ま ふま ふ。 まふまふ

そらるすまふの3P+歌い手短編集

ま ふま ふ

そらまふ• LINEも既読が付かないし…。 よし…探しに行こう。 たまに2人で寄る近くの公園に行ってみた。 ここは、まふが1人になりたい時によく来ている場所なのだ。 いない…。 コンビニに行ってくるって言ってたのに…本当にどうしたんだろう…? 「んっ…ふう…ぅぅ…」 ん?この声は…? __俺はその声が聞こえた廃工場へと入った。 「?! …まふ!」 そこに手足を縛られ、玩具を付けられて放置されてるまふがいた。 「そらりゅさ…っ!きちゃ らめれす…っ あっ…」 「へ…?」 頭に強い衝撃が走って、俺は意識を失った…。 まふまふside 僕は昼ご飯を買いにコンビニに行った。 そらるさんのぶんも買って、家に帰る途中だった。 にゃー 「わー!猫だ!!可愛いなぁ…癒される… あっ…」 急に視界が真っ暗になり、意識を失った__ 次に目が覚めた時には知らないところにいた。 「っはははっ…かわいいww 泣いてるしw もっとかわいい声出せさせやるよ」 「やらぁ…もうやらぁ…やめれくらしゃい…」 「おい。 んん…つらい…イきたい…でも玩具なんかで…しかも知らない人に… 「?! …まふ!」 へ?? そらる…さん?? だめ。 来ちゃダメ…。 口のガムテープを取り、頑張って伝えたが…もう遅かった•

次の

ふ・た・ま・た 悶絶 | 無料映画倶楽部

ま ふま ふ

そらまふ• LINEも既読が付かないし…。 よし…探しに行こう。 たまに2人で寄る近くの公園に行ってみた。 ここは、まふが1人になりたい時によく来ている場所なのだ。 いない…。 コンビニに行ってくるって言ってたのに…本当にどうしたんだろう…? 「んっ…ふう…ぅぅ…」 ん?この声は…? __俺はその声が聞こえた廃工場へと入った。 「?! …まふ!」 そこに手足を縛られ、玩具を付けられて放置されてるまふがいた。 「そらりゅさ…っ!きちゃ らめれす…っ あっ…」 「へ…?」 頭に強い衝撃が走って、俺は意識を失った…。 まふまふside 僕は昼ご飯を買いにコンビニに行った。 そらるさんのぶんも買って、家に帰る途中だった。 にゃー 「わー!猫だ!!可愛いなぁ…癒される… あっ…」 急に視界が真っ暗になり、意識を失った__ 次に目が覚めた時には知らないところにいた。 「っはははっ…かわいいww 泣いてるしw もっとかわいい声出せさせやるよ」 「やらぁ…もうやらぁ…やめれくらしゃい…」 「おい。 んん…つらい…イきたい…でも玩具なんかで…しかも知らない人に… 「?! …まふ!」 へ?? そらる…さん?? だめ。 来ちゃダメ…。 口のガムテープを取り、頑張って伝えたが…もう遅かった•

次の

まふ×月の日常!![歌い手][BL]

ま ふま ふ

2. 上記の『アララギ』は、教育出版センター発行の復刻版によりました。 3. 「死にたまふ母」は、2ページから4ページにわたって、2段組みで掲 載されています。 4. 歌の改行は、雑誌の通りにしてあります。 5. 振り仮名(ルビ)は、括弧 ( )に入れて示しました。 6. 初出の「死にたまふ母」は、「其の一」 11首、「其の二」 14首、「其の 三」 14首、「其の四」 17首の、合計56首です。 (歌集『赤光』の「死に たまふ母」には、59首収められています。 ) 7. 歌集『赤光』で増えたのは、「其の四」の次の3首です。 ふるさとのわぎへの里にかへり來て白ふぢの花ひでて食ひけり ほのかなる花の散りにし山のべを霞ながれて行きにけるかも 遠天 (をんてん) を流らふ雲にたまきはる命は無しと云へばかなしき 「ふるさとの」の歌は、「酸 (さん) の湯に」の歌の次に、「ほのかなる」の 歌は、「火の山の」の歌の次に、「遠天 (をんてん) を」の歌は、「しみじみと」 の歌の次に置かれています。 8. 資料91に「死にたまふ母」(初版『赤光』による)があります。 資料89に「死にたまふ母」(改選版『赤光』による)があります。 9. 『アララギ』掲載の「死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に きこゆる」という歌の「遠田」には、「とほた」と振り仮名がついているよう です。 また、歌集『赤光』の初版(大正2年10月15日発行)にも「とほた」 となっているようです。 (「きこゆる」は「聞ゆる」という表記になっていま すが。 ) 「とほた」が「とほだ」という振り仮名になったのは、改選版『赤光』以後 でしょうか? 10. のホームページの中に『山形県関係文献目録』があって、 その中の に、 茂吉の略歴の紹介と 茂吉関係の文献目録 が紹介 されています。 11. のホームページ中に、「郷土を愛した歌人 斎藤茂吉」 というページがあります。 ダウンロード版もあります。 (2016年9月29日) 12. (株)上山タクシーのホームページ『春夏秋冬 山形の旅』の中に、「斎藤 茂吉」と「斎藤茂吉記念館」というページがあって、それぞれ写真とその説明 が見られます。 お断り: 現在はこちらも見られないようです。 2.大正2年10月15日発行の歌集『赤光』には、明治38年から大正2年8月まで の歌834首を、逆年代順に並べてあります。 (大正10年11月に改選『赤光』が 発行された際、歌を改作したり削除したりして、760首を今度は制作年代順に 並べ換えました。 ) 3.上記の「死にたまふ母」は、東雲堂書店発行の第一歌集『赤光』(初版)に よっています。 (財)日本近代文学館刊行の「名著復刻全集近代文学館」 (昭和43年9月10日発行)によりました。 「大正二年(七月迄) 6 死にたまふ母」として出ており、「其の一」11首、 「其の二」14首、「其の三」14首、「其の四」20首の、合計59首です。 (初出誌の『アララギ』に掲載されているのは、「其の一」11首、「其の二」 14首、「其の三」14首、「其の四」17首の、合計56首です。 ) 4. 資料90に「死にたまふ母」(初出誌『アララギ』による)があります。 資料89に「死にたまふ母」(改選版『赤光』による)があります。 5. 振り仮名(ルビ)は、括弧 ( )に入れて示しました。 6. 大正2年5月16日、茂吉は母 ・守谷いく危篤の報に接し急遽帰省、23 日その死を見送りました。 その後、酢川温泉(今の蔵王温泉)に2泊して 母を偲び、30日帰京しました。 茂吉31歳(満年齢)、東京帝国大学医科大 学の助手として附属病院(東京府巣鴨病院)に勤務していたときのことです。 「死にたまふ母」其の一は、母危篤の報を受けて上山停車場に着くまで を、其の二は母の傍らにあっての看護とその死、其の三は母の火葬、其の 四は酢川温泉行を歌っています。 7. 歌集『赤光』の名前について、作者は『赤光』初版跋で、次のように書いて います。 〇本書の「赤光」といふ名は佛説阿彌陀經から採つたのである。 彼の經 典には「池中蓮華大如車輪靑色靑光黄色黄光赤色赤光白色白光微妙 香潔」といふところがある。 予が未だ童子の時分に遊び仲間に雛法師が 居て切りに御經を諳誦して居た。 梅の實をひろふにも水を浴びるにも「し やくしき、しやくくわう、びやくしき、びやくくわう」と誦して居た。 「しやくくわ う」とは「赤い光」の事であると知つたのは東京に來て、新刻訓點淨土三 部妙典といふ赤い表紙の本を買つた時分であつて、あたかも露伴の「日 輪すでに赤し」の句を發見して嬉しく思つたころであつた。 それから繰つて 見ると明治三十八年は予の廿四歳のときである。 大正二年九月二十四日 よるしるす。 彼の=かの 未だ=いまだ 雛法師=ひなほうし 切りに=しきりに 誦して=ずして 池中の蓮華は、大きさ車輪の如し。 青色には青光、 黄色には黄光、赤色には赤光、白色には白光ありて、微妙香潔なり。 池の中の蓮の花は、大きさが車輪のように大きい。 青い花は青い光を、黄色い花は黄色い光を、赤い花は赤い光を、白い 花は白い光を放っていて、言いようもなく美しく、その香りは気高く清ら かである。 8 . 斎藤茂吉に関して は、 『 斎藤茂吉「死にたまふ母」(初出誌『アララギ』による)』 の注を参照してください。 2.大正2年10月15日発行の『赤光』には、明治38年から大正2年8月まで の歌834首を、逆年代順に並べてあります。 大正10年11月に改選『赤光』 が発行された際、歌を改作したり削除したりして、760首を今度は制作年代 順に並べ換えました。 3.上記の「死にたまふ母」は、改選『赤光』版によっています。 「大正十二年 7 死にたまふ母」として出ており、「其の一」11首、「其の二」14首、「其の 三」14首、「其の四」20首の、合計59首です。 初出誌の『アララギ』に掲載されているのは、「其の一」11首、「其の二」 14首、「其の三」14首、「其の四」17首の、合計56首です。 4. 資料90に「死にたまふ母」(初出誌『アララギ』による)があります。 資料91に「死にたまふ母」(初版『赤光』による)があります。 5. 初版『赤光』所収の 「火を守 (も) りてさ夜ふけぬれば弟は現身 (うつしみ) のう た歌ふかなしく」の歌は、改選『赤光』 第三版(大正14年)で、「火を守 (も) り てさ夜ふけぬれば弟は現身 (うつしみ) のうたかなしく歌ふ」と改められました。 6. 大正2年5月16日、茂吉は母 ・守谷いく危篤の報に接し急遽帰省、23 日その死を見送りました。 その後、酢川温泉(今の蔵王温泉)に2泊して 母を偲び、30日帰京しました。 茂吉31歳(満年齢)、東京帝国大学医科大 学の助手として附属病院(東京府巣鴨病院)に勤務していたときのことです。 「死にたまふ母」其の一は、母危篤の報を受けて上山停車場に着くまで を、其の二は母の傍らにあっての看護とその死、其の三は母の火葬、其の 四は酢川温泉行を歌っています。 7. 歌集『赤光』の名前について、作者は『赤光』初版跋で、次のように書いて います。 〇本書の「赤光」といふ名は佛説阿彌陀經から採つたのである。 彼の經 典には「池中蓮華大如車輪靑色靑光黄色黄光赤色赤光白色白光微妙 香潔」といふところがある。 予が未だ童子の時分に遊び仲間に雛法師が 居て切りに御經を諳誦して居た。 梅の實をひろふにも水を浴びるにも「し やくしき、しやくくわう、びやくしき、びやくくわう」と誦して居た。 「しやくくわ う」とは「赤い光」の事であると知つたのは東京に來て、新刻訓點淨土三 部妙典といふ赤い表紙の本を買つた時分であつて、あたかも露伴の「日 輪すでに赤し」の句を發見して嬉しく思つたころであつた。 それから繰つて 見ると明治三十八年は予の廿四歳のときである。 大正二年九月二十四日 よるしるす。 彼の=かの 未だ=いまだ 雛法師=ひなほうし 切りに=しきりに 誦して=ずして 池中の蓮華は、大きさ車輪の如し。 青色には青光、 黄色には黄光、赤色には赤光、白色には白光ありて、微妙香潔なり。 池の中の蓮の花は、大きさが車輪のように大きい。 青い花は青い光を、黄色い花は黄色い光を、赤い花は赤い光を、白い 花は白い光を放っていて、言いようもなく美しく、その香りは気高く清ら かである。 8 . 斎藤茂吉に関して は、一番上の 『 斎藤茂吉「死にたまふ母」(初出誌『アララギ』 による)』の注を参照してください。

次の