セキセイ インコ 睡眠 時間。 セキセイインコの寝る時間と起きる時間教えてください

セキセイインコに多い「メガバクテリア症」って?

セキセイ インコ 睡眠 時間

インコの理想的な睡眠時間はどのくらい? インコにとって、睡眠時間は健康を維持する為にとっても大切な時間ですよね! 規則正しく質の良い睡眠時間を心がけてあげないと、ホルモン分泌に悪い影響を与えると言われているくらい、インコにとって睡眠時間は大切な事なのです。 インコの理想的な睡眠時間は? 野性のインコは、日の入りと共に寝る時間になり、日の出と共に目覚めるという、とっても規則正しい生活をしています。 時間にすると、大体12時間~16時間寝ていることになり、人間に比べるととても長い時間を睡眠に使っていることが分かりますね! どうしてこんなに睡眠時間が長いのかというと、常に外で生活をしている野性のインコは、夜中でも外敵に襲われる可能性があり、いつ外敵が襲ってきても素早く逃げられるように浅い眠りをしているんです。 ですが、睡眠が浅いと疲れが取れないですし、ストレスで体調も崩してしまいそうですよね! だからといって、深い睡眠になってしまうと、近くに外敵がいても物音や存在に気付けなくなってしまうのでとても危険です! そこで、深い睡眠ができない代わりに睡眠時間を長くする事で、体を休めて疲れをとって体調を整えているんです。 飼育下のインコは、大体10時間~12時間位を睡眠時間にあててあげるのが理想的です。 ケージにカバーをかけて静かにしてあげよう 飼い主さんが、インコの理想的な睡眠サイクルに合わせるというのは、難しい場合が多いと思います。 なので、インコの健康を考えて先に寝かせてあげるのが良いと思います! 夜7時、8時位になったら安眠できるようにケージにカバーをかけてあげて下さい! そして、ケージが置いてある部屋がうるさい場合は、静かな部屋に移動してあげましょう。 朝飼い主さんが起きたら、ケージカバーを取って「おはよう!」と声をかけてあげる事で、インコも安心できると思います! 規則正しい生活を心がけてあげましょう! 病鳥でエサを食べないときは? インコは暗い所だとエサを食べなくなり、明るい所だと食欲が出てきます。 何かの病気や体調を崩したりで体調が良くない場合、エサを食べなくなってしまう場合があります。 インコは、仲間との集団行動や外敵から素早く逃げられるように、常に体を身軽な状態にしている必要があるので、食べ物を体の中に貯めておくことができません。 なので、インコがエサを食べないということは、命の危険に直結します! 病気などでエサを食べないインコの場合、少しでもエサを食べてもらうようにしていく必要があります。 その為には、夜でも白熱灯などのライトで24時間明るくして、少しでもエサを食べてもらうような環境にしておくのが良いです。 白熱灯には保温効果もあるので便利ですし、インコは明るくても眠れるので問題はないそうです。 まずは、エサを食べられるようにすることが大事です。 エサはいつでもすぐに食べれるように、インコの近くにばらまいておきましょう。 食欲が戻らない場合や、様子が心配な時は、インコが診れる動物病院に連れていきましょう! まとめ インコの理想的な睡眠時間は、• 野性のインコの睡眠時間は大体12時間~16時間。 飼育下のインコは10時間~12時間が理想的。 インコが寝る時は、ケージにカバーをかけてあげて静かな部屋で寝かせてあげる。 規則正しい生活を心がける。 体調を崩していてエサを食べないインコの場合は、白熱灯などで24時間明るくして、少しでもエサを食べてもらう環境を作る。 でした! インコの睡眠時間はとても長くて、規則正しい生活をしているんですね! インコの健康のために、安心して安眠できる環境を整えてあげましょう。 カテゴリー• 1 記事一覧•

次の

セキセイインコの寿命は何年?長生きさせるため方法や飼い方、餌は?

セキセイ インコ 睡眠 時間

スポンサーリンク セキセイインコの睡眠時間は何時間が最適なの? 野生の鳥やペットとして飼われているセキセイインコとでは睡眠時間が微妙に異なりますが、平均10時間以上(できれば16時間ほど)の睡眠時間が最適と言われています。 セキセイインコだけでなく野鳥でも朝が来ると鳴きだしますよね。 基本的には生活リズムをきちんとするために、日中の明るい場所では8時間、夜は16時間ぐらいケージを置いといてあげた方がいいとも言われています! もちろん単に睡眠時間が確保できればいいんだ…と言うわけではありません。 体内リズムをきちんと整えてあげることにより、体の機能が正常に動くので就寝や起床時間もとっても大切。 ペットとして飼われているセキセイインコの場合、日が沈む時間帯ってまだ人間が活動している時間ですよね。 夕ご飯だったりお風呂だったりくつろぎタイムだったり…。 常に外敵から身を守るため 実はセキセイインコだけでなく野鳥もそうですが、10時間深くぐっすり寝ているわけではないんです。 常に外敵から身を守るためにセキセイインコや野鳥は睡眠が浅いと言われています。 ペットとしてセキセイインコを飼われている方は特に分かると思いますが、セキセイインコってちょっとした物音や人の気配をした瞬間すぐ目を覚ましますよね。 外敵からいつ襲われても逃げられるように本来の性質が残っているんですね~。 日中起きている時間が長いと発情しやすくなります。 特に春や夏の季節は気温も暖かいので尚更発情します。 発情を必要以上にしてしまうと、メスの場合卵詰まりを起したり攻撃的になります。 オスの場合は、吐き戻しや精巣腫瘍という病気を起しやすくします。 自然に起こる発情は何も問題ありませんが、起きてる時間が長いことが原因でなる発情過多には要注意です。 またそれとは逆に、睡眠不足によるストレスで毛引き症を引き起こしてしまう場合もあります。 セキセイインコの毛引き症はストレスによる原因が最も多く、睡眠不足の他に生活環境が悪いと毛引きをし始めます。 毛引き症は自分の羽を必要以上にお手入れしすぎて毛を引っこ抜いてしまう厄介な病気です。 完治することもありますが、基本的に1度毛引き症を発症してしまった場合羽を抜く癖がついてしまっているので、なかなか完治するまで時間がかかりますし最悪治らない場合もあります。 実際私が飼っていたセキセイインコのメスも毛引き症になり、症状はそこまで重くありませんでしたが結局完治はしませんでした。

次の

セキセイインコの睡眠時間は16時間!?その理由と睡眠環境の作り方

セキセイ インコ 睡眠 時間

インコの睡眠時間について医師からご指摘を受けました。 私は夜遅くまで仕事をしております。 同時に、看護の勉強もしております。 夕方3時から夜中12時くらいに帰宅します。 同居人もバラバラ で、父が朝から夕方6時に帰宅、母は、夜勤で私と同じくらいです。 よって、常に電気は小さくし、テレビは小さめにしておりますが、物音は多少しますし、当然、インコちゃんは昼夜逆転しています。 インコちゃんは訳あって、リビングにいます。 以前、暮らしていた子は、別室でしたが、ある日、オカメパニックを起こし、大怪我をしていまして、それに朝方まで気づかなかったりしたためです。 また、一人ぼっちにされたという気持ちからインコちゃんがストレスで毛引きしてしまったことなどがあります。 そのこともあり、何があっても対応できるよう、私もリビング近くにベッドを移動してともに寝ています。 私は、朝6時に寝ます。 これは、長年ずっとこんな生活でなかなか改善されず、また、父は、朝5時に起きてくるために、眠れないかもしれません。 一応リビングはいつも暗めにしていまして、ケージを段ボールで囲い、そこに布を覆っております。 なるべく配慮をしておりますが、やはり夜中に歩いてる音がしたり、餌を食べる音がしたり、遊んでいる音はします。 ちょくちょく、病院にいき、体調をみてもらっていますが、睡眠時間を相談すると、叱られてしまいます。 インコちゃんも昼夜逆転に慣れてしまい、昼間眠っている様子です。 改善しなければ、やはり体にも良くないとわかっているのですが。 なんとか、リビングでも眠ってくれる方法はありませんか? 布と部屋を暗くする対策はしていますが、よろしくお願い致します。 ちなみに、布をかぶせるのは父にお願いしており、だいたい9時です。 よろしくお願い致します。 お仕事、お疲れさまです! 寝る場所ですが、可能であれば、寝るときだけリビングではなく、どこか鳥専用の部屋にできませんか? 日中、起きている間はリビングの方がいいですが。 地震に関しては、グラッと揺れたらすぐ起きなきゃ!という意識を家族全員で持って、起きたらすぐレスキューに! 私もオカメインコを飼っていたので、少しの揺れでも起きるようになりました。 それも無理なのであれば、後は鳥にあわせてもらうしかありません。 鳥は捕食される側なので眠りが浅く、仮眠をたくさんすることのできる生き物です。 ですので、どんなに努力しても、何かが動いている気配で起きてしまうかと。 医者に話したところで怒られるだけですし、話さなくて良いと思います。 ただ、普通に健康状態をチェックしてもらって、問題なければ良いのではないですか? 無理なものは無理です。 寝る時間が多少減っても、あなたとあなたのご家族に大事にされている鳥は、本当に幸せです。 今の時点できちんと出来ることをされているから、それで十分だと思いますよ。 インコちゃん、眠い時は寝ます。 それは昼間でも。 うちは主様より規則正しいとは思いますが、それでも昼寝はしていますし、室内が明るくても眠くなると寝ています。 むろんバスタオルなど掛けて籠の中が暗くなるように、また音を立てないように気をつけていますが。 暗くしても寝たくないときは寝ないですし。 愛されているってことがわかっていれば、心が安定して健康になると思います。 医師は、もちろん正論をおっしゃっていると思います。 でも、家庭ごとの都合もありますしね。 夜は寝るものだ、という飼い主の気持ちのほうが、インコちゃんに影響するのでは? 家にはウサギさんもいますが、若い時は飼い主の行動に合わせて日中行動し夜寝ていましたが、年を取ってからは夜行性に戻りました。 そんなものだと思いますよ。

次の