電子 レンジ とうもろこし。 電子レンジを使ってとうもろこしを甘くする方法

茹でずにチンだけで完成!電子レンジで作るとうもろこしの茹で方

電子 レンジ とうもろこし

夏の旬の食材と言えばとうもろこしであり、甘い実が美味しくて大好きだという方もたくさんいることでしょう。 トウモロコシの食べ方には様々ありますが、最初はどれも生のものを茹でる必要があります。 しかし、鍋で火加減や時間を調整しながら茹でるのはかなり面倒ですよね。 しかし、もっとお手軽な方法があります。 それは電子レンジを使うことです。 実は電子レンジでもトウモロコシを簡単に茹でた状態にすることができます。 そこで、今回は電子レンジで作るとうもろこしの茹で方を紹介します。 とても簡単ですので、とうもろこしを作る際には電子レンジを活用してみるといいでしょう。 それではどうぞ! 電子レンジで作るとうもろこしの茹で方 1.必要なもの 電子レンジでとうもろこしを作るためには、以下のものが必要となります。 とうもろこし• キッチンペーパー 食材であるとうもろこしと、キッチンペーパーを使います。 他には用意するものはないので、電子レンジさえあればすぐにできるものとなっています。 2.下準備 それでは、実際に電子レンジでどのように作っていくのかを紹介していきます。 まずはキッチンペーパーを使った下準備を行います。 キッチンペーパーを水に浸して濡らす• 軽く絞る• とうもろこしに巻きつける とうもろこしは電子レンジに入れる前に、濡らしたキッチンペーパーで包むようにします。 巻きつけて電子レンジで温めることで、茹でた時と同じようになるのです。

次の

とうもろこしのゆで方は電子レンジで何分?皮ごとやラップでレンチン

電子 レンジ とうもろこし

スポンサーリンク とうもろこしは電子レンジで皮付きが美味しい! まず第一に、 電子レンジ調理したとうもろこしはかなり美味しいです。 我が家のように3人家族で2本くらいずつ調理したいなんて場合には電子レンジ調理はとっても便利です。 しかも、とうもろこしの旬は『真夏!』ですので、できる限りお湯は沸かしたくありません。 私は今までは薄皮を1枚残して、水洗いして、ラップでピッチリと包んで600Wで5分 2本なら10分 加熱して食べていました。 今回、母がつくって見せてくれたのは1枚も皮をむかないとうもろこしの電子レンジ調理でした。 【手順1】とうもろこしを電子レンジに入れる 【手順2】600Wで7分チンする 2本なら14分だけど1本ずつやったほうがムラがないかも スポンサーリンク ラップをしてチンする時より多少時間はかかりましたが、皮が水分を調節するのでとうもろこしの表面はしなびることもなく、ラップの時のように蒸気でべしょべしょになることもなく、なかなかいい感じです。 しっかりと加熱されているし、甘味もあり、皮をむくのも簡単なので、今後はこの方法で調理しようと思いました。 【注意点】皮ごと調理するので、泥や汚れが付いているようなとうもろこしの場合はあまりおすすめしません。 すぐに食べない時は、皮をむいたらラップに包みましょう。 そのまま置いておくとシワシワのとうもろこしになってしまいます。 これは茹でた時も同じです。 とうもろこしは朝収穫されてから、分刻みで糖度が落ちていくそうです。 買ってきたらできるだけ早く調理しましょう。 とうもろこしを電子レンジで調理したら塩味はどうする? 電子レンジで加熱した時の味付けはどうしたら良いでしょうか? これはとうもろこしの状態や、食べる人の好みによると思います。 今回私が食べたとうもろこしは、とっても甘くてみずみずしく、 塩なしで食べても100点満点でした。 焼きトウモロコシが好きなら醤油を塗って表面を焼いても良いでしょう。 まとめ とうもろこしは缶詰や冷凍食品などで1年中食べられますが、生から調理して食べるとうもろこしは旬の夏だけです。 栄養価も豊富なので夏バテしやすい時期にももってこいですね。 電子レンジで調理できるなら、一人暮らしでも、暑い夏でも、疲れていても簡単に作ることができます。 旬の農作物を食べて、元気になりましょう! 関連記事:.

次の

とうもろこしの茹で方 電子レンジで簡単に!時間は何分でラップは必要?

電子 レンジ とうもろこし

皮つきとうもろこしを甘くする方法 7月 17日放送の『あさイチ』( NHK)では、電子レンジの活用術を特集。 甘みが自慢のとうもろこしは茹でることでおいしく食べられますが、夏場はお湯を沸かすだけでも暑くてひと苦労。 電子レンジを使えば、皮つきのとうもろこしでも簡単に甘くすることができます。 調理法を教えてくれたのは、とうもろこし農家の安西淳さん。 安西さんはとうもろこしを皮付きのまま電子レンジに入れ、 600ワットで 7分間加熱しました。 皮つきのまま加熱すると、皮や実から出た水分で全体が蒸された状態に。 ゆるやかに温度が上昇するので、でんぷんを糖に変える酵素が長く活発に働いて甘みをアップさせてくれます。 レンジから取り出すときは、やけどに注意してくださいね。 取り出したとうもろこしは、根元から 2センチのところで切り、上の方を持って上下に振るとするっと皮から取り出せます。 簡単な調理法に、視聴者からは「電子レンジの方が圧倒的に簡単じゃん!」「あっという間に皮がむけてびっくり」「下ごしらえが一気に楽になりそう」と驚きの声が上がりました。 とうもろこしの冷凍保存法 とうもろこしは収穫したときが一番甘いと言われているのですが、すぐに食べないときは冷凍保存がおすすめ。 「サランラップ」や「ジップロック」などを発売する旭化成ホームプロダクツ株式会社の公式サイトでは、とうもろこしを冷凍するときの正しい手順が紹介されています。 加熱して保存する場合は、水分や香りを逃がさないように熱いうちにとうもろこしをラップで包みます。 冷めたら密封できる保存袋に入れ、なるべく空気を抜いて封をしましょう。 使う時はラップに包んだまま、電子レンジで全体が軽く温まるまで加熱してください。 生の場合は皮をむいてからラップで包み、加熱したときと同じように保存すれば OK。 解凍するときは凍ったままで水から茹でたり、蒸し器や電子レンジで調理します。 茹でたり蒸したりした場合は、熱いうちに濃いめの塩水に浸すと実の部分がシワになりません。 塩味もつくので、食べやすくなりますよ。 そのままかぶりついてもサラダに入れてもおいしいとうもろこし。 旬の野菜を食べて元気に夏を乗り切りたいですね。

次の