空 から 降る 一 億 の 星 日本 ネタバレ。 空から降る一億の星の感想(ネタバレ)と名場面

空から降る一億の星(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

空 から 降る 一 億 の 星 日本 ネタバレ

2020. , ,• 怪物と呼ばれた危険な男・ムヨンと、彼と同じ傷を持つ女性・ジンガン、そしてムヨンに立ちはだかる彼女の兄ジングク。 彼らに訪れる衝撃的な運命を描くミステリーラブストーリー。 広告デザイナーのユ・ジンガン(チョン・ソミン)は幼い頃に両親を失い、警察官で20歳年の離れた兄ユ・ジングク(パク・ソンウン)と2人で暮らしている。 ある日、親友ペク・スンア(ソ・ウンス)の陶芸展に招待されたジンガンは、パーティーのスタッフとしてやってきたビール会社の従業員キム・ムヨン(ソ・イングク)と出会い、彼の失礼な発言に憤慨。 兄のジングクもまた陶芸展に向かう途中でムヨンとすれ違い、彼の眼差しになぜか胸騒ぎを覚えるのだった。 一方、スンアは恋人である財閥御曹司チャン・ウサン(ト・サンウ)が有名教授の陶芸品を彼女の作品として展示したばかりか、作品解説のトークショーまで準備していることを知ってウサンを責める。 2人の会話を耳にしたムヨンは偶然を装って作品を壊し、スンアが嫌がっていたトークショーを阻止。 スンアはたちまちムヨンに夢中になり、彼と付き合い始める。 しかしムヨンが別の女性と映画館にいる姿を目撃したジンガンは、スンアへの気持ちが本気だとは思えず、ムヨンに会うたびにケンカ腰になってしまう。 そんな中、女子大生殺人事件を捜査していたジングクは、数々の手がかりからムヨンが事件に関与していると直感するが…。 キャスト 主要人物 ソ・イングク キム・ムヨン 30歳 手作りビール会社「アーツ」の醸造所アシスタント 30歳。 しかし、5歳までの記憶が全くなくて、正確な自分の年齢を知らない。 6歳からカトリック系保育施設で育った。 チョン・ソミン ユ・ジンカン 29歳 広告代理店『ルクス』のデザイナー。 一見ただきれいなのに、見ていれば、本当にきれいだ。 繊細な輪郭、白く透明肌、澄んだ目、爽やかな笑い…彼女はそのようにきれいなのは、彼女の目に暖かく率直な性情がそのままにじみ出るたからだ。 1男2女の末娘として生まれたが、子供の頃、親を失って警察官で20歳年の離れた兄ユ・ジングクと2人で暮らしている。 パク・ソンウン ユ・ジング 49歳 ウォニョン警察強力3チームのベテラン刑事。 27年目の警察。 ニックネーム「ユー課長」。 警察署通い会社なんてそうしても、ちょうど「万年課長」だとして付けられたニックネームがである。 善良で愉快なおじさん、一言でいい人。 二十歳年の差なる妹ユ・ジンカン を20年以上一人育てた。 キム・ムヨンの周辺人物 コ・ミンシ イム・ユリ 22歳 ムヨンの友人、バンド練習室アルバイト。 ユ・ジェミョン ヤン・ギョンモ 50歳 ユリの主治医 小児精神科医。 2年前に出した小児青少年相談事例集が一躍ベストセラーに上がりながら、現在までに、様々な放送出演と、講演などで幅広い人気を享受しているスター精神科医。 医師が適性に合わず、インターン生活をやめてさまよっていた時代釣り場で出会った一人の少年が運命を変えておいたと言う。 ユ・ジンカンの周辺人物 ソ・ウンス ペク・スンア 27歳 ジンカンの友人で、陶芸専攻修士課程。 陶芸家。 陶芸専攻修士課程を終えて留学を控えた陶芸家。 父がNJグループの系列会社の副社長である家庭の1男1女の長女。 ト・サンウ チャン・ウサン (34歳)スンアの婚約者、NJグループ専務 リゾートと食品、流通業を網羅しているNJグループの後継者。 1男1女の中の二番目。 キム・ジヒョン チャン・セラン(36歳) ウサンの姉、NJグループ常務 最初から弟が嫌だった。 そもそも、誰もが私のことだったが弟という理由で何でも共有しなければならないとは迷惑なことだ。 人生退屈死にそうだ。 ユ・ジング周辺人物 チャン・ヨンナム タク・ソジョン(46歳) ジングクの友人、同僚警察官 フェルナンド警察署の電算調査担当。 人間性が良く、気立て暖かくとてもかわいい人。 クォン・スヒョン オム・チョロン(29歳) フェルナンド警察署強力3チームダビング刑事、ジンガンの交際相手 警察大学を卒業し、今まさに殺人刑事になってやる気満タンの熱血刑事。 アーツの人々 ホンビン ノ・ヒジュン(25歳) ムヨンの幼なじみ、アーツ従業員アルバイト 子供の頃保育園でムヨンと一緒に過ごした。 チェ・ソンジュン チョン・サンユン(40歳) アーツ社長 カジュアルな若い社長。 ハン・ダソル シン・ユジン(46歳) アーツ従業員 フェルナンド警察署の人々 チェ・ビョンモ イ・ギョンチョル(48歳) フェルナンド警察署強力3チーム長 ユ・ジングをすごく嫌ってる。。 昔はかつてユ・ジングを実兄のように慕っていた。 キム・ソギョン ファン・ゴン(38歳) 強力3チームメイト。 イ・ギョンチョルの信任を受ける。 ユ・ジングを無視する。 ハン・グンソプ イ・ジェミン(35歳) 強力3チーム刑事 キム・ドヒョン チョ・ギジュ(30歳) 強力3チーム刑事 デザインエンルックの人々 パク・ミンジョン ファン・ソナ 37歳 デザインエンルック代表 ワーカホリック。 仕事欲張りな性格だけど良い人。 ベテランのパク・ソンウンと、色々な作品に出て経験を積んでいるチョン・ソミンの間で、今までと全く異なる「怪物」という役をどうこなすのかと思っていましたが、このドラマは、それぞれ主演俳優さん達の鋭敏な感覚と演技のセンス、そして皆さんのケミストリーの良さが存分に味わえる作品です。 ドラマの展開もさることながら、毎回、人の心を捕える演技に引き込まれました。 実は、芸能活動から遠ざかっていたソ・イングクが、またドラマに出ると知った時、嬉しいよりも心配になりました。 近年、リメイクが沢山作られている韓国ですが、「空から降る一億の星」はオリジナルが知られすぎています。 視聴者は皆、比較するでしょうし、もう内容を知っているから観ない、と言う人もいて、折角実力のある制作陣が集まっているのに、苦戦する気がしたのです。 でも、韓国内の視聴率はさておき、このドラマは、俳優達の力量を際立たせ、チョン・ソミンやソ・イングクに新たな評価がなされる作品になる気がします。 ユ・ジングク扮するパク・ソンウンが、その前の作品「ライフ・オンマーズ」で大盤振る舞い刑事を演じていたのが信じられないように、「ラブコメ女神」のチョン・ソミンがここまでジンガンに入り込み、表現できたのも素晴らしいですし、冷たく人の感情を弄ぶ男から、何を持ってしても愛する人を守ろうとする男への変化を表現したソ・イングクは、ブランクがあっても大人になり、成長したと感じました。 それぞれのキャラクターを好きになったり嫌いになったり、彼らと深く感情を共有できるところがお勧めです。 作品そのものについては、結構オリジナルの構成に忠実なようで(大まかなあらすじはチェックしましたが、日本版はみていないのです)、ユ・ジェウォン監督がこのリメイクを通して何を伝えたいのか、最終2話までよく見えないと感じました。 オリジナルと同じ結末になって欲しくないという思いが先行していましたから。 先入観にとらわれず、キャラクターの心の動きを追いながら視聴したら、根底に流れるテーマがよく理解できると思います。 キムタクが演じた冷徹な主人公を演じるのが、ソ・イングクさんで彼は除隊後の初の復帰作になります。 ソ・イングクさんというと以前見たドラマの「主君の太陽」で密かに警備のチーム長として極秘の任務を社長の父親に命じられながらも、ヒロインの女性に恋をしてしまう役を演じていてその真面目な役がとても好感が持てました。 その真面目なイメージがありこの「空から降る一億の星」をどう演じるのだろうと期待感を感じました。 ソ・イングクさんは製作発表で日本の有名なドラマのリメイクということでとても緊張していると語っており彼の真面目な人柄が感じられます。 ヒロインを演じるのは「イタズラなKiss」でヒロイン役を演じたチョン・ソミンさんが演じています。 日本版で明石家さんまさんが演じた刑事でヒロインの兄の役を数々のドラマに出演しているパク・ソンウンが演じています。 パク・ソンウンさんは、真面目な役からコミカルな役まで演じられる俳優さんで時代劇から現代劇まで数多くの作品に出演しています。 印象に残っているのは、「優雅な女」で人気アナウンサーで女優の夫でありながら妻とは仮面夫婦という役を見事に演じていたのが印象に残っています。 この3人が中心にドラマは進んで行きますが、日本版と比べると韓国版の方が画質や音響効果を使っておりかなりサスペンスの色が濃いドラマになっています。 日本版の「空から降る一億の星」を見た人は比較しながら楽しむことが出来ますし、日本版を見たことのない人はサスペンスとして楽しむことが出来るドラマです。 主演のソ・イングクさんがこの陰のあるつかみどころのない怪しい男をどう演じてくれるのかもこのドラマの見どころです。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

空から降る一億の星 ☆☆☆☆☆

空 から 降る 一 億 の 星 日本 ネタバレ

第1話のあらすじ 日ノ出警察署の刑事、 堂島完三。 女子大生殺害事件の担当になる。 自殺に見せかけた他殺だと推測され、捜査をすすめる。 完三は妹の 優子と、西原グループの令嬢である 美羽のバースティパーティに出席。 その会場にはケータリング担当の 片瀬涼がいた。 涼はレストラン「 REVE」の見習いコック。 美羽は親からの紹介で、御曹司の 柏木と交際させられている。 だが柏木のことはどうしても好きになれない。 家政婦のカヨと涼が休憩していると、美羽が 「おにぎりを作って」とドアから手を伸ばしてくる。 涼はその腕を掴み、声をかけた。 柏木に付きまとわれ逃げている美羽。 涼はその様子を見て「 照れているんじゃなくて嫌がっている」と口を挟む。 裕希がシャンパンをくすねてきた、と涼のところへ戻ってくる。 柏木は裕希に「 チンピラ」と言うと、裕希は怒り出し殴りかかった。 大騒ぎになってしまったが、涼がなだめて落ち着かせた。 美羽は涼がさっき腕を掴んだ人だと気づく。 壊れたブレスレットを直してやる涼。 美羽はすっかり涼に心を奪われてしまう。 パーティの山場である花火があがっても、美羽は戻らず涼と一緒にいてキスをする。 後日、美羽は涼と会う。 裕希も一緒に来て、騒ぎを謝罪する。 裕希は母親が病気で 入院費が大変だと言う。 完三が追っている事件は、どうも 不可解な点がある。 現場に1人で向かい、完三は写真を撮っていく。 美羽は涼になおしてもらったブレスレットを見て、 ビーズの並び順が元通りになっていることに気づく。 そして裕希の働く店へ向かい、入院の見舞いにと花束を渡しに行く。 だがそれは嘘だったとわかる。 涼と待ち合わせ、裕希に渡すつもりだった30万円を見せる。 涼には渡さず海へ放り投げる。 金目当てで騙した、と美羽は泣き出した。 涼はゲームのつもりだった、と謝る。 ばらまいた金を拾い集め、涼は美羽に返す。 そんな涼を美羽は許してしまう。 完三は女子大生の事件で、争ってバラバラになったはずの ビデオソフトの順番が戻っていることが気になっていた。 動画の視聴は? ドラマ「空から降る一億の星」は動画配信されていません。 現時点ではDVDやVHSで見るしかありません。 リメイクされた韓国版の「空から降る一億の星」はU-NEXTで視聴可能! 日本版との違いを楽しむのアリですね。 第1話の感想 第1話はまだ点と点が結びつく前といった感じですね。 現時点では優子と美羽の関係がわかりません。 なんで兄が関西弁で妹が標準語なんだ、っていうツッコミは無しで(笑) さんまさんはドラマでも関西弁のままなのがポリシーなのでね。 美羽のパーティでまったく接点がなかったはずの人たちが出会います。 完三と涼、涼と美羽、涼と優子。 涼が美羽の ブレスレットを直せたところ、要チェックです! 美羽の腕を掴んだときにブレスレットを見ているんですよね。 あと 女子大生の写真も要チェックなんです。 今の時点ではまあ別にって感じですけどね。 そして完三が 涼を見て、なにかひっかかるみたいな表情をします。 ここもポイントですね。 とにかく涼はミステリアス。 口調は優しいけど、何か隠している感じ。 同じフレンチシェフだけどのときとは、全く違いますよね。 次回の第2話から、完三、優子、涼の距離が縮まります。 カテゴリー•

次の

空から降る一億の星の感想(ネタバレ)と名場面

空 から 降る 一 億 の 星 日本 ネタバレ

放送期間と出演者制作局:フジテレビ 放送期間:2002年4月15日 — 6月24日 放送時間:月曜日21:00 — 21:54(54分) 主な出演者:明石家さんま、木村拓哉、深津絵里、井川遥、柴咲コウ、田山涼成、八嶋智人 脚本:北川悦吏子 最高視聴率:27. そして美羽の恋心を利用し、邪魔な存在である柏木 直哉 大澄賢也 を殺害させます。 自ら犯人として名乗りあげますが、すべては計算で、涼が自分を庇ってくれたことにショックを受けた美羽は、犯人は自分であると遺書を残し自殺します。 そして以前にも同じような手口で、財産目当てで近づいた三田の女子大生を宮下 由紀 柴咲コウ に殺害させています。 以上の2点を優子の兄である完三 明石家さんま に見破られます。 危険を察知した完三は妹である優子に「あいつには近づくな」と警告するも二人は惹かれ合います。 交際に気づいた完三は追い込まれ、「こうするしかなかった」と涼をナイフで刺します。 兄をそこまで追い詰めてしまったことに優子は責任を感じ、会うのを辞めようとします。 しかし、見合い相手の日下 圭太 八嶋智人 に背中を押され、結局涼の元に戻ります。 そして、誰も愛することが出来なかった涼は生まれて初めて人を好きになり、涼 木村拓哉 と優子 深津絵里 は結ばれます。 初めて人を愛することができた涼は、利用して関係を持っていた柏木 小百合 とよた 真帆 とも「もうあんたとは会わない」と宣言します。 相思相愛になり幸せの絶頂にいた二人でしたが、優子から完三とは実の兄弟ではないことを聞かされます。 そして、熱湯の入ったやかんをこぼしたことにより涼は過去の記憶が蘇り、優子が実の妹であることを思い出します。 あまりのショックに涼は優子の前から姿を消します。 以上、最終回直前までのあらすじです。 個人的に大好きな涼と優子のシーン3つ 私は深津さんが好きなのでやはり魅力が出ているところが好きですね。 傷ついている涼を優子が母性で包み込んでいるシーンはとても好きですね。 第3話 二人惹かれあう名シーン。 「火傷おそろいだね」 19:39~24:14 初めて二人の心が近づくシーンです。 「そんなふうに言わなくていいよ」からの深津さんの名演技が素晴らしいですね。 火傷おそろいだねの言葉が印象的です。 外せない大事なシーンですね。 優子「なんかあなたそういう気がした。 」 優子「あたしあなただいたいなんて聞く前からわかるよ。 」 涼「だったら言うなよ。 」 優子「それもわかったよ。 」 優子「でもなんか聞きたくなる。 」 ・・・ 涼「俺も火傷のあとあんだよ。 」 涼「見る?」 優子「どうしたの?」 涼「小さい頃。 」 優子「痛い?」 涼「何が?」 優子「ここ痛い?」 涼「いや」 優子「痛くないんだよね跡って」 優子「痛そうなのに。 」 涼「でもこれ結構使えるんだよね。 」 優子「え?」 涼「女の子が喜ぶ。 」 涼「ほら、服脱いだときとかさ、ああかわいそうとかああ痛そうとか、 気引くには一番使えるかもしんない。 」 優子「そんな風に言わなくていいよ。 」 優子「嘘だよそんなの。 」 優子「痛くて熱くて悲しかったよ。 」 優子「私気がついてたよ。 小学校のプールの時間でも中学校の更衣室でもみんなかわいそうって顔で見てた。 全然気にならないよって言いながら眉ひそめて盗み見てるんだよ。 私の火傷の跡・・・ かわいそうって同情して・・・」 優子「ずっと一人だった」 優子「あなた違うの?」 優子「すごく孤独な目してるよ。 」 涼「触んなよ。 」 涼「そんな目して触んなよ。 」 涼「悪いけど帰ってくんね。 」 涼「あんたといるとまじ調子狂うから」 優子「帰るよ。 」 優子「ごちそうさん。 美味しかったよ。 優子「休みの日にごめんね。 」 優子「ねえ、、火傷おそろいだね。 」 優子「私なんでかわからないけど、あなたといると寂しくなるよ。 自分が本当は寂しかったこと思い出しちゃうよ。 変だね。 」 2. 第8話 過去のフラッシュバックを思い出し動揺する涼を包み込む優子 「あなたの心は私が守る」 20:21~26:43 過去のフラッシュバックで動揺した涼。 そこに優子が超越した母性で包み込み、「あなたの心は私が守る」と傷つく涼を抱きしめます。 優子「今、あなたがいて、私がいて、それじゃだめ?」 涼「それでいい。 」 涼「でも苦しい。 」 優子「どうしたい?」 涼「本当のこと知りたい。 」 優子「・・・あんまりいい予感しない」 涼「でも知りたい」 優子「わかった。 」 優子「あなたの心は私が守る」 3. 第9話:結ばれた二人 優子と涼の交際を知った完三が涼を刺します。 そこまで完三を追い詰めてしまった優子は罪悪感から涼から離れようとします。 涼もそれを感じ取り飼っていた鳥を放そうとしますが、そこに優子が戻ってくるシーンです。 そして二人は結ばれます。 優子「飼われてた鳥は一人じゃ生きていけないんだよ。 言ったじゃん。 」 優子「一度抱きしめた心は、もう一人じゃ生きていけないんだよ。 」 優子「一度触れたらずっと抱きしめてて」 優子「私、あなたが人殺してたとしても 私、あなたのことわかろうとすると思う。 」 ちょっと頑張ったらわかるような気がする。 あなたのことだったら。 」 最終回 ネタバレ 愛していた優子が妹であることを知った涼は姿を消します。 そして完三のもとに行き、完三にたずねます。 涼「俺と優子、兄弟?」 完三「そうや」 涼は寂しさから再び小百合の元へ戻ります。 そこに優子が現れるも、妹である真実を知った涼は優子に冷たく接します。 その後小百合と関係を持つも、「もうやっちゃった?笑 どんな感じなのかしらね、兄弟でやる・ ピストル音 」という言葉にキレ、涼はピストルで小百合を殺害します。 優子は涼の父親が完三に殺害されたことを知り、また、涼の「僕には神様がいない」という幼い頃の作文を読み、 涼は復讐のために自分に近づいたのだと勘違いします。 涼への愛情が憎しみに変わります。 昔の住んでいた家に涼がいることを突き止めた優子は、涼の元へ向かいます。 「お兄ちゃんは私が守る」と言い、愛情だと思っていた涼への憎しみをぶつけます。 そして、そばにおいてあったピストルを奪い取り、涼に向けます。 優子が誤解していることを察するも、真実を話すことは無理だと観念した涼は涙を流しながら微笑みます。 そして、「俺、愛とかそういうのよくわからんないけど、優子のことは愛してた。 」 と涼が立ち上がった瞬間、優子がピストルで涼の腹を打ち抜きます。 動かなくなった涼に優子は事の重大さに気づきますが、涼のポケットから完三への手紙を見つけ読み始めます。 そこには、三田の女子大生を殺害したことや今まで誰も愛したことがなかったことが書かれています。 そんな自分だったけれど、優子に会って初めて人を好きになった。 だから優子が本当は実の妹であると知ったときはさすがに参った。 と書かれていた。 すべての真実を知った優子は泣き崩れます。 そして、涼が幼いころ書いた思い出の絵の場所に涼のからだをひきづりながら向かい、すでに冷たくなった涼をボートに乗せ自分も乗り込みます。 そこに完三が駆けつけますが、遅すぎました。 「お兄ちゃんごめんね」と囁き、完三の目の前で優子はピストルで自分の頭を打ち抜きます。 冷たくなった二人が寄り添うように眠っていました。 まとめ 正に悲劇です。 サスペンスの要素もありますが、悲劇であることに変わりはありません。 当時私は14歳ながらも大きな衝撃を受けました。 そして、評価が真っ二つに分かれる作品です。 「暗い」「全然面白くない」という意見と「良い!」の2種類に分かれます。 個人的には深津絵里さんの演技が素晴らしくて思いっきり惹かれましたし、今みても心が揺さぶられますね。 表情の豊かさと自由な雰囲気がたまらないですし、今の若い女優さんにはいない存在感があります。 キムタクもロングバケーションとこの空から降る一億の星は好きです。

次の