委託ドライバー 求人。 配送ドライバー・宅配・セールスドライバーの転職・求人情報

東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方におすすめ5社を比較!

委託ドライバー 求人

もくじ• 業務委託とは?正社員やアルバイトとの違い 大手求人サイトや求人雑誌を見ていると、業務委託契約で軽貨物ドライバーの求人が出ているのを見かけます。 この業務委託とは、正社員やアルバイトのように企業に雇用されるのではなく、 企業と同等の立場で仕事を引き受ける契約のことです。 正社員やアルバイトは労働時間の対価として給料をもらっているのに対して、業務委託の軽貨物ドライバーの報酬は 基本的に成果報酬型です。 もちろん正社員やアルバイトのように毎日決まった時間に出社するケースもありますが、基本的にがんばったぶんだけ報酬を得られるのが業務委託の軽貨物ドライバーの特徴です。 軽貨物ドライバーの仕事を業務委託で引き受けるメリット さて、業務委託の軽貨物ドライバーの仕事内容を理解したところで、この働き方を選ぶメリットを見ていきましょう。 正社員やアルバイトとは違ったメリットがたくさんあるので、脱サラして業務委託の軽貨物ドライバーを目指す方も増えているんですよ。 ・高額な収入を得られる可能性がある 業務委託の軽貨物ドライバーとして働く最大のメリットは、がんばりに応じて高額な報酬を得られる点にあります。 正社員やアルバイトとして軽貨物ドライバーをしていても、基本的に得られる給料は働いた時間分のみ。 どんなにたくさんの荷物を運んだとしても、働いた時間でしか給料は換算されません。 一方、業務委託の軽貨物ドライバーであれば同じ時間で働いていても、 より多くの荷物を運べば報酬が増える仕組みになっています。 そのため、正社員やアルバイトで軽貨物ドライバーをしている方は、独立開業して業務委託の働き方に変えるだけで収入が増える可能性もあります。 これは企業に雇用される働き方では得られない大きなメリットです。 ・働き方を自分で決められる 次に紹介する業務委託の軽貨物ドライバーのメリットは、働き方を自分で好きなように決められるということです。 業務委託の軽貨物ドライバーの求人を出している企業はたくさんあるので、取引先との人間関係がうまくいかなければ別の取引先で仕事をすることができます。 しかし、サラリーマンで働いていると、どんなに上司との相性が悪くても我慢して働き続けなければなりません。 もちろん大切な荷物を引き受けるので責任がある仕事であり、完全にストレスフリーとはいきません。 とはいえ、どうしても人間関係がうまくいかなかった時に 環境を変えられるのは大きなメリットです。 ・人間関係に縛られない こちらも業務委託で軽貨物ドライバーの仕事をするメリットです。 企業に雇用される立場ではないので、毎日会社へ出社して上司の指示を受けるわけではありません。 また、基本的にはフリーの立場なので、同じ仕事をしている仲間はいても同僚という存在はいないことになります。 つまり、 毎日同じメンバーと顔を合わせるわけではないので人間関係に縛られない働き方ができるということです。 業務委託の軽貨物ドライバーと一口に言っても、その 業務形態は様々。 定期便で毎日同じ荷主の荷物を運んでいるドライバーがいれば、長距離便専門で日々日本全国を走り回っているドライバーもいます。 できるだけ人と関わりたくない方は長距離便の業務委託を受けるのがおすすめ。 移動時間が長くなるので、必然的に自分一人の時間が増えることになります。 ・副業に適している 軽貨物ドライバーの仕事を業務委託で受注するメリットとして、副業に適していることが挙げられます。 最近では政府も副業を推奨しているので、 副業OKの企業も増えてきました。 サラリーマンの方が副業で業務委託の軽貨物ドライバーの仕事をする機会も多いです。 例えば、予定がない土日にはスポット配送の仕事を受注して稼いだり、仕事が終わってからの夜の間だけ軽貨物ドライバーの仕事をしたり。 様々な働き方ができるので、副業に適しています。 業務委託ならではのデメリット たくさんのメリットがある軽貨物ドライバーの業務委託という働き方ですが、もちろんデメリットもあることを覚えておきましょう。 業務委託の軽貨物ドライバーの 代表的なデメリットを紹介します。 ・福利厚生やボーナス・退職金がない 業務委託の軽貨物ドライバーの1番のデメリットはこれです。 企業から雇用される立場ではないため、社会保険などの福利厚生やボーナス・退職金は基本的にありません。 正社員として働けばボーナスや退職金を受け取れますが、業務委託だとそれがないので 正社員より多くの月収を稼がなければ損をしてしてしまいます。 もちろん社宅制度などもないので注意しておきましょう。 また、副業でない限り、社会保険ではなく国民健康保険に加入することになります。 そして、年金として加入するのは厚生年金ではなく国民年金です。 ・経費は自分で支払わなければならない 業務委託の軽貨物ドライバーの場合、経費は基本的に自分持ち。 経費も含めた報酬で業務委託契約を結ぶため、別途ガソリン代などが支給されるわけではありません。 つまり、 1度の仕事に どれくらいの経費が必要か を自分で把握しておく必要があります。 サラリーマンであれば経理担当者にならない限り会社の経営状況を把握しなくても働くことはできますが、業務委託で軽貨物ドライバーの仕事をするのであれば ある程度の経理の知識は必須です。 ・自分で確定申告の手続きをする必要がある サラリーマンとして働いていると、年末調整の手続きをするだけでOKな所得の申請。 しかし、業務委託の軽貨物ドライバーになるのであれば 自分で確定申告をして、所得を申請しなければなりません。 慣れてしまえば確定申告はそれほど難しくありませんが、1度もしたことがない方にとっては取っ付きにくい手続きです。 最近ではクラウド会計ソフトで簡単に確定申告書類を作成できるサービスがあるので、不安な方はそちらを利用してもいいかもしれません。 ・働かなければ報酬をもらえない 業務委託の軽貨物ドライバーは成果報酬であるとお伝えしました。 だからこそ、自分が働かなくては報酬を受け取ることはできません。 やる気が出ないからといって適当に仕事をこなしていると、仕事を依頼してもらえなくなることもあります。 そのため、 いつでも誠実な勤務態度で仕事 をする必要があります。 業務委託の軽貨物ドライバーはシビアな世界ですが、だからこそ高額の収入を得られる可能性も存在しています。 「がんばるだけ報酬が増える」という働き方に魅力を感じる方であれば、検討してみてもいいかもしれませんね。 業務委託の求人は軽貨物ドライバーに特化したサービスを活用 最後に、どこで業務委託の軽貨物ドライバーの求人を見つければいいのかについて紹介します。 一般的な求人サイトや求人雑誌で見つけられるのはもちろん、 軽貨物ドライバーの求人に特化したサービスも存在しています。 もし本格的に軽貨物ドライバーの仕事をしようと考えているのであれば、そちらを利用してみるのがおすすめです。 業務委託の軽貨物ドライバーには「がんばり次第で高額な報酬を得られる」「人間関係に縛られず自分の働き方ができる」というメリットがあります。 業務委託で働くデメリットは軽貨物ドライバーに限った話ではなく、どんな業種で独立開業をする場合でもつきまとうリスクです。 そのため、独立開業のメリットを享受するためには、 ある程度のリスクを覚悟しておく必要があり、そのリスクを知ってもなおメリットに惹かれるようであれば、ぜひ業務委託の軽貨物ドライバーを検討してみてくださいね。 おすすめ関連記事• 運送業では慢性的な人材不足に悩まされているとあって、これまで […]• ここでは軽貨物ドライバーの求人を探す上で注意したい詐欺の手法を紹介し […]• 運送業として働く場合、時間の融通などが効くことが多いため魅力的とも言 […]• 高収入な職業として人気がある軽貨物ドライバー。 正社員として働くのでは […]• ここでは軽貨物運送業を取り扱う掲示板の仕組み、そして軽貨物ドライバー […]• 軽貨物ドライバーとして働く際に考えなければならないのが、仕事で用いる […]• 軽貨物ドライバーとして働く場合、会社に雇用されるのではなく、業務委託 […]• 運送業に興味があるけれど初心者なので不安が残る、そんな風に考えている […].

次の

株式会社讃急運輸

委託ドライバー 求人

委託ドライバー積極採用企業 数ある企業のなかで委託ドライバー(配送ドライバー・宅配ドライバー)を積極的に採用している会社を徹底リサーチ!厳選15社をピックアップして、仕事内容や想定年収、サポート内容をまとめました。 魅力的な求人・稼げる仕事を探している方はぜひチェックしてみてください。 委託ドライバーで稼ぐならココ! 魅力的な求人を出している15社まとめ 桃太郎便(クイックエース) 開業資金0円で仕事が始められる桃太郎便。 業務に必要な備品や制服も支給されるので、低コストで開業したい方は必見!事前研修や開業後のフォローも充実しているので未経験でも年収700万円以上を目指せます! ヤマト運輸 日本トップクラスの物流会社で、全国各地に営業所を構えているヤマト運輸。 仕事を紹介してもらえるだけでなく、自分で営業して契約することも可能です。 慣れた土地での開業を考えている方向け。 タウンサービス 取引社数が6,000社以上(2018年8月現在)あり、開業後も仕事に困りません。 全国各地に営業所を展開しているので、希望するエリアを選んでの応募も可能。 平日のみ、土日祝のみと働き方も選択できWワークとしても働けます。 佐川急便 業界大手の佐川急便では、加盟金・保証金0円で委託ドライバーとして仕事開始できます。 開業して3ヶ月は給与保証もあるので、未経験で不安な方でも始めやすいのが魅力です。 赤帽 自分で営業を行なって得意先を開拓できる赤帽。 その場合の手数料は一切不要で、売り上げをまるまる収入にすることができます。 コミュニケーション力に自信があり、収入重視で働きたい方におすすめ! 軽急便 フランチャイズとして契約し、仕事を委託してもらえます。 集金や事務作業など面倒なことは本部が行ってくれるので未経験でも始めやすいのが特徴です。 開業したばかりでも安定収入が得られると高評価! SBS即配便 初心者でも委託ドライバーとして活躍できるよう、充実した研修を行っています。 開業後も仕事を斡旋してくれたりスキル向上のフォロー研修をしてくれたりと、手厚くサポートしてくれる会社です。 ロジクエスト 入会金や加盟金はもちろん、ユニフォームの購入さえ必要なく開業できるロジクエスト。 半年間は配送用車両も無料で貸し出しているので、業務が軌道に乗るまで大きな金銭的負担なく働けます。 スーパーカーゴ 7万以上の取引社数を誇るスーパーカーゴ。 全国各地に展開しているので、地元での開業も可能です。 グローバルサービス 開業前に1週間の仕事体験が可能!その後、独立するか退社するか選べます。 開業も社内ローンで0円からスタートすることもできるので、資金を用意できない場合も安心。 C&S 車両があれば、初期費用なしで開業できるC&S。 宅配の知識や経営方法も教えてくれるので、将来独立したいと考えている方におすすめです。 神奈川・東京で働きたい方向け。 セルート 加盟金、保証金、ロイヤリティ不要のセルート。 お金をかけずに開業することができると先輩ドライバーから評判!初めての道でもオペレーターが案内してくれるので安心して仕事に取り組めます。 はこび屋本店 首都圏を中心に運送業を営んでいるはこび屋本店。 受注時の金額の90%が報酬としてもらえるので、委託ドライバーとしてとにかく稼ぎたい方は必見です! 阿部マルエクスプレス 自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる阿部マルエクスプレス。 好きな時間帯を選んで仕事ができるので、「プライベートを充実させたい」「Wワークとして働きたい」という要望を叶えることも可能です。 AI-SHOW AI-SHOWでは、保証金や加盟金0円で仕事が始められるので、資金の用意が難しい方でもすぐに仕事ができます。 独立支援として経営のノウハウも学べるため、未経験者にもおすすめ! 【説明会レポート】おすすめ3社の説明会に潜入調査! 委託ドライバーとして働きたいと考えている方に向けて、桃太郎便、ヤマト運輸、タウンサービスの3社の説明会に潜入してきました。 そのときの情報をレポートとしてまとめているので、独立開業を目指している方は要チェック!• まだある首都圏で積極採用している業者一覧 株式会社 FOX 未経験者の方を一から育ててくれる物流会社です。 先輩ドライバーの経験や知恵を惜しむことなく伝えているので、不安を感じることなくお仕事をスタートできます。 業務委託ドライバーとして働き始めたスタッフがキャリアアップを図り、FOXで営業や企画といった業務に携わることもあり、人を育てていく風土があるので、自分らしさを出せるお仕事ができるでしょう。 なでしこTOKYO株式会社 軽貨物配送サービスを行っている会社です。 業務内容はルート配送、定期配送など、さまざまな仕事の中から自分のライフプランに合わせたものを選べます。 研修制度で配送業や接客のノウハウを学ぶことができるので、未経験者でも安心。 女性ドライバーが活躍できるチャンスです。 物流時代/株式会社貴順 大手配送業者からの配送委託がある物流時代。 高収入を稼げる地区から仕事を紹介してくれるので、安定した仕事量を確保できます。 地方出身者も安心して働けるように寮の手配もしてくれます(規定あり、要相談)。 ドライバー研修を用意しており、機器の操作やマナーなど、初めての人でも自信をもって働けるようサポートしてくれます。 株式会社ロジスティックス・サービス ドライバー契約が300名を超える(2018年8月現在)ロジスティックス・サービス(以下LS)。 たくさん稼ぐなら1日の契約時間を長くしたり、昼前までLSで働き午後は農業をしたりする働き方が可能で、ドライバーの働き方はかなり自由です。 生活に絶対不可欠な「食品」の配送のみに特化し事業継続性を高めている安定企業と言えるでしょう。 物流機動隊/株式会社DSC 株式会社DSCは24時間体制動き続ける物流会社です。 ルート配達から夜間配達、ドライバー派遣までさまざまな配送種類があり、ドライバーの希望に合った働き方を提供。 独立後は売上に応じてボーナスが支給される制度があり、モチベーションを上げながら働くことができます。 業務依頼もドライバーの希望する方法で受けることができ、パソコンが苦手な方でも大丈夫です。 株式会社鷹 男女の差別なく働きやすい環境を整えている株式会社鷹。 ルート便・スポット便のほかに鉄道などを利用したハンドキャリー便のお仕事を提供。 また依頼先会社の一員として集配作業を担当する企業専属サービス、お客様の車で配送する運転代行サービスもあり、自分のライフスタイルに合った働き方を見つけることができます。 株式会社翔和サービス 独立を目指す方を全力でサポートする会社です。 陸運局の手続きから事業所の設立まで、あらゆる角度からバックアップしてくれます。 未経験者が仕事に慣れるまで、担当者や先輩たちがフォローをしてくれるので安心です。 提携する自動車販売会社での車両点検整備も利用可能で、車両のメンテナンスもばっちり。 一人なのに独りではない働き方ができる会社です。 株式会社トップ・カーゴ 軽貨物による定期便・スポット配送をメインに行っている会社です。 車の持ち込みOKで、開業費用や加盟金も不要なので、初期費用を抑えて仕事をスタートさせることができます。 研修やサポートが充実しているので初心者でも安心です。 ハコブヨ. com 加盟金や入会金、事務手数料などは一切必要なく、初期費用を抑えて起業できるところが特徴。 売り上げ保証制度があるので、初心者のうちは安定した環境で働くことができます。 ドライバーや仕事を紹介すればインセンティブ収入も獲得可能です。 株式会社丸紋 株式会社丸紋では、ユーザーから依頼された品物を安全かつ安心に届ける事軽貨物輸送業です。 未経験者でも対応可能なように、初期投資が不要となっています。 株式会社ドライブワークス 大手IT企業にエンジニアを派遣する会社のグループ会社として発足。 軽貨物事業の0円開業サポートや本部による100%仕事保証、複数のキャリアプラン制度による、自分に合った働き方が選択可能など、良質な仕事を提供してくれる会社です。 株式会社日軽 2018年10月より群馬県に本社を移転した株式会社日経は東京都・埼玉県・群馬県を中心に営業しています。 7:00から19:00の範囲での勤務で直行直帰も可能です。 週1日や本業の空いた時間での勤務スタイルもあり、自由な働き方ができます。 介護離職者を積極的に応援しており、働きによっては社員に登用する制度を導入しています。 ハウンドジャパン株式会社 軽貨物配送のハウンドジャパン株式会社。 通販やお中元・お歳暮などの宅配、スーパーなどへの搬入が主なお仕事です。 年中無休24時間なので、自分のタイミングに合った配達業務を請け負うことができます。 配達エリア拡大中のためお仕事は途切れることがなく、安定収入を確保することが可能。 女性ドライバーの受け入れ環境が整えられて、働きやすいと好評です。 株式会社若葉ネットワーク 株式会社若葉ネットワークは、1989年に横浜で創業した軽貨物運送の専門会社。 NTTや日本郵政を始め、大手企業からの安定的な受注を特徴とする会社です。 月間の最大支払い月収は150万円。 頑張る委託ドライバーを全力で応援しています。 株式会吉祥寺総合物流 吉祥寺エリアや三鷹エリアを中心に、23区内で配送業務を行っている吉祥寺総合物流。 軽貨物自動車のみでの配送業務なので、普通免許さえ持っていれば誰でも仕事をすることができます。 本人の頑張り次第で、月収80万円以上を目指すことも可能。 個人宅への配送業務よりも、むしろルート便業務や法人からのチャーター便業務をメインに行っている会社です。 委託ドライバーとして働きたい方に対しては、加盟金はゼロ。 車両を持っていない方には、会社が用意した車両リース制度を利用することができます。

次の

委託ドライバー募集!

委託ドライバー 求人

楽天エクスプレスとは? 「Rakuten EXPRESS」とローマ字表記するのが正式な呼称のようです。 ここではわかりやすく「楽天エクスプレス」と記していきます。 楽天はECサイト「楽天市場」における出店店舗の商品の保管から出荷まで。 全て楽天が一括して担う総合物流サービスを目指し、自社物流機能の強化を進めています。 この総合物流サービスを「楽天スーパーロジスティクス」、そのうちの配送部門を「楽天エクスプレス」と呼びます。 現在楽天エクスプレスが扱うのは「楽天ダイレクト」「楽天ブックス」「楽天ブランドアベニュー」の商品。 楽天市場の出店店舗のうち「楽天スーパーロジスティクス」を活用している店舗の商品の一部を配送しています。 すでに千葉県内や兵庫・大阪に物流センターを開設しています。 今後千葉県の習志野市と神奈川県の大和市に新たに物流拠点を開設(2020年中頃より稼働予定) 今後も全国規模で物流の拠点を増やしていく予定であり、当然それに伴い配送サービスも全国的に拡大していくでしょう。 同時にドライバーや物流施設ごとに雇用の拡大も期待できそうですね。 この記事を書いている段階では配送エリアは福岡県の一部や北海道の一部まで拡大しています。 関東や関西の主要エリアを含めると全国のカバー率は40%近くまで上がってきました。 拠点の拡大と配送網については強力なライバルでもあるAmazon Flexと似たような展開が繰り広げられています。 また「置き配」にも対応しているのも似ており、不在・再配達を極力減らす努力をしていることもドライバーにとってはメリットがあります。 楽天エクスプレスは稼げる?稼げない? 楽天エクスプレスの求人や報酬についての情報はなぜか非常に少ない。 まだ配送エリアが少ないというのもあるかもしれませんね。 だからか稼げる稼げないの情報もいろいろです。 割と多く聞こえてくるのは1日8時間で「日給15,000~16,000円」。 稼げるポイントと稼げないポイントをリサーチしてみました! 稼げるポイント:日当制 軽貨物の宅配業務は基本的に個数単価の完全出来高制で報酬が貰える仕組みです。 楽天エクスプレスの場合は宅配ですが個数ではなく日当制で報酬が貰えます。 宅配はどうしても天候や不在率などで報酬が安定しません。 楽天エクスプレスはしっかりと安定するので助かりますね。 稼げないポイント:物量が不安定 まだ新しいサービスなので物量が少ないと噂になっています。 物量が少ないと思った通りに勤務ができない問題があるようです。 実際楽天エクスプレスの求人をあまり見ないのは物量が多くないからでしょう。 もう少しサービスがうまく回りだせば物量も安定すると思います。 時間帯はどのエリアも固定だと思われます。 楽天エクスプレスを始める前に少しだけ経費がかかります。 特別な経費は・・・。 健康診断:約10,000円• 運転適性検査:4,200円• 運転記録証明:670円 よくある質問は赤い車両を貸出及び用意する必要性ですが。 楽天エクスプレスのマグネットの貸出があります。 車両と経費は原則ドライバー持ちです(車両用意の場合あり)。 Amazon Flexは1ブロック(2時間)あたり税込4,000円ぐらいですから、時給2,000円として1日8時間やると1日の収入は16,000円。 税別ですと実質14,500円という感じ。 Amazon Flexは事務手数料みたいな怪しいものがないので売上はそのまま懐に入れることができます。 大手運送会社やデリプロの場合は多少の単価の違いはありますが、まあ150円としましょう。 労働時間を1日8時間に揃えると大体100個ぐらい配れるとして日収は15,000円という感じ。 収入の不安定さはあるが、1番稼げる仕事でもあります。 ただし大手やデリプロの場合は単価がいくらか? 消費税が別建てになっているかどうか、売上から別途手数料が発生するかなどでだいぶ様相が変わりますね。 以上を踏まえると楽天エクスプレスの日給15,000~16,000円というのは的外れでもないですね。 車両と経費が楽天持ちであれば好条件です。 そしてもう1つ気になる情報。 楽天エクスプレスは昼休憩が設定されており、現在はかなり長い時間(1時間以上)が設定されているとか。 他社の仕事では休憩は各自の裁量に任されている。 とは言っても1日の収入を15,000円レベルを確保するとかアカウント停止を喰らわないようにするには・・・。 20~30分の休憩すら惜しんで働かないといけないような気がいたします。 以上のことから収入の安定性で考えれば楽天エクスプレスかAmazon Flex。 ただしAmazon Flex にはアカウント停止という罰則があるのがストレスであり、仕事も毎日必ず取れるとは限らないデメリットが存在する。 楽天エクスプレスにはそういうペナルティや不確実性というものが聞こえてこない。 休憩時間の存在を考えると運送仕事の中では条件は悪くない部類に入ると思います。 楽天エクスプレスの業務委託求人は日当3万円ってホント!? 報酬に関する情報が乏しいこともあって好き勝手な噂が飛び交っておりますが、上で述べてきたことから考えると、日給制で日当3万円というのは有り得ませんね。 1日の労働時間が法を度外視するような働き方をさせられるのであれば有り得るかもしれませんが、さすがに今はそれはできません。 昼の休憩時間から考えると報酬より労働環境を重視している節があります。 ヤマト運輸が苦しんでいるのもその部分ですね。 労働時間規制で1日の配達量の上限問題が顕著になってきており、人手不足が解消せず人海戦術もできずに売り上げは頭打ちの赤字状態が続いてしまっている。 楽天エクスプレスのドライバー募集は滅多に見かけませんから、現状の配達エリアとカバー率から考えれば今はさほど人手に困っている状況ではないと推測できます。 今後自前の物流拠点が拡大し扱う荷量が増えていくことが確実になった時、どういう待遇でドライバー確保に走るのかは興味のあるところです。 その頃には運送業全体でドライバーの囲い込みが今より激しくなっていることも考えられるので、楽天エクスプレスだけでなく他社の待遇・条件の中には「日当3万円も可能!」という謳い文句が当たり前になっている? 楽天エクスプレスの評判口コミまとめ! 楽天だけではなくヨドバシカメラやアスクル等も自社配送網を強化しようとしています。 Amazon Flex やPick Go、ハコベルといった新興勢力も含めて、運送業において働き方の選択肢が増えてきたのは歓迎すべきことですね。 大事なことはそれぞれに特徴があるのでいかに自分が望む働き方であるか?ということ。 ここに楽天エクスプレスの働き方がイメージできる動画があります。 軽貨物ドライバーとして3つの働き方に大別できるように感じています。 一つは大手運送会社やデリバリープロバイダーの仕事を請ける場合の「拘束されるイメージ」の働き方。 一つはAmazon Flex やPick Go、ハコベルのような「自分の好きな時に好きなだけ」という自由な働き方。 そしてもう一つは楽天エクスプレスのような社員ではないが「組織・会社員的」という統率された働き方。 「拘束される」のと「組織・会社員的」というのは同じような感じに捉えられるかもしれません。 前者は労働がエンドレスのようなドロドロした働き方、後者は仕事とプライベートが明確・メリハリが効いているという働き方とイメージしていただくとわかりやすいでしょうか。 動画を見て何か感じたものはありましたか? 統一されたロゴ入りの真っ赤な車、お揃いのユニフォーム。 こういうのが好きな人もいれば生理的に受け付けない人もいるでしょう。 稼げれば我慢できますか? 軽運送業を始めてみようかと言う方々にとっては働き方も報酬も選択肢が増えてきた良き時代だと思います。 今はどの会社にいても先行き不透明。 だったら規模と知名度のある「楽天」の一員となり、会社員並みには稼げる軽ドライバーをやってみるのも面白いかも? 楽天エクスプレス配達員インタビュー! 現役の楽天エクスプレスの配達員の方にインタビューができました。 まだまだ情報が少ないので貴重な情報。 内容をnoteにてまとめてみたので、現在の楽天エクスプレスの状況を知りたい方はご覧ください。

次の