レクサス 認定 中古 車。 LEXUS ‐ レクサス認定中古車 CPO

中古車・中古車情報検索なら【トヨタ公式中古車サイト】

レクサス 認定 中古 車

レクサスCPO(認定中古車)の要点 まず、レクサスCPOについて、意外と知られていないポイントからご説明いたします。 つまり、公式のホームページにはあまり載らないような裏情報です。 レクサスCPOの車には2年保証がついておりまして、追加で1年の保証を付けることができます。 したがって、新車登録から7年経過したレクサス車に3年の保証を付けると、 最長で9年目までのレクサス車に保証を付けることができます。 レクサスCPOの車は新車と同等の扱いですので、『10年目に到達するまでは新車』という考え方は良いですよね。 レクサスCPOの車を購入したオーナーは、新車のオーナーと同等の待遇となります。 なお、レクサスCPOのハイブリッド車(レクサスCTやレクサスHSなど)につきましては、新車登録時から10年間(20万kmまで)のCPOハイブリッド保証が付きます。 たとえば2年目のハイブリッド車をCPOで購入したら、9年間のハイブリッド保証が付きます。 この期間内は、ハイブリッド関係の部品を無償で修理することができます。 ハイブリッド車の修理代は、たとえばバッテリー交換で20万以上かかるなど、汎用部品よりもかなり高くつきます。 レクサスの(ハイブリッド車を含む)新車保証は5年までとなっておりますので、CPOのハイブリッド車はかなり優遇されていることがわかります。 さて、ここでのチェック項目は、以下のとおりです。 中古車市場では狙い目の車と言えるでしょう。 レクサスの新車を続けて購入される方であれば、新車購入時の下取り価格も期待できますが、そうでなければ中古車市場に出回ることもあります。 つまり、 CPO以外のレクサス車=程度がよくない、というわけではありません。 レクサス車に組み込まれる部品は、レクサスクオリティの一定水準を満たしています。 北米メディア「Consumer Report」では、レクサス・ブランドが3年連続で最も信頼できるブランドとして評価されており、レクサスのクオリティは実質世界一といえます。 ただし、それでも中には故障が頻繁に起こるようなケースも稀にあるそうです。 こればかりは運ですよね。 1部品あたりの単価はたいした値段ではありませんが、合計金額はおおよそ数万円~十数万円になります。 交換する部品のうち、 タイヤ、ブレーキ・フルード、ブレーキパッドの3点は運転時の安全性に大きくかかわります。 中古車販売店のレクサス車では、これらの部品は交換されていなかったり、サービスで交換してもらっていたりとさまざまです。 また、 納車前には車検の2倍以上となる90項目以上の点検・整備が実施されます。 点検項目につきましては、レクサスCPOのに詳しく記載されております。 以上より、レクサスCPOの車は、納車時には新車に近い状態で新たなオーナーに渡されます。 ) ここでのチェック項目は、以下のとおりです。 重要なのは、故障したときの迅速かつ丁寧なサポートです。 レクサスではオーナーの要求に対してすぐに無理とはいわず、対応可能かどうかを検討します。 緊急の際は、飛び入りで故障車を運び入れることもできます。 いわゆるVIP待遇ですね。 運転中であっても、何か困ったことがあったり、疑問に思ったことがあれば、ワンボタンでレクサスのオペレーターに相談することができます。 たとえば、目的地までのナビを自動で設定してもらったり、近場のレストランを案内してもらえたりします。 時間が無くて目的地の住所やレストランを調べる余裕が無いときには、かなり重宝するサービスです。 また、すでにご存じの方も多いと思いますが、レクサスの『おもてなし』は一流ホテル並みです。 定期点検やオイル交換などでディーラーを訪ねたときには、上品なラウンジでゆっくりくつろぐことができます。 飲み物とお菓子にも工夫が凝らされています。 余談かもしれませんが、この『おもてなし』のクオリティは、ディーラーによってけっこう差があります。 でもレクサスが日本で始まったばかりの頃と比べると、この点については大分改善されたようです。 ちなみに私が(金沢の)レクサス店を初めて訪れたときには、10年落ちのシルバーのカローラに乗っていましたが、30過ぎの気さくな営業マンの方が担当に付いて、とても好印象でした。 そこで気に入ったレクサスISを見つけて、購入手前まで交渉が進みました。 あれから月日が経って、いまでは2桁近くのレクサス店を訪ねたことがありますが、自身の振る舞いはさておき、結局のところ営業マン運しだいだと思います。 レクサスのその他のサービスとしては、メンテナンスの時期を知らせてくれるサービスや、万が一の事故・盗難などにも即対応できるサービスなどがあります。 このように、レクサス車のオーナーは、一流ホテルのお客様のようなイメージで丁寧にもてなされます。 一般に、レクサス車は高すぎると言われることが多く、値引きもありませんが、上記のサービス料金を含んだ車両価格であるからなんですよね。 それと、一般によく言われているレクサス車とトヨタ車の違いにつきましては、以下を記事を参考にしていただければと思います。 余談になりますが、レクサスの営業スタッフの方から小ネタをお話していただいたことがあります。 CPOのレクサス車は、全国どこのレクサスディーラーからでも購入することができます。 ですが、店舗Aから店舗Bのレクサス車を購入する場合、店舗Aのマージンはわずか数万円とのことです。 このため、店舗Aからすると、その販売店のレクサス車をまずは売りたいというのが本音になります。 レクサスCPOに訪れると、まずはその店舗の中で良さそうなレクサス車を探すことになります。 そして、好みのレクサス車が見つからなければ、CPOの検索を利用して別店舗のレクサス車を探す流れになります。 他店の場合、たしか配送料が数万円必要であったと思います。 ちなみに訪れた店舗のレクサス車を購入するメリットは、前オーナーの車の扱い方がわかっていたり、おまけ(オプションのサービスなど)が付くことが挙げられます。 中古車販売店のレクサス車はどうなのか? 上記で述べたように、CPOのレクサス車の車両価格には、少なくとも数十万円のサービス料が含まれています。 また、納車後も車検やメンテナンスなどのサービス料は割高です。 このため、 レクサス車購入後の充実したサービスが特に不要な方であれば、中古車販売店で購入する余地があります。 また、レクサスCPOは良質のレクサス車を揃えている分、台数はあまり多くないという欠点もあります。 レクサスCPOの検索ページを確認すると、一桁台数の車種もいくつかあります。 このため、予算内でお気に入りのボディカラー、オプション、モデルの車が見つからないこともあります。 中古車販売店では、レクサスCPOと同程度のレクサス車がお得に購入できる可能性があることもポイントとして挙げられます。 たとえば、レクサスCPOで扱えない8年以上が経過した程度の良いレクサス車や、評判の良い中古車販売店がおすすめです。 さらには、レクサスの店舗自体が県内に1~2店舗のような地域もあるため、自宅から距離が遠いようなケースも考えられます。 お忙しい方にとっては、ディーラーまでの距離もかなり重要であると思われます。 ちなみに、CPOのレクサス車でなくても、車検やメンテナンス、故障などの際には、レクサスディーラーもしくはトヨタディーラーを利用することができます。 また、新車保証継承はレクサスディーラーで受けることができます。 以下に日本有数の掲載在庫台数を誇るカーセンサー. netのレクサス車への便利な直リンクを貼っておきました。 、、、、 ここ1年で値下がりが大きいレクサス車につきましては、以下の記事を参考にしていただけると思います。 netでは、ご予算に応じて価格上限を設定するのがおすすめです。 また、 からカーセンサーNETには含まれない期間限定のレクサス車をチェックすることができ、掘り出し物が見つかることがあります。 ちなみに『これだ!』と思うような理想的な車が見つかった場合、早めに問合せをされた方が良いです。 上記のサイトは最大手なのでチェックする人が非常に多く、本当に良い車には問合せが殺到します。 私が一昨年に購入したレクサス車は、カーセンサーNET経由で見つけたのですが、同時に十件近く問合せがあり、即決したおかげで購入できました。 総評 レクサスの車は、総合的なバランスが良く、信頼できるメインカーとして最適です。 通勤用途にも凄く適しています。 レクサスの新車を購入すれば、車格にかかわらず、レクサスオーナーとしてのステータスや付加価値(サービス)が漏れなくつきます。 また中古車市場においては、レクサス認定中古車を購入すると、レクサスオーナーとして手厚いサポートを受けることができます。 レクサス車自体のクオリティは折り紙つきですからね。 車にあまり詳しくない方であっても、レクサスディーラーにお任せしておけば安心です。 ちなみに、レクサスの『おもてなし』という付加価値に興味のある方は、 『 』 を一読されることをおすすめいたします。 『おもてなし』の裏舞台にある、スタッフのたゆまぬ努力を垣間見ることができます。 レクサスの『ファン』を増やすという方針は、とても良いと思います。 一方、中古車販売店でのレクサス車の購入も悪くはないチョイスです。 程度の良いレクサス車を購入することができれば、かなり買い得といえるでしょう。 中古車市場では100万円クラスまで値下がりしている車種もあり、エンジンと内装だけでもお釣りがきます。 ご参考: (気持ちが)若い人で向上心のある方は、思い切って大衆車からレクサス車に乗り換えるというのもおすすめです。 車の作り込みレベルは全メーカートップクラスです。 車から学ぶことって結構貴重です。 中古車販売店で車を購入する場合であっても、車検や12か月点検を除けば、基本的には近くのオートバックスやイエローハットなどの店舗などでのメンテナンスで事足ります。 レクサス車の維持費・メンテナスについて興味がございましたら、以下の記事もぜひご一読ください。 また、CPOのレクサス車かどうかにかかわらず、節約するかどうかで維持費が大きく変わります。 この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。 皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

次の

レクサスの認定中古車はなぜ高い?メリットと選ぶべき理由を徹底解説【remobii(リモビー)】

レクサス 認定 中古 車

認定中古車とは自動車メーカー各社のディーラーが販売する中古車に対して、 メーカー独自の認定基準をクリアした中古車のことです。 メーカーの認定ですので一般的に普通の中古車よりもクオリティが良く、信頼性が高いことがメリットになっています。 しかし日本屈指の高級車ブランドであるレクサスの認定中古車にはさらに充実した認定基準があり、独自の認定中古車ブランドとして認定中古車を「CPO Certified Pre-Owned 」と呼んでいます。 そんなレクサスの認定中古車を購入するメリットは次の5つです。 高年式の中古車がそろっている まずレクサスの認定中古車の特徴は、高年式の中古車しか認定しないことにあります。 一般的な認定中古車はメーカーの基準さえ満たしていれば、新車後10年経過した車も認定中古車になります。 しかしレクサスでは独自の基準として、8年以上経過した車は認定中古車として認めていません。 現代の車は耐久性が昔と比べ物にならないほど上がっており、10年経過でも十分問題なく乗れるのですが、あえて レクサスは中古車のクオリティを保つため8年までとしています。 2019年1月現在ですと、8年落ちのレクサスにはIS250やLS460などがあります。 CT200hやRX450などはギリギリ8年以内です。 (現在のIS、LS、RX、の詳細は以下の記事をご参照ください。 ) なお8年以上経過した車は認定中古車にはなりませんが、その場合には一般の中古車として販売されます。 8年経過したからといって車としてのクオリティは十分残っており、中古車市場にそういった車が出てくれば結構お買い得です。 レクサスの一般の中古車は「ズバット」のサイトだと探しやすいですよ。 年式や予算も指定できるので目当ての車が見つかりやすいです。 詳細は「 」のサイトを以下のリンクからご参照ください。 認定中古車としての特別な点検整備がある 通常の中古車でも納車前には必ず点検整備が入りますが、レクサスの認定中古車には独自の点検整備項目があります。 また通常行われない部品交換サービスも含まれます。 点検整備項目は90項目以上 レクサスの認定中古車の点検整備項目は90項目以上に及び、それをレクサスの車に精通した整備士が点検整備を行います。 点検整備項目の中には一般の中古車でも行われていることもありますが、認定中古車はレクサス正規ディーラーの整備士が実施してくれますので信頼性が抜群です。 12項目の部品交換 レクサスの認定中古車は、部品の劣化度合によって事前に12項目の部品交換を行います。 12項目は次の通りです。 タイヤやバッテリー、ブレーキパッドなど消耗品の交換まで入っているところは、さすがレクサスと言えるでしょう。 無条件交換 エンジンオイル エンジンオイルフィルター ワイパーブレードゴム 年式、走行距離などの 条件により交換 タイヤ スペアタイヤも含む ブレーキフルード バッテリー Vベルト パワーステアリングベルト、ファンベルト、エアコンベルト タイミングベルト ブレーキパッド 点火プラグ エアクリーナエレメント ナビ地図ソフト この中でVベルトやタイミングベルトなどは、一般的に80,000km走行ぐらいで交換が必要な部品です。 もし1年の走行距離が10,000㎞換算ですと、認定中古車の期限である8年経過までに80,000kmに近づきますので、あらかじめ交換されていればその後も長く乗り続けられるでしょう。 なお通常の中古車の場合、無条件交換のものは実施するところも多いですが、その他の部品については事前に交換はされておらず、中古車購入時に交換費用などが加算されます。 ここまで細部まで行き届いているレクサスはやはりすごいですね。 ちなみにそれは数字に現れていて、レクサスの故障率は驚異的ですよ。 詳細は以下の記事をご参照ください。 無償で2年の保証が付き、追加も可能 通常の中古車の場合、車の故障などの保証は新車時のメーカー保証が期限になりますが、 レクサスの認定中古車の場合には購入時に2年の保証が無償で付き、費用負担はありますが追加で1年増やすこともできます。 これは中古車としてはなかなか考えられない保証の長さで、まさにレクサスが認定した中古車ならではと言えるでしょう。 この保証の長さを実現できるのは前述した点検整備のおかげだといえます。 事前に点検整備で悪いところを発見して対処してあり、普通の中古車に比べて信頼性が高く故障率が少ないためです。 この保証期間中は故障が起こっても無料修理が可能で、さらに期間中は6か月点検,12か月点検も無料になります。 もし 7年経過した認定中古車を買った場合は、通常でも9年目まで、延長すれば10年目まで保証が継続でき、10年落ちの中古車に新車保証同様の保証がついてくるという、普通は考えられないサービスです。 MEMO もしレクサスの認定中古車を買おうと思っている方は、正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 しかしそれ以上に重要なのは、次に説明する「CPOハイブリッド保証」です。 ハイブリッド車はとくに保証のメリットが大きい ここ10年でハイブリッド車は大人気となり、毎年かなりの台数のハイブリッド車が販売されています。 レクサスの認定中古車では、ハイブリッド車に対しても独自の「CPOハイブリッド保証」が付いており、期間内はハイブリッド機構の故障にも無料修理が受けられます。 これはハイブリッド車の中古車を買ううえで非常に大きなメリットで、ハイブリッド機構が故障した際の高額な修理金額が無料となるのです。 ハイブリッド車はエンジンと電気モーターを組み合わせた車のことで、エンジン、モーターのどちらか、もしくは両方を使って駆動しています。 ハイブリッド機構にはモーターの他に大型バッテリーやインバーターなどの専用部品があるのですが、もしこれらが故障した場合には修理費用として100,000円~200,000円もかかる高額修理部品なのです。 (詳細はハイブリッド車のプリウスの記事をご参照ください。 ) とくにバッテリーについては、スマホの電池などと同じく長い間使っていると容量がどんどん低下していきます。 中古車でハイブリッド車を買う場合には、年式や走行距離によってはバッテリー容量が減っている車も多く、すぐに動かなくなるわけではありませんが乗り続けていると交換が必要となります。 レクサスを含めたトヨタではハイブリッド機構の保証は「5年または100,000㎞保証」となっており、これを越えたハイブリッド車は中古車であっても有償修理となります。 しかしレクサスの認定中古車にはハイブリッド車に対する「 3年間もしくは新車登録から10年間のうちどちらか長い方。 ただし200,000㎞まで」のサービスが付いており、中古車にもかかわらず非常に長い保証受けられます。 これは3年または10年の保証ではなくどちらか長い方に適用されるため、次のような場合でも新車登録10年まで保証が受けられるのです。 3年落ち認定中古車:認定中古車保証2年+ハイブリッド保証は10年まで• レクサスオーナーとしての特典がついてくる レクサスという車は、車としての性能が良いだけではなくオーナーへのさまざまなサービスがありますが、認定中古車の購入でもサポートプログラムへ加入ができます。 次のような特典があり、認定中古車では中古車であってもレクサスオーナーとしてのステータスの高さも実感できるでしょう。 レクサスオーナーズカードを入手できる レクサスオーナーズカードはレクサスオーナーの証であり、点検整備時にスムーズに手続きができるほか、専用のラウンジを活用することができます。 まさにレクサスを所有した喜びを感じられるカードを中古車でも入手できるのは、認定中古車ならではです。 G-Linkを2年間無料で活用できる G-Linkは車に乗りながらレクサス専用の緊急対応デスクと連絡が取れるサービスで、事故や故障などの連絡に加え、警察消防などへの緊急連絡もサポートできるサービスです。 認定中古車を購入すると、無条件で2年間無料で活用できます。 急な事故などでもG-Linkを使って連絡すれば、レクサスのスタッフによるサポートが24時間365日受けられます。 普段必要な機能ではありませんが、緊急時には心強いサービスです。 レクサスオーナーズデスク さきほどのG-Linkの機能を使って、緊急時以外でも専用のオーナーズデスクでサポートが受けられるサービス。 レクサスに関するさまざまな質問や相談、または車のナビゲーション、ホテルや飲食店の予約まで、幅広いサービスに対応しています。 中古車でこういった高級車向けのサービスが受けられるのも認定中古車だからです。 レクサスオーナーズデスクは、以下の記事で深く掘り下げています。 興味のある方はあわせてどうぞ。 レクサスの認定中古車のデメリット ここまでレクサスの認定中古車のメリットをご紹介してきましたが、それとは逆にデメリットもあります。 それは中古車価格が高いということです。 中古車としては価格が割高 レクサスの認定中古車は信頼性も高く保証内容も良いのですが、その分中古車としては割高なのです。 車種にもよりますが、同年式、同程度の中古車を購入する場合、 普通の中古車屋で購入する場合とレクサス認定中古車では500,000円程度の価格差がでることがあります。 たしかに認定中古車にはメリット多いのですが、費用面だけを考えると結構な価格差がでてしまいます。 しかし事前に部品交換なども行われていることを考えれば、整備費用、修理費用を先払いしていると考えることもできるでしょう。 特に前述したハイブリッド車に対する保証は重要ですので、7年落ちなどのハイブリッド車を長く乗りたいのであれば、認定中古車はおすすめでしょう。 認定中古車が割高なのか、そうでないのかは、車の使い方やこの先どのぐらい乗るのかなど、考え方次第です。 レクサスの一般の中古車は「ズバット」のサイトを使うと価格などが調べやすいですよ。 年式や予算も指定できるので目当ての車が見つかりやすいです。 詳細は「 」のサイトを以下のリンクからご参照ください。

次の

実は違いが大きい?レクサスの認定中古車の5つのメリットと1つのデメリット!

レクサス 認定 中古 車

レクサスCPO(認定中古車)の要点 まず、レクサスCPOについて、意外と知られていないポイントからご説明いたします。 つまり、公式のホームページにはあまり載らないような裏情報です。 レクサスCPOの車には2年保証がついておりまして、追加で1年の保証を付けることができます。 したがって、新車登録から7年経過したレクサス車に3年の保証を付けると、 最長で9年目までのレクサス車に保証を付けることができます。 レクサスCPOの車は新車と同等の扱いですので、『10年目に到達するまでは新車』という考え方は良いですよね。 レクサスCPOの車を購入したオーナーは、新車のオーナーと同等の待遇となります。 なお、レクサスCPOのハイブリッド車(レクサスCTやレクサスHSなど)につきましては、新車登録時から10年間(20万kmまで)のCPOハイブリッド保証が付きます。 たとえば2年目のハイブリッド車をCPOで購入したら、9年間のハイブリッド保証が付きます。 この期間内は、ハイブリッド関係の部品を無償で修理することができます。 ハイブリッド車の修理代は、たとえばバッテリー交換で20万以上かかるなど、汎用部品よりもかなり高くつきます。 レクサスの(ハイブリッド車を含む)新車保証は5年までとなっておりますので、CPOのハイブリッド車はかなり優遇されていることがわかります。 さて、ここでのチェック項目は、以下のとおりです。 中古車市場では狙い目の車と言えるでしょう。 レクサスの新車を続けて購入される方であれば、新車購入時の下取り価格も期待できますが、そうでなければ中古車市場に出回ることもあります。 つまり、 CPO以外のレクサス車=程度がよくない、というわけではありません。 レクサス車に組み込まれる部品は、レクサスクオリティの一定水準を満たしています。 北米メディア「Consumer Report」では、レクサス・ブランドが3年連続で最も信頼できるブランドとして評価されており、レクサスのクオリティは実質世界一といえます。 ただし、それでも中には故障が頻繁に起こるようなケースも稀にあるそうです。 こればかりは運ですよね。 1部品あたりの単価はたいした値段ではありませんが、合計金額はおおよそ数万円~十数万円になります。 交換する部品のうち、 タイヤ、ブレーキ・フルード、ブレーキパッドの3点は運転時の安全性に大きくかかわります。 中古車販売店のレクサス車では、これらの部品は交換されていなかったり、サービスで交換してもらっていたりとさまざまです。 また、 納車前には車検の2倍以上となる90項目以上の点検・整備が実施されます。 点検項目につきましては、レクサスCPOのに詳しく記載されております。 以上より、レクサスCPOの車は、納車時には新車に近い状態で新たなオーナーに渡されます。 ) ここでのチェック項目は、以下のとおりです。 重要なのは、故障したときの迅速かつ丁寧なサポートです。 レクサスではオーナーの要求に対してすぐに無理とはいわず、対応可能かどうかを検討します。 緊急の際は、飛び入りで故障車を運び入れることもできます。 いわゆるVIP待遇ですね。 運転中であっても、何か困ったことがあったり、疑問に思ったことがあれば、ワンボタンでレクサスのオペレーターに相談することができます。 たとえば、目的地までのナビを自動で設定してもらったり、近場のレストランを案内してもらえたりします。 時間が無くて目的地の住所やレストランを調べる余裕が無いときには、かなり重宝するサービスです。 また、すでにご存じの方も多いと思いますが、レクサスの『おもてなし』は一流ホテル並みです。 定期点検やオイル交換などでディーラーを訪ねたときには、上品なラウンジでゆっくりくつろぐことができます。 飲み物とお菓子にも工夫が凝らされています。 余談かもしれませんが、この『おもてなし』のクオリティは、ディーラーによってけっこう差があります。 でもレクサスが日本で始まったばかりの頃と比べると、この点については大分改善されたようです。 ちなみに私が(金沢の)レクサス店を初めて訪れたときには、10年落ちのシルバーのカローラに乗っていましたが、30過ぎの気さくな営業マンの方が担当に付いて、とても好印象でした。 そこで気に入ったレクサスISを見つけて、購入手前まで交渉が進みました。 あれから月日が経って、いまでは2桁近くのレクサス店を訪ねたことがありますが、自身の振る舞いはさておき、結局のところ営業マン運しだいだと思います。 レクサスのその他のサービスとしては、メンテナンスの時期を知らせてくれるサービスや、万が一の事故・盗難などにも即対応できるサービスなどがあります。 このように、レクサス車のオーナーは、一流ホテルのお客様のようなイメージで丁寧にもてなされます。 一般に、レクサス車は高すぎると言われることが多く、値引きもありませんが、上記のサービス料金を含んだ車両価格であるからなんですよね。 それと、一般によく言われているレクサス車とトヨタ車の違いにつきましては、以下を記事を参考にしていただければと思います。 余談になりますが、レクサスの営業スタッフの方から小ネタをお話していただいたことがあります。 CPOのレクサス車は、全国どこのレクサスディーラーからでも購入することができます。 ですが、店舗Aから店舗Bのレクサス車を購入する場合、店舗Aのマージンはわずか数万円とのことです。 このため、店舗Aからすると、その販売店のレクサス車をまずは売りたいというのが本音になります。 レクサスCPOに訪れると、まずはその店舗の中で良さそうなレクサス車を探すことになります。 そして、好みのレクサス車が見つからなければ、CPOの検索を利用して別店舗のレクサス車を探す流れになります。 他店の場合、たしか配送料が数万円必要であったと思います。 ちなみに訪れた店舗のレクサス車を購入するメリットは、前オーナーの車の扱い方がわかっていたり、おまけ(オプションのサービスなど)が付くことが挙げられます。 中古車販売店のレクサス車はどうなのか? 上記で述べたように、CPOのレクサス車の車両価格には、少なくとも数十万円のサービス料が含まれています。 また、納車後も車検やメンテナンスなどのサービス料は割高です。 このため、 レクサス車購入後の充実したサービスが特に不要な方であれば、中古車販売店で購入する余地があります。 また、レクサスCPOは良質のレクサス車を揃えている分、台数はあまり多くないという欠点もあります。 レクサスCPOの検索ページを確認すると、一桁台数の車種もいくつかあります。 このため、予算内でお気に入りのボディカラー、オプション、モデルの車が見つからないこともあります。 中古車販売店では、レクサスCPOと同程度のレクサス車がお得に購入できる可能性があることもポイントとして挙げられます。 たとえば、レクサスCPOで扱えない8年以上が経過した程度の良いレクサス車や、評判の良い中古車販売店がおすすめです。 さらには、レクサスの店舗自体が県内に1~2店舗のような地域もあるため、自宅から距離が遠いようなケースも考えられます。 お忙しい方にとっては、ディーラーまでの距離もかなり重要であると思われます。 ちなみに、CPOのレクサス車でなくても、車検やメンテナンス、故障などの際には、レクサスディーラーもしくはトヨタディーラーを利用することができます。 また、新車保証継承はレクサスディーラーで受けることができます。 以下に日本有数の掲載在庫台数を誇るカーセンサー. netのレクサス車への便利な直リンクを貼っておきました。 、、、、 ここ1年で値下がりが大きいレクサス車につきましては、以下の記事を参考にしていただけると思います。 netでは、ご予算に応じて価格上限を設定するのがおすすめです。 また、 からカーセンサーNETには含まれない期間限定のレクサス車をチェックすることができ、掘り出し物が見つかることがあります。 ちなみに『これだ!』と思うような理想的な車が見つかった場合、早めに問合せをされた方が良いです。 上記のサイトは最大手なのでチェックする人が非常に多く、本当に良い車には問合せが殺到します。 私が一昨年に購入したレクサス車は、カーセンサーNET経由で見つけたのですが、同時に十件近く問合せがあり、即決したおかげで購入できました。 総評 レクサスの車は、総合的なバランスが良く、信頼できるメインカーとして最適です。 通勤用途にも凄く適しています。 レクサスの新車を購入すれば、車格にかかわらず、レクサスオーナーとしてのステータスや付加価値(サービス)が漏れなくつきます。 また中古車市場においては、レクサス認定中古車を購入すると、レクサスオーナーとして手厚いサポートを受けることができます。 レクサス車自体のクオリティは折り紙つきですからね。 車にあまり詳しくない方であっても、レクサスディーラーにお任せしておけば安心です。 ちなみに、レクサスの『おもてなし』という付加価値に興味のある方は、 『 』 を一読されることをおすすめいたします。 『おもてなし』の裏舞台にある、スタッフのたゆまぬ努力を垣間見ることができます。 レクサスの『ファン』を増やすという方針は、とても良いと思います。 一方、中古車販売店でのレクサス車の購入も悪くはないチョイスです。 程度の良いレクサス車を購入することができれば、かなり買い得といえるでしょう。 中古車市場では100万円クラスまで値下がりしている車種もあり、エンジンと内装だけでもお釣りがきます。 ご参考: (気持ちが)若い人で向上心のある方は、思い切って大衆車からレクサス車に乗り換えるというのもおすすめです。 車の作り込みレベルは全メーカートップクラスです。 車から学ぶことって結構貴重です。 中古車販売店で車を購入する場合であっても、車検や12か月点検を除けば、基本的には近くのオートバックスやイエローハットなどの店舗などでのメンテナンスで事足ります。 レクサス車の維持費・メンテナスについて興味がございましたら、以下の記事もぜひご一読ください。 また、CPOのレクサス車かどうかにかかわらず、節約するかどうかで維持費が大きく変わります。 この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。 皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

次の