。 しかし、 ドラパルトが倒れるタイミングでトリックルームを打ったり、トリックルームが切れた後に砂ドリュウズを再展開するなど、色々な事が出来、使っていて非常に楽しい構築です。 就職して関東に出たことをきっかけにVGC熱が急上昇。 最近では海外のVictory Roadで日本語記事の英訳を担当したりもしている。 関連する記事• 2019. 07 先日、イシヘンジンの特性「パワースポット」の倍率を検証し、「パワースポット」による強化倍率は1. 33 […][…]• 2020. 04 レンタルチームID:0000 0001 BXB9 FB 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 02 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. ブルン […][…]• 2020. 03 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. シーズン5で使用率が上昇した […][…]• 2020. 11 レンタルチームID:0000 0003 CCY4 9F 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…].

次の