スマホ ゲーム おすすめ。 【神ゲー】超面白いスマホゲームおすすめ無料ランキング【2020最新】

【2020最新】王道RPGおすすめ30選!超面白い無料スマホゲームを厳選

スマホ ゲーム おすすめ

増える若者のスマホ2台持ち 最近では、スマホを2台持ちする人も決して珍しくなくなった。 スマホの2台持ちに対してどんなイメージがあるだろうか。 一昔前なら、ほとんどがビジネスユーズを想像していたと思うが、 最近では個人が何かしらのものを楽しんだり、より便利に利用するために、スマホを2台持ちする人が増えているのだ。 とりわけ最近目立つのがゲーム利用の2台持ちだろう。 多くの若者のスマホには、多種多様なゲームがインストールされており、多かれ少なかれゲームに興じていることがうかがえる。 特に通信を大きく使用するゲームの場合は、ゲーム専用とするスマホ端末を別に用意する人が多いようだ。 そのようなゲームはスマホ端末の性能に大きく依存し、それに伴いバッテリーの減りも速いからだ。 性能やバッテリーにかかる負荷が大きいということは、日常的な操作により影響がでやすいということで、いっそのこと 別のスマホ端末に分けてしまう方がスムーズにいきやすいのだ。 スマホでゲームに興じる人は実に多いが、そもそもどのようなスマホ端末を選べば良いのかわからないという声も多い。 そこで、以下では、 ゲーム専用機におすすめなスマホ端末はどのようなものなのか紹介したいと思う。 スマホ端末は、当然高ければ高いほど、性能が高いという方程式はある程度あてはまるので、金銭的に余裕のある人はそのようなハイエンドスマホを使用すると良いだろうが、多くの方はコストパフォーマンスも加味すると思われることから、ここでは基本的にいわゆる格安スマホにフォーカスしたいと思う。 ゲーム専用機にはどんなスマホ端末がよいか? CPU スマホでストレスなくゲームに興じたいのなら、 CPUを無視するわけにはいかない。 CPUとは、"Central Processing Unit"の頭文字を取ったものであり、日本語ではそのまま「中央処理装置」と言われるものだ。 なんとなく、名前から「ごっつい」印象を受けると思うが、その通り、コンピューターの脳みそと思って差し支えないものだ。 CPUは脳みそであるので、 CPUの質が良ければ良いほど、やはりコンピューターとしての性能は良くなる。 CPUの性能を把握する主要な基準として「コア数」と「クロック数」(周波数、Hz)がある。 コアとは、CPUの中心部であり、実際に計算を行っているものだ。 最近では、マルチコアといって、1つのCPUに複数のコアを詰め込むことが多く、コアが1つならシングル・コア、2つならデュアル・コア、4つならクアッド・コア、6つならヘキサ・コア、8つならオクタ・コア・・・と、さまざまだ。 スマホ端末をゲーム専用機にするのなら、 現状(本記事執筆時点、2017年9月)ではクアッド・コア以上を選ぶのが無難だろう。 なお、コア数は重要な指標ではあるものの、絶対的に多ければ多いほど良いとは言えないので気を付けてほしい。 クロック数は、簡単に言ってしまえば1秒間にどれだけの計算ができるかの指標だ。 最近では、GHzがあたりまえとなっており、数字が大きければ大きいほど、計算能力が高い、或いは性能が良いと思って差し支えない。 ただ、確かにクロック数が高ければ、高負荷のかかるゲームの動作もよりスムーズになるとは言えるものの、クロックス数が高すぎればそれ相応にバッテリーも消費してしまう上、熱くなりやすいので、考えモノではある。 ことにバッテリーの消費に頭を悩ますユーザーは多いので、クロックス数は高ければ良い!と単純に考えるのはやめよう。 現状では、クアッド・コアなら2GHz~、オクタ・コアなら1. 2Ghz~が一つの指標となるのではないだろうか。 メモリ メモリ(RAM)は、一時的な記憶装置だ。 メモリが高ければ高いほど、コンピューターは同時に作業できることが増えてくる。 よく、CPUとメモリをそれぞれ「脳みその良さ」と「デスクの広さ」に例えることがあり、いくら脳みそ(CPU)が良くても、作業するデスクが広くないと、仕事がはかどらない。 なお、誤解しやすい、ストレージ(ROM)はデスクの「引き出しの大きさ」と考えるとわかりやすい。 CPUが円滑に仕事をこなすには、メモリが必要で、仕事でできあがったものはストレージにしまうと考えよう。 また、画面の解像度が高いと、それだけメモリが必要になるので注意が必要だ。 特に美しいビジュアルのゲームを堪能したくて高解像度端末を使ったり、3Dを楽しんだりしたい場合には、メモリを特に重視することになるだろう。 CPUは基本的に〇GBの数字が大きければ大きいほど良いと思って差し支えなく、現状なら2GBほどあれば十分と言われるが、上述のようにビジュアルにこだわりたいなら3GB~が望ましい。 とりわけ、ゲームアプリの進化は速く、端末に求める仕様も日に日に高くなっているので、今後のことも考えるとやはり 3GB~をおすすめしたいところだ。 バッテリー アプリにもよるが、ゲームは概してバッテリーを食うものだと思った方が良いだろう。 ゲーム自体の挙動はもちろんのこと、ゲームは往々にして連続的に遊ぶことが多いので、思いのほかバッテリーも消費しやすいのだ。 せっかくゲームライフを謳歌するために高性能なCPUやメモリを選んでいても、バッテリーがすぐ切れてしまうのではもったいない。 今現在、標準的なバッテリーは2000mAhであるので、これ未満のものでは少し心細いと思われる。 2000mAhでもさほど悪くはないのだが、バッテリーは時間が経つにつれてやはり劣化するものだ。 そのため、もし気になるようであれば、 3000mAh~のクラスのものを選ぶと良いだろう。 前述のとおり、CPUのクロック数が高く、それ相応の挙動をすれば、バッテリーの減りは速いので、CPUの性能にあわせてバッテリーの容量を考えても良いだろう。 さて、スマホ端末をゲーム専用機とするときに注目したい主な点についてあげてみたが、どれも 端末自体の基本性能といえる。 基本的には、高い端末=高性能の端末なわけなので、やはりお金を出せば出すほど、それだけゲーム向きな端末になるとも言い換えられる。 しかし、それでは青天井なので、次には比較的コストパフォーマンスの良いおすすめ端末を紹介しよう。 ゲームにおすすめの端末 HUAWEI GR5• CPU:Qualcomm MSM8939 オクタコア 4x1. 2GHz• バッテリー:容量3000mAh 一体型 格安スマホ大手HUAWEIのミドルレンジ端末。 ゲームを遊ぶために必要な仕様は満遍なく満たしている。 現状の実勢価格は2. 5万~3万円台中盤、 仕様の割にお手頃価格で手に入る端末。 ASUS ZenFone2• CPU:IntelR Atom? Quad Core Z3580 2. 3GHz , PowerVR G6430 IntelR Atom? Quad Core Z3560 1. 8GHz , PowerVR G6430• バッテリー:3000mAh リチウムポリマーバッテリー 人気のASUS端末、ZenFone2。 CPU「IntelR Atom? Quad Core Z3580」メモリ「4GB」タイプは、ゲームのヘビーユーザー向けともいえる仕様。 デザインもクール。 現状の実勢価格は2万~4万円と幅が広い。 FREETEL SAMURAI KIWAMI• CPU:MT6795 Octa core 2. 0GHz 64bit• メモリ:内部RAM 3GB• バッテリー:3400mAh ハイスペックが目立つFREETELのSAMURAI KIWAMI。 0インチの大型ディスプレイもゲームユーザーにとっては重宝する。 限定受注生産モデルの「和柄」は好き嫌いがわかれそうなデザインだが、もちろんモノトーンのデザインも選ぶことができる。 現状の実勢価格は2万~3万円台前半で、コストパフォーマンスが高い。 ZTE Blade S g03• CPU:Snapdragon 615 MSM8939 オクタコア 1. 0GHz• メモリ:RAM:2GB• バッテリー:2,400mAh 本体と一体型 その他、5. 0インチであることなど、他の3端末に比べると若干見劣りするものの、割と手ごろな値段で手に入ることから、 ライトユーザーにはおすすめの端末。 現状の実勢価格は1万円台後半。 スマホを安く買うなら ここでは、ゲーム専用機の端末入手方法についておすすめしたい。 ゲーム専用機はWi-Fiを契約して利用するのがいい。 端末のスペックを高くしておいて、その端末を回線契約しないことで、より安く利用できる。 ネットオークション ヤフーオークションなどのネットオークションはスマホ端末を安く手に入れることができる場合が多々ある。 出品者も慣れている人が多いので 大手のネットオークションを利用するのが安全だろう。 ここで気を付けなければならないことは、 基本的に対個人の取引となることである。 購入したいスマホの状態、スペック、バッテリーの状態など、 全て出品者の主観によって書かれていることを忘れてはいけない。 出品者からしたら大した傷ではないと思っていても、いざ自分の手元に届いたらかなり目立つ傷だと感じることもある。 もしくは、出品者はバッテリーの利用が十分だったかもしれないが、自分で使ってみたら消耗が激しく、バッテリーが持たないという場合もあるだろう。 対個人の取引ということを念頭に置いて、 きちんと情報を交換、意思の疎通を図っていくことが気持ちのよい取引のために重要となってくる。 フリマアプリ メルカリやフリルに代表される大人気のフリマアプリ。 このフリマアプリでもスマホの出品がされていることはご存じだろうか。 オークションとの違いをあげるとすれば、出品された値段が一定であること、場合によっては値下げ可能なことがあげられる。 オークションよりも安値で購入できる場合も多いため、穴場スポット的状態だ。 しかし、 オークションよりも出品が簡単な分、低年齢化も進んでおり、商品の説明欄に必要な情報が全然書かれていなかったり、驚くほどメッセージのやりとりができなかったりする場合なども考えられる。 対個人の取引であることをオークション以上に念頭に置く必要があるだろう。 また、取引成立後も発送の梱包が雑で商品が被害を被っていたり、商品が説明とあまりにも違うといったことで多くトラブルが発生している。 対個人のトラブルなので、感情論となってしまうこともあり、処理が面倒であると感じるだろう。 利用する場合は 慎重に見極めることが重要だ。 中古スマホ専用のフリマサイト は、2017年10月にリリースされたスマホ専門のフリマサイトである。 中古のスマホだけでなく新品・未使用のスマホも多数出品されており、予算に合わせて購入しやすいといった特徴があるのだ。 従来のフリマアプリとの違いは、 スマホのマーケットが出品者と購入者の仲介役になるので、商品の破損や不具合などのフリマサイト特有のトラブルを回避できるという点だ。 その他にもオプションサービスが充実しているので、安心安全に 低予算でのスマホ購入を考えている方はチェックしてみてはいかがだろうか。 使わなくなったスマホは即時買取 また、スマホのマーケットではこともできるのだ。 よくあるフリマアプリのように自分で値段を決めて 出品する方法と、 スママDASHというサービスで売るという方法がある。 どちらの売り方も選べるので、不要なスマホを売却したいときに役立ててみてほしい。 特にに関しては面倒な手続きが不要で、スマホの状態などを入力するとすぐに査定結果が表示される仕組みとなっている。 さらにジャンクスマホでも買取可能なので気軽に無料査定を申し込んでみてはいかがだろうか。 中古スマホ販売ショップ 中古のスマホを買取、販売しているショップ。 これは対企業の取引となるので、きっちりしているといえるだろう。 中古ショップは基本的に動作確認やデーター消去をきちんと行っているため、 購入したらすぐに使うことができるのはショップならではといえる。 やり取りもスムーズに行えるため、使用まであまりストレスなく進むだろう。 中古スマホの販売ショップは 実店舗のものも、 オンラインショップのものもある。 実店舗の場合は、 実際に購入するスマホを見てから決めることができるのが魅力だ。 やはり、高価なある程度値の張る電子機器なので、オンライン上の写真だけの取引が怖いという人も多いだろう。 そのため、実店舗で実物を見てから買うことを決定することはとても安心できる購入手段といえるだろう。 オンラインショップの場合は、 商品説明が事細かに書かれているところほど安心できる。 また、最近では簡単に商品に対する質問ができるので、それも利用して情報を収集しておこう。 対企業である中古スマホの販売ショップを利用するのが一番安全な入手方法といえる。 オークション、フリマアプリで簡単に安く購入できるかもしれないが、ある程度の手続きをふむ中古ショップを利用したほうがいい。 中古スマホ販売ショップはSNSなどを利用している場合も多いので、そこで 最新情報をゲットしておくといいだろう。 期間限定のセールや、特典がる場合も多いので、事前リサーチが安価で買えるカギとなってくる。 中古スマホ販売ショップ 次におすすめの中古スマホ販売ショップを掲載する。 気になる中古スマホ販売ショップを調べてほしい。 ソフマップ 2台持ちにおすすめなのが格安SIMという選択肢だ。 特にソフトバンクの回線を使用するがおすすめになるだろう。 PayPayのボーナスが付くだけでなく、Yahooプレミアムの特典も使い放題で 縛りも解除料もない。 端末の中にはiPhone7や上記で紹介されているHUAWEI GR5よりも長持ちバッテリーのHUAWEI P30 liteなどのAndroid機種もある。 SIM契約だけでもかなりお得なのでぜひ、チェックしてほしい。 おすすめの格安Wi-Fi 最後におすすめの格安Wi-Fiを紹介する。 どれだけ安く利用できるかを考えて選んでほしい。 格安Wi-Fiを一台持っていると、スマホだけでなくPCにも利用できる。 外でゲームだけでなくそれ以外の選択肢も広がるのが特徴だ。 UQ WiMAX お客様満足度、販売実績ともにナンバーワンを誇るUQ WiMAX。 ゲームに利用するなら、 データ容量を気にせずに使えるツープラスギガ放題がおすすめだ。 3日間で10GB以上の利用があると速度制限がかかるが、そこまで使う人は稀だろう。 万が一速度制限がかかった場合でも、翌日18時ころ、もしくは翌々日2時以降には使えるようになる。 ずっと速度制限にかかったままになるわけではない。 ツープラスギガ放題は 3年契約で月々4380円となっている。 10月末現在キャンペーンを行っており、新規契約でツープラスギガ放題に加入すると「 おトク割」と「 長期利用割引」で月々500円の割引が適用される。 そのため、 このキャンペーンを利用すると契約から最大3カ月3696円となる。 そんなにデータ量を使わないことがわかったら容量少なめなプランに乗り換えることも可能だ。 キャンペーンの申込はホームページの特設ページから申し込まないと無効になるので気を付けよう。 Yahoo! Wi-Fi Yahoo! が提供する、ポケットWi-Fiのサービス。 ポケットWi-Fi業界最安値級の月額2480円のプランがある。 Yahoo! Wi-FiとYahoo! プレミアムに同時に入会すると最大6カ月無料になるサービスを行っている。 Yahoo! プレミアム会員は料金が安くなるので、Yahoo! プレミアムの会員の人はこのWi-Fiが一番安く利用できるだろう。 また、ほかにもYahoo! プレミアム会員だと安く使えるサービスもある。 午前11時までに申し込むと、申し込みから最短翌日に商品が届く。 また、 幅広いエリアに対応しているため、つながりやすいといえる。 Wi-Fiの 補償サービスが月々300円で利用でき、故障の際には修理代を一部負担してもらえる。 ただ、上にも掲載したUQWiMAXよりは通信量が少なくなっているので、そこは注意しておこう。 まとめ スマホでゲームを楽しむためには、 端末の性能に大きく依存することになる。 簡易的なゲームであれば、さほど性能が良くなくても問題にならないが、挙動の重いアプリであれば、性能が悪ければスムーズに動かなかったり、最悪の場合は途中で落ちてしまったりもする。 また、バッテリーやストレージの消費などの問題から、スマホ専用の端末を用意する人も増えてきているが、うまく使い分けることで、スマホライフもゲームライフもきっとより豊かなものとなるだろう。 もし、スマホ専用端末を検討しているようなら、ぜひ上記の指標を参考にしてほしいと思う。 参考:• 参考: LINEで格安スマホの乗り換え相談ができる 最後に、 LINE上で格安スマホ・MVNOへの乗り換え相談が気軽にできるを紹介したい。 携帯かえるくんはLINEでスマホの乗り換え相談に対応する無料サービスで、不安な点や気になっていることを質問として投げかけるとかえるくんが中立の立場で返信をくれる無料サービス。 2018年6月に開始してわずか3日ほどでおよそ1,000人以上が利用した人気サービスだ。 以下の画像をクリックでサイトに遷移する。

次の

[2020年最新]Androidスマホおすすめ28選|全キャリア・格安SIMから厳選紹介

スマホ ゲーム おすすめ

スマホでゲームアプリをやりこむとき、重要になってくるのが「 画面をなめらかに操作できるかどうか」です。 特に最近のアプリは細かい操作を求められることも多いので、スマホのスペックや画面の操作性が成績を左右してしまうことも。 実は、 スマホの保護フィルムで操作性がかなり変わってくるのは知っていましたか? 僕は以前、安くてテキトーなフィルムを貼ったとき、全然指が滑らなくてものすごく不快な思いをしたことがありました。 毎日やっている野球アプリ(プロスピA)で全然打てない…。 これじゃいけないと思って保護フィルムを変えたら、スムーズに操作できるようになりました。 この記事ではおすすめの保護フィルムをご紹介していきます。 前半がiPhone部門、 後半がAndroid部門になっています。 下のもくじからジャンプもできますよ。 ゲームアプリにおすすめのiPhone用保護シート スマホの保護フィルムには グレア(光沢)と アンチグレア(非光沢)があります。 アプリでゲームをするなら おすすめはアンチグレアです。 なぜなら、光沢のあるフィルムには指紋がつきやすくて滑りが悪いという特徴があるから。 ただ、光沢のあるグレアタイプに比べると画面の綺麗さや透明度はいまいち。 写真を楽しんだり画面の綺麗さを求めるならグレアがいいかもしれません。 ただ、パズルゲームやスポーツゲームにはそこまでの透明度は必要ないので、これから紹介するフィルムは指の滑りがいいアンチグレア(非光沢)のタイプが中心です。 KlearLook 「ゲーム好き人系列 全面保護」強化ガラス こちらは アンチグレア(非光沢)ではないタイプですが、 かなり評価が高いのでおすすめしたいフィルムです。 なんと言っても、 Amazonの売れ筋ランキングで1位ですからね。 口コミにも絶賛が多いです。 ちなみに売れ筋の2位は、同じ商品のiPhone Xs、X用です(笑) 光沢があるタイプなのにサラサラとした指触りの良さが続くのがいいですね。 サポート対応や保証が充実しているので、もし不具合があった場合も安心です。 品質がよくて、2枚組で1000円を切ってくるので、 コスパの良さもかなり評価されているんでしょう。 こちらはAGC旭硝子のガラスで作られている 高品質なガラスフィルムです。 アンチグレアなので適度なザラつきがありますが、そのおかげでサラサラと滑るような感触になっています。 黒くふちどられた枠があって、カメラレンズをぴったり合わせることで全体的にもフィットして貼れるようになっています。 いろんなタイプの スマホケースと干渉しないように設計されているのもいいですね。 掲載したのは Xperia5用ですが、そのほかにも AQUOS sense3、 HUAWEI P30 lite、 OPPO Reno A、 iPhone各シリーズにも展開しています。 MiiKARE Galaxy S9用 アンチグレアフィルム「貼り直しができる ゲームをもっと楽しく」 ガラスではないフィルムタイプです。 サラサラなアンチグレアタイプで、口コミでは「 パズルゲームにいい」という声が見受けられます。 この手の薄いフィルムタイプは貼るのが結構難しかったりしますが、 2枚組なので1枚を失敗しても安心です。 YouTubeにある「MiiKARE」のチャンネルでは、 貼り付け方の解説動画を見ることもできます。 安心の返品保障つき。 リンクは Galaxy S9ですが、 S8や Xperia XZ3、 iPhone7や8に対応したものも販売されています。 Androidは種類がたくさんあるので、間違えないように機種名を指定して探すのがおすすめです。

次の

【2020年最新】ゲーミング向けのおすすめスマホまとめ! 選び方や各機種の特徴も解説

スマホ ゲーム おすすめ

それぞれが実際の利用時にどういった役割を担う機能であるかを解説していきます。 これらを理解することでゲーミングスマホを正しく選ぶことができます。 容量が大きい程、より多くの写真・動画・ゲームアプリのデータを保存することが可能です。 ゲームアプリは記録するために必要とする容量がものによってはかなり大きくなるため、大容量ROMを搭載したスマホである必要があります。 ゲーミング向けのROM目安は128GB~256GBです。 「RAM」は、 データ処理の作業場のようなイメージで、RAMの容量が大きい程よりマルチタスク作業がスムーズに行えます。 ゲームはリアルタイムで多数のデータを処理することで進行していくものなので、マルチタスク環境が整っていないと、動きにカクツキが生まれてきてしまいます。 ゲーミング向けのRAM目安は6GB~12GBです。 Androidスマホであれば、代表的な Snapdragon845以上のCPUを搭載したスマホを選びましょう。 「GPU」は グラフィック処理に特化したデータ処理場です。 動画やゲームのようなリアルタイムで画像処理が必要となるデータは、このGPUがメインとなってグラフィックデータを処理していきます。 CPUはデータ信号を発信する司令官、RAMは作業場、GPUが労働者といったようなイメージで覚えておきましょう。 高いリフレッシュレートって大事? リフレッシュレートとは? 画像:より引用 リフレッシュレートとは、 1秒間あたりに画面上に静止画を表示する速度を示します。 つまり、リフレッシュレートの値が大きい程より滑らかな画面表示を実現することができます。 スペック上処理性能が高いとしても、表示されるコマ数が少ないと、画面がチラついて見えてしまうのです。 個人差はありますが、ゲーミングに適した値の目安としては、 70Hz以上は欲しいところです。 高性能な冷却システム ROG Phone 2(ASUS)の冷却システム 画像:より引用 冷却システムが充実していることもゲーミング用のスマホとして適しているかどうかの判断材料です。 ゲームアプリのようなスマホの処理に負荷がかかる作業をする場合に、駆動システムをフル稼働させることでスマホ自体が高熱化する現象が発生します。 熱が蓄積することで、システムの動作を鈍くする傾向にあるために、冷却システムが充実していることが重要な要素となってくるのです。 ゲーム用スマホとして機種選びに迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。 RAMやリフレッシュレートは公開されていませんが、その処理スピードは、体感では超ハイエンドAndroidスマートフォンにまったく退けをとりません。 AppleのCPUは、3Dゲームのみならず、SNSアプリや動画など、オールマイティーに高速で処理をこなすところがポイント。 値段は高価だが、その作りの良さと汎用性から長らく使えるスマホとして、ゲーミング用の1台にするのは十分にアリです。 8インチ 有機EL 6. SONY:Xperia 5 画像:より引用 21:9の超縦長ディスプレイで、ゲームの臨場感を一層に堪能することができます。 このディスプレイサイズをフル活用した マルチウィンドウ機能を使えば、ゲームをしながら攻略アプリをチェック!なんてこともできます。 さらに世界初の 4K有機ELディスプレイを搭載し、グラフィックが綺麗な3Dゲームも存分に楽しむことができるでしょう。 なお、 SONY製は音質の良さも見逃せません。 映画館のような響きあるスピーカーもゲームの臨場感を引き立たせてくれます。 Xperiaならではの、 PS4リモートプレイにも対応しています。 RAM・ROMは少しパワー不足に感じますが、ハイエンドCPUであるSnapdragon855を搭載しているので、ゲーミングスマホとしてのポテンシャルは十分に兼ね備えています。 Xperia 5 主要スペック表() 発売日 2019年10月25日 ディスプレイ 約6. 5インチ 4K有機EL CPU Snapdragon855 2. 8GHz/1+2. 4GHz/3+1. 7GHz/4 ROM 64GB RAM 6GB バッテリー容量 3,000mAh 3. SHARP:AQUOS zero2 画像:より引用 AQUOS zero2はハイエンドモデルスペックを搭載しながらも 世界最軽量級の軽さが特徴。 長時間のプレイでも腕が疲れないのはゲーマーには嬉しいですよね。 また、充電しながらゲームをしても発熱を抑える パラレル充電に対応。 大手キャリアからだけでなく、SIMフリーとしてもMVNOにてセット販売されているので、入手もしやすく価格は比較的安いです。 AQUOS zero2 主要スペック表() 発売日 2020年1月30日 ディスプレイ 約6. 4インチ 有機EL CPU Snapdragon855 2. 8GHz(クアッドコア)+1. 7GHz(クアッドコア) オクタコア ROM 256GB RAM 8GB バッテリー容量 3,130mAh 4. CPU・RAM・冷却システムからリフレッシュレートなどの ゲームを最大限楽しむために必要なスペックの全てが最高水準。 使い方に合わせてCPUやメモリの作業レベルを自動化できるのも魅力的です。 スマホデザインも、ゲーマーには心が踊るようなビジュアルではないでしょうか。 別売りのアクセサリーマウントをセットして、よりゲームの操作性を向上させることもできます。 発売当初はなかなか手を出しづらい高額スマホでしたが、現在では比較的購入しやすい金額まで値下がりしました。 ROG Phone 2 主要スペック表() 発売日 2019年11月22日 ディスプレイ 約6. 59インチ 有機EL CPU Snapdragon855 Plus オクタコア 2. 日本国内では、キャリアやMVNOでセット販売をしていない為、家電量販店やAmazonや楽天などの大手ECサイトからSIMフリー版を購入する必要があります。 基本的には輸入品での使用が前提なる為に、国内通信事業者での利用可否は必ず事前に確認するようにしましょう。 Xiaomi:Black Shark 2 画像:より引用 2019年6月7日に日本の仕様に合わせたJAPANモデルが登場しました。 キャリアやMVNOでのセット販売による取り扱いはありませんが、通信関連の問題には安心感があります。 ゲーミングスマホは機種によって特徴的な部分が目立ちますが、Black Shark 2はその全てを良いところ取りしたようなスマホです。 ROG Phoneのように外付けのアクセサリーも豊富なので、ゲームを最大限に楽しむ事ができるのは間違いないです。 Black Shark 2 主要スペック表() 発売日 2019年6月7日 ディスプレイ 約6. 39インチ 有機EL CPU Snapdragon855 2. 84GHz ROM 256GB RAM 12GB バッテリー容量 4,000mAh 2. Razer:Razer Phone 2 画像:より引用 Razerは、主にゲーミングPCをはじめとした、 世界中のゲーマーに愛されるゲーミングブランドです。 ROG Phoneと比べると全体的にスペックは劣っているように思えますが、リフレッシュレートが最大120Hzに対応。 また、外部SDカードによってROMは1TBまで増量することが可能です。 Razerならではのシンプルな端末デザインも、スタイリッシュでゲーミングスマホ感が強すぎないのも魅力です。 Razer Phone 2 主要スペック表() 発売日 - ディスプレイ 約5. 72インチ IGZO液晶 CPU Snapdragon855 2. 84GHz ROM 64GB RAM 8GB バッテリー容量 4,000mAh 3. NUBIA:Red Magic 3 画像:より引用 ROM・ROMが2段階で選択できるのは嬉しいですね。 最高スペックを詰めばBlack Shark 2やROG Phoneにも匹敵するポテンシャルを引き出すことができるでしょう。 バッテリーはなんと5,000mAh。 長時間のゲームプレイにもしっかり耐久できるでしょう。 これだけのスペックでありながら、Amazonでは70,000円~90,000円程度で購入できるのも魅力的です。 NUBIA Red Magic 3 主要スペック表() 発売日 - ディスプレイ 約6. 65インチ FHD CPU Snapdragon855 2. ゲーミングスマホと称されるだけあり、スペックは全て一級品。 日常使いには十分すぎる程のスペックです。 それだけに値段も高額です。 しかし、ゲーミングメーカーのスマホはスペックに対しての値段で言えば比較的安価に販売されています。 最近ではゲームアプリ側も進歩してきているので、それ相当のスペックもスマホ側に求められるようになってきています。 ゲームだけではなく日常使いにおいて最高の環境でスマホを活用したいのであれば、それだけでもゲーミングスマホを検討してみても良いでしょう!.

次の