イシイ ミート ボール。 ミートボール

ミートボール

イシイ ミート ボール

THE WORLD MEATBALL ビーフミートボール 牛肉を使用した、食べ応えのあるサイズのミートボールです。 オーブンやフライ調理など様々な調理方法で、お好みのソースとも合わせて頂けるタレなしタイプです。 【煮込み調理の場合】 お好みの調味液で約10分煮込んでください。 【スチームコンベクションオーブンの場合】 凍ったままの商品を袋から取り出し、予熱したスチームコンベクションオーブンで加熱してください。 機種により多少異なります。 コードNo. THE WORLD MEATBALL ハーブ・ポークミートボール 豚肉を使用し、香辛料(パセリ・オレガノ・クミン・タイム他)を効かせた、食べ応えのあるサイズのミートボールです。 オーブンやフライ調理など様々な調理方法で、お好みのソースとも合わせて頂けるタレなしタイプです。 【煮込み調理の場合】 お好みの調味液で約10分煮込んでください。 【スチームコンベクションオーブンの場合】 凍ったままの商品を袋から取り出し、予熱したスチームコンベクションオーブンで加熱してください。 機種により多少異なります。 コードNo. タレなしシャキシャキ肉だんご 鶏肉・豚肉を使用した大きめの肉だんごに、たまねぎ・れんこんを入れ、シャキシャキとした食感に仕上げました。 タレなしのタイプです。 コードNo. 国産肉使用チキンボール8 国産鶏肉使用のタレなしミートボールです。 約8gの小粒な肉だんごはスープ、炒め物など様々なメニュー素材として大活躍のアイテムです。 【煮込み調理の場合】 お好みの調味液で約10分煮込んでください。 コードNo. (N)KSタレなし肉だんご15 鶏肉を使用した1個約15gのタレなし肉だんごです。 フライ後、お好みのソースと和えるか、そのままスープで煮込んでご使用ください。 【煮込み調理の場合】 お好みの調味液で煮込んでください。 コードNo. (W)KSタレなし肉だんご25 鶏肉を使用した1個約25gの大きめのタレなし肉だんごです。 フライ後、お好みのソースと和えるか、そのままスープで煮込んでご使用ください。 【煮込み調理の場合】 お好みの調味液で煮込んでください。 コードNo. タレなし肉だんご25 コードNo. 肉だんごタレなし15 コードNo. (N)KSタレなし肉だんご25 コードNo. 肉だんごタレなし25 コードNo. 現時点で使用される可能性がある原材料の産地を掲載しています。 産地の詳細については、ケイエス冷凍食品お客様相談室(フリーダイヤル 0120-213-236)までお問い合わせください。

次の

ミートボールの賞味期限切れはいつまで大丈夫?腐るとどうなるの?

イシイ ミート ボール

カリカリミートボール カリッとした食感が楽しめるミートボールです。 カロリー(1個分):50Kcal• 食塩相当量(1個分):0. 調理時間:10分 【材料】(10個分)• ミートボール 1袋• パン粉 大さじ5• 油 大さじ2• パン粉をビニール袋に入れる。 ソースは残しておく。 油をフライパンに薄くひき、転がしながら焼く。

次の

ミートボールの賞味期限切れはいつまで大丈夫?腐るとどうなるの?

イシイ ミート ボール

概要 [編集 ] ミートボールは、似た料理が世界各国で作られているが、材料の選定、味付け、加熱方法には国ごとの特徴があり、呼び方もさまざまである。 使用する肉にも、、、、などの家畜、家禽の肉の他、一部では、やなど特殊な動物の肉を用いる例もある。 を用いるものもよく見られるが、これは日本ではなど、別の呼び方をすることが多い。 つなぎには・・を使い、を加えて練って粘りを出す。 風味や栄養を考えて、、などが加えられる場合もある。 国によっては、を包み込む場合もある(例:の、のナルギス・等)。 加熱方法としては、やでもの、もの、もの、ものなどがあり、揚げてから煮るなど、複合して用いる例もある。 形状の違いを除けば、材料や作り方はに良く似ている。 また、形を扁平にすればとも近い。 この他、肉団子の素材はとしても使われ、や、などに詰めて焼いたり揚げたりする料理(、や)もある。 各国のミートボール [編集 ] 詳細は「」を参照 中国料理由来のインドネシア料理に bakso がある。 牛肉に少量のタピオカを混ぜることで、身が引き締まり歯ごたえのある食感となっている。 たいていの場合、スープないしはスープ麺 中華麺、フォーなど の具材として一緒に提供される。 家庭料理として、トマトソースで煮込んだミートボールをにかけたと、小粒のミートボールを甘酸っぱいソースで煮込んだスウェーデン風ミートボール(Swedish meatball)がよく知られている。 前者はイタリア料理のが元になっているが、アメリカ人の嗜好に合わせ、ミートソースを肉団子にして肉の量を増やしたものである(アメリカ合衆国では、イタリアよりも安価な挽肉が手に入りやすかったことも理由の一つである)。 スパゲッティ・ミートボールのミートボールはイタリアの伝統的な肉団子ポルペッティーネ(polpettine)よりも大きく作られる。 人によっては、つなぎを入れずに肉だけで肉団子を作ることも多い。 では肉丸(ロウワン)と言う。 風の甘いをかけたミートボールは日本では人気のあるのの一つであるが、本場中国で甘いミートボールというのは稀で、近いのはと同じ味付けを施した糖醋肉丸(タンツーロウワン)である。 豚肉を主材料に、油で揚げて、塩味を付けた脆炸肉丸(ツイジャーロウワン)や、さほど甘くない醤油味のたれで煮た紅燒肉丸(ホンシャオロウワン)を食べる地域が多い。 また、鍋料理の具としても好まれている。 豚肉を使用した物以外にも、牛肉や鶏肉を使用した物がある。 の名物料理である獅子頭(シーズトウ)()は、ほどの大きさの巨大ミートボールで、中に良く火が通るようにスープと共に蒸して作る。 このため身は軟らかく、また、スープにも濃厚な味が出て美味となる。 やでは、 劗肉(チャンロウ)という大きめで甘辛いたれで煮たミートボールが食べられている。 には、肉団子を魚肉のすり身で包み込んだがある。 にはをまぶした肉団子を蒸して作る徽州丸子がある。 香港 では、中にが入っていて、噛むと汁が飛び出す爆漿牛丸(バオジャンニュウワン、 バーウジョンアウユン)という物が作られており、映画の中にも登場するなど一世を風靡した。 飲茶の時に食べるには陳皮蒸牛丸(チェンピージョンニュウワン、広東語 チャンペイジェンアウユン)という、の皮で香りを付け、で蒸した肉団子があり、をつけて食べる人もいる。 台湾 のには貢丸(コンワン、 コンワン)と呼ばれる麺棒で潰して作る肉団子があり、汁の具として好まれている。 には、肉団子を芋ので作った葛の様な透明の衣で包み、甘いたれをかける肉圓(ロウユェン、台湾語 バーワン)という名物料理がある。 日本においてミートボールと呼ばれる料理は、ミートソースやケチャップなどのトマトソース、中華風のあん、テリヤキソース等の味付けをした肉団子であることが一般的である。 の「イシイのおべんとクン ミートボール」のように化されたものも販売されており、朝の忙しい時間でも簡単に調理できることからの定番メニューとなっている。 「」は、・・などのをやなどのつなぎでまとめたもの。 棒状にまとめたつくねの軸に串を刺して焼いたつくね串焼きもの定番になっているほか、球状に丸めてやに入れたり、また揚げることもある。 ミートボールと基本的製法は同じでも、日本ではもっぱら「つくね」と呼ばれ、一般にミートボールとは呼ばずに別物として扱われる。 派生義 [編集 ] 中、アメリカ合衆国は日本のやを「ミートボール」と差別的に呼んでいた。 脚注 [編集 ].

次の