ゾゾタウン 前澤。 ZOZO前澤社長「新しいことやり過ぎた」、“ZOZOアリガトウ”終了、PB事業の大幅縮小

ゾゾタウン、前澤社長の存在が経営リスク要因に…株式時価総額1兆円が消失

ゾゾタウン 前澤

ZOZOの前澤友作社長 「Yahoo!JAPAN」を運営するIT大手のヤフーは、通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOを、約4000億円を上限とした株式公開買い付け(TOB)により、所有株式を50. 1%まで引き上げ子会社化する。 買い取り価格は2620円。 創業者でZOZO株の約36%を持つ前澤友作社長は約30%にあたる約9200万株の売却に応じ、9月12日付で社長を辞任し、取締役も退任する。 ZOZOは買収された後も上場を維持する考え。 NHKが朝のニュースで報じ、午前9時に正式発表された。 ZOZOの運営する通販サイト「ゾゾタウン」は年間の商品取扱高3231億円に達する日本のアパレル分野のネット通販の最大手で、前澤氏は日本のファッションECを成長させてきた最大の立役者の1人だった。 海外でもラグジュアリーEC企業の最大手であるユークス ネッタポルテ グループ(YOOX NET-A-PORTER GROUP= YNAP)を、ラグジュアリーブランドのコングロマリットであるコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)が買収するなど業態を超えた合従連衡(がっしょうれんこう)が進んでおり、日本も今後はさらに業態を超えた新しい動きが活発になりそうだ。 前澤氏は常々、ヤフーの親会社であるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長を「最も尊敬する経営者」と公言していた。 また、今年4月のZOZOの決算発表では中国市場への再参入を表明しており、ソフトバンクグループが大株主である中国最大のEC企業アリババ(ALIBABA)グループとも連携すると見られる。 ヤフーとZOZOは本日12日午後5時半から会見を行う予定だ。 9月11日に前日比2. 5%高い2166円だった株価は、発表を受けて買い注文が殺到し、現在(9時36分)は2491円にまで上昇している。 1978年生まれ。 東京外国語大学ヒンディー語専攻。 繊維・ファッション業界紙「日本繊維新聞」の記者を経て、2010年から「WWDジャパン」で記者。 担当は合繊メーカー、素材、商社、EC、ファッションビル、ショッピングセンター。 「ファッションウェブアワード(FWA)特集」(11年12月19日号)、「ルイ・ヴィトン」をまとったきゃりーぱみゅぱみゅを蜷川実花さんが撮り下ろした「アニメ的ファッション特集」(12年5月7日号)、「ファッションテクノロジー特集 2020年1億3000万人総デザイナー時代が到来!? 」(14年1月6日号)、「SC新時代-ファッションが一番売れる場所」(14年5月19日号)、「ファッション4. 0特集-IoTで服作りが激変」(16年12月19日号)、「ネット通販2. 0」(18年7月30日号)、「業界人のお宅訪問特集2018」(18年11月19日号)、「渋谷FASHION VALLEY現象を追え!」(19年3月18日号)、「令和に持っていく平成ファッション特集」(19年4月29日&5月6日合併号)などの特集を担当。 連載企画ではスティーブ・ナカムラや吉田ユニ、YOSHIROTTEN、中里唯馬、山口壮大らを起用したクリエイターによる日本テキスタイルのファッションシューティング連載企画「CREATIVE POWER OF JAPANESE MATERIALS」を担当.

次の

ZOZO前澤社長がいま明かす「私の幸福論、仕事の哲学」(中原 一歩)

ゾゾタウン 前澤

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOが4月25日、ZOZO負担による値引きを提供する「ZOZOアリガトウ」サービスを5月30日をもって終了することを発表した。 値引き対象にされることを嫌って、アパレルブランドの撤退が相次ぐなど、「ZOZO離れ」の元凶となったとされる同サービス。 スタートからわずか5カ月で終了とする、スピード決断となった。 同日、決算会見に登場した前澤友作社長は「思ったほどの効果がなかった。 価格勝負をしてしまったことで、ブランド様からの信用を少し失ってしまった。 「高い勉強代になった」とするPB事業は、ZOZOスーツを実質廃止するなど、すでに縮小を表明。 2018年に相次ぎ打ち出した新規事業は、相次ぎ軌道修正を行ったかたちだ。 新たなチャレンジが立て続けに不作となった2018年については 「何か新しいことを顧客に受け入れてもらうなら、新しいことは1つか2つに限定した方がいい」と、振り返り、悔しさを少々にじませた。 本業のもうけを示す営業利益は、同22%減の256億円。 増収減益決算となった。 「新しいことを盛り込みすぎた」と反省も、前澤節は健在 2018年秋には、プライベートでの月周回旅行を発表した、ZOZOの前澤社長。 その派手な言動は、常に話題をさらってきた(写真は2018年10月)。 この日の決算会見は、通常よりも30分拡大した1時間半を開催。 前澤氏は「本業に専念します」と、これまでの派手な言動を連想させつつ、殊勝な様子をみせた。 グレーのスーツに身を包んだ前澤社長は「新しいことが多過ぎました。 イノベーションと言いながら、新しいことを盛り込み過ぎた」と、ZOZOスーツにPB事業にと奇抜な発想を相次ぎ打ち出した1年を、「ずいぶん大きなことを言ったわりには(予算は)未達」と、自省を込めて振り返ってみせた。 しかし会見の中身自体は、負けず嫌いの前澤節も依然として、健在だった。 「9割の人は試着をするが、6割は試着が嫌い」といった内容の顧客アンケートを紹介しながら「PB事業を始めた当初の、今までのSMLではサイズが足りない、たくさんのサイズニーズがあるはずだという考えは、確信に変わっている。 マルチサイズ、多サイズに大きなユーザー需要があることは明らかだ」と断言。 PB事業を始めた狙いに間違いはないと強調した。 そのうえで今秋にも、アパレルブランドと協働でマルチサイズ商品をつくり、ZOZOTOWN上で販売することを明らかにした。 ベイクルーズ、アーバンリサーチ、ビームス、ストライプ、リーバイスといった名だたるアパレルブランドが興味を示していると紹介した。 さらに、「日本ブランド連合で中国へ再進出する」ことも公表。 6年前の進出では撤退しているが「当時の若い世代の所得と合わなかったが、今なら日本ブランド価格で勝負できる」と、新たな挑戦をアピールした。 前向きな再スタートの演出 同日、前澤社長は2月初旬に「本業に集中します」と、休止宣言していたTwitterを77日ぶりに再開したことも話題を呼んだ。 これまた決算発表当日に当て込んできたことで、今後の前向きな展開を印象づけたい切実さを感じさせる。 決算会見の直前のツィートでは、発表したばかりの2019年3月期には触れず、すでに2020年3月期の見通しをつぶやいている。 今期2020年3月期の業績予想を発表しました。 全てのステークホルダーの皆さまからの信頼を取り戻せるよう、また期待にお応えできるよう、今期も集中して頑張ります。 この後17時より決算説明会を生中継いたします。 — Yusaku Maezawa MZ 前澤友作 yousuck2020 全てのステークホルダーの皆さまからの信頼を取り戻せるよう、また期待にお応えできるよう、今期も集中して頑張ります。 ただし、2018年は新たな挑戦が迷走した感を強く印象づけたことは否めない。 不振事業からのスピード撤退も、ZOZOならではと見るのか、当初の見込みが甘いとみるのか賛否も分かれている。 強気の前澤節がカラ元気に終わるのか、リベンジとなるか。 当面、目が離せない。

次の

ヤフーがZOZOを4000億円で買収 前澤社長は退任へ

ゾゾタウン 前澤

破天荒な行動で世間をザワつかせているZOZOTOWN創設者、前澤友作社長。 株式会社スタートトゥデイ(今年10月より株式会社ZOZO)の社長で、ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営し、 一代で時価総額1兆円を突破させた日本を代表する経営者の一人です。 フォーブスの日本長者番付2018では、前澤社長の個人資産は2830億円で 国内18位。 昨年5月には、バスキア作品を過去最高額となる123億円で落札。 身体の寸法を瞬時に採寸することのできるZOZOSUIT(ゾゾスーツ)の無料提供も記憶に新しいですね。 最近では、「SPACE X」社の民間月旅行(民間人初の月周回計画)に乗客として参加すると発表。 このように常に話題の絶えない前澤社長ですが、経営に関する考え方も普通の経営者にはない考えをお持ちでした。 それでは日本を代表する経営者の一人、前澤社長の経営哲学とはどんなものなのでしょうか。 nikkei. これについて、現役の株式会社スタートトゥデイ(今年10月より株式会社ZOZO)社員の方はこのように語っています。 「どうやったらほかの社員を出し抜けるか、上司に気に入られるかなどと考える社員が増えるほど、会社はつまらなくなるし、業績も上がらなくなる。 それならばいっそのこと給料一律で社内競争を排することで、社員にはお客をどう喜ばせるかを考えることに時間を使ってほしい。 そんな社長の想いから始まった制度です」 9時出社、15時退社の6時間労働制 日本の労働基準法で定められている1日8時間労働という常識も、 前澤社長は本当に集中して仕事できるのは3〜4時間じゃないの?と疑問をもち、 それなら最短時間で最高のパフォーマンスをして仕事を切り上げ、 趣味や遊びなどで刺激を受けてほしいと 9時から15時の6時間労働を導入しました。 競争ではなく協調を望み、その取り組みからスタッフの意識も変わっていき、 一人一人の生産性も大きく上がったと言います。 また「働きやすい職場」にすることで更に良い人材を集めることができ、 「いい人が集まれば、いい商品が提供でき、いい会社ができる。 いい会社にはまたいい人が集まって、好循環が生まれます。 なので、前澤社長のプライベートも仕事も周囲は驚いたり破天荒と思うかもしれません。 ですが経営はもちろん、行動の全てにおいて緻密な計算と戦略があると私は思います。 プライベートでも常に話題になり、世界からも注目される前澤社長の運営する ZOZOTOWNは、アパレル業界が不況と言われるなか右肩上がりで売り上げを伸ばしています。 普通じゃないことをするというのは、なかなか世間から認められず批判を浴びることもあると思いますが、 緻密な計算とブレない強さ、そしてこだわりを持っての経営をすることが 前澤社長に学ぶ経営の哲学なのではないでしょうか。

次の