ティム リンスカム。 パワプロ2018 ティム・リンスカム (2009年) パワナンバー

ティム・リンスカム

ティム リンスカム

ジャイアンツ時代(2008年) 身長の低さと特殊な投球フォームのため、で多くの球団が指名を見送るも 、当時のの ()は「か右のになる」と評し 、1巡目(全体10位)で指名。 に入団し、ワシントン大学出身者初の1巡目指名選手となった。 2回を投げ、58奪三振を記録した。 、AAA級で4勝0敗・防御率0. 29の好成績を挙げ、にが怪我により離脱したため昇格。 同日の戦でメジャーデビュー。 メジャー初勝利はの戦。 の戦で記録した1試合12奪三振はにサンフランシスコ移転後の球団史上の新人選手として歴代4位。 メジャー1年目は7勝5敗。 投球回数を上回る150奪三振を記録し、新人選手としてリーグ最多となった。 チームは地区最下位に終わり、の退団や得点力不足を補うための補強が急務となる中、シーズン終了後にやといった強打者を獲得するためのトレード候補として、リンスカムの名前が報じられた。 しかし、FAとなっていたを獲得し、リンスカムのトレードは行われなかった。 、前半戦終了時に11勝2敗の成績でに初めて選出されたが、発熱のため登板はしなかった。 のロッキーズ戦でシーズン奪三振数がの1958年にサンフランシスコ移転後の球団記録(251)を更新。 シーズン最後の登板となった9月28日の戦では、1986年の以来となる最初のアウトから9連続で奪三振によりアウトを取る。 結局7回1失点に抑え、13奪三振を記録し球団記録を265まで伸ばした。 2位とは50以上もの差をつけて奪三振のタイトルを獲得し、18勝・防御率2. 62・勝率. 783はいずれもリーグ2位の好成績を記録した。 シーズン終了後にのやのを押しのけてを受賞した。 、初のを務め、6月にはに初めて選出された。 からにかけての29イニング連続無失点は、1958年にサンフランシスコに移転して以降の球団史上、の40イニング(1967年)と39イニング(1970年)に次ぐ3番目の長さとなった。 2年連続の選出となったではナリーグ先発を務めた。 の戦では自己最高の15奪三振で完投勝利を記録し、1958年以降の球団史上3人目となる1試合15奪三振を達成。 背中を痛め先発予定だったの戦を回避したが 、14日のロッキーズ戦で復帰。 シーズンを15勝7敗・防御率2. 43・261奪三振の成績で終え、サイ・ヤング賞の投票では、最優秀防御率のと最多勝利ののカージナルス勢を抑え、2年連続サイ・ヤング賞を受賞した。 また、15勝での選出は、フルシーズンを過ごした先発投手としてはメジャー史上最少(ストライキで短縮されたシーズンを除く)となった。 シーズン終了後の、で取り締まりを受けた際、約3. 3グラムのを所持していたことが明らかになった。 11月6日に側と罰金250ドルでが成立し、は免れた。 スーパー2により権を取得したリンスカムは、の年俸として球団側に1300万ドルを要求したが、最終的には年俸調停を避け、同年に2年2300万ドルで合意した。 にジャイアンツと総額4050万ドルの2年契約に合意。 この年は球速が大きく低下する中で大不振に陥り、大量失点を繰り返した。 結果的に15敗はリーグ最多敗戦であり、、、でもリーグ最多を記録。 18、1. 47も、に達した投手の中ではリーグで最も悪い成績だった。 しかし中継ぎにまわったポストシーズンでは一転好投を見せ、チームのワールドシリーズ優勝に貢献した。 同年オフには予選のでの出場要請を受けたが、辞退した。 はのパドレス戦において、自身初・チーム史上15人目となるを達成。 打者32人に対して148球を投げ、13奪三振4四球1死球。 試合はジャイアンツが9-0で勝利した。 この年は32試合に登板し、10勝14敗・防御率4. 37だった。 オフのにジャイアンツと総額3500万ドルの2年契約に合意した。 はのパドレス戦で前年に続いて、2年連続自身2度目のノーヒッターを達成。 2回に四球を与えたのみの準完全試合となった。 しかしシーズンを通じては前年に続き低調で、終盤には先発ローテーションを外れ中継ぎに回った。 結局12勝を挙げ、4年ぶりに勝ち越したものの、防御率は4. 74と昨年より悪化し、さらにローテーションを外れたことで6年連続で継続していた規定投球回到達を逃した。 は開幕から好調を維持、投球のモデルチェンジを成功させたかと期待されたが、たまたま結果が出ているだけという意見も見られた。 実際に5月20日以降全ての試合でQSを失敗し、不調に陥った。 のロッキーズ戦で、2回に右腕に打球を受け緊急降板。 検査の結果右前腕部の打撲と診断された。 その後はマイナーで調整をしていたが、に股関節の手術を受けたことでシーズン終了となり、連続二桁勝利は7年で途切れた。 シーズン終了後にとなった。 エンゼルス時代 [ ] にアリゾナ州にあるジャイアンツのキャンプ地を借り、メジャースカウト陣の前で公開練習を実施した。 にと総額250万ドル+出来高170万ドルの1年契約を結んだ。 3度のAAA級での調整登板を経て、の戦でおよそ1年ぶりとなるMLBのマウンドに立ち、6回4安打1失点で移籍後初勝利を上げた。 だが、次第に打ち込まれるようになり、9試合に先発登板して2勝6敗・防御率9. 16と結果を残せなかった。 にとなったが、9日に40人枠を外れずにAAA級ソルトレイクへ降格した。 オフのにFAとなった。 レンジャーズ時代 [ ] は所属球団なく、にと1年契約を結んだ。 契約後に右手中指のマメに悩まされのオープン戦の登板を回避した。 開幕から10日間の故障者リストに登録され、にの獲得に伴い、60日間の故障者リストに移行した。 に自由契約となった。 投球スタイル [ ] 2008年の投球データ 球種 配分 平均球速 水平運動 鉛直運動 in 34 95 152 -4. 8 9. 9 32 95 152 -1. 9 11. 4 18 84 136 -3. 6 4. 1 13 80 128 5. 0 -5. 5 3 84 136 1. 4 0. 0 投球フォーム(ジャイアンツ時代) メジャーデビュー当初から、やと比較する声が上がるほどの逸材だった。 8mph (約149. 3mph (約159. 他にも交える。 大学時代はチェンジアップは投げなかったが、マイナー時代に習得。 その後メジャーに昇格した2007-08年にかけて上達し、今やメジャー屈指と言われるまでになった。 2012年以降は平均球速89. 8mph (約144. それに伴い、2008年以降年々奪三振率は低下している。 2012年以降は5年間の通算防御率4. 94と成績が低下した。 リンスカムの投球フォームは他の投手のそれとは全く異なる非常に独特なもので、全身をダイナミックに使って投げ込んでくる。 父のクリスも野球選手だったが、マイナー止まりで引退。 その後も独学で投球のを勉強し、それを少年時代のティムに教えた。 メジャーに昇格した後も続けているトレーニングは、父が作ったものである。 投球フォームはリンスカム自身がファンだというコーファックスのマネと言われるが、父の教えだという。 詳細情報 [ ] 年度別投球成績 [ ] 24 24 0 0 0 7 5 0 0. 583 618 146. 1 122 12 65 5 2 150 10 0 70 65 4. 00 1. 28 34 33 2 1 1 18 5 0 0. 783 928 227. 0 182 11 84 1 6 265 17 2 72 66 2. 62 1. 17 32 32 4 2 1 15 7 0 0. 682 905 225. 1 168 10 68 2 6 261 11 0 69 62 2. 48 1. 05 33 33 1 1 0 16 10 0 0. 615 897 212. 1 194 18 76 7 5 231 9 0 84 81 3. 43 1. 27 33 33 1 1 1 13 14 0 0. 481 900 217. 0 176 15 86 5 6 220 9 0 74 66 2. 74 1. 21 33 33 0 0 0 10 15 0 0. 400 825 186. 0 183 23 90 3 4 190 17 2 111 107 5. 18 1. 47 32 32 1 1 0 10 14 0 0. 417 841 197. 2 184 21 76 8 7 193 11 2 102 96 4. 37 1. 32 33 26 1 1 0 12 9 1 0. 571 673 155. 2 154 19 63 0 5 134 15 1 86 82 4. 74 1. 39 15 15 0 0 0 7 4 0 0. 636 333 76. 1 75 7 38 2 1 60 5 0 37 35 4. 13 1. 48 9 9 0 0 0 2 6 0 0. 250 200 38. 1 68 11 23 0 2 32 3 0 41 39 9. 16 2. 37 通算:10年 278 270 10 7 3 110 89 1 0. 553 7120 1682. 0 1506 147 669 33 44 1736 107 7 746 699 3. 74 1. 2018年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• :3回(2008年、2009年、2010年) 表彰 [ ]• :2回(2008年、2009年)• 選出:4回(、、、)• :1回(2006年)• 優秀投手:1回(2008年)• :1回(2009年6月)• :1回(2010年) 記録 [ ]• :2回(2013年7月13日、2014年6月25日。 ともに対戦) 背番号 [ ]• 55(2007年 - 2016年) 脚注 [ ]• Spotrac. 2016年6月19日閲覧。 2011年10月2日時点のよりアーカイブ。 2010年11月2日閲覧。 GoHuskies. com. 2008年11月25日閲覧。 」『』2007年5号、、2007年、15509-3、55頁。 The Official Site of The San Francisco Giants. 2008年5月24日閲覧。 「MLB30球団レポート&2008シーズン全試合日程 サンフランシスコ・ジャイアンツ/SF 未来の殿堂入り投手は手放すことはできず」『』2008年2月号、、2008年、 15509-2、86頁• King, George. 2007年12月12日閲覧。 Haft, Chris 2008年9月28日. MLB. com. 2009年1月22日閲覧。 Haft, Chris 2009年7月10日. MLB. com. 2009年11月21日閲覧。 Pentis, Andrew 2009年7月28日. MLB. com. 2009年11月21日閲覧。 Haft, Chris 2009年9月8日. MLB. com. 2009年11月21日閲覧。 Haft, Chris 2009年11月15日. MLB. com. 2009年11月21日閲覧。 Haft, Chris 2009年11月5日. MLB. com. 2009年11月6日閲覧。 Street, Jim 2009年11月6日. MLB. com. 2009年11月21日閲覧。 ESPN 2010年4月2日. 2010年4月3日閲覧。 Chris Haft 2012年1月24日. MLB. com. 2014年7月27日閲覧。 SPIN. MLB. com Giants Press Release 2013年10月25日. 2014年7月27日閲覧。 Chris Haft 2013年10月22日. MLB. com. 2014年7月27日閲覧。 スポーツニッポン2014年6月26日配信• Jスポーツ2015年5月27日配信• Full-count2016年5月7日配信• Full-count2016年5月20日配信• Full-count2016年6月19日配信• 2018年4月17日閲覧。 Sullivan 2018年3月7日. MLB. com. 2018年3月9日閲覧。 スポーツニッポン 2017年3月25日. 2017年4月17日閲覧。 Sullivan 2018年4月15日. MLB. com. 2018年4月17日閲覧。 Sullivan 2018年6月5日. MLB. com. 2018年6月8日閲覧。 www. brooksbaseball. net. 2020年3月14日閲覧。 33先発・1救援・227. Brooksbaseball. netに基づく• Verducci, Tom 2008年7月1日. 2010年4月28日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 選手の通算成績と情報 、、、、、.

次の

ティム・リンスカム エンゼルス 年俸・背番号推移と年度別成績・2016年各試合成績

ティム リンスカム

『ティム・リンスカム』、本名はティモシー・リロイ・リンスカムと言います。 登録名であるティムは略し名前であるんですね! 外国人選手はアジア系の人と違い名前が長いので仕方がないですね! 外国人といっても、リンスカム投手は根っからのアメリカ人ではないんです! 父親はアメリカ人ですが、母親はフィリピン人のハーフなんです! ハーフと言えば、ダルビッシュ有投手やD eNAの山崎康晃投手もハーフですよね! やっぱりハーフと方はスポーツに優れているのでしょうか? いいえ!ハーフの方が皆んな凄いわけではありません。 皆んながすごいと思ってしまうと偏見になってしまうので、もしも日本にハーフの方がいても日本人と同じ考えで接してあげた方が良いですね! リンスカム投手の場合は、アメリカの血の方が強いので、ハーフと言われなければわからないので、幼少期も不自由な生活をした事はないと思います。 あらゆる才能に恵まれたリンスカム投手ですが、これまでの通算成績って気になりますよね? リンスカム投手は日本でも知名度の高い選手ですが、細かい成績までは特集されないのでよくわかりませんよね? また、経歴と球種や日本球界参入の噂についても調べてみました。 あなたの疑問を解決していきましょう! 名前:ティム・リンスカム 出身地:アメリカ ワシントン州 生年月日:1984年6月14日 身長:180cm 体重:77kg プロ入り:2006年ドラフト1位 デビュー:2007年5月6日 リンスカム投手は、2006年にドラフト1位でサンフランシスコ・ジャイアンツに指名を受けて入団となりましたが、実は、その前にもドラフト指名を受けていたことがあるんです! それは高校時代でした。 高校卒業の年にシカゴ・カブスから指名を受けているんです! リンスカム投手は何故拒否したのでしょうか? 詳しくは分かっていないのですが、恐らく指名順位であったと思います。 メジャーでは、下位指名であるほどいい条件で契約する事は出来なくなるのですが、その時の指名順位は48位だったんです。 これだけ下位指名であれば、拒否してもおかしくはないかもしれないですね。 でも、断るのは自分に自信がなければ無理だと思います。 結果的にはドラフト1位で指名されたので良かったですが、もしも怪我などで成績を落としていたら、リンスカム投手はドラフト指名される事はなかったかもしれないですね。 ティム・リンスカムの成績がスゴイ! リンスカム投手はこれまでメジャーで10年間プレーしましたが、最多奪三振を3年連続で獲得していますが、それ以外のタイトルは獲得できていません。 リンスカム投手はタイトルを獲得していてもおかしくないほどの成績は残してきているんです! 勝ち数でも、110勝を挙げているのですがこのほとんどは2008年から2014年までの7年間で挙げているものなんです! この7年間以外では2桁勝利は挙げれていないですが、自己最多の勝ち数は2008年の18勝となっており、この年から3年連続で15勝以上を挙げているんです! 短期的に見ればすごい活躍ですね! でも、その分敗戦数も多く通算の敗戦数は89敗となっています。 2012年には15敗でリーグワースト1位となってしまっているんです。 メジャーでは、2桁勝利を挙げたら2桁敗戦も挙げてしまうことが多いですが、リンスカム投手は少し敗戦数が多いように感じてしまいますね。 2008年は. 783で最優秀勝ち率を獲得しましたが、それ以降は勝ち率も低かったので通算勝ち率は. 553と低めとなっています。 敗戦数が多くなってしまった影響で勝ち率も伸びない結果となってしまいましたね。 しかし、先発投手は敗戦が多いからと言って直接評価に値するわけではありません。 どんなに良い投球を披露しても打線が打てなければ勝つことが出来ないので、打線が味方をしてくれなかったのかもしれません。 それを確かめるのが防御率ですね! リンスカム投手の通算の防御率は3. 74となっていますが、自己最高は2009年の2. 48となっています。 防御率2点台を記録したのは、3回記録していました。 2点台の防御率だった2008年と2009年は1桁敗戦でしたが、2011年は勝ち数を上回ってしまう14敗を記録してしまっています。 この年は被安打もそれ程多くなかったことから、打線の援護がなかった年と言えますが、その他では防御率も4点代が多くなっているので、打たれたことで敗戦したと言えますね。 期待の結果とはなりませんでしたね。 リンスカム投手の一番の売りと言えば奪三振能力であると思います。 過去に3年連続で奪三振王を獲得した実力は確かで、通算奪三振数は1736個となっています。 投球回数は1682回となっているので、投球回数を上回っているところを見るとやはり奪三振はかなり多いと言えますね! しかし、年度別で見てみると2014年の奪三振数は134個となっています。 この年は154回を投げているので大幅に減らしていると言えます。 前年までは190奪三振以上を奪っているので、急激に成績を落としていると言えますね! 2014年は12勝を挙げていますが、2015年からは出場数も減らして勝ち星も奪三振数も防御率も全てで成績を落としてしまっています。 この頃に何があったのかはわかりませんが、2014年がリンスカム投手の分岐点であったことは間違いないようですね! 2017年はどこのチームにも在籍せずに自主トレを頑張ってきていました。 その甲斐あって2018年はテキサス・レンジャーズと契約を果たすことができました。 しかし、勝負はまだこれからとなるので4年ぶりの2桁勝利が期待されているリンスカム投手。 今もまだ女性からの人気は高い投手なので、もう一花咲かせてまだやれる所を見せてもらいたいですね! スポンサーリンク ティム・リンスカムの経歴は? リンスカム投手は、高校はリバティ高校に通っており、その頃からプロから注目されている選手でした。 その為、高校卒業の年のドラフト会議ではカブスからドラフト48位指名を受けたんです。 でも、この時の指名は拒否した為プロ入りとはなりませんでした。 勿体無いですね。 指名を拒否したリンスカム投手は、ワシントン大学に進学しました。 大学では野球以外にも、アメリカンフットボールやクォータバック、そしてバスケットボールやゴルフもやっていました。 多くのスポーツに興味があったんですね! この中でも、野球は当然のことですがバスケットボールとゴルフでも活躍を見せていたんです! リンスカム投手は運動神経が抜群に良いんですね! 一方、野球では2年生の時に新人賞と最優秀投手賞をダブル受賞しているんです! これは、パシフィック・テン・カンファレンス史上初となる快挙だったんです! 才能が発揮されていますね! この年のドラフト会議では、インディアンスから2度目の指名となるドラフト42位指名を受けたんです! しかし、下位指名ということもあり、内容が良くなかったのか契約で折り合いがつかずに、指名を拒否して大学に残ることになりました。 2度の指名拒否は珍しいですね! リンスカム投手はその後も大学では結果を残し続けて、2006年には、12勝4敗、防御率1. 94、199奪三振を記録しました。 通算で491奪三振を記録しているのですが、これはリーグ新記録となる結果となっているんです! 今までのドラフト下位指名を拒否している理由もわかりますね! そして、迎えたその年のドラフト会議では、リンスカム投手の身長が180cmとメジャーにしては低めだったことと、フォームに特徴があり過ぎた事もあって指名を見送る球団が多くありました。 下位指名だと拒否!という事も影響していたかもしれないですね。 でも、サンフランシスコ・ジャイアンツの当時のGMであったブライアン・サビアン氏だけは、右のビリー・ワグナーになる!と高い評価を与えたんです! その結果、リンスカム投手はジャイアンツからドラフト1位指名を受けたんです! 前回の42位から一気に上がりましたね! ちなみにワシントン大学からドラフト1位指名を受けたのは過去に誰もいなかったので、これも大学史上初となったんです! 大学には色んな記録を残しましたね! ジャイアンツに入団した2年目には3Aに昇格して4勝を挙げ、防御率は0. 29と驚異的な数字を残しているリンスカム投手! そして、その年にはメジャー昇格を果たしているんです! 大卒選手ではありますが、早い段階でメジャー昇格となりましたね! 翌年からは二桁勝利を7年連続で挙げており、二桁勝利の連続記録が途絶えた2015年のオフにはFAとなってしまいエンゼルスに移籍となってしまいましたが、エンゼルスでは結果を残す事が出来ませんでした。 その為、エンゼルスは契約1年で終わってしまい、2017年はどこにも在籍する事ができませんでした。 実績があっても契約してもらえない世界なんですね。 2018年は3月にレンジャーズと1年契約を結びましたが、勝負はこれからとなります。 速球への拘りは強くなく、主に変化球で打者を打ち取っているんです。 この速球は投球フォームに秘密があり、体全体を使って、体をしならせて投げる事でここまでの球速が生まれているんです! メジャーでは決して高いと言えない180cmの身長から繰り出される威力十分の速球はかなりの武器になっている事は間違いないですね! 変化球が売りとなっているリンスカム投手ですが、一体どんな変化球を投げるのでしょうか? それは、カーブとチェンジアップとスライダーなんです! スライダーに関しては誰もが投げる軌道の物なので、特徴はありませんが、カーブは大きく落ちるカーブを投げるので、メジャーでも稀であると言えます。 落ちるカーブと言えば、ソフトバンクの武田投手が投げていますよね? 武田投手のカーブも始めて対戦した時の日本シリーズで、阪神側が度肝を抜いたとして一躍有名になりましたが、リンスカム投手が投げるカーブは、武田投手以上の出来であると言えるんです! 想像を遥かに超えますね! また、チェンジアップでも通常の握りとは違い、フォークボールと同じ握りで投げているんです。 なので、フォークボールのようにストン!と落ちるのですが、球速がフォークよりも遅いことから、打者がタイミングを外して打ち損じてしまうと言う結果に繋がるんです。 リンスカム投手の球種はすごく厄介ですね! このチェンジアップは、大学時代には投げておらず、マイナー時代に習得したと言われています。 もしもマイナー時代にこの球種を習得していなければ、メジャーで大活躍する事は出来なかったかもしれないですね! 今でもこのチェンジアップはメジャー屈指と言われており、調子が戻ればメジャーで再び活躍する事は出来ると思います。 そんなリンスカム投手ですが、2017年は何処の球団にも在籍しませんでしたが、2017年のシーズン前に日本球団と契約の可能性なんて噂が飛び交っていました。 では、何故そんな噂が出回ったのでしょうか? 真相はわかりませんでしたが、2015年と2016年は思うように結果が残せず、2017年は開幕前から所属球団が決まっていませんでした。 そんな時に、リンスカム投手が日本球界を視野にいていると言う噂が飛び交ったんです。 本当のところはどうなのかはわかりませんが、1年間日本で投げて、翌年のメジャー契約に繋げようという事だったようです。 怪我をしていたとされるリンスカム投手でしたが、これだけ有名な選手なので獲得に名乗りをあげる球団がいてもおかしくはなかったと思いますが、やはり1年きりならば他の可能性のある外国人の方が・・・。 という事で獲得球団がなかったのだと思います。 また、リンスカム投手ほどの選手であれば、年俸5億円くらいでも安いくらいであると言われています。 年俸5億円以上出せるのは、巨人かソフトバンクくらいなので、現実的に日本球界参入は幻と終わってしまいましたね。 マニー・ラミレス選手も、メジャー引退してから日本の独立リーグでプレーしていたことから、リンスカム投手もメジャーを引退した後には日本にやってくる可能性は十分にあると思います。 553となっている。 防御率が3. 74となっている事から、自ら打たれて敗戦していたことが多かったと言う事になる。 それも結果的に契約には結びつかなかったが、大学卒業の時に1位指名を受けてメジャー入りとなった。 2017年は日本球団との契約が噂されたが、年俸や怪我や年数などの事から噂話程度で終わってしまった。 リンスカム投手は若い時は女性に人気のある投手でした。 しかし、2015年頃から成績が下降してくると、あまり話題になることがなくなっていきました。 しかし、2016年のオフに日本球団と契約か!?の報道に再びリンスカム投手の話題に上がるようになりました。 現在も女性からの高い人気を維持しているかはわかりませんが、世間から忘れられたわけではないので、結果さえ残せば昔のような輝きも出てくると思います。 リンスカム投手のまだ年齢的にも衰える年ではないので復活を期待する声が多いと思いますので、2018年は期待に応える活躍を見せてもらいたいですね!.

次の

ティム・リンスカムのノーヒッターなどハイライト!サイ・ヤング賞2度

ティム リンスカム

ティム・リンスカム Liecum 基本 籍 出身地 州 生年日 体重 kg 選手 投球・打撃 右投左打 守備位置 入り 1巡 経歴• にから全体位で名を受けるが、拒否してに進学。 ではの他、、でも活躍。 生まれであったことから2年生の時点で対選手となり、から名されたが、面で折り合いがつかず、に残る。 3年では2度の最優秀選手賞を獲得。 通算1の新記録を立。 その後、から全体10位名を受けて。 終了までで過ごす。 は開幕をで迎え、にはラス・オースの負傷離脱によりに昇格。 に初を挙げた。 には較されることが多い・オズワルトと投げ合い、7回21失点10だったが、勝敗は付かなかった。 1年は7勝5敗、、4. は開幕から4連勝し、まで10勝2敗、2. 66を記録し、に選出されたが、発熱のためマウンドに上がることはなかった。 後半戦に入ってもムの勢いは衰えず、の戦では最初の9個をで奪った。 この年は18勝5敗、球団記録の、2. で、・賞を獲得。 は2年連続のに選出され、ナ・のを務めた。 この年は15勝ながら、2年連続の最多と・賞を獲得し、15勝での・賞獲得は史上最小。 に違反で取締りを受けた際、()の所持でされた。 その後が成立したため、起訴は免れた。 は3年連続の最多を獲得。 は13勝14敗と負け越す。 は4年連続の二桁(10勝)を挙げたが、最多の15敗と極度の不振に陥り、初めて負け越した。 では活躍し、に貢献した。 の戦でを達成。 球団史上15人。 の戦で2年連続のを達成した。 は故障に悩まされ、にとなる。 にと1年を結び、の戦で移籍後初を挙げた。 にとしたが、中ので負傷し、開幕から故障者入りした後は一度もすることなく、にとなった。 プレースタイル な投球ムから、99の、常時-のム、、を投げる。 (終了時点) 通算投手成績 通算:9年 投 敗戦 ド 投球回 与 失点 10 7 1 0. 3 2. 0 669 6 746 699 3. 74 関連動画 関連商品 関連項目•

次の