ドコモ光 wi-fi 繋がらない。 NTTフレッツ光のWi

ドコモ光の通信が途切れてしまう場合の対処方法

ドコモ光 wi-fi 繋がらない

ドコモ光のONUに無線LANルーターを接続する• ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターをレンタルする 無線LANルーターを使う場合は、壁の光コンセントに接続されているドコモ光の機器=ONU(光回線終端装置)に、LANケーブルで機器を接続します。 参照: また、ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターのように機器自体にWi-Fi機能が備わっている場合は、NTTから無線LANカードをレンタルして挿し込まなければWi-Fiを利用できません。 しかし、ドコモ光電話対応ルーターで無線接続利用するなら、余計な機器を接続しなくても、1台のみでWi-Fiが利用できます。 無線LANルーターとWi-Fi機能付きのONU、どちらがあなたに向いているか、メリットとデメリットをそれぞれ確認しておきましょう。 利用料金 メリット デメリット 無線LANルーター レンタル=0円~ 購入=3,000円~15,000円 ・プロバイダから無料でレンタルできる ・ドコモ. netでドコモ光ルーター01を実質無料で購入できる ・市販や手持ちのルーターでも利用できる ONUにさらにLANケーブルで接続するので、配線が混雑しやすい ドコモ光電話対応ルーター 無線LANカードレンタル=100円~300円 ・配線がスマート ・設定が簡単 ・毎月レンタル料金がかかる それぞれの方法について、さらにくわしく解説していきましょう。 無線LANルーターはプロバイダで無料レンタルできる ドコモ光ではプロバイダを25社から選べますが、 契約するプロバイダによっては高性能無線LANルーターを無料でレンタルできますよ。 また、ドコモ光ではプロバイダによって速度を安定させる通信規格・v6プラスを利用できます。 v6プラスに対応しているプロバイダと契約するかどうかで、ドコモ光の速度は大幅に変わりますよ。 GMOとくとくBB• So-net• @nifty• ぷらら• andline• DTI v6プラス対応無線LANルーターのスペックでプロバイダを選ぶなら、 最大1733Mbpsの高性能ルーターをレンタルできるGMOとくとくBBがオススメです。 v6プラス対応プロバイダについてさらにくわしく知りたい方は、をご覧ください。 ドコモnetを契約するならドコモ光推奨のルーター01が実質無料 ドコモ光では無線LANルーターなら、「ドコモ光ルーター01」を推奨しています。 ドコモ光ルーター01もv6プラスやv6プラスと同等のIPV6 over IPV4サービスに対応しており、高速通信が可能です。 ドコモ光ルーター01本体には遠隔操作ボタンがついており、ドコモネットトータルサポートを契約すると、パソコンなどの困りごとも簡単に解決してもらえます。 ドコモ光ルーター01はドコモオンラインショップなどで購入でき、販売価格は8,880円(税抜)です。 しかし、 プロバイダをドコモ. netで契約する方はキャンペーンにより、ドコモ光ルーター01の購入で10,000円分のdポイントがプレゼントされます。 実質無料でドコモ光ルーター01が購入できるのでお得ですよ。 ドコモ光ルーター01についてはをご覧ください。 市販の無線LANルーターも利用可能 ドコモ光では市販の無線LANルーターや、もともと 他社回線などで使っていたルーターも利用可能です。 市販の無線LANルーターを用意する場合、通販サイトなどでは3,000円ほどで購入できる機種もあります。 レンタルでは破損した場合に実費が請求される場合もあり、月々のレンタル料金を支払わなくてはいけない場合は長期的にみると購入したほうが安くなることもありますね。 ただし、市販や手持ちの無線LANルーターを使う場合は、規格やスペックに注意しましょう。 v6プラスに対応したプロバイダと契約していても、無線LANルーターがv6プラスに対応していなければ意味がありません。 また、無線LANルーターによっても最大通信速度が違うので、いくらドコモ光の回線速度が最大1Gbpsでも、古いルーターによっては思った速度が出ないこともあります。 無線LANルーターを自分で用意する場合は、最新の規格に対応しているかをしっかり確認しましょう。 ドコモ光で利用する無線LANルーターのスペックについては、のちほどの項目で解説しています。 ドコモ光で利用できる無線LANルーターについては、もあわせてご覧ください。 ドコモ光からONU一体型のドコモ光電話対応ルーターをレンタルする ドコモ光で光電話を契約した方がレンタルするドコモ光電話対応ルーターでも、Wi-Fi機能が利用できます。 基本的にドコモ光でWi-Fiを使うことに手続きは必要ありませんが、ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターの場合は、無線LANカードのレンタルに申込が必要です。 ドコモ光電話対応ルーターはレンタル料金が無料ですが、無線LANカードは毎月レンタル料金がかかりますよ。 無線LANカードのレンタル料金は、お住まいの地域がNTT東日本エリアかNTT西日本エリアかによって変わります。 住んでいる地域 無線LANカードレンタル料金/月 NTT東日本 300円 NTT西日本 100円 ドコモ光電話対応ルーターで無線LANカードを利用するには、ドコモショップかインフォメーションセンターで手続きをしましょう。 ドコモ光を新規で契約するなら、申し込み時にドコモ光電話対応ルーターでWi-Fi接続したいと伝えておけば、開通工事の際に工事業者がルーターと一緒に持ってきてくれます。 ドコモ光でレンタルできるルーターについては、もあわせてご覧ください。 ドコモ光でWi-Fiを設定する方法 ドコモ光のONUにLANケーブルで無線LANルーターを接続する、もしくはドコモ光電話対応ルーターに無線LANカードを差し込めば、基本的に無線でインターネットができます。 しかし、 Wi-Fiを利用するにはまず、設定をしなくてはいけませんよ。 ドコモ光でWi-Fi設定をするには、2つのステップを踏まなくてはいけません。 ONUもしくはルーターにドコモ光の初期設定をする• 初期設定が完了したONUもしくはルーターと、スマホ・パソコンなどの通信機器を接続する もともと利用していた無線LANルーターやONUがあり、プロバイダを変更していなければ、初期設定は完了しているはずなので、ステップ1を飛ばしても問題ありません。 ドコモ光を新規で申し込んだり、新たにONUや無線LANルーターを設置したりする場合は、まずWi-Fi親機である機器にドコモ光と接続するための情報を入力しなくてはいけませんよ。 ルーターの設定が完了したら、スマホやパソコンなどをそれぞれWi-Fiでつなげていくという流れです。 Wi-Fiルーターにドコモ光の初期設定をする手順 無線LANルーターやONUにドコモ光の情報を設定する手順は、以下のとおりです。 パソコンやスマホのブラウザから、ルーター設定のためのセットアップアドレスにアクセスする• ルーターのIDとパスワードを入力する• プロバイダの認証IDと接続パスワードを入力する 設定をしなくてはWi-Fiでパソコンやスマホはつながらないのですが、電波が届く範囲ならルーターのセットアップアドレスにはアクセスできるようになっています。 まずはルーター自体のIDとパスワードを入力して、管理画面にログインしましょう。 ルーターのメーカーによって、セットアップアドレスやID、パスワードは異なります。 全てルーターの説明書などに記載されているので、設定する際には手元に用意しておきましょう。 ルーターの説明書がない!という方のために、ドコモ光でよく使われるWi-Fiルーターの主要メーカーのセットアップアドレス・ID・パスワードをまとめておきますね。 メーカー セットアップアドレス ID・パスワード ドコモ光電話対応ルーター 192. 168. 168. 168. 1 ID:admin パスワード:初回ログイン時に設定 BUFFALO 192. 168. 1 ID:admin、password、root パスワード: (スペース) IO-DATA 192. 168. 1、または 192. 168. 1 設定なし(出荷時) ルーターの管理画面にアクセスできたら、ドコモ光で契約しているプロバイダの認証IDと接続パスワードを入力します。 プロバイダのIDとパスワードは、ドコモ光契約時に送付されたプロバイダの契約書類に記載されていますよ。 ルーター設定画面にログインし、プロバイダの情報を入力してはじめて、Wi-Fi接続ができます。 無線LANルーターや無線LANカードを用意しただけでは、ドコモ光の設定が完了するまでWi-Fiは使えないと覚えておきましょう。 ドコモ光の初期設定については、を参考にしてください。 ルーターの初期設定が完了したら、スマホやパソコンをWi-Fiで接続していきましょう。 iPhoneとドコモ光をWi-Fi接続する手順 iPhoneとドコモ光をWi-Fiで接続してみましょう。 まずはルーター本体のラベルなどに記載のSSIDとパスワードを確認しておきます。 iPhoneのメニューから[設定]を選びます。 [Wi-Fi]を選択しましょう。 ルーター本体の[SSID]と同じ名前を選びます。 パスワードの入力画面でルーター本体の[暗号化キー]を入力します。 画面上部にWi-Fiマークなどがつけば、接続が完了しています。 インターネットブラウザなどを開いて、問題なくWi-Fiで通信ができているか確認しましょう。 Androidスマホとドコモ光をWi-Fi接続する手順 Androidのスマホとドコモ光を、Wi-Fiで接続してみましょう。 スマホのメニューから[設定]をタップし、[Wi-Fi]を選択しましょう。 ルーター本体の[SSID]と同じ名前を選びます。 パスワードの入力画面でルーター本体の[暗号化キー]を入力します。 画面上部にWi-Fiマークなどがつけば、接続が完了しています。 Androidスマホの画面や設定方法は機種によって違いますので、くわしくは各メーカーの説明書を確認しましょう。 パソコンとドコモ光をWi-Fi接続する手順 パソコンでドコモ光をWi-Fiで接続するには、ディスプレイ下などに表示されているWi-Fiマークをクリックしましょう。 電波を受信しているWi-FiルーターのSSIDが並んでいますので、接続したいSSIDをクリックします。 ネットワークセキュリティキーなどを求められますので、ルーター本体に記載の[暗号化キー]を入力しましょう。 Wi-Fi接続の手順や表示はパソコンのメーカーやバージョンによっても異なりますので、くわしくはお使いのパソコンの説明書を参考にしてくださいね。 パソコンでWi-Fi接続する方法については、も参考にしてください。 AOSSボタンやWPSボタンがあればさらに簡単 無線LANルーターによっては、WPSボタンやAOSSボタンなどが利用できる場合もあります。 WPSボタンやAOSSボタンは、アクセスポイントとも呼ばれ、ボタンを押すだけで簡単に近くにある通信機器とWi-Fi接続してくれますよ。 スマホやパソコンはもちろん、携帯ゲーム機やスマートスピーカーなど、WPSまたはAOSSでの接続設定に対応している機器は多いので、ルーター本体にボタンがついている人は試してみましょう。 ドコモ光のWi-Fiが遅い!つながらない!対処法を紹介 ドコモ光でWi-Fiをさまざまな機器と接続しているときに、速度が遅かったりつながらなくなったりした場合の対処法をご紹介していきます。 ドコモ光のWi-Fiが遅いときの原因と対処法 ドコモ光でWi-Fiの速度が遅い場合は、以下の原因が考えられます。 無線LANルーターのスペックを確認する• v6プラスを利用する• スマホやパソコンのスペックを確認する• 中継器を利用する 無線LANルーターのスペックを確認する ドコモ光のインターネット速度が遅いと感じたときは、まずパソコンや通信機器をLANケーブルでルーターに直接繋げてみましょう。 有線で接続したときに通信速度がWi-Fi時より大幅に向上したら、速度が遅い原因は無線LANルーターにあります。 無線LANルーター自体の最大通信速度や、周波数の規格を確認しましょう。 ドコモ光の最大通信速度1Gbpsの回線を快適に利用するために必要なスペックを、まとめてみました。 あなたがお使いの無線LANルーターのスペックと見比べてみてくださいね。 11ac/11n/11a/11g/11b 最大伝送速度 800Mbps~1Gbps以上 周波数帯 2. インターネットユーザーの中でも、NTTの光回線を使うフレッツ光や光コラボユーザーは7割以上を占めていますよ。 同じ回線を多くの人が利用するので混雑状態になり、夜間や週末などは速度が低下してしまいます。 ドコモ光のプロバイダによっては、混雑した回線を回避し、よりつながりやすいポイントでアクセスするv6プラスサービスを提供しています。 v6プラスを利用するには、v6プラスを提供するプロバイダとの契約と、v6プラス対応のルーターが必要です。 v6プラス接続サービスの利用料金は無料の会社も多いですが、あらかじめ サービスの申し込みが必要な場合もありますよ。 v6プラス対応プロバイダと契約している方でも、速度が遅いと感じたときは、サービスが利用できているか確認しましょう。 v6プラス、つまりIPv6 over IPv4で接続しているか、こちらのサイトで簡単に確認できます。 プロバイダのIPv6サービスに登録する。 パソコンやタブレットのコントロールパネルからアダプターの設定変更に入る。 利用するネットワークデバイスを選択し、プロパティーを開く。 「IPv6アドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」をチェックし、詳細設定をクリックする。 IP設定が「自動構成のみ」になっていることを確認し、右下のOKをクリックする。 DSNタブを開き、「プライマリおよび接続専用のDNSサフィックスを追加する」をクリックしてから「プライマリDNSサフィックスの親サフィックスを追加する」をチェックし、右下のOKをクリックする。 v6プラスの判定をしてサービスを利用できていなかった方は、契約中のプロバイダに問い合わせましょう。 中継器を利用する おうちの中で部屋によってWi-Fiがつながりにくい、電波が弱いと感じたときは、中継器の利用がオススメです。 Wi-Fiルーターの電波を中継地点として受信して、より離れた場所や部屋に飛ばしてくれる中継器を使えば、違う階や入り組んだ間取りでもWi-Fi接続がスムーズになります。 中継器は家電量販店や通販サイトなどで購入できますよ。 ドコモ光のWi-Fiがつながらないときの原因と対処法 ドコモ光のWi-Fiが全く接続できなくなった場合の解決法を紹介しましょう。 無線LANルーターを再起動させる• 初期設定が間違っていないか確認する• ドコモ光やプロバイダの通信障害が起きていないか確認する ルーターを再起動させる Wi-Fi接続が急にできなくなった場合に、まず試していただきたいのが無線LANルーターの再起動です。 このとき、無線LANルーターに接続しているONUなども一度電源を落とし、コンセントからコードを抜いてしばらく置いてみましょう。 1~2分経ったらコンセントを挿し、ONUから無線LANルーターへ順に電源を入れていきます。 Wi-Fiがつながらなくなったスマホやパソコンなどの通信機器も、一緒に再起動しておくといいでしょう。 無線LANルーターや通信機器の軽いエラーが原因でつながらないときは、再起動で回復する場合があります。 無線LANルーターの説明書や本体を確認し、ルーターの管理画面に入力するIDやパスワードが間違っていないか確認します。 さらに初期設定に必要なプロバイダのIDとパスワードも、入力ミスがないかチェックしてくださいね。 jp」のように、メールアドレスのような文字列を採用しています。 契約時に届くプロバイダの書類や、プロバイダのオンライン契約者ページなどでも確認できる場合があります。 また、設定は間違っていないのにWi-Fiが接続できないときは、機器の初期不良なども考えられます。 契約しているプロバイダ、もしくはドコモインフォメーションセンターへ問い合わせましょう。 くわしくは、も参考にしてくださいね。 ドコモ光のWi-Fiを持ち運ぶには? ドコモ光で光電話対応ルーターや無線LANルーターを使ってWi-Fiを利用できるのは、ドコモ光の回線工事をした自宅内だけです。 Wi-Fiでスマホなどを接続できると、どこにいてもパケット量を気にせず快適に通信できて、便利ですよね。 外出時にもWi-Fiでタブレットやノートパソコンなどを利用したいという方は、ドコモのモバイルWi-Fiルーターも検討してみましょう。 2019年春には、下り最大通信速度が1Gbpsを超える最新機種「Wi-Fi STATION HW-01L」が発売予定です。 ドコモのモバイルWi-Fiルーターについては、をご覧ください。 まとめ ドコモ光でWi-Fiを利用するには、以下の2つの方法があります。 ドコモ光のONUに無線LANルーターを接続する• ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターをレンタルする 無線LANルーターは市販や自前の機器も使用可能ですし、ドコモ光のプロバイダによっては無料で貸し出している会社もあります。 また、ドコモ光電話対応ルーターなら、NTTから無線LANカードをレンタルし、本体に差し込むことでWi-Fiが接続できます。 ただし、無線LANカードのレンタルには100円~300円の月額料金が発生します。 ドコモ光でWi-Fi接続時の速度を安定させるために有効なv6プラスを利用する際にも、v6プラス対応のルーターが必要なので、契約中のプロバイダ会社のサービスをチェックしてみましょう。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• ドコモ光は、通常のIPv4接続でなく混雑を回避して通信できる「v6プラス」で接続すればより快適に通信できます。 ただしv6プラスを利用するに …• 「ドコモ光ルーター01」はNTTdocomoが2017年2月からドコモ光向けに販売・提供している無線LANルーターで、ドコモ光が推奨していま …• ドコモ光でルーターを使うと、Wi-Fi接続ができるようになり、同時に複数の端末でインターネットが使用できます。 さらに、v6プラスに対応した …• ドコモ光では、ルーターをレンタルすることが可能です。 また、ドコモ光の基本料金にルーター料金も含まれていますので、実質無料でレンタルできます。

次の

【Wi

ドコモ光 wi-fi 繋がらない

ドコモ光の設定 初期設定 は難しい? インターネットに接続できるようにするためには初期設定が必要ですが、説明書を見ることさえイヤという人もいるかもしれません。 でもパソコン1台分の接続方法は手順が少ないので、初心者でも正しく設定しやすくなっています。 難しいイメージがある初期設定も、実際にやってみると思っているより簡単ですよ。 一方で複数のパソコンでインターネットを利用する場合、1台の設定よりも少し複雑になるので難しく感じてしまうかもしれません。 ルーターなど機器の名前が出てきますが、悩むほど大変ではないので安心してください。 今回紹介するポイントを押さえておけば、複数のパソコンでもスムーズに設定が行えます。 またドコモ光では接続サポートも用意されているので、どうしても行き詰まってしまった時にはそちらを利用してみるといいですね。 ドコモ光の設定 初期設定 はプロバイダによって違う? ドコモ光に申し込みをすると、契約したプロバイダから初期設定のための接続ガイドが送られてきます。 プロバイダとは回線を通してインターネットに接続を行う接続事業者のことで、回線をネットに繋げるにはプロバイダとの契約が必要となります。 2019年4月1日時点でドコモ光では25のプロバイダに対応しており、用途に合わせてお好きなプロバイダが選べるようになっています。 契約したプロバイダから送られてくる接続ガイドの中には、ユーザーIDやパスワードが書かれているので必ず確認してください。 基本的にはパソコンとインターネットにつなぐための機器を接続したら、必要な情報を入力して初期設定は完了します。 ただしインターネットを利用するパソコンの台数や、使っている機器によって設定が異なることもあります。 契約したプロバイダごとに設定の案内に書かれた内容が違うので、送られてきた接続ガイドを確認しておきましょう。 プロバイダの設定 初期設定 をするときの注意点 プロバイダの初期設定を自分で行う場合、いくつかの注意ポイントがあります。 まずはインターネットの環境を確認するために、機器の確認を行いましょう。 開通工事をしたときに箱型の機器が設置されています。 型番が書かれたシールが貼ってあるので、品名を確認してください。 ホームゲートウェイ 「認証機器名」や「品名」の横にPRやRV、RTから始まる名称が書かれたものは、ひかり電話のルーター(ホームゲートウェイ)です。 オレンジやグリーンのランプがついている面に、インターネットにつながっている状態を表す「PPP」があります。 無線LANルーター 無線でインターネットを利用している場合、ひかり電話のルーターとつながっている小さなサイズの機器が無線LANルーターです。 パソコンにケーブルをつなげずに使っているという人は、無線LANルーターを利用しています。 接続する台数による初期設定の違い インターネットに接続するパソコンは何台でしょうか? 台数によって初期設定の方法が違ってきます。 1台だけの場合 インターネット接続画面に進んで、プロバイダから届いたユーザー名とパスワードを入力すればOKです。 ゆっくり確認しながら操作すれば簡単に初期設定が完了しますよ。 2台以上のパソコンを接続する場合 2台以上のパソコンでインターネットを使いたい時には、パソコンではなくルーターにプロバイダから届いた情報を入力しましょう。 設定方法は機器によって異なるので、取扱説明書や設定マニュアルにしたがって必要な設定を行ってください。 2台以上で接続する場合、1台目のパソコンにプロバイダから届いた情報を入力してしまうと、1台目のパソコンでないとインターネットを利用できない状態になってしまうので注意してください。 ドコモ光の設定 初期設定 に必要なもの ドコモ光の初期設定を行う際に用意するものや手順を紹介します。 1台のパソコンで初期設定を行う場合 用意するもの 1:パソコン(1台) 2:ドコモ光のモデム 3:LANケーブル 4:プロバイダから送られてきた書類 5:NTTから送られてきた設定用のガイド 初期設定は、ドコモ光のモデムとパソコンを接続して作業を行います。 LANケーブルはパソコンと機器をつなぐために使用します。 プロバイダから送られてきた書類にはユーザーIDやパスワードが記載されているので、目を通しておきましょう。 設定用ガイドを見ながら接続を行えば、簡単に作業が完了しますよ。 ドコモ光の初期設定の流れ 使っているパソコンによって設定が違いますが、ここではWindows10を例に手順を確認します。 1:まずはドコモ光のモデムとパソコンを、LANケーブルで接続します。 2:パソコンを立ち上げ「スタートボタン」「Windowsシステムツール」「コントロールパネル」を順番に開いてください。 3:「ネットワークとインターネット」「ネットワークと共有センター」を順番に選択します。 4:「新しい接続またはネットワークのセットアップ」「インターネットに接続します」を選んで「次へ」をクリックします。 5:プロバイダから送られてきた情報、ユーザー名、パスワードを入力してください。 6:「接続」をクリックしたら初期設定が完了します。 2台以上のパソコンで初期設定をする場合 インターネットに接続するパソコンが2台以上になる場合、初期設定に必要なものが異なります。 1台の設定で使ったものにプラスして必要なのが、ルーターと説明書や付属CDです。 2台以上のパソコンを接続するときは、ルーターがないと設定できません。 ただし、開通工事で設置された機器がホームゲートウェイの場合、ルーターの役割も果たすので新たにプラスしなくてもOKです。 LANケーブルは、パソコンの台数分と合わせて、ドコモ光のモデムとルーターをつなぐために1本多く用意してください。 2台以上のパソコンで初期設定するときの流れ 用意するもの 1:パソコン(2台~) 2:ドコモ光のモデム 3:ルーター 4:ルーターの取扱説明書(または付属CD) 5:LANケーブル(パソコンの台数分+1本) 6:プロバイダから送られてきた書類 7:NTTから送られてきた設定用ガイド 1台のパソコンで接続をする時よりも、多くのものが必要になります。 とくに2台以上を接続する際にはルーターが必要不可欠です。 ただし開通工事で設置された機器がホームゲートウェイだった場合、ルーターの役割を果たしてくれるので新たに用意する必要はありません。 また接続するパソコンが増えるほど、有線接続ならLANケーブルの数が必要になるので注意してください。 ルーターの役割とは? ルーターは、インターネット回線を複数の端末機器に接続するために欠かせない機器です。 回線から受信したデータを複数の機器に分配する役割を持っており、パソコンとモデムの間に接続して使用します。 2台以上のパソコンを同じ回線に接続するにはルーターが必要不可欠なので、忘れずに用意しておきましょう。 ドコモ光の契約時にルーターのレンタルを申し込んでおくと、工事日にスタッフがルーターを設置してくれます。 ルーターの選び方が分からない、自分で設置する自信がないという人は、一緒に申し込んでおくといいですね。 またドコモ光電話を申し込むと、ドコモ光電話対応ルーターが貸し出されます。 これは光回線終端装置とルーターが一体になった「ホームゲートウェイ」と呼ばれるもので、ルーターの役割を果たしてくれます。 ホームゲートウェイを利用する場合には、別途でルーターを新たに用意する必要はありません。 初期設定の流れ パソコンが2台以上になる場合、初期設定に必要なものが異なります。 1:まずはドコモ光のモデムとルーターを、LANケーブルで接続します。 LANケーブルは「WAN」と書かれているポートに差し込んでください。 2:ルーターとパソコンをLANケーブルで接続します。 この際にルーター側では「LAN」ポートを使用してください。 複数あれば、どこに差し込んでも問題ありません。 3-1:ルーターに設定用のCDが付属している場合、これをパソコンに読み込ませれば設定が完了します。 3-2:付属CDがない場合、パソコンを立ち上げてルーターの説明書に記載されている設定用URLにアクセスします。 4:設定用URLでドライバーをインストールしてください。 5:プロバイダから送られてきた情報、ユーザー名、パスワードを入力すると設定が完了します。 スマホなど無線LANで利用するときの接続方法を解説 自宅でスマホやタブレットを利用する時には、使用量を気にせずに使いたいですよね。 パソコン以外の端末でドコモ光に接続する場合、無線LANを使ったWi-Fiを利用するといいでしょう。 2台以上のパソコンを設定している場合、Wi-Fiルーターへの接続はすでに設定が済んでいます。 スマホなど使いたい端末の設定画面からWi-FiをONにして、ルーターの名前が表示されるのを待ちましょう。 名前が出たらタップして、パスワードを入力するだけ接続が完了します。 ドコモ光を無線で使う場合に必要なもの パソコンの接続が1台のみで、ルーターを設定していない場合は、無線でドコモ光と接続できる状態にする必要があります。 まずは以下のものを用意してください。 ・ドコモ光のモデム ・無線LANルーター ・ルーターの説明書または付属CD ・パソコン ・LANケーブル(1本) ・プロバイダから送られてきた情報、ユーザーID、パスワード ・NTTから送られてきた設定ガイド ドコモ光を無線で使うための設定の流れ パソコンやスマホなどの端末でWi-Fi接続を行うための流れを解説していきます。 パソコンの場合 1:有線接続の時と同じく、ドコモ光のモデムと無線ルーターをLANケーブルで繋ぎましょう。 2:ルーターの説明書を確認しながらパソコンで設定を行います。 3:プロバイダ情報入力の画面が出るので、ユーザーIDやパスワードを入力してください。 4:ルーターのパスワードを設定する画面が出てくるので、設定したら完了します。 スマホ(iPhone)の場合 1:ホーム画面で「設定」アイコンをタップしてください。 2:メニュー一覧から「Wi-Fi」を選択し、Wi-Fiの設定画面を開きます。 3:Wi-Fiがオフになっていればオンにして、「ネットワークを選択」から自宅のルーターを選びましょう。 この際に表示されるSSIDとはルーターのIDのことで、多くの場合はルーター本体にシールで貼ってあります。 4:ルーターのパスワードを入力すれば設定が完了します。 以上の手順で設定が完了し、スマホでWi-Fi接続が可能になります。 困ったときに利用できるサポートを紹介 自分でドコモ光の初期設定にトライしたものの、途中でわからなくなってしまったらサポートサービスを利用するのがおすすめです。 ドコモ光はパソコン、周辺機器、ルーターなどに関するあらゆるお悩みをサポートしてくれる「ネットトータルサポート」というサービスがあります。 電話でのサポートに加え、修理・訪問サポート、データ復旧、買い取り、オンラインパソコン教室などを利用することができます。 購入店やメーカーなどの指定はないので、使っているほとんどの機器に関する相談が可能です。 遠隔操作で設定をサポートも行っており、年中無休で9:00〜20:00まで対応しているので困った時に気軽に相談できますね。 ドコモ光お申し込みサイトでも、ネットトータルサポートに関して詳しく書いています。 ぜひネットトータルサポートページもご覧ください。 まとめ ドコモ光に申し込みをしたら、インターネットを利用するための初期設定が必要です。 難しいイメージがありますが、1台のパソコンだけを設定する場合は思っているよりも簡単にできます。 また2台以上の設定や無線接続のためにルーターを用意するときは、付属CDがついているものを選ぶと便利ですね。 設定ガイドには、わかりやすく画面の見本を使って説明しているものもあるので、落ち着いて1つずつ確認しながら作業していきましょう。 もしもわからなくなってしまったら、ドコモ光のサポートセンターに電話をかければ、遠隔操作で対応してもらえます。

次の

ドコモ光が繋がらない原因と対処方法!Wi

ドコモ光 wi-fi 繋がらない

ドコモ光のWi-Fi利用料金 ドコモ光の 無線LAN Wi-Fi の利用料金は、 居住エリアによって変わります。 さらに場合によってはWi-Fiルーターの レンタル・購入の料金も発生します。 ですが、契約する窓口によってはWi-Fiルーターを 無料でレンタルでき、 キャッシュバックまで受け取ることも出来るので、興味のある方はこちらの記事をご覧ください。 簡単に説明すると、 無線LANは国で Wi-Fiは都道府県です。 無線LANという ジャンルの中にWi-Fiという 種類があります。 以降、本記事では Wi-Fiで統一して説明します。 ドコモ光のWi-Fi設定・接続方法、端末別の繋げ方まとめ ドコモ光のWi-Fiに接続するための 設定方法を紹介します。 iPhone アイフォン やスマホ、携帯の接続設定 スマホの 「設定」から 「Wi-Fi」を開いて、ルーターに記されている ネットワーク SSID と同じものを選択します。 そして同じくルーターに記されている パスワードを入力したら接続完了です。 SSIDとパスワードは ルーターの背面、もしくは 裏面に記されているので確認しておきましょう。 タブレットやiPadの接続設定 上記の携帯やスマホの接続方法と同じです。 SSIDとパスワードの確認をしっかり行いましょう。 パソコン Windows の設定方法 まずパソコン画面左下の スタートメニューを開きます。 その中から 歯車のマークをした 設定メニューを開きましょう。 Windowsの設定画面に行き、 「ネットワークとインターネット」メニューを開きます。 その後、 「利用できるネットワークの表示」をすると、右下のタスクトレイから ネットワーク選択画面が出ます。 ルーター背面、もしくは裏面に記されている SSIDと同じものを、画像のSSIDと書かれている部分で探します。 見つかったら選択し、同じくルーターに書かれている パスワードを打ち込めば無線接続は完了です。 一度接続すると 次回からは自動で接続してくれるので、面倒なのは今回だけです。 パソコン mac の設定方法 macの場合、 右上に扇形の Wi-Fi接続アイコンがあります。 クリックしてオフから オンに切り替えましょう。 その後、 利用できるネットワークが表示されるので、ルーター背面もしくは裏面に記載されている SSIDと同じものを探しましょう。 SSIDを見つけたらクリックして、同じように記載されている パスワードを入力して接続完了です。 接続したSSIDには チェックマークが付き、次回からは 自動で接続されます。 電波は少し 弱いけど距離や障害物に強い2. 4GHz• 距離や障害物に 弱いけど電波が安定している5GHz 2種類もしっかり使い分けることも、接続を安定させることに繋がります。 周辺機器の規格 機器を経由しての通信は、その機器の規格に準拠した通信速度になってしまいます。 機器の規格 周波数帯域 通信速度 メリット デメリット IEEE802. 11a 5GHz 最大54Mbps 混信がない 障害物に弱い 11bと互換性なし IEEE802. 11b 2. 4GHz 最大11Mbps 多くの製品に対応 速度が遅い IEEE802. 11g 2. 4GHz 最大54Mbps 11bと互換性あり 混信あり IEEE802. 11n 2. 11ac 5GHz 最大1. 3Gbps 速度が速い 混信がない 障害物に弱い• Wi-Fiのプランに加入していない• 端末とルーターが遠い、遮蔽物 壁や家具 が多い• 機器の問題• 端末内部の設定 といったものがあります。 以下から解説します。 Wi-Fiのプランに加入していない そもそも Wi-Fiの利用を申し込んでいない可能性があります。 そうするといくら機器の近くにいても 接続は出来ないので、一度契約プランや状況を確認しましょう。 ドコモインフォメーションセンター 0120-800-000 端末とルーターが遠い、遮蔽物 壁や家具 が多い 電波が弱い場合の原因としても紹介しましたが、Wi-Fiルーターの設置場所から 離れすぎるとWi-Fiの電波が弱まり、 接続が出来ない場合があります。 対策としては Wi-Fi電波の中継機器を途中に設置することが有効です。 また、接続している 無線電波を 間違えている可能性もあります。 ルーターには 2. 何個かは問題なく、特定の端末だけ接続出来ない• 端末のWi-Fi設定を行った覚えが無い といった方は、 端末の接続設定を失敗している等があり得るので要確認です。 ドコモ光のWi-Fiの口コミ・評判 ドコモ光のWi-Fiについて、ネット上の 口コミ・評判を紹介します。 ドコモ光 ASAHIネット VDSL回線 上りは同軸より速いけど。。 33Mbps UL:60. 10Mbps — るか rukario4649 うちの よりもローソンのWi-Fiの方が6倍ほど速い。 97Mbps UL:9. 1~1Mbpsだったのがドコモ光にしたらこんなに速くなった。 Twitterもスルスル表示されるようになった。 アップロードの方が速いのは混み気味なのか。 74Mbps UL:139. 46Mbps UL:44. 99Mbps UL:94. ドコモ光のWi-Fiの通信速度は?速度制限はある? 有線でも無線 Wi-Fi でも、ドコモ光の回線速度は 最大1Gbpsです。 ですがドコモ光のルーターの都合上、回線速度は少し落ちて 最大867Mbpsとなります。 また、回線速度は 配線方式によっても変わるので、契約前に自宅に導入可能な速度を確認しておきましょう。 ドコモ光のWi-Fiは無制限で使い放題? 携帯などでは毎月使える 通信データ容量が決まっており、それを超過するとデータ通信が低速になる 速度制限が起こりますね。 ですが、ドコモ光のような固定のネット回線には 容量や上限が決まっていません。 低速になるとしたら回線やプロバイダが混雑した場合のみです。 ドコモ光でレンタルできるWi-Fiルーターの性能は? 画像引用: レンタルできるルーターは上記の 「ドコモ光ルーター 01」という種類です。 ドコモ光の提携プロバイダが提供する全ての IPv4 over IPv6通信に対応しています。 「遠隔設定ボタン」と呼ばれるボタンが付いていて、オペレーターが機器の設定を 遠隔操作して行う機能もあります。 ドコモ光のWi-Fi利用に工事は必要? Wi-Fiの利用自体は対応機器を設置とプランの契約で可能なので、工事は必要ないです。 ドコモ光そのものの導入工事のみで利用できます。 ドコモ光のWi-Fiは何人まで 何台まで 繋ぐことが出来る? 実際、明確に同時に利用できる端末の台数は明らかになっていませんが、問題なく使えるのは 最大10人前後であるといえます。 理由として、同時に 10台の機器を守る 「光ルーターセキュリティ」というセキュリテイサービスがあります。 つまり 「同時に10台の端末の利用を想定している」ということですね。 一般家庭で10台もの端末を 常時接続するということは、ほぼ無い状況だと思うので、利用台数についての心配はまず必要ありません。 まとめ 以上がドコモ光のWi-Fiについてのまとめです。 パソコンだけでなく携帯やタブレットもインターネットに繋ぐことが出来るWi-Fiはとても便利です。 ですがWi-Fi目当てでドコモ光を契約するならば、工事不要で場所を選ばない ポケットWi-Fiの利用も検討して良いかもしれません。

次の