名古屋 市 西区 事件。 名古屋妊婦切り裂き殺人事件

名古屋西区主婦殺人事件、今夜もTVでやってましたね。ふと思ったので...

名古屋 市 西区 事件

事件当時の被害者宅の模式図 縮尺等は配慮していない。 赤線は血痕を示す(『』1999年11月14日付39面記事の図より作成)。 による正式名称は「 西区稲生町5丁目地内における主婦被害殺人事件 」。 2020年現在未解決。 被害者の夫は事件現場を借り続け、8月より毎月にあたる13日に情報提供を求める呼びかけを行っている。 概要 [編集 ] 1999年午後2時半ごろ、の内で主婦(当時32歳)が、首をで刺されて死んでいるのがアパートの所有者(以下と記す)により発見された。 犯行は当時2歳だったの長男の目の前で行われた。 時系列 [編集 ] 以下、・によるにより判明し、によりされた事件の流れを時系列で記す。 全て11月13日の出来事である。 午前9時頃 - 被害者の夫が出勤。 午前中(時刻不明) - 近所の住民によると、被害者宅で人が争うような大きな物音を聞いたという。 午前11時頃 - 被害者が長男とともに近所のに出かける。 正午頃まで - アパート北側に附属するにおいて、が車の手入れをしていた。 この住民によれば、不審者の姿は見ていないという。 正午から午後1時までの間 - では前後の出来事からこの時間を犯行時刻とみている。 正午から午後1時までの間 - 車を手入れしていた住民とは違う住民が、被害者宅でを動かすような大きな音がした直後、階段を駆け下りる音を聞いたという。 午後0時半から午後2時頃 - 友人が3回被害者宅に電話を掛けていたが、いずれも応答がなかったという。 午後2時頃 - 大家が家で採れたを届けようと被害者の部屋を訪れたが応答がなく、また無施錠であったため、部屋の中に入った。 すると、首から血を流して倒れている被害者を見つけたため、通報した。 だが、その時点で既に死後2〜3時間は経っていたとみられる。 被害者はトレーナー・ジーパン姿で室内の廊下から居間に体を投げ出すような形でうつぶせになり倒れていた。 犯人 [編集 ] 犯人が逃げたとみられる稲生公園 足跡や血痕などから、犯人の特徴は以下の通り。 年齢は40歳〜55歳くらい(当時)の女。 犯行時はかかとの部分が高い24cmの製の量販品の婦人靴を履いていたとみられる。 血液型はB型。 被害者宅の洗面所及び稲生公園の手洗い場付近に犯人が血を洗ったとみられる跡があることから、殺害の際に被害者ともみ合いになり、左右のいずれかの手にけがをしたとみられる。 犯人はしばらく周辺の様子をうかがった後、現場から500mほど離れた稲生公園近くまで走って逃げたとみられる。 被害者宅には当時、被害者の他に2歳1ヶ月の長男もいたが、無傷であった。 また、被害者宅には物色された跡が無く、何も盗まなかったとみられる。 犯行現場には、飲みかけのが置いてあった。 被害者家族ではこの飲料を飲む習慣がなく、犯人が持ち込んだ可能性が高い。 この乳酸菌飲料は被害者宅周辺では配達・販売されていない物で、約35km離れた西三河地区で販売されている物であった。 しかし、犯人と思われる女が同地区と関係があるかは不明。 脚注 [編集 ]• 2013年11月14日閲覧。 中日新聞朝刊市民版: p. 2014年1月14日• 中日新聞朝刊12版: p. 1999年11月14日• 中日新聞夕刊E版: p. 1999年11月15日• 中日新聞朝刊12版: p. 1999年11月18日• 中日新聞朝刊12版: p. 1999年11月21日• 中日新聞朝刊12版: p. 1999年11月19日 関連項目 [編集 ]• (宙の会) 外部リンク [編集 ]•

次の

被害者と何らかのトラブルか、刺殺事件の容疑者 名古屋:朝日新聞デジタル

名古屋 市 西区 事件

概要 名古屋の自由党員の組織であった「公道協会」の会員らを中心として、軍資金調達のために富豪からの強盗・紙幣偽造が企てられた。 これは政府転覆計画を実行に移すための資金であった。 強盗は実際に実行犯20人により、50数回ほど実行に移された。 (明治17年)8月、(現)の平田橋付近において、警邏中だった巡査と実行犯らが遭遇し、この巡査2人を殺害する事件を起こす。 この事件には、当時名古屋来遊中であったも関与している。 また、同年12月、同県(現)役場において、国税を奪う事件を引き起こしている。 この2事件により、10月以降実行犯らが次々と検挙されることとなった。 3名が死刑、20名が無期懲役など(うち、7名が無期徒刑、16名が有期徒刑 )に処された。 ただし、彼らは政府転覆を企てた罪ではなく、単なる強盗犯・殺人犯として処罰された。 (明治30年)にが行われた。 関連文献• 『博徒の幕末維新』 、2004年• 『明治の逆徒』収録「名古屋事件」、1982年 脚注 [] 参考文献• 「名古屋事件」『愛知百科事典』中日新聞社、1976年、601頁(日本語)。 「名古屋事件」『角川新版日本史辞典』朝尾直弘・宇野俊一・田中琢、角川書店、2005年12月20日、第3版、788頁(日本語)。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

被害者と何らかのトラブルか、刺殺事件の容疑者 名古屋:朝日新聞デジタル

名古屋 市 西区 事件

概要 1999年午後2時半ごろ、の内で主婦(当時32歳)が、首をで刺されて死んでいるのがアパートの所有者(以下と記す)により発見された。 犯行は当時2歳だったの長男の目の前で行われた。 時系列 以下、・によるにより判明し、によりされた事件の流れを時系列で記す。 全て11月13日の出来事である。 午前9時頃 - 被害者の夫が出勤。 午前中(時刻不明) - 近所の住民によると、被害者宅で人が争うような大きな物音を聞いたという。 午前11時頃 - 被害者が長男とともに近所のに出かける。 正午頃まで - アパート北側に附属するにおいて、が車の手入れをしていた。 この住民によれば、不審者の姿は見ていないという。 正午から午後1時までの間 - では前後の出来事からこの時間を犯行時刻とみている。 正午から午後1時までの間 - 車を手入れしていた住民とは違う住民が、被害者宅でを動かすような大きな音がした直後、階段を駆け下りる音を聞いたという。 午後0時半から午後2時頃 - 友人が3回被害者宅に電話を掛けていたが、いずれも応答がなかったという。 午後2時頃 - 大家が家で採れたを届けようと被害者の部屋を訪れたが応答がなく、また無施錠であったため、部屋の中に入った。 すると、首から血を流して倒れている被害者を見つけたため、通報した。 だが、その時点で既に死後2〜3時間は経っていたとみられる。 被害者はトレーナー・ジーパン姿で室内の廊下から居間に体を投げ出すような形でうつぶせになり倒れていた。 犯人が逃げたとみられる稲生公園 足跡や血痕などから、犯人の特徴は以下の通り。 年齢は40歳〜55歳くらい(当時)の女。 犯行時はかかとの部分が高い24cmの製の量販品の婦人靴を履いていたとみられる。 血液型はB型。 被害者宅の洗面所及び稲生公園の手洗い場付近に犯人が血を洗ったとみられる跡があることから、殺害の際に被害者ともみ合いになり、左右のいずれかの手にけがをしたとみられる。 犯人はしばらく周辺の様子をうかがった後、現場から500mほど離れた稲生公園近くまで走って逃げたとみられる。 被害者宅には当時、被害者の他に2歳1ヶ月の長男もいたが、無傷であった。 また、被害者宅には物色された跡が無く、何も盗まなかったとみられる。 犯行現場には、飲みかけのが置いてあった。 被害者家族ではこの飲料を飲む習慣がなく、犯人が持ち込んだ可能性が高い。 この乳酸菌飲料は被害者宅周辺では配達・販売されていない物で、約35km離れた西三河地区で販売されている物であった。 しかし、犯人と思われる女が同地区と関係があるかは不明。 2013年11月14日閲覧。 中日新聞朝刊市民版: p. 2014年1月14日• 中日新聞朝刊12版: p. 1999年11月14日• 中日新聞夕刊E版: p. 1999年11月15日• 中日新聞朝刊12版: p. 1999年11月18日• 中日新聞朝刊12版: p. 1999年11月21日• 中日新聞朝刊12版: p. 1999年11月19日.

次の